オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
July 08, 200908:28ボプットのホテル Carpe Diem Hotel
PermalinkComments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 ホテル
サワッディ カー

今回は、サムイ島ボプットビーチで2008年7月末に宿泊したCarpe Diem Hotel
を紹介します。(ホテルの情報はこちら)

ところで、調べてみてびっくり。
最近、大改装したみたい。
さらに朝食付になったのに、去年よりも料金が安くなってる〜
前よりも格段に良くなってますね。
そのことを踏まえて、紹介していきます。

■ホテルに到着
ホテルには、サムイ空港から乗り合いのミニバスで行きました。
かなりマイナーなホテルだけど、ホテルの前まで連れて行ってくれます。
私たちの時は、うっかり行き過ぎて、少し戻ったけど。

ホテルのレセプションは通りに面していて、「これ?!」というほど小さいです。
レセプションと呼ぶには抵抗がある。立ったまま、手続きをしました。
対応をしてくれたのは、オーナーの弟であるフランス人のお兄さん。
彼はとってもフレンドリーで感じが良かったですね。
タイのホテルで欧米人に対応してもらったのは初めてです。
彼の接客の感じからいっても、ここは一般的なホテルというより、ゲストハウスや
日本のペンションに近いような気がします。

そして、プールの脇を抜けて、ホテルの部屋へ。
下の写真で中央の木枠が私たちが泊まった部屋の入口です。
こんなふうに多少なりとも緑があるのはいい点ですね。

カーペディエム

■お部屋の紹介
去年7月に泊まったのは、安い方の部屋で2500B(朝食なし)(約7300円)でした。
高い方の部屋は2900B。

DSCF1228←当時の部屋の内装はこんな感じ。
そんなに広くはないけど、狭すぎることもない。
インテリアも悪くはなかったし、古い感じもしなかったんですが。

しかし、今回かなりイメージの違う内装に変えましたね。
今のインテリアの写真は、上の方にあるホテル情報から見てください。
相当かわいい感じのインテリア。
これは好きな人は好きだと思います。
かなりファンシーだけど、やっぱり、おフランスなテイストも感じる。
私はどうかな、ちょっと好みの方向ではないかな。
子供とかは喜びそう。

そして料金もかなり値下げしました。
バナナクラシックルームが2009年7月までなら1650B、8月は2150B
モンキーデラックスルームが同7月までなら2300B、8月は2950B。
去年泊まった部屋は、バナナになったと思うので同じ7月宿泊なら850B(約2500円)
も安い。しかも朝食付。
ここは海沿いではないので、競争力を高めるためにこういうふうに変えたんでしょう。

さて、改装がどの程度行われたかわかりませんが、たぶん構造自体は変わって
ないと思います。というわけで、バスルームの紹介。
バスルーム部分はオープンエアでした。(1階の部屋だけかも)
これは、良し悪しですね。朝になると洗面台の水周りに小さな虫が死んでます。
境目のドアには後付けで蚊除けの網が張ってありました。
あと、オープンのため、裏の店でタイ人が騒いでいる音がストレートに聞こえてしまう。

DSCF1229DSCF1230
バスルームのドアを開け、右がトイレスペース。左に洗面台とシャワーブース
バナナルームはバスタブはないと思う。
今の写真を見ると、バスルームのタイルなどもポップな感じに変わってますね。

■プール紹介
プールは広くはないけど、泳げる程度の広さはあります。
そんなにいいプールではないけど、それでも周りのホテルの中ではいい方です。

カーペディエムプール←右の白い建物にはトイレがある

意外と便利だったのは、部屋がとっても近かったこと。飲み物もコマメに取りにいけるし。
ホテルの規模が小さいからですが・・・。
滞在期間中はほぼ貸切、事実上、プライベートプール状態でした。
プライベートプールだとしたら、相当に広いプールです。

■去年から変わった点色々
去年まで、プールの向こう側はホテルとは関係のないカフェレストランでした。
スペースもないからか、去年は朝食も付いてなかった。
朝食重視の我が家としては、これはかなりのマイナスポイント。

ところが、そのレストラン部分を買い取ったのか、ホテルのレストラン&ブックコーナー
みたいなのになっている。ここのインテリアも大幅に変わってます。
どんな朝食かわからないけど、付いているほうがいいですよね。

さらに、小さなことですが、レンタルバイクも取り扱うようになっている。
去年も聞いたときは、「ごめんね。やってないんだ」という答えだったんですが。

色々と頑張ってるなあと思いました。
以前はどちらかというと大人向けのホテルだったけど、今はかなりファミリー向け
になった気がします。

なお、これは私の単なる想像だけど、ここまでインテリアの路線を変えたのは、
オーナー夫妻に子供ができた(または大きくなってきた)ので、遊び場を充実させる
ためではないかなと。
サムイ島の繁忙期も限られているから、ホテルというだけでなく、オーナーの
別荘感覚でもあるんじゃないかと思ってるんですが、どうでしょうね。
もし、オーナー自体が変わってたら・・・残念な気持ちです。

■その他
ホテルのフランス人のお兄さんは、夜、他のホテルのロビーでボプット在住と思われる
ファランたちとくつろいでました。
なんとなく、商売をアクセクやるというよりは、のんびりと楽しんでいる様子。
ボプットはそういうエリアなんだなと思いました。
タイでは、原則として外国人が1軒屋を所有することはできないし、採算のこととか、
色々面倒だとは思うけど、こういう生活もいいですよね。

以上です。

ボプットの海はそんなにきれいではないので、景観としての役割はあっても、
個人的には、プールが小さすぎるのはどうかなと思ってます。
ですから、海沿いにこだわらないのなら、プールの比較的広いこのホテルも
いいかもしれません。

