May 2011

May 30, 201120:33パタヤ・バンコク間のミニバスサービス
PermalinkComments(7)TrackBack(0)交通アクセス関係 | パタヤ(全記事)
サワッディ カー

パタヤのセンタン(セントラルフェスティバル)前とバンコクのアヌサワリーチャイ(戦勝記念塔)を繋ぐミニバスを紹介します。
これって以前からあったっけ?
まだ利用してはいませんが、とりあえずの情報ということで。
既に乗車された方がいらしたら、是非感想を教えて下さいね。

■センタンの前にミニバス
パタヤのセンタンに行く時には、これまでソイ9側のスペースにバイクを駐車することが多かったのですが(中の駐車場は広すぎで不便)、ある時から中に入れないようになってしまいました。
そんなある日ふと見ると、なんかミニバスがいっぱい駐車してる。
センタンのミニバスかなと思い観察すると、なんかカウンターを発見。
場所は、センタンの2ロード側、北側の隅です。

DSC01946
近寄ってみると、バンコク行きのミニバスみたい。
こんなの前からあったっけ?
チットロムのセンタンとパタヤのセンタンを繋ぐミニバスとは違うみたいだし。
(そういえば、これはまだあるのでしょうか? 確か180B)

DSC01943
ビクトリーモニュメント行き、日本語だと戦勝記念塔、タイ語だとアヌサワリーチャイ
BTSの駅で、とにかく色んな方面行きのミニバスがあるから、パタヤ行きがあってもおかしくはない。
空港、ナナ、スクンビット、シーロムには行きませんという看板。

DSC01945
↑カウンターです。
周りを見渡しても、あんまり英語の案内がなくてタイ語メインで詳細がわからない。
そこで、係の人に質問をしてみました。
以下はその内容のまとめです。

■ミニバス情報
・行先:バンコクの戦勝記念塔駅
・料金:1人110B(約300円)
※ただし、スーツケース等の荷物がある場合は、もう1席分購入してそこに置くこと。
・タイムスケジュール
 月〜金:6時から19時まで、1時間おき
 土日   :6時から20時まで、1時間おき
・予約はできず、当日このカウンターまで申込みにくること。
・全15席。

という感じです。
係の人は英語は結構できました。
15席で終了なのか、人が増えたら何台も出るのか等はわかりません。
所要時間も聞いてません。バンコク側の渋滞次第ですよね。

また、戦勝記念塔側の乗車場所、時間はちょっと良くわかりません。
戦勝記念塔側から乗りたい方は、事前に調査しておいた方がいいと思います。

■総合評価
実際に利用してないに総合評価というのも何ですが、私は結構使えるのではないかと思いました。

エカマイ行きのバスは北バスターミナルまで行く必要があるけれど、センタンの方が何かと便利。
時間待ちもセンタンでなら色々できますし。
値段も110Bならほぼ同じ。
後は、バンコクでエカマイと戦勝記念塔のどっちが便利か次第だと思います。

問題は荷物の多い時。
席を1個買えば、大きなスーツケースも乗るのかな。
小さめのキャリーバッグでも、膝に乗せられないサイズだと席を買う必要がありそうです。
パタヤに拠点を残した状態で、バンコクに何日か行く場合など使えそうだなと思いました。
そのうち、利用することがあったら、もっと詳細レポートをします。
今回は、まずは簡単なお知らせでした。

それでは、また

May 28, 201113:03♪ 2周年 ♪
PermalinkComments(8)TrackBack(0)はじめまして&ブログのこと 

サワッディ カー

この5月26日で、当ブログも2周年になりました。
2009年のGWの初パタヤ後に始めたこのブログ。
その時からなんとなく予感はしていたけど、今ではすっかり馴染んでいるというか、落ち着く場所になっています。
もう2年というよりは、まだ2年しか経っていないのかあ、という感じです。

そして、このブログを続けて来れたのも、アクセスして頂いたりコメントをして頂いた皆様のお蔭です。
どうもありがとうございます
IMG_4800


一応、節目ということで、ブログに関して色々書いてみたいと思います。
例によってちょっと長いですが、よろしかったらお付き合い下さい。


 

続きを読む

May 26, 201121:45淡水でサイクリング (2010年8月台湾旅行 その9)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)台湾 

サワッディ カー

久しぶりに2010年8月台湾旅行記の続きです。(実は2月に書いて保存してあったもの)
北投温泉の帰りに立ち寄った台北近郊の淡水を紹介します。
淡水は、台湾市民のデートスポット・行楽地で淡水河口にある港町。
平日にもかかわらず、多くの台湾人が遊びに来ていました。
(日本人は見かけなかったです。もっとも見た目ではあんまりわからない)

私達は午後に行きましたが、淡水は夕暮れの美しさで有名。
また、河畔の夜景もなかなからしい。
もしまた行くとしたら、晴れた日の夕方に行ってみたいですね。

今回紹介するのは以下の内容です。
◆淡水でレンタル自転車
◆淡水河畔
◆スペイン人が建設した紅毛城
◆淡水グルメ「阿給(アーゲイ)」

IMG_4132

それでは、続きはこちらからどうぞ。↓↓

続きを読む

May 25, 201108:01センタラ グランド ミラージュホテル(3)朝食編
PermalinkComments(3)TrackBack(0)パタヤ ホテル | パタヤ(全記事)
サワッディ カー

2010年7月に1泊したパタヤのリゾートホテル、「センタラ グランド  ミラージュ ビーチリゾート パタヤ」(Centara Grand Mirage Beach Resort Pattaya)の詳細レポートの最終回。
今回は、朝食を中心に、その他書き残したこと色々です。
プール編お部屋編も合わせてお読みください。

■朝食ビュッフェ
まずは、私達が実際に食べた「OASIS」での朝食ビュッフェの紹介です。

IMG_3108
↑時間は朝6時〜10時半まで。
この日の朝はどしゃぶりの雨で(11時くらいからは晴れ)、屋外席が使えないこともあってか、かなり混んでいました。
最初に案内された席があまり気に入らなかったので、自分達で席を探して移動。人が多いせいもあり、従業員もいっぱいいっぱいな感じ。
高級ホテルというよりは、大型ホテルですね。

