August 2009

August 04, 200911:51新しいパタヤ行き空港バス (2009年7月パタヤ旅行 その5)
PermalinkComments(2)TrackBack(0) パタヤ(全記事) | 交通アクセス関係
サワッディ カー

14時過ぎ、タイの玄関口、スワンナプーム空港に到着です。
空港からパタヤまでは、バスで行きます。なんといっても、安いからねっ

さて、スワンナプーム空港からパタヤへのバスでのアクセスとしては、これまで
ベルトラベルサービス黄バスがあると理解してました。
(ベルに関しては次回紹介します)
前回はベルを利用しましたが、今回は時間が合わないので黄バスを利用する
つもりで事前に調べてきたのですが・・・
2009年7月現在、どうやら、新しくパタヤまでの空港バスができたようです。
というわけで、今回は、この空港バス、エアポート パタヤ バスサービスについて
紹介していきます。

■スワンナプーム空港での乗り場と時刻表
受付の場所はかなりわかりやすいです。
到着フロアから、1階に移動して、8番出口の横あたり。
バンコク市内へ行くバス、エアポートエクスプレス(AE)の受付の向かって右隣です。
バス案内バス案内2
↑こういうエアポートエクスプレスの看板を目印に、8番出口の手前に行ってください。

IMG_0052IMG_0054
↑左がAE、右がパタヤ行きのバスの受付
左の写真のさらに左に8番出口があります。
ちゃんとした受付があるから、ベルに比べると相当わかりやすい。
この受付で、人数を告げてチケットを購入します。

DSCN0086クリックすると画像が拡大します
さて、時刻表は、上の通りです。
ちょうど、ベルと交互に出発するので、大体1時間に1本はパタヤ行きのバスが
あることになります。しかも、最終が21時とこれまでよりかなり遅い。
※時刻は最新のものを確認して下さい。
値段は、124B(約350円)と、ベルよりは若干安いですね。
ただ、普通のバス停で降ろされるので、ホテルまで連れていってくれるベルと
どっちがいいか微妙ですけど。
パタヤ行きと言ってますが、終点はジョムティエンです。

パタヤバスクリックすると画像が拡大します
↑左の2枚は、置いてあったパンフレット。右上がチケット。
右下が荷物に貼ったシールとセットになってます。(荷物の受取券)

■バスの出発
最初、黄バスでないことに気付いておらず、パブリックトランスポーテーション行きの
シャトルバスでを探してウロウロしてたら、受付のお姉さんに「ここで座って待て」
と横のベンチを指して言われました。
結構な人数の人が椅子に座って待っています。
15時過ぎでもバスが来ないけど、人が沢山いるので、なんとなく安心。

バスIMG_0056
15時15分の少し前にバスが来ました。
時刻表の15時っていうのは締切時間で、出発は15時15分のようです。
荷物を預けて乗り込みます。
席は指定席。バスの座席の後ろに座席番号が書いてあるので、チケットに書かれた
番号のところに座ります。乗り心地はまずまず。
なんと、助手席側の1番前の席。
見晴らしいい〜   でも、事故ったら真っ先に死にそうね。

■パタヤに到着
バスは快調に、常時100?以上出して走行。
1番前だから、メーターが見えたのよ。
それでも、2時間近くかかりました。
たぶん、ずっとスクンビット通り沿いを走っていたと思います。
途中かなり北の方でまず停まり、ノースパタヤで停まり、私たちはセントラルパタヤ
降りました。次の停車はサウスパタヤだと言ってました。
たぶん、停車駅以外のところでは停まってくれない感じです。

IMG_0059バス停
↑ちょっとわかりにくいけど、これがセントラルパタヤの停留所です。
右の写真は反対側の車線から写したもの。ちょっとわかりにくいですね。
降りたときは、イマイチどこかわからなかったんですが、その後バイクで確認。
場所は、セントラルパタヤ通りとスクンビットの交差点よりも少し南
スクンビット通り沿いの、ちゃんとしたバス停留所です。
バス到着
↑バス停には、こんなふうにバイクタクシーの運転手や、ソンテウが待ち構えてます。
でも台数は少なく、ソンテウは2台だけで同じ仲間でした。
行き先を尋ねられ、「ソイブアカオ」というと、2人で150Bと言われる。
ちょっと高いでしょ、と別のソンテウに聞いたら同じで、相談してる。
タイ語で値切ったら2人で100Bにはなりました。
正直、これでも高いと思うのだけど、ここが何処かよくわからないし、
すぐそばには一般のソンテウがいないし、荷物も重いので。
1人50Bならベルと同じ料金だなということで、その料金で乗りました。
ホテルの前まで連れていってもらえました。