次回からは、ボプットのグルメ紹介です。
それでは、また

<ボプットビーチの記事一覧>
*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。

July 06, 200923:13ボプットビーチのホテル選び(2)
PermalinkComments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 ホテル
サワッディ カー

引き続きサムイ島 、ボプットビーチのホテル紹介です。
ボプットの雰囲気を思いっきり味わいたいなら、ボプット中心部にある
中級ホテルや小規模なホテルに宿泊するのがいいと思います。
(海やプール重視なら他のエリアのホテルの方がいいですよ)
これらのホテルは比較的、日本語での情報量が少ないので、できるだけ詳しく
紹介していきますね。

まずは、ボプット中心部の地図。(クリックすると拡大します)
ボプット地図

左側が特にお店やレストランが多いエリアです。
おそらく、リゾートとしてのボプットは、このエリアから開発されたんでしょうね。
一方、右側のエリアはここ数年でホテルがどんどんで建てられた気がする。
ボプット中心部を隅から隅まで歩いても徒歩10分もかからないので、
このエリア内のホテルならお好みで選べばいいと思います。

■ボプットビーチロード西(左)側エリアのホテル紹介
まずは、上の地図で左側にあるホテルから紹介します。
*なお、料金は2009年の夏休み時期、サワディー(ホテル予約サイト)のもの。現在、1B(バーツ)=約2.9円。

◆スマイルハウスリゾート(Smile House Resort)(ホテルの情報はこちら)
ボプットビーチロード中心部の1番西にあります。
ここより先になると、お店はほとんどなくなります。
ホテルの部屋やプールは海に面しておらず、海側にはレストランがあります。
ここのいい点は、ボプット中心部のホテルの中では、プールがそこそこ広いこと。
ファミリーでも楽しめそうなカジュアルな中級ホテルです。
値段は1番安いスーペリアバンガローが1685B、次のデラックスバンガローが2809B。
比較的リーズナブルですね。
私だったら、前回紹介した高めのゲストハウスよりも、こっちの方がいいと思う。
部屋は見てないのでわかりませんが、古そうな気はします。

朝食はビュッフェです。
泊まったホテルに当時、朝食がついてなかったので1回だけ利用しました。
ちゃんとした朝食が食べたくてビーチロードを歩いてきたんですが、
ここくらいし見つからなかった。ビジターだと、1人250Bくらいだったと思う。
ビュッフェ自体はたいしたことはなくて、普通ですね。
ただ、その時は朝ごはんビュッフェに飢えていたので、結構満足しました。

全体的に少し昔のタイプのホテルですが、立地、値段を考えるとアリなんじゃない
かなと思いますね。

◆Eden Bungalows (ホテルの情報はこちら)
スマイルハウスよりも、少しだけ東側です。
値段は、一番安いバンガローが1990B、デラックスバンガローが2490B。
ここも、ホテル自体は古そうな気がします。
もしかしたら、昔の建物を活かしているのかもしれませんが。
プールもありますが、そんなに大きくはないと思います。

この他に、前回紹介したゲストハウス2軒もこのエリアです。
(前回の記事はこちら)

■ボプットビーチロード東(右)側エリアのホテル紹介
このエリアのホテルは全体的にこぢんまりとして、最近の流行を取り入れたインテリア。
一般的なホテルというより、ブティックホテル、プチホテル、日本のペンションに近いかも。
客層はほとんどがファランです。
通りにショップは少なく、レストランやマッサージ店、ホテル、別荘などが並んでます。
他のエリアからボプットに遊びに来る人は、こっちにはあんまり来ないと思います。
DSCF1312←ボプットビーチロードの東側。のどか〜

ここにあるホテルは、次回滞在のことも考えて、外からだけど色々観察してきました。
なお、宿泊した Carpe Diem Hotel は次回、詳しく紹介します。

◆バーン ボプット(Baan Bophut) (ホテルの情報はこちら)
海沿いに建ってます。
広くはないけど、少しは泳ぐことの可能なプールがあります。
プールやレストランなど全体的な雰囲気はかなりいい。
部屋も写真でみるといい感じ。広さはよくわかりませんが。
現地では、次回このエリアに泊まるなら総合的にはここかなと思いました。
値段は3600Bとやや高め。うーん。この値段だとやはり泊まらないな。

バーンボプット←ビーチからみたバーンボプット

◆B1 Villa&spa (ホテルの情報はこちら)
やはり、海沿い。バーンボプットと並んでます。
ここも雰囲気はかなりいいです。
写真を見ると、部屋もいい感じだし、1番狭い部屋でも60屬發△襦
広い部屋は100
難点はプールがプールと呼べないくらい狭い。家族風呂?
泳げません。でも、ないよりマシか。
値段は3800B〜。部屋の広い分、やや高めですね。
一応、今年の夏はプロモーション価格もあるようです。
(B1のホテル料金のサイトはこちら)
ここはsailingに力を入れているみたい。詳しくないので、よくわからないけど、
ビーチに黄色のボート?みたいのが置かれてました。

B1←ビーチから見たB1

◆L Hacienda Hotel  (ホテルの情報はこちら)
ここも海沿いです。このエリアでは1番西よりで、中心部に近い。
ビーチからプールは見えませんでしたが、写真をみると屋上にあるみたいですね。
ヴィレッジ・ビューで1800B、スタンダード・シービューで2300B。
この中では比較的リーズナブルですね。
部屋の大きさはわかりませんが、オシャレです。ロビーの雰囲気もよかった。
ネットで改めて調べると、ここもいいなと思いました。
DSCF1316