IMG_3137
↑テーブルセット。

IMG_3114
↑ここで1番気に入ったのは、コーヒーのポットサービス。これで1人分です。

ミラージュの朝食については何故か部分的に妙に詳しいメモがあるので、せっかくだからそれも合わせて紹介していきます。

IMG_3109
↑まずは、パン。パンは種類も豊富で、タイにしては美味しかったです。
ついついいっぱい食べて炭水化物過多。
メモによると、アーモンドクロワッサンとアプリコットデニッシュがGOODだったらしい。
菓子パン系だけで、デニッシュが3種(アプリコット、ブルーベリー、チェリー)、チョコクロワッサン、マフィン2種、シナモンロール、ドーナツ、キャロットケーキ、バナナケーキというラインナップ。
もちろん、他にもベーシックなパンもあります。
なんか途中からはコーヒーとパンばっかり食べていた記憶がある。

IMG_3134IMG_3136
↑そして、ヨーグルトも充実してました。
全部で5種、プレーンといちご、ブルーベリー、パイナップル、ミックスフルーツ。
私、ホテル朝食ビュッフェでは、とにかくヨーグルトが欲しいのでこれは満足。イチゴヨーグルトをソース代わりにプレーンヨーグルトを食べるのが大好き。

IMG_3133
↑おかずも色々あり。でも、タイ料理はあんまりないのがちょっと残念。
(メモには「おかずはたいしたことない」と書いてあります)
おかゆ、スープ。サラダ、ハム、チーズ、果物類、シリアル等は充実してました。

IMG_3128
↑エッグマンもいます。結構時間がかかる。

とりあえず不満はないし、前日の昼に食べたベラエクスプレスのブランチビュッフェとは味、質とも全然違います。
でも、なんかものすごい感動はなく、印象は薄い。
最近思うのは、私はビュッフェよりも美味しいアラカルトの方が好きみたい。

IMG_3112IMG_3117
↑私のお皿。ちょっとしか盛ってないのは、できるだけ多くの種類を食べて、美味しいものだけリピしたいからです。

■ミラージュの朝食について
センタラグランドミラージュを予約する際は、とにかく朝食付プランを探しました。
せっかく泊まるんだったら、朝食も楽しみたいから。
このような高級ホテルの場合、朝食なしプランで当日支払うよりも最初から含まれているプランの方が断然お得です。
紹介した朝食ビュッフェも、当日支払うと1人750B(約2100円)もして2人で1500B。ちょっとしたホテルの宿泊費くらいになってしまいます。

IMG_3044
↑朝食のルームサービスの案内。お部屋のターンダウンの際にベッドに置かれていました。こちらは400B(約1120円)から。
朝食会場はかなり混んでいるので、ゆっくり食べたい方はルームサービスもいいかも。
でも、その場合は、もう少し広いお部屋じゃないとね、って気がします。
また、クラブミラージュに宿泊していれば、専用ラウンジで朝食をいただくことも可能です。

■その他、ホテル内での食事関係
センタラグランドミラージュ内の食事関係でその他気付いたことも紹介しておきます。
DSCF0548
↑結構使えるかなと思ったのは、プール隣接の「OCEANS」
画像をクリックすると、なんとか価格とかメニューの雰囲気がわかるかな。
ちょっとしたおつまみ類から、軽食、パスタ等、ミラージュのグレードを考えるとかなりお得な価格です。
昼食にも、ちょっとお腹が空いた時にもピッタリ。

DSCF0562DSCF0561
↑こんな感じです。ちょっとファストフードっぽいかもしれないけど、海も見えてなかなかいい雰囲気。
水着の人もいるし、普通に服を着た人もいます。

DSCF0563
↑そのすぐ近くにはデザートコーナー。これもなかなか魅力的。

DSCF0541
↑気になったのはこの告知。土曜日限定でシーフードビュッフェが999B。実際にはたぶん税サが付きそうだから、約1170B(約3200円)。
タイにしては高いですが、ビールやワインもフリーって所がちょっと惹かれます。
1年前に見たものだから、今でもやっているかどうかは不明です。

また、写真はありませんが、以前お茶をしに行ったロビー近くのカフェ。(以前の記事はこちら)
ここのケーキが夜には半額になってました。好きな方にはお得かも。朝食代わりにしてもいいしね。
このカフェは、天気のいい午前中は最高の雰囲気ですよ。

■ホテル近くでの食事
1、2泊だったら、ずっとホテル内での食事もありだと思いますが、外で食べたいなという時は、近くにあるソムタムプーマーがお勧めです。
名前にもなっているソムタムは割と食べやすい味。(夫は刺激が足りないみたい)どの料理もハズレがないし、価格もリーズナブル。
昼もほとんどの日の夜もやっていて、ホテルからは徒歩2、3分です。

IMG_3105
↑同じく、ホテルのすぐ横にある「Rim TALAY(リムタレー)」
ここは、ホテル内で食べるのとそんなに値段は変わらないかも。船上レストラン、「オリエンタルスター」と同じ経営だそうです。

また、ソムタムプーマーのあるソイ18の道沿いにも何軒かレストランはありますし、10分弱(もっと近いかも)歩いてナクルア通りに行けば、もっと沢山のレストランがあります。
もっと色々知りたい方は、パタヤの食事記事一覧をご覧くださいね。

■パタヤ中心部へのアクセス
このホテルは、パタヤの喧騒からは隔離されているけれど、思ったよりは立地も悪くない点もいいなと思います。
(泊まったことも見学したこともありませんが、同じ高級ホテルでも、ロイヤルクリフやシェラトンはバイクがないと相当不便だと思う)

以前にも紹介しましたが、パタヤの中心部に行く方法は以下の通りです。
もし、初めてのパタヤなら、1度はセンタン(セントラルフェスティバル)には行って欲しいなと思います。大人だけなら、ウォーキングストリートも。

・ホテルのシャトルバスを予約する。(1日5便、1人50B、セントラルフェスティバル行き。定員ありの予約制)↓
IMG_3154

・ホテルの前にいるタクシーやソンテウを利用する。(交渉制、貸切なら150Bくらい?)
・10分程度歩いて大通りに出て、ソンテウを利用。途中乗り換えが必要かもしれません。乗り換えがなければ1人10B、あれば合計20B。
バイクを借りる。(私はいつもオールパタヤさんから借りてます。手数料を払えば、ホテルまで持ってきてくれます)