おそらく、セントラルパタヤの交差点まで行けば、普通のソンテウもあるような
気はします。でも、大きな荷物を持って、スクンビットを横断できるかな。
歩くとそれなり距離があるような気もするし。
この辺りのソンテウ事情がよくわからないので・・・今後の課題です。

■疑問点
とりあえず、空港からパタヤまでのアクセスについては、今回乗ってみて
よくわかりました。
でも、逆にパタヤから空港に行く場合にどうするんだろう?
ここを運営している会社のホームページを見ても、乗り場もよくわからない。
(エアポート パタヤ バスサービスのサイトはこちら)
ここの、Coach Schedule という所を見ると、乗り場(オフィス)が2ヶ所ある
みたいだけど、それがどこなのかわかりません。
帰りに、このバスを使うことは少ないかもしれないけど、もう少しわかりやすく
してくれたらいいのに、と思いますね。

それから、黄バスはなくなったってことでしょうか?
このエアポートバスも、上のサイトによるとエアポートバスターミナルにも停まるよう
なんですが。吸収した?
よくわかりません。

以上、パタヤまでの空港バスの紹介でした。
次回は、ちょっと横道ですが、同じく空港バスのベルトラベルサービスを紹介します。

それでは、また

<パタヤまでのアクセスの記事一覧>
<パタヤ記事一覧>

August 03, 200911:28シンガポール航空で出発です〜 (2009年7月パタヤ旅行 その4)
PermalinkComments(0)TrackBack(0) 交通アクセス関係 
サワッディ カー

いよいよパタヤ旅行記の始まりです。

■出国まで
今回のAIRは、9時30分発のシンガポール航空(SQ)
朝5時半に起きなきゃいけないのに、用意をしているともう夜中3時半。
寝たら寝過ごすかもと思い、結局、私は完徹のまま出発です。
夫は2時間くらいは寝たかな。
まあ、飛行機で寝ればいいわということで。

成田には、始発のスカイライナーで向かいます。
この始発のスカイライナー、満席でした。
自由席もないので、事前に予約することをお勧めします。

さて、SQのカウンターは長蛇の列。覚悟を決めて並ぶと、案内のお姉さんが、
インターネットチェックインをしているなら、こちらの列にどうぞ」と、かなり空いている
別の列に案内してくれました。
ラッキーと思って並ぶものの、異様に時間がかかる。
1人の接客時間がものすごく長い。何故? ネットでもうチェックインしてるのに?
お客に問題があるのかどうか、原因はよくわかりません。
しかし、私たちの番が来たとき、「なんでこんなに時間がかかるの?」と夫が文句を
言うと、驚くほどの猛スピードでタイピングをして、かなり早く受付が終わりました。
やればできるってこと? こんなに並んでいるのだから、バカ丁寧な接客より、
テキパキ処理したほうがサービスだと思うんだけど。
タイでのチェックインはいつもすぐに終わるから不思議です。

なお、通常SQに乗ると、ANAのマイレージがつきますが、今回は35000円という
格安チケットなのでマイレージは付きません。残念。

今回の成田、全体的にいつもよりチェックが厳重でした。
荷物チェックの所で、液体を透明の袋に入れて出すと、袋の口がボタン式で、
チャック式でないからダメだと言われ、入れ替えるよう袋を渡されました。
もっとも、同じ袋に入れて別の列に並んだ夫はセーフだったので、人によるってこと。
封印するわけでないから、どっちの袋でも一緒だと思うんだけど。
飛行機に乗るときも、いつも以上に搭乗券やらパスポートのチェックがあります。
正直、形式主義というか、あんまり意味がないようにも思うのですが。

DSCN0075
約20分遅れで、日本を出発です。

■機内食を紹介
機内食の写真を載せると、旅行記って感じがしますね。
IMG_0021
↑まずは、おつまみ。何故か1人2つずつのピーナッツ。
激しく水分不足だったので、お酒はやめてウーロン茶に。

機内食は、ジャパニーズインターナショナルの2種類。
IMG_0026IMG_0025
↑ジャパニーズスタイル。メインは鶏の照り焼き丼みたいの。
それに、そうめん、スモークサーモンと海藻のサラダ、せんべい、パン
日本茶も最初からセットされている。