◆Cocooning Hotel  (ホテル情報はこちら)
海沿いではありません。ビーチロードのかなり東(右)側です。
実はここ、ホテルではなくてレストランだと思ってました。
レストラン(Barに近いかな)の雰囲気はよかったです。
ほとんどの部屋が999Bと安い スイートでも1500B。
かなり小さそうだけどプールもある。部屋のインテリアもオシャレ。
この値段だと何か落とし穴があるかもしれないけど、ゲストハウス感覚で泊まれそう。

◆Waterfront  (ホテル情報はこちら)
海沿い、ボプット中心部の東のはずれ。でも問題なく徒歩で行動できます。
ホテルの前は通りましたが、ビーチ側から確認はしてません。
ここは比較的ちゃんとしたプールがあるみたい。
値段は2900B〜。部屋の様子はわかりませんけど。
tripadvisor(ホテルの口コミサイト)ではボプットホテルのランキング1位ですね。
ここのランキングは外国人がメインなので、日本人とは感覚が多少違うと思うけど、
それでもいいホテルなのかもしれません。

■予約時のアドバイス
今回、改めてこのエリアのホテルを、普段使っているいくつかのホテル予約サイトで
検索したんですが、ほとんどがサワディーのみの登録でした。
(サワディーのサムイ島ホテルのサイトはこちら)

あくまでの私の印象ですが、サワディーはあまりディスカウントをしてないし、
きめ細かくプロモーション価格を提供したりしていない。
対照的なのがアゴダで、泊まる日数、泊まる日で全然違う価格を提供してます。
でも、サムイ島の小規模なホテルやマイナーなエリアは取り扱いが少ない気がする。
(アゴダのサムイ島ホテルのサイトはこちら)

今回、ボプットのホテルの料金をサワディーで調べて、チャウエン以上に高いな
感じました。(チャウエンのホテルはほとんどアゴダで調べた)
今年(2009年)はタイ全体の観光客が少なくて、人気のホテルでも集客に困って
いるんじゃないかなと思うので、直接、ホテルにプロモーション価格がないか
聞いてみるのも1つの手だと思いますね。

次回は、同じエリアにあって、実際に宿泊したCarpe Diem Hotel
を詳しく紹介します。

それでは、また

<ボプットの記事一覧>
*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。

July 05, 200909:40ボプットビーチのホテル選び(1)
PermalinkComments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 ホテル

サワッディ カー

今回から、サムイ島のボプットビーチのホテルやレストランの紹介をします。
ボプットビーチと言えば、雰囲気のあるオシャレなビーチとして、特に最近注目され
ています。でも、日本ではまだまだ情報が少ないエリア。
以前、サムイ島のビーチエリア紹介(2)(クリックするとリンクしてます)で、
ある程度紹介したけれど、書ききれなかった点など、改めてレポートします。

■ボプットビーチはこんな人にお勧め
ボプットはもともと漁村で、外国人(ファラン)が中心になって開発したそうです。
昔の建物を活かしたりして、街並みがなんとなくオシャレ。
大きなホテルも少なく、全体的にこじんまりとしてます。
例えば、夜の海沿いのレストランやカフェは、雰囲気抜群でとってもお勧めです。
でも、旅行中、ずっとボプットに滞在するとなると、好みが分かれるんじゃないかな。
お店の数は少ないし、夜遊び向きでもない。
特に、ビーチがきれいというわけでもない。
それでも、なんとなく魅力があるのもわかります。

あくまでも、私なりの観点で、ボブットはこんな人に向くのではというのをあげると・・
・リゾート地では、ゆっくりしたい。1日中、何もしなくても平気。
・サムイのリピーターで、チャウエンにはもう飽きた。
・チャウエンは賑やかすぎて好きでない。
・大規模ホテルは好きでない。
・食事はホテル以外で食べたい→ボブット中心部のみOK
・日本人が少ない方がいい。
・代官山とか、フランスとかが好き(あくまでもイメージ)

どうでしょう? 雰囲気が伝わりますか?
私自身3泊4日滞在した感想は、とにかく「のんびりしたなぁ」というもの。
途中ソンテウで5分程度のロータスとビッグCには行ったけれど、
残りはずっと、ボプットでブラブラしてました。

■ボプットの高級ホテルは場所が不便
ボプットには、高級リゾートホテル、こぢんまりとしたオシャレな小規模ホテル
中級ホテルゲストハウスなど、色々揃ってます。
ただ、この中で、高級リゾートホテルだけは、お店やレストランの集まる
ボプットビーチロードの近くにはありません。
ボプットの中心から、1〜2kmくらい西のビーチ沿いに、ポツリポツリと建ってます。
ビーチ沿いをお散歩がてら歩いてもいいとは思うけど、車かレンタルバイクでの
移動が中心になりそうです。

ですから、ボプットの雰囲気を味わうことが目的なら、やはりボプットの中心にある
ホテルやゲストハウスがお勧めですね。
逆に、西側の高級リゾートは、チョーンモンビーチのホテルと同じように、
純粋にそのホテルに泊まりたいかどうかで選ぶべき。

ちなみに、前にも書いたけど、ボプットの西の端にあるZazenはお勧めです。
(ホテルの情報はこちら)
規模は小さいけど、とっても雰囲気がいい。プールも部屋もいい感じ。
でも、高〜い 
夏だと、1番安い部屋でも6500B(約19000円)もする。ガーデンヴィラが8800B
(約25000円)、ビーチフロントバンガローは9200B(約26000円)。
実は、3年くらい前には、アゴダ(ホテル予約サイト)から4000B台で泊まれたんですよ。
ところが、その後アゴダとの契約はやめてしまって、上記の値段はサワディーのです。
サワディー以外では、ホテルトラベルとも契約しています。こっちだと少し安くて、
5900〜8900Bくらい。
それでも、Zazenは人気でなかなか予約がとれないそうで、だったらディスカウントする
必要もないですもんね。安いうちに泊まっておくべきだったと悔やんでます。
もしかしたら、今年くらいから徐々に値段が下がるかもしれないけど。