■その他
私達は利用しませんでしたが、施設としては、ジム(すごい空いていた)、スパ、テニスコートなんかもあります。

IMG_2997
↑こんな結婚式? 写真撮影もしてました。

■総合評価
たった1泊2日でしたが、思いっきりホテルを満喫、十分元は取れたかなという滞在でした。
宿泊した時はかなり気に入って、「1年に1回くらい、1泊しにきてもいいね」と言っていたのですが、元来アクティブ派ではない私達夫婦。
本来の好みのホテルとはかなり路線が違います。
これから先、何かきっかけがあればまた宿泊するかもなという感じです。

しかし、何度もくどいですが、ファミリーには本当にお勧めです。
或いは、カップルでもアクティブ系のホテルが好きな方、大型ホテルも好きって方には向くと思います。
パタヤではやや高いホテルになりますが、プーケットやハワイ等に比べると断然お得。
実際の客層も、タイ人、ファラン、その他色々で、ごく普通の感じです。敷居は全然高くない。
その点、敷居の高さだったら、ヒルトンの方が上な気がします。

身近な例えで恐縮ですが、妹家族(子供2人)がパタヤに来るってことになったら、センタラグランドミラージュが一押し、最低2泊はするようにを勧めると思います。
でも、弟夫婦(まあまあ新婚)だったら、ここよりはヒルトンを勧めるかな。

そろそろ夏休みの旅行プランを考える時期ですが、パタヤでセンタラグランドミラージュホテル、是非検討してみてくださいね。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「センタラ グランド ミラージュの記事一覧」   
「センタラ グランド ミラージュの口コミ・予約サイトへのリンク」  
「センタラグループホテルのホームページ」  

May 20, 201108:44センタラ グランド ミラージュホテル(2)お部屋編
PermalinkComments(4)TrackBack(0)パタヤ ホテル | パタヤ(全記事)
サワッディ カー

少し時間が開いてしまいましたが、2010年7月に1泊したパタヤのリゾートホテル、「センタラ グランド  ミラージュ ビーチリゾート パタヤ」(Centara Grand Mirage Beach Resort Pattaya)の詳細レポート、お部屋編です。
前回のプール編はこちら
さすが高級ホテル、機能的かつ基本ラインをしっかり押さえていて、なかなか快適な滞在でした。

IMG_2966
↑特に部屋から見える海は最高です

■チェックイン時のドタバタ
基本、このセンタラグランドミラージュの印象はいいのですが、唯一良くなかったのがチェックイン時。
この日はタイの休日だったからかもしれませんが、あまりにも混み過ぎ〜。
事前に混んでいるという情報を仕入れていたので、少し早め13時くらいにはホテルに到着。
(本来のチェックインタイムはもっと遅いと思います)

DSCF0514
↑既に列ができてます。しかも、あんまり進まない。
見ていると単に客が多いからだけでなく、手際が良くない気がする。
仕方がないのでジッと待っていると、元オーガストスイーツのスタッフAちゃんを発見。
手で合図をして、ちょっとだけ挨拶をして、チェックイン後落ち着いてからお話もしました。
Aちゃんのメインの仕事は事務所内の予約関連だけれど、混む時間だけはレセプションも手伝っているとのこと。
だから、ホテル側もそれなりに対処はしているのでしょうが、この手際の悪さはなんとかならないものですかね。今はもう良くなったかな。

たぶん30分くらい待って私達の番が来ると、予約したプレミアムデラックスのクリーニングが終わってないので、1ランク下のデラックスオーシャンでもいいかと言われます。
そんなの当然受け入れられないので、アップグレードならいいと答えるとそれはダメ。
結局、掃除が済むまでプールにいて、1時間くらいで用意するということになりました。
まあ、休日続きだから掃除が追い付いてないのはわかるし、本来のチェックインタイムではないからね。
しかし、ダウングレードの提案には驚きました。

という感じで、チェックインの印象はイマイチ。
そして、チェックアウトもすごい混みました。
正直、高級ホテルといえども大型ホテルだから仕方ないかなと思います。(超高級とはいえないしね)
少しでもスムーズにしたいという方は、クラブミラージュのカテゴリーの部屋を予約すれば専用カウンターがあります。
(たまたまかもしれないけど、ここのカウンターのお姉さんに質問をしたらややお高い感じで、サービス的にはどうなのかな?って思いました)
また、もう少し遅い時間ならこんなに混んではいません。

とまあ、マイナス面を最初に書きましたが、不満といえばこれぐらいだけ。
後は、良かった点ばかりです。

■お部屋へGO
宿泊したのはプレミアムデラックス。
クラブミラージュ以外では1番上のカテゴリーです。
IMG_3142IMG_3144
↑案内されたのは17階という高層階。(こっちのビルディングは客室は18階まで)

IMG_3143
↑廊下はこんな感じです。

■リビング&ベッド関係
お部屋は細かい所に配慮がされていて、機能性に優れていると感じました。その辺りも含め詳しく紹介します。

IMG_2975IMG_2964
↑お部屋はこんな感じ。すごく広くはないけれど、十分です。確か、42平米。
右写真のベッドの奥に、洗面とバスタブがあるという造り。

IMG_2965
↑普通のソファのかわりに、カウチっぽいのがあります。
夜、ここに寝転んで本を読んだりしましたが、なかなかの寛ぎ感。
私的にはかなりお気に入りのスペースでした。

IMG_2990IMG_2961
↑ベッドサイドには普通のライトだけでなく読書灯もあり。これがあると便利。

IMG_2981
↑ベッドサイドには電源とスイッチ類がまとまってあって、これも便利。
基本のようですが、タイではそうではないホテルも多いです。

IMG_2955IMG_2956
↑デスクも使わない時は閉まっておけて省スペース。

IMG_2953IMG_2957
↑ミニバーコーナー。棚の上部に湯沸し等が置かれていて、下部が冷蔵庫。
冷蔵庫はもう少し大きい方が好みですが、ホテルだったらこんなものですね。
中のビール等は思ったよりも高くなかったです。記憶がはっきりしないけど缶ビールが40か50Bくらいだったかな。