IMG_0030IMG_0028
↑インターナショナル。メインは白身魚にトマトソース、ポテトなどのつけ合わせ
それと、生ハムとモッツアレラのサラダ、チーズ、クラッカー、パン

パン以外は、全部メニューが違います。
なんとなく、ジャパニーズの方が豪華な気が。
全体的に、結構おいしかったです。
デザートがない、と思っていたら。
IMG_0033
マンゴアイスクリームです。
結構量があって、途中で飽きて、少し残してしまった。

飛行機の中では、ついつい「上海」ゲームをやってしまいます。
これをやっていると、気付くと結構時間がたってる。
機内アナウンスの度に停止するのがもどかしい。
完徹だったから、もちろん睡眠も2〜3時間くらいは取りました。

■さようなら、シンガポール航空
去年もSQでタイに行ったし、SQのバンコク便は結構好きでした。
エアラインとしても割りと好きなのと、出発が早くて比較的成田が混んでいない点、
バンコクに着く時間が早い点も良かった。
しかし、そのSQのバンコク便も7月いっぱいで休航
これを書いている時点では、もう飛んでません。
タイに行く日本人が減少しているので仕方ないけど、できれば復活してほしいな。

■到着後
最近は、タイに頻繁に行くので、常に数千バーツのタイの現金を残すように
しています。
でも、初めてとか、久しぶりに訪タイした場合は、とりあえず5000円〜1万円くらいは
空港で両替しておくといいと思います。
空港のレートは極端に悪くはないけど、そんなによくもないので。
1万円も両替すれば、少なくともしばらくは困らないと思います。

IMG_0035
↑こんなふうな両替所が、空港には結構たくさんあります。

さて、次回は、思いがけず、パタヤ行きの新しい空港バスを利用したので
紹介しますね。

それでは、また

August 02, 200912:17オールパタヤで空港タクシーを予約 (2009年7月パタヤ旅行 その3)
PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行の計画 | 交通アクセス関係
サワッディ カー

パタヤ旅行の計画編も今回でおしまい。
いつもなら、AIRとホテルを予約したら、基本的には予約完了なんだけど、
今回は、事前にパタヤからスワンナプーム空港までの帰りのタクシー
予約しました。
予約したのは少し前から気になっていたオールパタヤさんというサイトの
タクシーサービスです。(オールパタヤさんのサイトはこちら)
何で気になっていたかというと、1番の理由は値段が安いから。
いわゆる市場の相場と同じです。
もし、ここが使える感じなら、今後のパタヤ旅行の大きな戦力になるってことで、
試してみることに。

■スワンナプーム空港とパタヤのアクセス
最初に空港からパタヤまでのアクセスを簡単に確認しておきます。
大きく分けると、タクシーを利用するか、バスを利用するかの二者択一。
このうち、バスは運行時間が限られているので、深夜到着便早朝出発便だと、
タクシーを使うしかないです。(バスについてまた詳しく書きます)
(バスも含め、パタヤまでのアクセスの記事はこちらから)
あるいは、どうしてもタクシーが嫌だったら、バンコクで1泊するか。

で、タクシーを使う場合も、大きく分けると2つある。
(1)一般のタクシーを利用すること。
空港発なら、空港に出入りしているタクシー。
パタヤ発なら、街中のタクシー予約スタンドやホテルから予約してもらう。
パタヤでは流しのタクシーはとっても少ないので、タイミングよく拾うのは難しい。

そして、このタクシー料金の相場が、空港からが1200B〜パタヤからが800B〜
と言われてます。
パタヤからが安いのは、空港からやってきたタクシーがバンコクに帰るときに、
客を乗せていくかららしいです。
以前予約しかけたときは、800B以外に、紹介料として60Bかかると言われたし、
高速料とかを請求されることもあるんじゃないかと思います。

この場合の欠点は、どんな運転手さんにあたるかその時次第だってこと。
タイのタクシー運転手の質は、平均的には良くないですからね。
しかも、予約して来なかった場合、誰に言えばいいのかという問題もある。
街の予約スタンドなんて、信用できるのかどうか極めて微妙。
行きはなんとでもなるとしても、帰りはとにかく飛行機に間に合う必要がある。