■ボプット中心部のホテル選び
下は、ボプットの中心部の地図です。(クリックすると拡大されます)
ボプット地図

そして、ボプットの入口にあたるフィッシャーマンズビレッジの看板
フィシャーマンズ

この入口の道を進んで左のエリアには、お店やレストラン、比較的昔からある
中級ホテルやゲストハウスなどがあります。
一方、右のエリアには、こぢんまりとしたオシャレなホテルがいくつかあります。
値段は全体的にあんまり安くないですね。

高級ホテルと異なり、全部を兼ね備えたホテルはないので、何を重視するか
によって、選ぶホテルが変わってくるのではないかと思います。
値段なのか、プールなのか、部屋なのか、海がみえるかどうかなのか。
自分の求めるものとピタリと合えば、ボプット生活がより一層楽しめるはず。

■ボプットのゲストハウス紹介
例えば、値段を重視するなら、ゲストハウスが1番。
以下にボプットの中心にあるゲストハウスをいくつか挙げておきますね。
中は見てないので、どんな感じかはわかりません。リンクを見て選んでくださいね。
値段は、夏休みの時期で統一しました。今日現在だと、バーツに2.9倍すると
日本円になります。

◆PAPA JOE'Sゲストハウス(情報はこちら)
前にも紹介した日本人経営のゲストハウス
フィッシャーマンズビレッジの看板のすぐそば。上の写真で左にある建物。
場所はとてもいいです。ただ、海には面してないし、プールはない。
値段が安さはかなり魅力。
ツインが800B(約2300円)、ドミトリー(共同部屋)120B(約350円)。
何よりも、日本人経営の安心感があると思います。
以前のホームページでは、早朝パンガン島へ行く宿泊客をビッグブッダの港まで
送っていった記事なんかも載ってました。
今でもそういうサービスはやっているのかな。
日本を発ったその日のうちにパンガン島へ行けない場合、前泊するのにぴったり。
1人旅とかでも、ここなら寂しくないのでは。

◆ヴィラジアン(情報はこちら)
ほうぼう屋さんのページで見つけました。
場所は、ほうぼう屋の並びで海沿いではありません。
値段は1200Bとなってますが、確認した方がいいと思います。
エアコンもあるみたい。

◆Free House Bungalow(情報はこちら)
ここは海沿いですね。場所はいいです。
上の地図だと、左側エリアにあるスマイルハウスレストランより少し右側。
エアコンありで1800B、ファンだと900B。プールなし。

◆THE LODGE(情報はこちら)
ここも海沿い。上のゲストハウスと同じ並び。
1800Bから。この値段でもゲストハウスなのかな。プールなし。
外から見た感じは良かったです。

他にもあるとは思います。
下の2つは、海沿いなのでゲストハウスにしたら高めだし。
交渉すれば、もっと安くなるのかもしれませんが、この値段を出すなら
次回紹介するスマイルハウスの方がいいかも。

さて、次回はこの続きで、ボプットのホテルをいくつか紹介します。

それでは、また

*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。



July 03, 200923:03アリババ チャウエンのインド料理屋さん
PermalinkComments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 食事
サワッディ カー

今回は、サムイ島チャウエンビーチのインディアンレストラン
アリババ(ALIBABA)を紹介します。

■アリババとの出会いと再会
アリババに初めて行ったのは、チャウエンリージェントに泊まった2000年のこと。
ホテルのすぐ近くにあり、食べてみたらおいしかったので3回くらいは通ったかな。
非常に繁盛店で、短い滞在中も同じお客を見かけたり、常連客も多そうでした。

というわけで、2005年に久しぶりにサムイ訪れた際に、楽しみにお店に行ってみたら、
「ない」 なんかドラッグ店とかになってる。
何度もその辺りをウロウロしてもない。
そこで、ホテルの方に聞いたら、「どこかで見たけど、わからない」という答え。
さらに、昔あったと思われるドラッグ店にも聞いたら、「チャウエンの南に移った」と。
ここのお店の方はとても親切で、皆でこの辺だとか地図で教えてくれました。
もっとも、その場所はかなり間違ってましたが。(タイではよくあることです)
とりあえず、ソンテウに乗りチャウエンビーチロードを南下。
2人で担当を分け、ソンテウからお店の看板をじっと見て探します。
教えてくれた辺りを過ぎても見つからず、諦めかけた頃、ようやく下の看板を発見
思ったよりも、かなり南でした。でも、すごい達成感。
ドラッグ店でビーチロード沿いと教えてもらったおかげです。

アリババ

店に入ると、なんとなく見覚えのある店員さんもいる。
聞くと、家賃が上がりすぎたので、移転したのだとか。
タイでは、よくあることみたいですね。日本よりも大家の権利が強いから。
でも、残念ながらお店は小さくなったのに、お客も少なくなってました。
観光地は立地が命ですよね・・・

■アリババの場所

さて、今の場所を説明します。ちょっとあやふやな説明で申し訳ないのですが。
チャウエンビーチロード沿いの陸側にあります。
「Zico's」(ジーコプロデュース?の店)よりもなのは間違いなし。
チャウエンの市場に行く道よりも南。
センタラ グランド(旧セントラルサムイ)よりはだったと思うけど、自信ありません。
このホテルに泊まるなら、かなり近いはずです。

