May 2009

May 31, 200915:22タイスキ 大好き!!
PermalinkComments(4)TrackBack(0)バンコク(全記事) | バンコク 食事
サワッディ カー

今回は、タイ料理で1番大好きな「タイスキ」のことを書きます。
どのくらい好きかというと・・・
例えば、今回の8泊10日の旅行中、4回食べました。

一応説明すると、タイスキとは「タイ(鯛じゃないよ)風のしゃぶしゃぶ」のこと。
肉や魚、野菜などを鍋にして、辛いタレにつけて食べます。
ちょっと怪しい記憶ですが(以前テレビで見た)、
日本にも住んでいたことのある「COCA(コカ)」のご主人が、
日本の鍋をヒントに考えたのが最初とか。
その時に、坂本九のスキヤキが流れてきて、「タイスキ」というネーミングにしたと。
もし間違ってたら指摘してください〜。

ここで、私が食べたことのあるバンコクのタイスキの店
極めて個人的な意見で紹介していきます。

■COCA(コカ)レストラン
一応、ここが元祖ということになります。
サイアムの本店や伊勢丹もあるセントラルワールドの中にもあり、観光客には便利。
他よりも価格は若干高め?
実は、ここ数年は食べてません。
日本にもあるから。(有楽町、アトレ上野、新宿ルミネエストなど)、なんとなく。
味や素材はかなり良いと思うので、1度は行く価値はあるのでは?

■MK
今や一番勢いのあるタイスキチェーン。
色んな所にあります。(サムイ島もMKだけはある)
安さと甘めのタレが特徴。
ただ、安いだけあって素材はあまり良くない気がします。
私はサムイ島でしか行きません。(他にタイスキの店がないから)
でも、ここが一番好きという人も多いです。
サイドメニューも安くて、なかなかおいしい。(他のタイスキ屋では注文したことない)
日本にも最近できました。(関東は今のところ浦安のみ)
(追記:2010年11月現在、浦安店は閉店したみたいです。
そのかわり、新宿店ができています。こっちの方が便利ね)
PICT1126

■テキサス
ヤワラー(チャイナタウン)にあります。
特徴はなんだろう?
コカとかカントンに似てます。
おいしいですし、お店も流行ってます。地元の人が多かった。
でも、次にヤワラーに行ったら、他の店(フカヒレとか)で食べると思う。
DSCF1603DSCF1605

■テラス(インペルアルクィーンズホテルのビュッフェ)
ここはもう行きません。
素材が特にいいわけでもなかったし、欠品も多い。
値段は忘れましたが、ホテルにしては安いけど、タイスキとしては高い。
タイスキだから、それなりにおいしいですが、
もう1度行く理由が特に見つかりません。
しかも、カードの機械がおかしく、何組かの客と一緒に別のフロアまで
行かされ、精算に30分以上もかかったのよ。

■カントン
ここが、ダントツで私たちのナンバー1です。
意外に知られてないですが(タイ語の仲間や住んでいた人でも知らないことも)、
日本人にも根強いファンはいます。
以前は、サイアムのコカの前にあったのですが、
昨年(2008年)突然の閉鎖
移転先がわからず、昨年の旅行では行けませんでした。
(それで、テキサスに行った)
しかし、今年、ネット情報のおかげで移転先のカントンに行ったの
やはり、おいしかった〜。

実は、ブログを始めようと思ったのは、このカントン移転がきっかけなんです。
もし、ネットの情報がなかったら、
2度とカントンで食べることはできなかった気がする。
そういう意味で、私たちのちょっとした体験や感想が、
誰かの役にたってもらえればいいな、と思っています。

というわけで、次回、移転した新しい「カントン」についてレポします。

それでは、また

May 31, 200900:18ディスカバリービーチホテル(2) プールと朝食
PermalinkComments(0)TrackBack(0)パタヤ(全記事) | パタヤ ホテル
サワッディ カー

前回から引き続き、パタヤ ディスカバリービーチホテルのレポです。
今回は、プール朝食、それから立地のこと。

■プールはなかなかGOOD!
それなりに広くて、子供向けの浅瀬から足がつかない深いところもあります。
目を引くのは滑り台
普通のと、小さめのウォータースライダーみたいなカーブ付のがあって、
後者はかなりスリリング。
(思わず、軽く悲鳴をあげてしまった