IMG_2952
↑紅茶のティーバックの種類が豊富。私達は全く利用してませんが、嬉しい方もいらっしゃるのではないかな。

IMG_2976
↑クローゼットは中に入ってすぐの側面にあります。こちらもカーテン。もちろんセーフティBOXもあります。

DSCF0540
↑クローゼットの斜め前あたりには全身鏡。意外に上半身の鏡しかないことも多いからポイント高し。

IMG_2986
↑エアコンだけでなく天井ファンもあります。このスイッチも枕元。

IMG_2987
↑細かいことなんですが、テレビのリモコン入れにチャンネルの一覧があります。いつも、ホテルに入ると一通りチャンネルを確認しているから、これは便利。

IMG_2989
↑NHKワールドです。プレミアムはなかったと思う。
っていうか、パタヤのホテルでプレミアムに出会ったことない気がする。
TVは壁掛けスタイルでそう大きくはありません。

そういえば、このホテルのマイナス点、もう1つありました。
ネット料金がすごく高いこと。時間375B(約1000円)、24時間589B(約1650円)。申し込んでないのでスピードはわかりません。
これがネックで1泊しかしなかったと言ってもいいです。

■水回り関係
IMG_2947IMG_2960
↑バスタブと洗面所はリビング周りと一体です。使う時は右のようにカーテンを閉めます。
お部屋が湿っぽくなるかなと思ったけど、大丈夫でした。

DSCF0536
↑洗面所はドレッサー機能と一体化。デザインもなかなか可愛いけれど、使い勝手も割といい。

IMG_3107IMG_2958
↑ドライヤーに体重計。

IMG_2943IMG_2944
↑アメニティもしっかり揃ってます。

IMG_2948
↑私達が止まったプレミアムデラックス以上はバスタブ付。

IMG_2950IMG_2985
↑引っ張り出すタイプの省スペースのシャワーとレインシャワーもあり。
ちょっと自信はないけれど、ここは溜めたお湯の色がキレイだったような記憶があります。(タイではやや色がついていることが多い)
時期にもよるかもしれません。

IMG_2951
↑バスフォームもあるので、泡泡にして楽しみました。

IMG_2983
↑タオルかけ。横の枝みたいなところにもちょっとしたものを掛けられて便利。

IMG_2978
↑トイレは入口入ってすぐ、バスルームとは別です。
日本人的にはこの方が使い勝手がいい。このタイプ、最近、パタヤで時々見かけますね。

■サービスなど
IMG_3043
↑夕方、部屋に戻ると、ターンダウンのサービスが。
最近はターンダウンのサービスをしてくれるようなレベルのホテルに泊まってなかったので、ちょっと嬉しい。
チョコレートが置いてあったような記憶もあるけど、写真を撮ってないので自信ない。

そしてもう1つ驚いたことが。
IMG_2954
↑このようなウエルカムフルーツがあるのですが、チェックイン後に一部食べたところ、同じものの追加がありました。

IMG_2945
↑水も最初、部屋には3本あって、そのうち2本をプールに持っていったところ、さらに2本の追加がありました。
たかが水ですが、大盤振る舞いです。

■ベランダからの眺望
そして何と言っても素晴らしいのはベランダからの眺望。
IMG_2967IMG_2970
↑全面、海とプール。
ちょっと怖いけど、ベランダの柵が透明で、さえぎるものがなくて開放感たっぷり。
広めのベランダで、ゆったりとしたチェアも寛ぎます。

IMG_3046
↑夕方、ベランダでSPY(ワインクーラー)を飲んでみたり。

IMG_3034
↑部屋からの写真ではないけれど、サンセットも楽しめます。

■お部屋のカテゴリーについて
今回宿泊したプレミアムデラックスは朝食付で4000B(約11000円)を切る価格だったと思います。
時期でかなり値段が変わるので、一生懸命安い時期を探しました。
とにかく、コスパはかなりいいです。
4人で泊まれるファミリールームもありますから、やっぱりファミリーにはすごくお勧め。

そして、プレミアムデラックス以上はクラブミラージュのカテゴリーになり、専用ラウンジを使えるなどの特典があります。
実際に見てはいないのですが、ラウンジでは1日中食べ物や飲み物が用意されていて、極端な話、全食事をここで済ますことも可能です。
部屋のサイズは、プレミアムと同じものから巨大なスイートまで色々。

IMG_2892IMG_3021
↑今回泊まったのは、北タワー(写真左の左側建物)の上から2番目。
だから、クラブミラージュは南タワーなんじゃないかと思います。

という感じで、お部屋に関しては入った瞬間のワクワク感自体はそうでもないですが(眺望除く)、とにかく機能的で快適だったなあという感想です。
このセンタラグランドミラージュ全体にいえることなんですが、開発チーム(ハード面)はかなり優秀。
一方、ソフト面(運営・サービス)はまだまだ改善の余地はあるかなという印象。
既に私は宿泊してから1年近く経っているので、今はどうなんでしょう?
こちらで、口コミや価格等も検討してみてくださいね。

次回は、センタラグランドミラージュの最終回。主に朝食です。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「センタラ グランド ミラージュの記事一覧」   
「センタラ グランド ミラージュの口コミ・予約サイトへのリンク」  
「センタラグループホテルのホームページ」  

May 14, 201123:58タイスイーツ カオラーム♪
PermalinkComments(12)TrackBack(0)パタヤ 食事 | パタヤ(全記事)
サワッディ カー

パタヤで食べたお気に入りのタイ菓子カオラームを紹介します。
食べたいと思ってから出会うまで結構時間があったので、その分思い入れもひとしお。
出会ったら、買わずにはいられません。

■カオラームとは
カオラームというのは、竹筒の中にもち米と豆などを詰め、ココナッツミルクで蒸し焼きしたタイスイーツです。
カオっていうのはご飯、ラームはたぶん「つなぐもの・連結」みたいな意味です。

IMG_4607IMG_4608
↑こんな感じね。
これは初めて食べた時のもの。色々種類もあるようで、とてもシンプルな食べ物だけど、それなりに差があります。

私がカオラームを知ったのはかなり前。
食べてみたいなあと思いつつ、全然出会わない。
いったい何処に売っているの? ってことでタイ語の先生に聞いてみました。
そしたら、パタヤよりもバーンセーン(バンコクとパタヤの間くらいにあるタイ地元民向けのビーチ)によく売っているらしい。
ただ、パタヤでも時々、おじさんが自転車に乗って売りに来るんだって。
出会えるかは運次第ってことかしら。