■お料理の紹介
インド料理を中心にタイ料理もありますが、お勧めはやはりインド料理です。
昔、タイカレーも食べたけど、たいしたことはなかった。
シェフはインド人なのだから、やはり本場、インド料理でしょう。
今のところハズレはないです。

写真があるものだけ紹介します。
まずは、お通し? セットメニューの前菜? パリパリしたスナックみたいなもの。
PICT1206

たまにしか行けないので、最近は、セットメニューばかり頼んでます。
値段的にお得だし、色々食べれるから。
単品メニューを頼みたい気もするんだけど。

これは、普通のセットメニュー
カレーが3種と、タンドリーチキン、ナンとライス。
PICT1210

こっちが、ベジタリアンセット
やはりカレーが3種と、サモサ、ナン、ライス
PICT1212

値段は忘れたのですが、200B台だったと思う。
豆のカレーは両方共通です。
食べざかりでなければ、食べきれないほどのボリュームはある。
ナンは、差額を払えばプレーン以外の他のナンにしてもらえます。
夫はガーリックナン、私はバターナンを頼みました。
チーズナンも頼んだけど、バターナンの方が好き。

ここのガーリックナンは移転前に食べたときはガーリックがゴロゴロ入っていて
衝撃的だったんですが、移転後は普通になってしまいました。
「スパイシーと言ってくれれば、前みたいにする」と言われ、翌年、再訪したときは
そうリクエストしたけど、やっぱり前みたいにはならなかった。
前は入りすぎだと思うので、今の状態でいいんじゃないかと思う半分、
残念な気もしますね。

■サムイでインド料理
日本でインド料理屋にはそんなに行かないのに、サムイ島とかタイのリゾートでは
結構、インド料理を食べてますね。
日本料理はロングステイをすれば行くと思うのだけど、10日くらいの旅行だと、
行く気にならない。「なんちゃって日本料理」かもしれないし。
ちなみに、サムイ島で日本料理を食べたいなら、「大和」がいいと思います。
行ったことはないけど、オーナー料理人が日本人の方なので安心だし、「なんちゃって」ではないと思う。
「大和」さんのホームページはこちら
イタリアンはサムイ島に多いので、いい店もあると思うのだけど、昔入った店は
イマイチでした。そのせいか、その後は夫の反対にあう。
確かに、激ウマのイタリアンなら物価の安いタイで食べるのもいいけど、
日本のイタリアンの方がレベルが高いだろうし。
結局は、タイ料理自体がおいしいので、タイ料理がメインになってしまいます。

しかし、たまにはタイ料理以外を食べようかなというときに、
インド料理になることが多い。なんか目につくんですよ。
最近は、チャウエンビーチのもっと北の方にもインド料理屋さんがすごく増えて、
客引きなんかもしてます。
タイ人はあんまりインド料理は好きではないと聞くので、100%観光客狙いなわけで、
結構、競争が厳しいだろうな。

そんな中でアリババは、サムイでは老舗の方なんじゃないかなと思います。
他の店も試してみたいけど、失敗するのが怖いのでついついアリババへ。
移転前の方がおいしかったかなという気もしますが、ある程度のレベルは維持して
いるので、近くにお泊りの場合は、ぜひ1度行ってみてくださいね。

(追記:移転後のアリババは閉店したみたいです。最近、サムイ島には行ってないので
確認はしていないのですが。残念。詳しくは
大和さんのブログをどうぞ。
ちなみにパタヤのセントラルパタヤ通り、ビーチロードと2ロードの間にもアリババという名前の
インドレストランがあります。
その検索でこの頁にいらっしゃるケースが多いのですが、行ったことはありません。
店構えはキレイです。でも、高いらしいので、たぶん行かないと思う。
パタヤにもいいインド料理屋さんがあれば行きたいですね。)

それでは、また

<関連記事> オムガネシュ パンガン島のインド料理屋さん
*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。


July 01, 200922:46アルズリゾート
PermalinkComments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 ホテル
サワッディ カー

今回はサムイ島チャウエンビーチのホテル、アルズリゾート(Al's Resort)
紹介します。(ホテルの情報や写真はこちら)

■立地
ここは、チャウエンビーチの繁華街の、ほぼ真ん中にあります。
私は北部に泊まることが多いので、感覚的には南部なんですが、
厳密にいうと、これでもやや北なのかもしれません。
周りは店舗やレストランも多く、非常に便利。
特に、アルズリゾートの入口のすぐ手前に、スーパーのTOPSがあるのがGOOD。
ここは、チャウエンの中でもかなり大きなスーパーで、何でも揃ってるし、
かなり遅い時間まで開いています。
この立地の良さが、アルズリゾートの魅力の1つでしょう。

■お部屋
このホテルは、どの部屋に泊まるかで満足度がかなり違うと思います。
お部屋のカテゴリーは大きくは3つに分かれます。

まず、1番安く、古いカテゴリーの「Deluxe garden」「Studio」
ここは、長屋風に庭に面して部屋が並んでます。外から見た雰囲気はかなりいい
ですが、お部屋はかなり狭そうです。
部屋にはこだわらないなら、いいのかもしれません。

次に最もグレードの高い「Villa Deluxe」「Villa Suite」。2005年にできたそうです。
私たちは、2006年に「Villa Deluxe」に宿泊しました。
純粋なヴィラではないのですが、部屋は広く、シンプルながらもおしゃれで
かなり満足できました。
場所も、プールのすぐ傍で、かなりリゾート感を味わえます。
(ただし、通行する人の視線が少し気になる)
ちょうど、下の写真の建物のうち、右と左の部屋が「Villa Suite」、真ん中の
やや小さい部屋が「Villa Deluxe」で、実際に泊まった部屋です。
「Villa Suite」の中を外から見たんですが、リビングと寝室に分かれ相当広かったです。