バスタオルは、プールのすぐ前のガラス張りの室内でもらいます。
(貰うときと返すときにサインをする方式)
1日目は2枚だけ借りたけど、案外みんな1人2枚ずつ使ってるので、
翌日は4枚借りちゃいました。

プールからも海が見えるけど、海との間にあるビーチロードには
車がいっぱい走っていて、それなりに騒々しいですね。
それでも、ようやくリゾートっぽくなってきたので、
2日目は、半日くらいはプールでダラダラ。
こういうのが一番好きなんですよ。
プールで食べたパフェは100B+税サービス料でした。

■朝食はビュッフェスタイル
いわゆるオーソドックスなビュッフェです。
タイフードもそこそこあるし、味もまずまず。
口コミだと、批判している人もいるし、良いと言う人もいる。
ビュッフェのランクで言うと、中の上か、上の下辺りだと思う。

おいしいなと思ったのは、クロワッサンとデニッシュとバナナケーキ。
(パンが全部おいしいわけではない)
あと、1日目のおかゆ。(2日目はそうでもなかった)
2日間で、7〜8割くらいのメニューは一緒でした。

それでも、ビュッフェはやはりいいものです。
なぜか、リゾート気分になるのだけど、私だけ?

■立地はもしかしたら微妙?
これ、2つの意味で微妙かもと、思ってる。
ビーチロード沿いで、ある意味いい場所なんだけどね。

1つ目は、ビーチロード沿いは2ロード以上に観光客向けだから、
いい感じの手ごろなレストランがあんまりない。
かといって、そういうのがある所まで歩くには(暑い時間は)やや遠い。
お昼は、ホテルで食べればいいんですけどね。
意外に便利な立地じゃないなあ、というのが感想です。

2つ目は、すぐ横がソイ6なんですね。
ソイ6は有名な置屋街。
昼間からお姉さん達が店先にズラリと並んでいるのは、壮観です。
別に私は気にしませんが、家族連れとかどうなのよ? と思ったりします。
私も、夜に1人でソイ6を歩くのは嫌だな。
かといって、平行しているソイ6/1は人通りも少なく、ここを通るのも嫌。
結局、ソンテウでホテルの前まで行くしかないという感じ。

DSCF2015←ソイ6にいた移動屋台で買ったお弁当

以上、ディスカバリービーチホテルのレポでした。

このホテル、客層はファラン(欧米人)の家族連れとカップル(若者も年配も)、
アジア系(中華系っぽい)の家族連れがほとんどで、
ある意味パタヤっぽくなかったですね。
日本人には会いませんでした。(人気は高いみたいだけど)
タイのお姉さん連れのファランは朝食時に1組見ただけ。
ジョイナー・フィーがかかるからでしょうか。

実際、パタヤでリゾート気分を気軽に味わうにはいいホテルだと思う。
施設も新しいし、トータルでバランスがとれている。
ハイシーズンの値段で泊まる気はしないけど、
今回くらいの価格なら、また泊まってもいいなと思ってます。

パタヤディスカバリービーチホテルの基本情報・写真・予約などはこちらから

さて、次回からは、話を変えて「タイスキ」について書きます。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。 
「ディスカバリービーチホテルの記事一覧」     
「ホテルの予約情報サイトへのリンク」    
「ホテルのホームページ」


May 30, 200909:07ディスカバリービーチホテル(1) お部屋
PermalinkComments(0)TrackBack(0)パタヤ(全記事) | パタヤ ホテル

サワッディ カー

パタヤの2軒目のホテルは、パタヤ ディスカバリービーチホテル
Pattaya Discovery Beach Hotel)です。
場所はビーチロード沿い、ソイ6/1(ソイ6のすぐ南の通り)です。
パタヤのエリア説明はこちら
DSCN1557

今回の部屋は一番低いクラスのスーペリア

それでも結構広いです。たぶん40岼幣紊呂△襪隼廚Α

実際に支払った料金は、1泊朝食込み2500B(約7000円)。

予約した後に気づいたのですが、
3泊すれば11900Bのローシーズン・キャンペーンもあったみたい。

 

実は今回、もう少しパタヤでのんびりしたくなり、もう1泊したいなと
延泊の値段を聞いたところ、定価(6400B)の半額3200Bと言われました。

「3泊だから安くならないの?」と言ったけど、全然ダメ。なので、やめました。

やっぱり、ホテルは事前にネット予約しないとね と再確認。


さて、お部屋ですが、セーフティBOX、ドライヤーなど、ひと通りのものは揃ってます。
やっぱりお部屋の写真を撮ってないのですみません。
その中で、私なりのポイントを紹介しますね。
ホテルの基本情報や写真はこちらをごらん下さい。