■ジョムティエンにて
そんなある日。イミグレーションの場所の確認を兼ねて、ジョムティエンに行った時のこと。
前方に竹筒らしきものを積んだ自転車が走っている。
バイクで追いかけて、「カオラーム?」と聞くと大当たり

IMG_4605IMG_4606
↑こんな感じです。先生に予め聞いてなかったら、まさかこれがカオラーム売りだとは気付かなかった。
1個20B(約55円)で2本買いました。
その場で、後から食べやすいように竹を割ってくれます。
実際に食べてみると思ったよりは甘くなく、もち米がココナッツミルクでほんのり甘くて私好み。気に入りました。

■タイ語の先生に
それから数日後。突然、タイ語の先生から電話がかかってきました。
なんだろう?と思うと、「カオラーム売りが来たから買っておいたよ。食べたいって言っていたよね」という連絡。
実はもう食べましたとは言えませんでしたが、その気持ちが嬉しい
早速、学校に取りに行きました。(ちなみにごちそうになった)

IMG_1051
↑2種類ありました。奥はこの前と同じ白いもの。
手前は、日本的にいうと赤飯、タイでいうとシームアン(紫色)です。
食べてみると、私も夫も紫色の方が好きかも。
また、前回はよくわからなくて薄皮をはがして食べたのですが、この薄皮はそのまま食べられるそうです。
手も汚れないし、竹には殺菌作用もあるので携帯食にも適しているらしい。

■再びジョムティエン
そして、さらに数日後。
やっぱりジョムティエンへ行った時。今度は屋台付のバイクを見かけました。
またまた、バイクで追いかけます。

IMG_1176
↑なかなか愛想のよい方でした。シームアンを1本買いました。

IMG_1211
↑わかりにくいかもしれませんが、これまでよりもかなり太めです。
普通の竹とは違う感じ。1本25Bと少しだけ高め。

IMG_1212IMG_1213
↑しかし、これが大当たり。
豆みたいなのもたくさん入っているし、今までの中で1番美味しい。
固定店舗なら絶対にまた買いに行くのに、また出会うことはあるのでしょうか?

その後、ソイ8の屋台でも買いました。ここは、もち米の量が少なくてちょっとハズレ。味は普通に美味しかったけど。

というように、カオラームとの出会いはまさに一期一会。
でも、ジョムティエンでの遭遇率が高いです。
私達はパタヤ(ジョムティエンも含む)のビーチチェアでのんびりすることはないのですが、ジョムティエンのビーチにいると時々売り子が来るそうです。
もし、運よく遭遇したら、是非一度試してみてください。
ココナッツミルク好き、おはぎが好きな人ならば、きっと気に入ると思います。
それから、もし、パタヤで常設で売っているところをご存知の方がいたら、是非教えて下さいね。

■パタヤサウス市場のタイ菓子屋台
タイスイーツということで、もう1つご紹介。

IMG_4057IMG_4060
↑場所はパタヤターイ(南パタヤ通り)、ソイ15辺りにあるタイ菓子屋台です。ツッコムよりは少し海よりになります。
毎日出ているわけではないですが、週の半分以上は出ていると思う。
この辺りは、サウスパタヤ市場があって、屋台も多いし、安めの衣料品店も多くてなかなか楽しいです。
パタヤの庶民向けといった雰囲気。

IMG_4063IMG_4065
↑袋詰めしたタイスイーツが色々。結構売れてます。
1袋、15Bだったかな。何故か安い時とかもあるんです。
種類は色々ですが、日本のぜんざいにかなり近いです。
ココナッツミルクが入っている点と、物によってコーンや正体不明の野菜みたいなのが入っているものもあって、それは日本とは違う。
そのままでもいいし、冷やしてもいい。
かなり甘いですが、私は好き。時々食べたくなります。

同じような店はソイブアカオの屋台村にもあります。
味はかなり似てますが、具の感じなどはサウスパタヤの屋台の方が好きかなあ。

好きな人は好きなタイスイーツ
甘いものが食べたい時にいかかでしょう?

それでは、また

May 11, 201108:02浅田真央チャリティBOOKの紹介&謝謝台湾計画の報告
PermalinkComments(4)TrackBack(0)東北地方太平洋沖地震 | フィギュアスケート
サワッディ カー

東北地方太平洋沖地震に関して、お知らせを2つしたいと思います。

■浅田真央チャリティBOOK
浅田真央選手がチャリティ本を出すことになりました。
収益金は全額、日本赤十字社を通じて義援金になります。
募金額を最大限にするために、書店販売ではなく、受注生産販売の形を取るようで、実際に手元に届くのは6月下旬になります。

何度も書いているように、私はフィギュアスケートファン、そして浅田真央選手のファンなので、チャリティ本でなくても魅力があります。
特に、今回のこの本には、現地観戦をした台北の四大陸選手権のことも書かれているので興味津々。
それが、チャリティ本として義援金にもなるというのは、一石二鳥という感じがしてしまいます。
申込受付日は、5月31日(火)17時まで。価格は1000円です。

興味のある方は、是非、下記のリンク先をご覧ください。


■謝謝台湾計画のその後
以前、当ブログで紹介した台湾の新聞にお礼の広告を載せようという「謝謝台湾計画」
少し遅くなりましたが、結果を簡単にご報告しておきたいと思います。

最終的に6000件以上、約1950万円の参加があり、5月3日、台湾の聯合報自由時報の2紙に無事掲載されました。
広告費が約240万円、残りの約1700万円が日本赤十字社を通じて義援金として振り込まれました。
詳しくは発起人であるkissakaさんによるブログ「謝謝台湾計画」をご覧ください。

koukoku

この他、台湾、日本で報道もされたようです。
面白いのが、台湾のネットユーザーの声。こちらで、翻訳してくれています。
基本、喜んでくれているみたいで、私も嬉しくなってしまいます。

