オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
July 13, 200911:07ラマイのお食事情報
Comments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 食事

サワッディ カー

今回はサムイ島、ラマイビーチのグルメ情報です。
ところが、ラマイではトータル6泊しているのに、いったいどこで食べていたのか、
一部を除いて、あんまり覚えてません。
だから、書くかどうか迷ったんだけど、とりあえず、覚えている分だけでも
紹介しますね。

■ラマイビーチロードでのお食事全体
ラマイビーチロード沿いには、色々とレストランがあります。
適当に入ってみたりしたけど、リピートしたい店を見つけることができませんでした。
一応、シーフードとか、イタリアンとか色々あります。

ビーチロードのほぼ中心あたりにはマクドナルドがあります。(利用はしてません)
そして、マクドナルドよりも少し南の陸側に、小さいけど屋台が集まった
ところがあります。ここも結構使えると思います。
特に、夜に賑わいますよ。

ラマイ←ラマイのマクドナルド。この人形は今でもあるのかな。

■ウィルウエイト(Will Wait)
結局、前にも紹介したWill Waitを、かなりの頻度で利用してました。
チャウエンの北店には負けるけど、それでもかなりいいレストランだと思います。
(Will Wait の記事はこちら)
どの店も大体メニューは同じですが、少しずつ違います。
私の好きなミルクシェイクのフルーツの種類も少しずつ違うし、お料理の値段も
微妙に違う。いずれも、朝・昼・晩に対応した様々なメニューが揃ってます。

場所は、ラマイビーチロードのかなり北の方と、真ん中より少し南ぐらいの
2店舗あります。ラマイ店には、パン売り場もあります。
そうそう、ここWill Waitは、たぶん元々はパン屋さんなんですよ。
おやつがてら、食べてみてください。
日本のおいしいパン屋さんには敵いませんが。

70160022←これはラマイ北店の外観

■フアタノン シーフード(Huathanon Sea Food)
ここは、ラマイからさらに南にあるファンタノンにあります。
4169号線沿いで、サムイの無料の地図のラマイ拡大図の1番下あたりに、
Ban Huathanon Sea Foodと表示されています。
それをタクシーの運転手さんに指差せば連れて行ってもらえます。

ちょっと、ラマイからは遠いけど、かなりお勧めのシーフードレストランです。
写真があれば、独立の記事にしたいくらいだったけど、これも、データが消えた
年に行ったので1枚もありません。

さて、お店の入口あたりには、色々なシーフードが水槽とかにいっぱい。
案内されたのは海に面したオープンエアの一等席。
暗くなってからはランプだけの明かりで食事を頂きます。
料理が見にくいけど、かなりいい雰囲気。

まずは、店頭でマングローブ蟹を選び、プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)を注文。
そして、おつまみ用に春巻き、そして不本意ながら、ムール貝みたいなのを香草で
蒸したの
を食べました。
不本意というのは、かなり信頼できそうな気がしたので、意を決して生カキを2個
注文したつもりだったんです。
ところが、暗い中で指差ししたものだから、1つ上のメニューと間違えられてしまい、
大量の貝が2人前も出てきたので頭がクラクラしました。
でも、お店の方もすごく感じが良く、こっちにも非があるのでそのまま食べました。
結構おいしかったけど、量が多すぎましたね。やはり。

メインのプーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)はかなり美味しかったです。
ご飯に合いますよね。食べにくいけど。
そして春巻きも、相当美味しかった。
これまでの海外旅行で食べた春巻きの中でも1,2位を争うほど。
↓プーパッポンカリー。これはバンコクのソンブーンのもの。イメージ画像としてのせました。
  もう少しオシャレな盛り付けだったような記憶があります。
DSCF2057

料金は忘れたんだけど、かなり良心的な値段だったです。
とにかく、全体的にかなり満足しました。
車でないと行けないのが難点だけど、ラマイビーチに泊まることがあれば、
是非また行きたいですね。
あるいは、島内1周することがあれば、ここで休憩orランチをしたいな。

以上で、ラマイビーチの記事は終了です。
次回は、あと1軒だけサムイ島のホテル紹介をします。
それでは、また

<ラマイビーチの記事一覧>
*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字