■オーシャンビューでリゾート気分
ここは部屋が海に面してジグザグに斜めに設置されているので、

ほぼ全室オーシャンビューらしい。

やはりリゾート気分が盛り上がる
これが、ベランダからの眺望。パタヤビーチです。

DSCF2013

■無線LANで、インターネット24時間無料
チェックイン時にアクセスするためのパスワードをもらいました。
スピードはタイにしたら、まずまずではないでしょうか。
LKルネッサンスほどの高速ではないけど。
無線より有線の方が好みだけど、無線だとプールとかでも使えるのはいい。

■バスタブとは別にシャワーブースあり
なくてもいいが、あると便利。

■洗濯物干しは、myランキング歴代ホテル1位
これは、どうでもいいような話なんですが。。
ベランダにある洗濯物干し、折りたたみ式で大容量。
(写真がなくて、すみません)
ちょうど旅の半ばで洗濯をしたので、重宝しました。

■お部屋はとっても静か
最初、ビーチロード沿いだからうるさいかなと心配だった。
でも、通りから距離があるからかとっても静かでした。
今までホテルは静かなのが当たり前と思ってたけど、
LKのことがあったので、静かなだけでも喜んでしまった私です。

■お部屋の鍵は2つもらうと便利。
最初、カードキーを1つしかくれなかったけど、
お願いしたらもう1つくれました。
夫婦といえども別行動のこともあるから、2つある方がいいよね。
LKルネッサンスでも言えばもらえたのかも。

お部屋に関してはこんなところでしょうか。
トータル的にはかなり満足してます。
贅沢を言えば、もう少し広いと良かったな。
(だったら、デラックスにしろという話ですが・・・1泊につき約2500円の差)

次回は、ディスカバリービートホテルのプール朝食立地について紹介します。
お楽しみに

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。 
「ディスカバリービーチホテルの記事一覧」     
「ホテルの予約情報サイトへのリンク」    
「ホテルのホームページ」



May 29, 200910:24LKルネッサンス(3) 立地はいいけど・・・
PermalinkComments(0)TrackBack(0)パタヤ(全記事) | パタヤ ホテル
サワッディ カー

パタヤのホテル LKルネッサンス のレポート、最終回です。

ちなみに、このLKルネッサンス、いくつかのホテル予約サイトでは
パタヤのホテルランキング1位になってたり、かなり人気みたい。

その人気の理由を考えると・・
・施設が新しく(2007年オープン)、部屋もきれいで広い。
・その割りにリーズナブルな価格設定
・高速インターネット無料
・ジョイナーフィー(お姉さんの入室料)がかからない
・立地がよい

今回は、その最後の立地ということについてレポします。

■LKルネッサンスの場所 パタヤのエリア説明はこちら
2(セカンド)ロード沿いの陸側に「ダイアナInn」というホテルがあります。
海側の通りでいえばソイ11と12の間の向かい辺りになります。
そのダイアナInnの横のソイ(ソイ・ディアナイン)を数十m入った左側に
LKルネッサンスはあります。
(詳しくはこちらの地図をご覧下さいね)

そのままさらに進むと、右にアレカロッジ、左にLKメトロポール
という何れも人気のあるホテルがあって、ソイ・ブッカオという縦の道路に
ぶちあたります。(2ロードと3ロードの間になります)
LKルネッサンスのある辺りも含めてソイ・ブッカオ周辺は安ホテルなども多く、
パタヤのリピーターにはかなり有名で便利な場所だそうです。

ホテルの前にはコンビニがあり、セントラル百貨店にも徒歩10分弱位。
両替やレンタルバイク、ショッピング、食事、何かと便利でした。
アクセス面でも、2ロードに出ればソンテウはいっぱい走ってます。
ウォーキングストリートに行くには若干不便ですが、帰りは便利です。
(歩くと15〜20分位はかかりそう。あるいはビーチロードからソンテウ?)
ただ、ウォーキングストリートまで行かなくても、ホテルの周辺にも
ゴーゴー・バーやバービアなどはそこそこ充実してます。

■LKルネッサンスの最大の欠点
それは、夜、うるさいこと
向かいのバービアが、夜通し大音量でドンチャン騒ぎ
初日は疲れて途中で寝てしまったんだけど、
大体2時半位までは大騒ぎ、それから少しずつ静かになって、
3時過ぎにようやく静かになります。