なお、台湾からの義援金総額はさらに増え、5月5日現在約167億円です。本当にありがたいことです。

ところで、話はフィギュアスケートに戻りますが、世界選手権が終わって色々聞かれたりもするので、私の考えを書いておきたいと思います。
興味のある方はご覧くださいね。
続きを読む

May 08, 201117:59トスカーナでイタリアン (パタヤのグルメ紹介)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)パタヤ 食事 | パタヤ(全記事)
サワッディ カー

パタヤでは有名なイタリアン、「トスカーナ」を紹介します。
とにかくここは、雰囲気がいい。
味もなかなかいいと思いますし、その割には、そう高くもない点もgood。
普段使いでもいいけれど、旅行の最後の夜とか、カップルでちょっと特別な日とかのディナーにもぴったりですよ。

■きっかけと立地
トスカーナに行きたいと思ったのは、お気に入りのホテル、オーガストスイーツがきっかけです。
以前、オーガストの方に食事をごちそうになった時に、「タイ料理とイタリアンどっちがいい?」と聞かれ、迷わずタイ料理と答えた私達ですが、もしイタリアンと答えていたら、トスカーナになったみたい。
そこで、2010年7月旅行の時に初めて行ってみました。

場所はとても簡単。
IMG_3482
↑ビーチロード沿い、ソイ6とパタヤカン(セントラルパタヤ通り)の間くらいにあるトロピカーナホテルにあるレストランです。
隣はディスカバリービーチホテル
お店の入口がビーチロードに面してます。
車(バイクも)は隣に駐車場があって、2時間まではお店のハンコで無料。
でも、バイクなら普通にビーチロード沿いに停めればいいと思います。

■お店の様子
IMG_3492
↑トスカーナの入口。

IMG_3494IMG_3495
↑中はこんな風にガーデン風。

IMG_3498IMG_3506
↑室内の席もあります。落ち着いていて、なんといっても涼しい。
外も中もそれぞれ良さがあるので、どちらに座るか迷います。

IMG_3521
↑結局、こんな感じの景色に惹かれ、外の席にしました。

IMG_3536
↑陽が落ちてくると、各テーブルに灯をつけにきてくれます。
とにかくここは、カップルには非常にいいレストランだと思います。
(でも、メニュー的にはできれば大勢で来たい)

IMG_3512
↑店内には大きなワインセラー。
ワインリストもすごい種類があったので、ワイン通の方にもお勧めです。
(私はタイではもっぱらハウスワイン派。だって、ワインは日本で飲む方が得な気がするから)

IMG_3554
↑トイレもキレイです。

■メニュー
メニューは色々あって迷ったのですが、オーソドックスにピザとパスタにしました。

IMG_3537
↑お通しのパン。これだけでかなりのボリューム。
このパンの味は忘れてしまいました。たぶんちょっとしか食べてない。

IMG_3538IMG_3539
プロシュートのピザ。値段は280B(約800円)。
本当はシーフードピザを頼んだつもりが、私が間違えてしまった。
でも、パスタもシーフードだったので、結果オーライっていうか却って良かった。
このピザはとっても美味しかったです。生地は割としっかりしていて薄焼きピザではありません。
結局食べきれずに持ち帰って、知り合いにあげました。(冷めてても美味しいって言っていた)

IMG_3540IMG_3545
↑続いてペスカトーレ。お値段は忘れてしまいましたが、たぶんピザと同じくらい。
このパスタ、味付けもシーフードの感じも非常にいいんだけど、如何せんパスタが柔らかいんですよね。
タイでアルデンテはなかなか難しいのはわかってるんだけどね。
だから、もしパスタ類を頼むなら、ラビオリとかニョッキ等の方がいいのかなと思いました。

それ以前に、ピザもパスタもとにかくボリュームがすごすぎ。
正直2人だったら、1品でいいです。
でも、この雰囲気的には、ピザだけ注文してという感じでもないので、もう1品は前菜かサラダとかの方がいいかなと思いました。
できれば、もう少し大人数で来て、色々食べてみたいところではありますね。

IMG_3533IMG_3518
↑そして、ここのお勧めはハウスワインの白。
0.5リットルで480B(約1350円)。グラスだと120B(約330円)。
日本と違って、たくさん頼んだらお得ってこともないです。
タイにいるとあんまりワインを飲むこともないし、昔、サムイ島で飲んで失敗して以来避けていたのですが、ここのは美味しかった。また、飲みたいなあ。

IMG_3547
↑それで、赤ワインはどうだろうとグラスで頼んだら、赤は普通だった。
なんか、グラスの方がなみなみと注がれてお得な気もした。

IMG_3549
↑夫と一緒に来て食後にデザートということはめったにないのですが、なんとなくアイスクリームも頼んでみました。75B(約200円)
私はピスタチオ、夫はラムレーズン。
まあ、普通に美味しいけど、感動するほどでもなし。
お腹いっぱいで無理ですが、普通にケーキなどもありますよ。

ちょっとメモを取り忘れてはっきりしないのですが、トータルで1200B(約3300円)くらいだったかな。税サはつかなかったと思う。
半分はワイン代なわけで、この雰囲気の割にはリーズナブルだと思います。

■トスカーナカフェ
このトスカーナの隣にもっとカジュアルなカフェもあります。
ピザだけを食べたいって時には、こっちの方が気楽でいいかも。

IMG_3485
↑カフェトスカーナの入口。

IMG_3559
↑中はこんな感じ。こちらも外の席もあります。

IMG_3565
↑すっかり忘れていたけど、ケーキも美味しそう。今度食べに行ってみたいな。

IMG_3771
↑というわけで、前回食べ損ねたシーフードピザを食べに行きました。
向こうに見えているのは、レストランのトスカーナで借景ってことです。

IMG_3769
↑シーフードのピザ、マリナーラ。290B。
充分美味しいけれど、私はこの前のプロシュートのピザの方が好きだったな。好みの問題だと思います。

このカフェトスカーナは厨房が共通なので、トスカーナレストランのメニューが多分なんでも食べることができ、さらにタイ料理もあります。
そういう意味では便利。
でも、雰囲気やサービスは圧倒的にレストランの方がいいけれど。

IMG_3560
↑夜、お酒を飲みに行くにも使えます。
毎度のマリガリータ。試しにテキーラサンライズも頼んだけど、あんまり好きでなかった。
値段は忘れたけど、150Bくらい? 標準的な値段だった気がします。