アルズプール

そして、3番目のカテゴリーが、2008年にできたコートヤードという建物。
ここは実際には見ておらず、今回この記事を書くために調べて発見しました。
普通、増築する場合はグレードの高い部屋を作ることが多いのに、
ここは中程度のグレードで珍しいですね。写真では見る限り、かなりオシャレです。
ここにも、新しくプールを作ったみたいです。

2006年当時、値段の安さに感動したんですが・・・
今見ると、そこまで安くはないですね。ちょうど今、夏休みにまたパタヤに行こうかと
色々検索をしていて、パタヤのホテルのコストパフォーマンスの良さにまたまた
驚いているせいもあるんですが。<関連記事>パタヤのホテルはお得ですよん
「Villa Deluxe」のこの夏休みの値段が3600B(約10000円)。
意外に高いな、というのが正直な感想です。
探せばもっと安いプランもあるかもしれませんが。

■プールとビーチ
プールは、上の写真の通りです。
シンプルですが、海も見えて景色はいいです。
プールバーも一応ありました。
そしてビーチがこれ。
アルズビーチ
全体的にカジュアルなリゾートという感じです。

■朝食
上のビーチの写真の白い船っぽい形の建物で食べます。
一応、ビュッフェ。でも品数が少なかった気がします。
しかも、全体的にホテルっぽくないというか飾り気がなく、公共の施設で
食べているような気持ちになりました。

■レセプションなど
実は、ここで1番印象的ななのはレセプション(チェックインする場所)でした。
全くホテルっぽくなく、大丈夫だろうか?と心配になったのですが、
2009年に新しくなったようです
しかし、この時の受付のおばさんもかなり強烈だったので、同じおばさんが応対
するなら、ホテルっぽい感じにはならないでしょうね。
感じが悪いという意味ではなく、アパートのやり手の大家のおばさんみたいなイメージ。

なお、部屋の中に一応セーフティBOXがあるのですが、非常に古いタイプのもので、
使う場合にはレセプションでデポジットを預けて鍵をもらう必要があります。
かなり使いづらいです。
新しい部屋に、セーフティBOXだけ昔のものを設置しましたという感じでした。
今もこのタイプかわかりませんが。

■グループホテル
ここは、次の2つのグループホテルがあります。
(ホテル名をクリックするとホテルの情報ページにリンクしています)

アイランド リゾート&スパ
チャウエンビーチの北部、チャウエンリージェントのすぐ近くにあり、立地はよい。
様子を見に行ったことがあるけれど、プールもあるし割と良い雰囲気でした。
部屋の大きさはわかりませんが、1800B(約5000円)〜2500B(約7000円)
くらいで宿泊でき、アルズリゾートよりは少しお手頃
サムイ島で宿泊費を安くしたい時にでも泊まってみようかなと思ってます。

アルズ ハット ホテル
アルズリゾートに隣接した場所にあるようです。
グループの中では最もカジュアルなホテル。プールはなさそう。
海には面しているみたいなので、ビーチ派ならいいのかな。
料金は1600B(約4500円)くらい。

■アルズリゾートの評価
サムイ島で、立地重視で、そこそこリゾート気分も味わえて、リーズナブル
ホテルが希望なら、アルズリゾートアイランドは候補に入れてもいいと思います。
ホテルのサービスを重視する人には向かないでしょう。
たまたまかもしれませんが、子供連れもあんまり見かけませんでしたね。

以上です。
次回は、チャウエンビーチのレストランを紹介します。

それでは、また

*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。

June 30, 200911:33チャウエンリージェント
PermalinkComments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 ホテル
サワッディ カー

今回はサムイ島チャウエンビーチのホテル、チャウエン リージェント ビーチリゾート
(Chaweng Regent Beach Resort)を紹介します。
(ホテルの情報などはこちら)
ここに泊まったのは、2000年と随分前なので書くかどうか迷ったんですよ。
でも、少しは参考になるかなと思って書くことにします。
写真が全くないけど、すみません まだデジカメすらない頃なので。

■立地
チャウエンビーチ北部、今ではチャウエンビーチの中心といってもいいかも。
非常に便利な場所にあります。
周囲にはお店やレストランがいっぱい。
この立地の良さが、現在のチャウエンリージェント最大の魅力ではないでしょうか。
敷地がそれなりに広いので、立地がいい割にはホテルの中はリゾート感があります。

■お部屋
2000年に泊まったのは、ビルディングタイプのスイートの次ぐらいのグレートの部屋です。
当時、チャウエンリージェントは色んな旅行パンフレットで取り扱われていて、
チェックインの時には日本人スタッフが対応してくれました。
お部屋の説明された時に、「ヴィラの方が良かったな」と言うと、「変更はできますが、
ヴィラはバスタブもないし、部屋も狭いですよ」と言われました。
確かに、泊まった部屋はかなり広い部屋だったけど、ヴィラ(というよりバンガロー)は
外から見ても、とても狭そうでした。

今、ホテルの情報を見ても、バンガローが1番お安い部屋ですね。
ちなみに、7月上旬までなら4500B(約12600円)、それ以降の夏は5000Bと
かなり高い値段ですね。今夏もあんまりディスカウントしてません。
この値段で、あの部屋の大きさだとコストパフォーマンス悪いですね。
推測するに、ここは今でもネット予約客よりも、普通の旅行会社を通じて部屋を
卸している比率が高いんじゃないかな。

部屋の内装はかなり違ってますので、その後、改装されているようです。
当時は部屋にもかなり満足したけど、今だとあんまりいいとは思わない。
私自身の目が肥えたのもあるし、サムイ島のホテルがレベルアップしたのもあるでしょう。
少なくとも、お部屋に関しては同じ値段を出せば、今のサムイ島なら
もっといいホテルはありますね。