(2)旅行会社の送迎サービスを利用する
パック旅行を申し込むと、空港にガイドさんと運転手さんが迎えにきますよね。
これとほぼ同じようなシステムで、空港やホテルに運転手さんが迎えにくるもの。
現地の旅行会社では、こういったタクシーサービスを扱っていて、日本からも
申し込めます。

例えば、有名どころでは、AKGさん。(送迎サービスのサイトはこちら
タイ語仲間でパタヤリピーターのSさんは、いつも旅行の一切をここで頼んでます。
確かに、人数が多かったり、ゴルフなんかもする場合、便利なんだろうな。
空港の送迎サービスは、行きも帰りも1500B。
市場価格よりはちょっと高いけど、それでもこういう送迎サービスの中では良心的。
2000B以上のところも多いですから。

しかし、それでも相場より少し高いってことに抵抗を感じるんですよ。
安心をお金で買うということは理解できるのだけど。

■オールパタヤのタクシーサービスを予約
そんな時、ネット検索をして見つけたのが、このオールパタヤさんです。
スワンナプーム空港からパタヤまでが、1200B
パタヤから空港までが800B
つまり、市場価格と同じ。それでいて、窓口が日本人で日本語というのは
なんとなく安心だし、何かあったときのコミュニケーションも簡単。

今回の帰りの飛行機はバンコク発が23時で、ベルトラベル(パタヤと空港を
結ぶバスの1つ)の19時便でも間に合うかもしれません。
でも、バスは定刻通りに着くかわからないので、少し不安。
一方、オールパタヤさんの方も、真夜中の時間帯で初めて頼むよりも、
万が一何かあっても他のタクシーをすぐに呼べる時間帯の方が安心だなと思い、
今回頼むことにしました。

そこで、出発の1週間前くらいに、いくつかの質問とともにメールを送信。
ちょうど、お店を開店したばかりの忙しい時期だったと思うけど。(最近、パタヤで
「子猫のおしり」というバービアを開店したばかり)、1日半後には返事がきました。
1番心配だった、もし運転手さんが来なかったらという質問に対しては、
10分たっても来なければ携帯の方まで電話を下さいとのことでした。

■実際に利用してみて・・・
本来は、旅行記の最後に書くことなんでしょうが、簡単に。
タクシーの運転手さんは10分前にはホテルに来ました。
非常に感じの良い、正直そうな方で、日本語も少しできます。
夜の空いている時間だったからか、空港には約1時間半で到着しました。
高速代が100B以上かかっていたのに、800B以外に請求されなかったので、
一応、チップとして50Bだけ渡したんだけど、意外そうに喜んでくれました。
いつもこの方が運転手かわかりませんが、タイであたった運転手の中では、
今までで1番といってもいいですね。

というわけで、今後、バスのない時間帯はここでタクシーをお願いすると思います。
タイ発着の飛行機は早朝とか深夜便が多いけど、今後は、そのためだけに
バンコクにわざわざ宿泊することなく、安心してパタヤを起点にできますね。

一応、予約の際のアドバイスとしていくつか。
・タイのネットは日本に比べ不安定なので、予約メールは多少日程に余裕をみた
方がいいです。あまりにも早い場合は、直前にもう1回メールしてもいいかも。
・先方の携帯番号はメールに書かれていますが、できればこちらの現地での
携帯番号もわかり次第、知らせておいた方がいいと思う。何かあった場合など、
向こうからも連絡がとれるので。
なお、携帯は、現地のコンビニなどで簡単に手に入れることができます。
(携帯電話の記事はこちらから)

結局、このオールパタヤさんには、レンタルバイクも借りたり、色々とお世話に
なりました。その辺りのことは、これからの旅行記で。
(オールパタヤのレンタルバイクの記事はこちらから)
そうそう、このオールパタヤさんは結構有名なブログをやっています。
お願いしようかなと思う方やパタヤ好きの方は、覗いてみるといいかも。
(ブログはこちらから)  
(オールパタヤさんのサイトはこちらから)

以上で、ようやく計画編は終了。次回からは旅行記の始まりです。
それでは、また

<パタヤの記事一覧>


August 01, 200918:13安いから迷う、パタヤでのホテル選び (2009年7月パタヤ旅行 その2)
PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行の計画 | パタヤ ホテル
サワッディ カー

