オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
July 20, 200923:48サリカンタン(1) お部屋に感動!
Comments(0)TrackBack(0) パンガン島 
サワッディ カー

今回から、パンガン島のホテル、サリカンタン リゾート&スパ
(Sarikantang Resort and Spa)について紹介していきます。
(ホテルの情報はこちら)

サリカンタンというのはBUMBLE BEEの意味らしいです。
丸花蜂という見た目は結構、くまん蜂系?
もし、それがたくさんいる場所だとしたら・・・ちょっと嫌ですね。
DSCF1437←ホテルの入口の看板

■お部屋までの道
珍しく写真がいっぱいあるので、紙芝居風に。

サリカンタン1
こんな風に海を見ながら

サリカンタン2
他の部屋の横を通って

サリカンタン外観
すごい急な階段を昇って。
ここを荷物を持ってあがるのは無理。

サリカンタン入口
お部屋の入口です。

■お部屋紹介
実は、チェックアウト時にいろいろあったんですが、実際に宿泊したのは、
当時、上から2番目のランクのお部屋です。
とにかく広くて、すごい感激

これが見取り図です。
サリカンタンの部屋

DSCF1343
↑ベッド                
                         
DSCF1339
↑リビング

DSCF1341
↑バスタブからリビングが見える

DSCF1340
↑デッキからは海が見えます。

海に面してはいないけど、広さ的には60〜70屬呂△蠅修Α
センスもいいし、とにかく満足でした。
サリカンタン好印象の最大の要因はこのお部屋にありますね。

■マイナス点かもしれないこと
さて、ここの特徴としては、部屋に電話がなく、たのまないと清掃をしない
という点があります。
一応、エコということらしい。
しかも、部屋の鍵を清掃係の人は持ってなく、外出時などに部屋の鍵を
フロントに預け頼まないといけません。
でも、戻ってみるとまだできてない。(2時間後くらい)
結局、タオルだけ変えてもらって、部屋の清掃は1回だけしてもらいました。

あと、部屋のテレビが映らなくてテレビごと交換したり、電球が切れたり。
そのつど、 電話がないのでフロントに行く必要があり。
まあ、私はそんなに嫌ではなかったけど、そういうのがマイナスに感じる人
もいるかもしれません。

■様々なグレードの部屋
ホテルのサイトをみると、サリカンタンには10種類もの部屋があり、全て値段が
違います。(以下は夏休み時期も含まれるハイシーズンの値段)
1番安いのが、スタンダードで900B(約2500円)。非常に小さなバンガローです。
最も高いのが、シーヴューヴィラで5400B(約15000円)、このランクは去年
私たちが行った際にはまだありませんでした。
当時最も高かったのがビーチフロントスイートで、現在4500B(約12600円)。
実際に宿泊したのが、次にランクの高いオーシャンヴュースイートで、
現在4200B(約11800円)。これが去年は3400Bだったのでかなりの値上げです。
その後、500Bくらい刻みで様々なランクの部屋があります。

これは私の推測ですが、元々のサリカンタンは普通の庶民的なホテルで
部屋を増設する度に、だんだんとグレードの高い部屋を加えていったのだと思います。
外観から見ても、最初の方に作られた部屋はかなりコンセプトが違います。
個人的には、このホテルの良さであるお部屋を味わうなら、
できればシービューデラックス(3200B)以上、少なくともデラックス(2400B)以上に
宿泊することをお勧めします。
でも、やっぱり値上げしてましたね。残念。
まあ、人気のホテルだから仕方ないか。
DSCF1411DSCF1408
↑ビーチフロントスイートの外観。部屋の前はビーチ&海

■チェックアウト時に判明したラッキーなこと
今回、サワディーで予約し、支払いはチェックアウトの時でした。
1泊2900Bのはずなのに、3400Bの請求が
おかしいと思い、予約確認のメールを見せるとそこにはしっかりと2900Bの記載。
すぐに納得してくれて、2900Bの支払いで済みました。

しかし、後でホームページなどで確認すると、実際に宿泊したのは3400Bの部屋
だったんですね。
何故そうなったのか? 手違いなのか? アップグレードなのか?
1つ考えられるのは、宿泊していた後半はホテルは全館満室だったこと。
いわゆるオーバーブッキング状態でグレードを1つ上げたけど、その連絡が
不行き届きだったか、気づかずに支払うのを見込んでたか。
いずれにせよ、チェックイン時に予約確認の紙を既に渡していたので、
念のためもう1枚持ってきていて良かったなと。
これ以後は必ず、2部ずつ持参するようにしています。

以上、サリカンタンのお部屋でした。
次回は、サリカンタンの食事について紹介します。
それでは、また

<サリカンタンの記事一覧>  
*その他のパンガン島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字