■プール
ここのプールは割りと好きです。
まず、海沿いにメインプールがあります。ここには、子供用プールもあり、
ファミリーが多かったです。
それから、客室棟に取り囲まれた場所にガーデンプールがあります。
ここは、子供があまりおらず、泳いだりゆっくりするには丁度よく、ほとんどこちらを
利用していました。

■朝食
ビュッフェ形式です。
西洋フードが中心で、タイフードは炒飯とか焼きそばがある程度。
最初は喜んで食べていたんですが、この時は5泊もしたので、4日目くらいから
すっかり飽きてしまいました。そんなにヴァリエーションがないんですよ。
味は悪くなかったと思いますので、2,3日ならいいんじゃないでしょうか。

■ディナー
この時の旅行パックには、メインダイニングのディナーが1回付いてました。
曜日別に色々なショーが付いていたり、料理の内容が異なり、滞在日の好きな日
を選べるというものでした。
お勧めは「ポリネシアン」だと言われ、それを選びました。
かなり長い時間のポリネシアンショーが付いていて、料理はBBQ的なもの。
私たちの好みからいえば、タイフードの日の方が良かったなあと後から思いました。
今でも、こういうのがあるかはわかりません。

■忘れられない出来事
今までサムイ島を訪問した6回の中で、この時のチャウエンリージェントが1番
日本人比率が高かったです。サムイ島自体、最近よりもこの頃の方が
まだ日本人が多かった気がする。
プールや朝食時など、常時何組かは日本人がいるという状態でした。

ある朝、レストランで朝食を食べていると、レストランの空気が一瞬止まったというか、
そこにいるお客さん達が息を呑んだんですね。
20歳くらいの日本人の女の子2人が部屋に備え付けてあったバスローブを着て、
朝御飯に現れたのです。明らかに、外国人客も動揺してましたが、
その後は、皆、そっちは極力見ないようにして食事を再開。
翌朝、少しドキドキしたんですが、普通の服装で現れたので良かったです。
たぶん、日本の旅館の浴衣感覚だったんじゃないかな。
我が家では、チャウエンリージェントといえば、真っ先に甦る記憶です。

DSCF1379

■チャウエンリージェントの評価
2000年に泊まった時はとても気に入って、次もチャウエンリージェントにしようと思い、
友人にも紹介し、その友人も実際に泊まって満足してくれました。
でも、今泊まるとなると、上にも書いたようにもっといいホテルがあるかなと思うので、
もう1度利用することはないでしょう。

ただ、価格の面を考慮に入れなければ、立地もいいし、そこそこのリゾート感もあるし、
全体的には割といいホテルだと思います。
特に、家族連れ初サムイの場合には安心なホテルじゃないかな。
使ったことないので詳細はわかりませんが、べビーシッターのサービスもあるし、
実際、家族連れは結構多かったです。

以上です。
次回は、もう1軒だけ、チャウエンのホテルを紹介します。

それでは、また

*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。


June 29, 200911:18サムイ島のおすすめレストラン WILL WAIT
PermalinkComments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 食事

サワッディ カー

今回は、サムイ島で1番のお気に入りのレストラン、WILL WAIT(ウィルウエイト)
紹介します。チェーン店だし、とりたててどうって店ではないではないんですが・・・

■WILL WAITの場所
WILL WAITは私が知る限り、チャウエンビーチに2店、ラマイビーチに2店あります。
全店舗行きましたが、お勧めは断然、チャウエンビーチ北店(命名は私)。
場所は、チャウエンビーチ北の三叉路のすぐ近くです。
下の地図はかなり模式化したもので、実際はもっと店やホテルがあります。
比較的わかりやすい場所だと思います。
BlogPaint看板
↑クリックすると地図が拡大されます。右の写真は看板。
↓上の地図の印の所から撮った写真。真ん中(角から2軒目)の店
PICT1199

ウィルウエイト

上の写真にはありませんが、店の右部分がオープンキッチンになっていて、
女性の従業員がいつも一生懸命働いてます。

■お料理
言葉で説明するよりは写真の方がいいと思うので、できるだけ色々紹介しますね。
値段は覚えてないけど、お手頃です。屋台より、やや高いぐらい。

PICT1128
↑まずは、タイ風ヌードル(クァイティアオのセンレックナーム)。
朝御飯に食べました。写真は、エビ入りですね。
テーブルにある4種類の調味料で味を調整します。
この店の唐辛子入り酢(プリック・ナムソム)は、味がとても良いです。

PICT1279
野菜炒飯、カオパッ(t)パッ(k)です。
カオはご飯、パッ(t)は炒める、パッ(k)は野菜。
いきなりタイ語講座ですが、(t)(k)というのは末子音といって、口はその形にする
けど発音はしない。
タイの通貨バーツも同じで、現地読みだと「バー(t)」でツは発音しない。
こういうのがあるので、なかなか通じないんですよね

さて、炒飯ですが、私は断然、野菜炒飯が好きです
タイ人のタイ語の先生には変わってると言われましたが…
野菜不足も補えるし、特にここの野菜炒飯は野菜の種類も多いです。
しかも、鶏とかエビ炒飯などより、値段も格段に安いのもいい。
炒飯には目玉焼きも別に追加します。
目玉焼きは「カイダーオ」 カイは卵、ダーオは星。星の形に似ているから。
こっちの目玉焼きは焼きではなく、揚げなんで少し油っぽいんですが。