昨日からの続きで、パタヤ旅行の計画編です。
AIRの変更に伴い、ホテル選びも仕切直し。
結局、今回はLKロイヤルスイートに4連泊ということに落ち着きました。
ここは、5月に宿泊したLKルネッサンスLKルネッサンスの記事はこちら
と同じLKグループで、その中でも1番グレードの高いホテル。
ホテルの紹介は後日たっぷりとすることにして、今回はそれにいたるまでの
経緯などを書きたいと思います。
なんといっても、ホテル選びは旅行前のハイライトですからね。

■最初に検討したホテル2軒
とにかく、パタヤのホテルはとっても安いので、迷いに迷います。
(「パタヤのホテルはお得ですよん」の記事はこちら)
値段の目安は1泊2000B(約5600円)以下。できれば、1500Bくらい。
すっかりパタヤ脳です。
こんな値段じゃサムイ島ならたいしたホテルには泊まれません。
しかし、せっかくだから豪華な部屋がいい。
前回の旅行で、パタヤの土地勘も少しはできたことだから、多少、立地が
悪くてもなんとかなるかなと思い絞ったのが次の2軒。
(ホテル名をクリックすると、情報ページにリンクしてます)

◆シティンロフト
今年できたばかりの新しいホテル。部屋も広い。ネット環境もいい
でも、プールがリゾートっぽくなさそう。
場所はまずまず便利そう。セントラルパタヤ通りより少し北。
色々検索して、ホテルのサイトにあったプロモーション価格が1番安かったので
3泊分予約。デラックススイート(60屐砲、1泊約1500B(約4000円)。
かなりお得です。これよりもっと安い(狭い)部屋もあります。

→ちなみに実際に見に行くと、プールは玄関のすぐ横でちょっと泳ぐ気がしないほど。
立地は、思ったほど良くなかったです。メインストリートからかなり奥まっているので。
バイクがあれば問題はなさそうですが。
いずれ、もう少し詳しくレポします。 (シティンロフトの記事はこちら)

DSCN0220←これが問題のプール。玄関脇から撮影

◆マントラプラ リゾート&スパ
ここもLKグループ。
ノースパタヤロード沿いと場所がちょっと悪い。
でも、部屋がとっても広いし、プールもリゾート感がありそう。ネットも無料。
ここは、アゴダが1番安かったので、予約寸前までいきました。
アゴダの場合、予約をいったんすると、キャンセル料が最低15ドルかかるので、
気をつける必要があります。でも、値段は1番安いことが多いかな。
あまり覚えてないけど、1ベッドルーム(80屐砲1500B前後でした。

→実際に見に行くと、やはり立地はかなり不便ですね。ロータスには近いです。
バイクが必須かなと思いました。
プールは、私は結構いいと思ったけど、夫は否定的。
夜でしたから、昼に改めて見ないとわからないとは思うんですが。

と、このあたりまで進んだところで日程が変更になり、結局ホテル選びは
振り出しに戻ったのでした。

■LKロイヤルスイートに決定
4泊6日ということになると、宿泊するホテルは1ヶ所。
そうすると、求めるものをより厳しくなります。
やはり、立地が良く、プールもある程度リゾート感のあるところ
改めて検索をすると、「あれれ? さらに値段が安くなってる
5月頃に見たとき以上に、ホテルの値段が下がっているのです。
やはり、新インフルエンザとか、アセアン中止の影響かしら?

前に調べた時には、2800B(約7800円)くらいしたLKロイヤルスイート
1ベッドスイート(80屐砲、1泊5834円(約2000B)。
これは、実際の請求ベースの値段です。
この値段なら、文句ないよねということで、決定しました。

実際に宿泊した感想は、後日詳しく書きますが、全体としてはバランス
のとれたホテルだと思います。
特に、立地は便利でしたね。
ソイブアカオ沿いで、セントラルパタヤ通りからも1分くらい。
私たちの行動パターンからはLKルネッサンスよりも便利でした。

■旅行中にはホテル巡りをしよう
ネット情報をもとにホテルを選ぶと、どうしてもわからない点も色々。
そこで、今度の旅行では、気になるホテルの立地やプールなどをひと通り
チェックしてくることにしました。
せっかくの旅行中にそんなことを・・・という意見もあるかと思うけど、
とっても楽しいです。
昔、マーケティングの仕事とかしていたからか、調査は結構好き。
というわけで、その調査結果も後日、報告していきますね。

次回は、計画編の最終回。パタヤとスワンナプーム空港のタクシー予約
ついて紹介します。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。