2階の部屋だから特にうるさいというレベルではなく、
たぶん最上階でもうるさいでしょう。
自分も夜遊びするとか、寝つきには自信があるという方はともかく、
一応、覚悟しておいた方がいいです。
まぁ、立地がいいからこその欠点とも言えるわけで、
結局何を優先するかということですね。

ちなみに、同じ並びのLKメトロポールは、建物と通りに少し距離があるので、
別にうるさくないそうです。
でも、ここはネットが無料じゃないんですよ。

以上、長〜くなりましたが、LKルネッサンスのレポでした。
私自身は、色んなホテルに泊まるのが好きなので、当分は泊まらないと思うけど、
また泊まってもいいなと思ってます。
その時は、ムダかもしれないけど、上層階をリクエストしてみよう。

LKルネッサンスの基本情報や写真、予約などはこちらからできます。

次回からは、2軒目のホテル、「ディスカバリー・ビーチホテル」のレポートをします。
お楽しみに

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。 
「LKルネッサンスの記事一覧」   
「ホテルの予約情報サイトへのリンク」     
「LKグループのホームページ」   


May 28, 200911:30パタヤのエリア紹介(初心者向け)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)パタヤ(全記事) 
サワッディ カー

LKルネッサンスの立地について書く前に、
パタヤ全体のエリアについて、簡単に説明します。
(パタヤのリピーターの方は読み飛ばしてくださいね)

実は、旅行前、ホテルを選ぶ際にかなり立地で迷ったんですよ。
行ったことがないと、どうしてもイメージがわかないから。
まだ1回目なので、説明が不十分かもしれませんが、
参考にしてもらえると嬉しいです。

■パタヤの主なエリア(北から)
◇ナックルア
◇ノースパタヤ
◇セントラルパタヤ
◇サウスパタヤ
◇ジョムティエン

初めてのパタヤで、ある程度便利な立地がいいのなら、
セントラルサウスノースパタヤでもいいでしょう。
逆に、静かな方がいい、少しでもリゾート気分をというなら、
ナックルアか、ちょっと離れた場所にある5つ星ホテルがいいと思う。
ジョムティエンは離れているので、初回は避けた方がいい気がします。

■パタヤのメインストリート
パタヤの道路はかなりわかりやすい!
形は違いますが、京都のように通りの名前を覚えればいい感じです。
形としては縦長の長方形をイメージして下さい。
左側が海になります。

縦(北から南)に走るメインストリートが(海側から)
◇ビーチロード(海沿いの道)
◇2(セカンド)ロード
◇3(サード)ロード
◇スクンビッド
(バンコクから続いている)
旅行者の場合、ビーチロード〜2ロード沿いが主な行動範囲で、
陸側になるほど、居住エリアという感じ。

また、ソンテウなどの車両は、ビーチロードが北から南の一方通行、
2ロードが南から北への一方通行です。

横(西から東)に走るメインストリートが
◇ノース・パタヤロード
◇セントラル・パタヤロード
◇サウス・パタヤロード

この通りが、上に書いたノースパタヤ、セントラルパタヤ、サウスパタヤと
リンクしています。(厳密な境界はよくわからない)

さらに、ビーチロードと2ロードの間のソイ(小さな通り)は
ノースパタヤロードから順に、ソイ1〜ソイ16と名前がついてます。
番号が若いほど北ということです。

また、2ロードがノースパタヤロードにぶつかる所がロータリーに
なっていて、ここをドルフィン(いるかの像がある)といいます。

■パタヤの中心はどこなの? 便利なのはどこ?
この質問はやや難しいです。
ノース〜サウスパタヤ、特にセントラル〜サウスパタヤのエリア
全体的にそこそこ栄えています。
例えば、サムイ島やパンガン島は、場所によってはほとんど店もないけれど、
それに比べるとパタヤはかなり都会なんですよ。

それでも旅行者基準でパタヤの中心地を考えると、
●ウォーキングストリート
   夜遊び派はもちろん、そううじゃなくても1度は行くはず。
   場所は、ビーチロードの一番南。サウスロードよりも南。

●セントラル百貨店
   パタヤの買い物・食事(観光客には便利)の中心として、
   今後はここが中心になるのでは?
  (セントラルについてはは5月26日の記事にも書きました)
   場所は、ソイ9と10の間で、ビーチロードと2ロードにまたがる大きなビルです。