ところで、大みそかにトスカーナに来て見たら、レストランもカフェもほぼ全席予約済でした。
花火目当ての客用なんじゃないかと思ったのですが、かなり早い時間から予約済状態。
私達もいつか、予約にチャレンジしてみようかな。

さて、GWも終わりですね。
今年はちょっと特殊要素もあるんですが、私のブログはいつも大型休暇前になるとアクセスが増えて、終わると減ります。
ここのところ、GWを意識して記事を書いてきたのですが、また通常運転というか、残っている旅行記等も書いていこうと思います。
パタヤのホテル見学もいくつか載せるつもりです。

それでは、また

May 04, 201100:12左折禁止の続報
PermalinkComments(4)TrackBack(0)パタヤ(全記事) 
サワッディ カー

先日、お知らせした「交通検問にご用心」をの記事について、少しだけ続報です。
本当は、その記事に追記するだけでいいのかもしれませんが、それだと、読まない方も多いと思いまして。

IMG_1099
↑左折する車はその場で待て、いわゆる:左折禁止
上から貼り付けてあるのが、取り除かれているようです
つまり、左折車は(赤信号でも)そのまま行ってよし。

どうやら、この表示が取り外されたのはごく最近のようで、少なくとも私達が捕まった3ロードは既に取り除かれているみたい。
他の幹線道路も全て取り除かれたのかどうかは未確認です。

いったいどういうことなんでしょう?
考えられるのは、パタヤのハイシーズンが終わり、ソンクラーンも終わったので取り外した。(つまりハイシーズンだけ適用されるルール)
或いは、ちょっとパタヤ警察のお金が足りなかったので、そういうルールを作ってみた。
左折禁止にしてみたものの、評判が悪かったので元に戻した。

正解はわかりません。
ある意味、次のハイシーズンが楽しみです。

というわけで、標識を念のため注意して、OKなら左折してください。
GWに注意喚起をしたつもりが、実は必要なかった情報だったかもしれませんね。
タイらしいといえば、タイらしいってことで。

それでは、また

May 03, 201107:35パタヤの市場(タラート)でお土産
PermalinkComments(5)TrackBack(0)パタヤ(全記事) | タイで買い物
サワッディ カー

GWもそろそろ半分ですね。
そこで、今回はタイ土産を買うのにピッタリなパタヤの市場(タラート)を紹介します。
何れも、開催する日が限定されてます。旅行スケジュールに照らし合わせて是非行ってみてくださいね。

■ソイブアカオの火金市場
まずは、1番のお勧めソイブアカオの火金市場です。
正式な名称はわかりませんが、火曜と金曜にやっているので火金市場と呼んでます。

ここの品揃えはなかなかです。
正直、個人的には、物販に関しては、バンコクのウィークエンドマーケットに行ったのとほぼ同じ位の満足度あり。
適当に品揃えしたお土産ショップというよりは、品揃えに特徴のある専門店が集積しましたという感じ。

IMG_1580
↑一押しのベルト屋さん。この品揃えはすごい(これでほんの一部)
しかも、50B(約140円)から買えます。
1軒でなく、ベルト屋さんだけでも数店舗あります。
ちょうど訪タイする前に日本でベルトを探してたんだけど、これ以上の品揃えのあるところはないです。
男性用(大体100Bからが多い)も女性用もありますが、これはお勧めです。
IMG_1581
この他にも、下着とか、洋服、雑貨にいたるまで様々な商品が並んでます。とにかく安い。

DSC00274
↑こんな面白商品も。これ、たぶん女性用です。どういうこと?

多くの店が並んでいて、ちょっとした迷路感覚。後で買おうと思っていたら、どこの店だかわからなくなることも。
タラートの両端には、カフェもたくさんあります。

場所はソイブアカオの南端の両側です。人がたくさんいるのでわかると思います。
ソイブアカオはソンテウも走っているので、バイクでなくても行きやすい場所です。
(一応、地図はテパシット市場のところに掲載しています)
バイクを停めると、10Bだったか駐車料金を取られます。

■ナクルアの月木市場
続いては、ナクルアの市場です。
ここは、月曜と木曜に開催される市場です。

DSC01170DSC01171
↑場所はナクルア14/1と14/2の間、海側です。
右の写真に見える、ベージュの建物はCRYSTAL PALACEというホテルですが、これを目印にするといいと思います。

ここはかなり規模が小さくて衣料品、雑貨中心。
時間が合えば、火金市場に行くのが断然お勧めですが、どうしても時間が合わない時、たまたま通りかかったという時に覗くにはいいと思います。

そして、ナクルアと言えば、ナクルアの魚市場
以前、初めて行った時の記事はこちらの最後の方です。
場所は、月木市場よりも更に北、海側です。
海側にはちょうど目印になるソイがないのですが、陸側でいうとソイ7よりもちょっと南になります。
この辺りでナクルア通りが少しだけ狭くなっています。
こちらのSOIDBの記事も参考にしてみてください。
とにかく沢山のシーフード。
大体、クルンキロ(500g)単位から買えるそうです。
私はまだ買ったことはないのですが、お土産にスルメなんかもいいみたいですよ。(こちらは、もう少し少量でも買えると思います)

■テパシットのウィークエンド市場
続いては、テパシットのウィークエンド市場です。
金・土・日の夜のみ開催。これまで紹介した市場は全て昼だけなので、根本的に違います。
買い物に行くぞ、というよりは、1つの観光スポット、むしろ現地タイ人の行楽の1つっていった方がいいかもしれません。
台湾の夜市とそっくりだな、と私は思いました。

◆行き方
場所ですが、初めてのパタヤだとちょっと行きづらいかもしれません。
有名な場所なので、ソンテウをチャーターして(たぶん100〜200Bくらい?)「テパシット・タラート」と言えば連れて行ってくれると思います。
バイクで行く場合について、ちょっと詳しく説明します。

テパシットというのは、サウスパタヤ通りよりもさらに南、ジョムティエンよりは北にある、大きな通りです。
テパシットとスクンビットの交差点(陸側、南側)には、大きなテスコロータスとアウトレットモールがあります。