PICT1216
イカの唐辛子バジル炒め(プラームック・パッ・ガパウ)です。
これもかなりお気に入りの1品です。かなり辛いんですが。
ガパオは日本では鶏で食べることが多いけど、鶏よりもイカの方が好き。
日本でこの味を再現しようと思っても上手くいかないんですよね。

PICT1273
↑これはなんでしょう?
写真を見ると、鶏のカシューナッツ炒めっぽいけど、記憶にありません。

PICT1277
タイ風春雨サラダ、ヤムウンセンです。
写真がピンボケですみません。
最近は、春雨サラダよりヤムヌア(牛肉サラダ)を頼むことが多いです。
春雨サラダは自分でよく作るから。そのうち、レシピを紹介しますね。

PICT1278
ハンバーガーです。
欧米人のお客も多いので、こういう西洋系フードも充実してます。
私はあんまりハンバーガーは肉肉しくて好んで食べないのだけど、ここのバーガーは
かなり美味しく頂きました。朝とか昼にはぴったりですね。

ココナッツ
ココナッツミルクシェイク、実は他の店のものです。
イメージが伝わればと思いのせました。
ここでは、色々とシェイクを頼みます。これがすごく美味しい。
暑い昼間や、辛い料理を食べる時の口の中の辛味消しにもいい。
私はココナッツミルクシェイクが1番好きですが、この他にも色々あります。
マンゴシェイクや、ミックスフルーツミルクシェイクすいかシェイクなど。
シェイクは氷を砕くので心配な人もいるかもしれませんが、少なくともこの店は
大丈夫だと思います。何度も飲んでるけど問題ないので。

■チェーン店の紹介
WILL WAITはチャウエンビーチロードの中心あたりにもう1軒あります。
しかし、ここはお勧めしませんメニューは同じなんだけど、全然違う。
男性の従業員が気だるそうに働いていて、運ばれてくる料理は熱々でない。
メニューも微妙に間違えるし。
場所がいいから、そこそこ流行っているけど。
総じてタイは女性の方が働き者だなと感じます。

それから、ラマイビーチロードの北と南にも1軒ずつ。
ここは、ラマイに泊まっている時とか、島内1周の休憩時によく利用します。
ラマイはチャウエンより人が少ないから、いつ行っても空いてます。
味はチャウエン北店には負けますが、ラマイはチャウエンに比べレストランの数も
少ないので、十分使える店だと思います。
70160022←ラマイ店の外観

■WILL WAIT チャウエン北店の良さ

まずは、何を頼んでも平均以上に美味しいこと。
価格もお手頃。メニュー的にも、朝昼晩、いつでも対応できます。
従業員のほとんどが女性でキビキビと働いているのも気持ちがいい。
とりたてて特徴のある店ではないけれど、意外にこう店って少ない。
これからも、サムイ島へ行ったら必ずいくと思います。

以上です。まあ、あんまり期待しすぎずに、近くを通ったら利用してみて下さい。
次回は、再びチャウエンビーチのホテル紹介に戻ります。

それでは、また

*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。



June 28, 200911:07イヤラ(2) プールと朝食
PermalinkComments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 ホテル
サワッディ カー

今回は引き続きイヤラビーチホテルのプールや朝食について紹介します。
(ホテルの情報はこちらから)

■プール
楕円形の大きくもなく小さくもないプールです。
アトラクション的な要素はないですけど、泳ぐのには十分の広さ。
子供用のスペースも小さいけど、一応あります。
レストランに隣接してます。
これ以上、あんまりコメントすることはないですね・・・

PICT1089PICT1093

PICT1155PICT1087

■朝食
プールと海が見えるレストランでのビュッフェです。

PICT1081
あくまでの2005年時点での情報になりますが、ビュッフェの内容は
たいしたことないです。
下のお皿は、大体あるものを8割くらいはのせたんじゃないかな。2人分です。
ハム・ウインナー・ベーコン、サラダ、チーズ、豆。
パンが何種類かと、ジュースとコーヒー。

PICT1084

タイ料理も全然なかった気がする。味も普通。
欧米人的に必要なものは全部揃ってる。
普段の朝食を考えると、これだけあれば十分なんだけど、リゾートならではの
ワクワクした感じにはならないですね。
もしかしたら、その後改良されているかもしれませんが。

1日目と2日目でメニューがほぼ同じなので、3日目の朝には外のお気に入りの店
クァイティアオ(タイ風ラーメン)を食べに行ってしまいました。
立地が良いとそういうことができる点がいいですよね。
外での朝食の後に、海を見ながらゆっくりとコーヒーとジュースを頂いて、
それはそれで良かったです。

■イヤラに対する評価
これは、夫と私では多少違います。
夫はあんまり気に入ってないみたい。
私は、値段を考えると、場所もいいし、部屋もいい感じだし、特に悪い点が
あるわけではないから、選択肢としてはアリだと思う。
特に、初めてサムイに来る女の子グループ等には向いている気はします。
逆に新婚さんとはには向かないかな。
立地が良くて、ショッピングセンターに隣接している分、リゾート感は薄れてしまう。

さらに、値段が実際に幾らかは重要ですね。
去年くらいの高騰した価格では泊まりたくない。
今年の価格でも、3700B出してイヤラのデラックスに泊まるなら、
3450Bのノラのスーペリアに泊まる方が何倍も満足できると思う。
サムイ島にはホテルが沢山あるので、私たちが再びここに泊まることはないと
思いますけど、トータルでは結構いいホテルじゃないかな。

さて、次回ですが、イヤラの朝食をやめて食べに行った近くのレストランを紹介します。
場所は、チャウエンビーチロード北部の三叉路のすぐ近く。
カジュアルな食堂みたいな感じだけど、何を食べてもおいしいの。
サムイ島では、最も通っているお勧めのレストランです。

それでは、また

*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。