その人の旅行スタイルによって便利な場所は変わるでしょうが、
ホテル選びの際に、参考にしてみてくださいね。

次にパタヤに行ったら、もう少し研究してまた報告します
(追記:ソイブアカオ、セントラルパタヤ周辺の地図を作成しました
こちらの地図をご覧ください)

それでは、また

「サムイ島ホテル」の記事一覧

May 28, 200900:09LKルネッサンス (2) 朝食とプールは??
PermalinkComments(0)TrackBack(0)パタヤ(全記事) | パタヤ ホテル

サワッディ カー

引き続き、パタヤのホテル LK ルネッサンスのレポ。
今回は朝食プールです。
ホテルの写真や基本情報はこちらから見れます。

この2つ、口コミではマイナス意見もチラホラ。
私の感想は、「悪くもないけど、すごく良くもない」とういうもの。
こだわりや、好みは人それぞれなので、下記を参考にしてくださいね。

■プール
3階に、小さめのプール(噴水のため池っぽい)があります。
海は見えず(立地的に仕方ない)、リゾート気分は味わえない
あくまでも、コンドミニアムのプールという感じ。
プール重視の人やファミリーには物足りないでしょう。

いい点は、空いてること。(たまたまかもしれないけど)
貸切のことも多々ありました〜

バスタオルは、セルフサービスで使い放題。
(プール手前の小部屋にある。ここにサウナもあります)

プールにビールや食べ物を自由に持ち込むこともできる。
(特に施設もないし、スタッフもいないから)
こういうのも気楽で、いいんじゃないかな。

■朝ご飯
毎朝、フロントでクーポンをもらって、すぐ横の1階のカフェで
10種類くらいのセットメニューから選びます。
残念ながら、ビュッフェではないの。

定番的な欧米スタイルのセットが数種類。
パンケーキやフレンチトースト、シリアル&フルーツみたいのもある。

タイフードのセットも数種類。
クイッティオ(タイ風ヌードル) や焼き飯、おかゆ、ガパオ(バジル炒め)、
パッタイ(タイ風焼きそば)
主に、こっちを食べてました。
DSCF1974DSCF1976

DSCF2000
↑こんな感じ。これにコーヒーか紅茶、オレンジジュースか牛乳がつきます。

やや寂しいともいえますが、朝はこんなもんだともいえる。
味はいったって普通です。
タイ飯が好きなので、3日間では飽きませんでした。
クーポンのない人は、80〜130Bで食べられます。

ところで、非常〜に些細なことなんですが、気になったことが1つ。
ガパオ(バジル唐辛子炒め)を食べたときのことです。
普通、メニューの説明で「or」ではなく「and」で書かれていたら、
特に言わなくても出てくるじゃないですか。

ガパオの具をいくつかからと選び、コーヒーと牛乳も選んだら、
「ライス?」(andでriceとある)と聞かれたので「ライス」と答えた。
そしたら、同じく and で書かれている がついてこなかったの
卵も念を押すべきだったか・・?
ガパオは目玉焼きと一緒に食べるのが好きだったので残念だなぁと。
たいしたことではないんですけどね・・

以上、プールと朝食です。
これを目的にLKルネッサンスを選ぶことはありえませんけど、
私的には、トータルでは許容範囲です。

朝食に関しては、便利な立地なので、
他に食べに行ってもいいんじゃないでしょうか。

さて、次回はその便利な立地、これが良いのか悪いのかについてレポします。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。 
「LKルネッサンスの記事一覧」   
「ホテルの予約情報サイトへのリンク」     
「LKグループのホームページ」   



May 27, 200912:50LKルネッサンス(1) お部屋は大満足!
PermalinkComments(0)TrackBack(0)パタヤ(全記事) | パタヤ ホテル

サワッディ カー

 

パタヤのホテルレポート、1軒目は LKルネッサンスLK Renaissance)です。

(現地読みだと、エーケーレナソンになるらしい)

 

ここは、パタヤでいくつものサービス・アパートメント(SA)を展開する

LKグループの最も新しいSA。

 タイ語仲間でパタヤ通のSさんに、LKメトロポールをすすめられ、

同じLKグループなら、こっちの方が新しいなあと思い決めました。

 

で、結果、かなり満足度高いです。
特にお部屋はいうことなし

今回泊まったのは、スーペリア(60 1泊約2000(6000)