テパシット、バカ男 市場地図2 コメントつき←クリックすると拡大します。
↑1番簡単な方法は、スクンビットを南下して、テスコロータスの看板があるところで右折する方法です。
ただ、交通量の多い夜のスクンビットを右折するのが嫌なので、この道で行くことはありません。(帰りはスクンビットから行くのもアリだと思います)

そこで、私達はいつも3ロードから、ソイ17(陸側)に左折してテパシットに出ます。(地図の下の方の緑色)
ソイ17は、サウスパタヤ通りよりも南、角に屋台村があります。
途中、リバティマンションのところで少しだけ右に道が曲がっていますが、ほぼ道なりに行くと、テパシット通りに出ます。
(私が言うのも変ですが、テパシットに出る直前辺りにはお姉さんがいっぱいいて、怪しげな雰囲気。ちょっとだけ有名なところみたい)
テパシットに出たら、左折してしばらく行くと、右手側(南側)はもうたくさんのお店が並んでいるのが見えると思います。
ちょっと、ごちゃごちゃ書いてますが、地図と照らし合わせてみてくださいね。

そして、バイクは路上駐車もありですが、市場の後ろにある建物の裏に行くと、無料で止めるところがあります。係の人が誘導してくれて無料でした。

◆物販コーナー
IMG_1896
↑テパシットに面している所は、主に物販コーナーです。
隅から隅まで歩くとかなりの距離。

それなりに充実してますが、正直、専門性はそんなに高くない気がします。値段もちょっと割高。
例えば、カオサンで定価200BのTシャツと同じものが250Bだったし、サングラスも高かった。
純粋な品揃えでは、火金市場が断然いい。でも、ブラブラ見て歩くには楽しいのかな。

IMG_1899
↑茶色の子猫は、その後ファランに買われて行きました。
動きまくるから、いいショットが撮れないけど、目茶目茶可愛かった。

◆飲食コーナー
正直、物販だけを見たときは、もう来なくてもいいかなと思ったのですが、飲食ゾーンに来たら俄然楽しくなってきた。
台湾の夜市で買い食いするのと同じような感覚。
場所は、タラート全体の陸側の奥の方です。

DSC01230DSC01231
↑おかず屋台も3軒くらいあって、すごい充実ぶり。特に、汁物が多い。

DSC01233DSC01252
↑焼き魚も目立ってました。カニも数匹(ひとかご)で150B(420B)という安さ。

以下は実際に食べたものを紹介。
DSC01235DSC01236
↑ニラを包んで揚げたもの。3個で20B。少々脂っこいけど、揚げたてでなかなか美味しかった。

DSC01239DSC01244
↑たこ焼き。6個で40か50B。ついつい買ってしまったけど、ぬるくてイマイチだった。3個は捨てました。
たこ焼きは口の中が火傷しそうなくらい熱くないとダメでしょう。

DSC01246DSC01247
↑和風弁当屋さん。隣りには寿司屋さんも。お弁当(かなり小さい)は1個40B。

DSC01251
↑その場で食べると50B。塩サバはなかなかいい感じ。焼き立てだしね。
ご飯もタイ米ではないし、テーブルにはお醤油。近くにあれば利用したいかも。
この他に、チキン照り焼き、シャケとかありました。

DSC01255DSC01260
↑タコの足、25B。辛いシーフードソースにつけて。買うと、炙ってくれるのがいいですね。

DSC01265
↑海老、100B。予め茹でたか蒸してあるのを、もう一度温めて出してくれます。
小ぶりだけど、意外にちゃんとしてて、結構美味しかった。

缶ビールを買って、順番に食べました。
そして、最後に私的には最大のヒット、タイ菓子です。

DSC01264DSC01263
↑色んな種類のタイ菓子を売ってます。
今一つわからないので、「アンニーアライ?(これ何?)」って言うと試食させてくれました。
2個買って、20B。安い〜。
タイ菓子といえば、ドンムアン空港の試食もできるお店が大好きで、行きも帰りも購入していたのですが、ここは今までの中で1番それに近い。
今後、ここに来る時は必ず買うと思います。

◆中古市場?
さあ、帰ろうかと思ったところ、タラートの陸側になんかお店がある。

DSC01270
↑こんな感じで、今までとは明らかに違う雰囲気。
見てみると、どうも中古品が中心で、誰が買うのかと思うようなものも売っている。
フリーマーケットのような感じです。

しかし、ここ、夫はかなり気に入りました。
というのも、プラクルアンの品揃えがおそらくパタヤ一番。

DSC01268
↑プラクルアンというのは、小さな仏像をケースに入れたお守りを、アクセサリーにするもの。タイの男性がよくつけています。
バンコクでは、タマサート大学の側にすごいたくさん売ってます。(そのうち記事にする予定です)
中にはすごい金額のものもあるみたいで、鑑定とか投機とかもあるそうな。
タマサートの近くには負けますが、ここも、すごく沢山のお店がありました。
1番安いのは20Bくらいから、聞いた中で最高価格は2000Bです。
交渉次第ですが、標準的には100〜300Bくらい。
火金市場や、サウスパタヤ市場の近くなどにも売ってますが、本気でプラクルアンを探している方にはお勧めかも。

個人的な意見では、このテパシットのウィークエンドマーケットは初めてのパタヤ旅行で行く必要はないかなと思います。
何度か来たり、たまたま通ったり、時間があったり。
そんな時にはそれなりに楽しいと思います。
私達も、(主に飲食目当てで)たまに行ってもいいかなと思ってます。


■その他お土産を買うには
私的にタイのお土産癸韻蓮以前にも紹介したNARAYA
パタヤだと、センタン(セントラルフェスティバル)のB1Fにあります。
JALカードで買うと割引あり。

しかし、タイと言えば、ジムトンプソンも有名。
パタヤのロイヤルガーデン(ロイヤン)には、このジムトンプソンのアウトレットがあります。
2階の2ロード寄りだったと思う。
アウトレットといえども決して安くはないですが、お土産としては喜ばれるはずです。

また、ジムトンプソンの近くには、アイヤラなんちゃらみたいな象のモチーフのグッズを集めたショップもあって、なかなか可愛かったです。

以上、旅行中だとタイミングが合わなくて行けないことも多いですが、時間が合えば是非行ってみてください。

それでは、また