2階で、特に景色のよくない(隣のホテルの部屋のドアが見える)部屋。

 

同じ、60屬離妊薀奪ス(2300B)だと、バスタブとは別にシャワーブースがあり、

たぶん、もう少し上層階だったのではないかな。

また、401700Bと、802900Bの部屋もあります。

 


ところで、今回、ブログをまだやってなかったもので、
ほとんど写真を撮ってないんですよ
なので、写真やホテルの基本情報
はこちらを見てください。

とりあえず、ホテルに欲しいものはひと通り揃ってます。
(セーフティBOX、ドライヤーなど)

 しかも、60屬發△襪函△なり広〜い、という感じ。

その中でも、私的に特に良かった点をレポしますね。

■高速インターネットが24時間無料
有線LANが部屋まできています。
パソコンとケーブルを持参していたので、それをつなぐだけ。
(たぶんケーブルはフロントでも貸してもらえると思います)
しかも、日本なみに超高速。
非常に快適でした。(これまでで最高レベル)
また、1階に自由に使えるパソコンが2台あります。

■2ドア冷蔵庫と電子レンジ
なくてもいいけど、あると便利です。
アイスを買って好きな時に食べたり、
冷蔵庫に入れておいたケバブ(ホテルの前で売っている)を、暖めたり。

■テーブルと書斎コーナー
やや大きめのテーブル(ここの下辺りにケーブルの差込口がある)とは別に、
クローゼットの前に書斎コーナーもあります。
2人だったので、お仕事や書き物をする場所が2ヶ所あって良かった。
私は書斎コーナーを使ってたのですが、
部屋からは死角になっていて、妙に落ち着くスペースでした。

この他、シャワーの勢いも充分。
流しがあったり、収納スペースも多いので
長期滞在にも適しているなと思いました。

このように部屋に関しては申し分なし
5つ星ホテル並(以上)。
自信を持って推薦できます。

ただ、気のなる点もいくつかあります。
次回は、LKルネッサンスの朝食・プールについてレポします。
それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。 
「LKルネッサンスの記事一覧」   
「ホテルの予約情報サイトへのリンク」     
「LKグループのホームページ」   



May 27, 200900:07パタヤのホテルは、お得ですよん!
PermalinkComments(0)TrackBack(0)パタヤ(全記事) | パタヤ ホテル

サワッディ カー

 

さて、「リゾート地としてのパタヤ」 です。

 

タイのリゾートとしては、プーケット島やサムイ島。

純粋にリゾートらしさで比べると、パタヤは負けてます・・

 

でも、パタヤの良さはその「お手軽さ」にあると思う

少し前のフレーズで言えば、タイリゾートにおける

「安(い)・近(い)・短(い)」がパタヤかと。

もう少し詳しく説明すると・・・

 

■バンコク・空港から近い! 交通費も安い!

スワンナプーム空港からパタヤまで、約2時間。

バスなら1200B(バーツ)(約600円)以下。

タクシーでも12001500B(4000円前後)

これがサムイ島だと、飛行機代が概ね片道1万円以上かかります。

 

■ホテルのコストパフォーマンスが高い!

パタヤのホテルは、かなりお得感があると思います。

例えば、今回泊まった2つのホテルは、

11部屋(つまり2人分)朝食付で60007000円。

 

同じ程度の部屋は、サムイ島なら15000円前後、

バリ島なら3万円近くはするんじゃないかな。

(あくまでも、主観的な値段ですよ)

 

もっとも、パタヤには、隠れ家風の、ラグジュアリーなホテルは

あんまりないような気がするから、単純比較はできませんが。

でも、同じ値段を出せば、1000B以下の安ホテルでも
他のリゾート地よりは
満足できるホテルが見つかるはず!

 

■街とホテルが隣接していて、便利

新婚旅行とかならともかく、街から離れたホテルって

実は不便だったりしませんか?

毎日ホテルで食べるのは高くつくし

 

その点、パタヤのほとんどのホテルは街から近く、

ソンテウを使えば移動も簡単かつ安いのです。


 

◆ところで、どうしてパタヤのホテルは安いんでしょう?

私なりに考えてみたんですが。

 

ホテルの数が多い(競争が激しい)

サービスアパートメント(SA)が多い。

GWや夏休みがローシーズンにあたり、割引率が高い

 パタヤは人気がない(歓楽街のイメージが強すぎる)

  ビーチに面してないホテルが多い

(街中だったり、プライベートビーチがない)

 

という感じでしょうか。

もし、こういう理由で安いなら、
ラッキー 
と思うのは私だけかしら。

 

だって、 もともと海には入らないし(見えるのは好きです)、

ハイシーズン(11月〜3月)には行けないし、

SAの方が設備も充実しているし・・

 

今回、GW中にもかかわらず、日本人のファミリーやカップルは

全く見かけませんでした。
(男性の1人客やグループは何度も遭遇しましたけど)

でも、2軒目のホテルの客層は欧米人やアジア系の

夫婦やカップル、ファミリーが8割以上。

 

つまり・・、その時のニーズ次第では、
パタヤは男性だけでなく、カップルとかファミリーでも

気軽に楽しめるんじゃないかな、と思うのです。

(初タイ訪問だったら、他のところの方が無難だけど)

なお、パタヤのホテルを検索するには、こちらのサイトが便利です。
取り扱っているホテルの数も多く、時期にもよるけど値段もかなり安いです。。
 

とまぁ、長くなりましたが、

次回からは、パタヤで泊まったホテルを詳細レポートしていきます。

お楽しみに



May 26, 200900:15初パタヤ。その印象は??
PermalinkComments(0)TrackBack(0)パタヤ(全記事) 

サワッディ カー

タイ旅行7度目にして、2009春、初パタヤです〜

(これまでは、毎回サムイ島&バンコクがメイン)

 

もちろんパタヤのことは知ってました。

でも、あんまりイメージは良くなかった・・

 

リゾート地としては、あまりにも世俗的というか、男性天国?

海もキレイじゃないみたいだし。

 

そんなパタヤに興味を持ったのは、

ロングステイの候補地を具体的に考え始めてから。

 

バンコクもいいけど、できれば海の近くがいい。

でも、サムイは島だし(アクセスが悪い)、田舎すぎ。

 

その点、バンコクに近いパタヤは魅力的。

家賃もバンコクよりは安いだろうし、ね。

 

というわけで、今回の旅行は半分くらいは下見だったりしたわけです。

 

その結論は・・・?

 

結構、気に入りました

特に、将来のロングステイ先としたら、かなり条件に近い気がする。

(詳しくは、後日また書きます)

 

適度にリゾートで、適度に都会。

街全体の規模がちょうどいいから、バンコクほど疲れない。

 

特に、一番気に入ったのが、

「セントラル」があること!

 

セントラルは、タイ資本の百貨店&ショッピングビルですが、

数あるバンコクの商業施設の中で、一番のお気に入りなのですよ。

 

事前のリサーチ不足で、パタヤにあることを知らなかったものだから、

現地で発見した時は、一気にテンションUP

 

どうやら、今年の1月にオープンしたばかりだそうで、

もう少し前に訪パタヤしていたら、かなり印象が変わっていたかも。

そういう意味では、実にグッドタイミングだった。

 

DSCF2039
↑セントラルから見たパタヤの海 (あまりうまく撮れてないけど)

一方、ロングステイ先だけでなく、
「リゾート地としてのパタヤ」も、それなりの良さがあるんじゃないかな。
それについては、次回、書きますね。
では、また



May 25, 200902:36はじめまして!
PermalinkComments(0)TrackBack(0)はじめまして&ブログのこと 

訪問してくださって、ありがとうございます 


タイ 大好き
近い将来、夫婦でタイに住みたいさよりんといいます。

 

アジア旅行にはまって10数年。

特に、ここ数年はもっぱらタイ、タイ、タイ。

 

そんな時、とにかく重宝するのがネット情報です。

ちょっとマイナーな場所だと

ガイドブックの情報はほとんどあてにならないし・・

 

そこで、私たちの体験も少しでも参考になればいいなと思い、

ブログを開設することにしました。

 

まずは、この春(2009年4月)に行ったパタヤ&バンコク旅行から。

そして、これまでに行ったサムイ島パンガン島の情報。

(ちょっと記憶があやしいけど)

 

それから、タイでのロングステイを実現していく中で感じたこと、

体験したことなども発信していければなぁと思ってます。

 

一応、ロングステイを始めるのは、1年後、

遅くとも3年以内が目標。。

 

はたして、どうなるかはわかりませんが・・・

でも、必ず実現させたい

 

というわけで、なんとか続けていきたいと思いますので、

どうか、よろしくお願いします〜