October 2011

October 25, 201120:46タイから帰ってきました。
PermalinkComments(11)TrackBack(0)パタヤ(全記事) 
サワッディ カー

本日、当初の予定通り、早朝のユナイテッド便で日本に帰国しました。
最近は、こういう報告はあまりしてないのですが、今は洪水関係で状況を知りたい方もいらっしゃるかなと思い、簡単にスワンナプーム空港やパタヤの現状をお知らせします。

■スワンナプーム空港&帰国便
パタヤからスワンナプーム空港までは、オールパタヤさんのタクシーサービスを利用しました。
迎えが2時半で、空港到着が4時頃。所要時間は1時間半弱なので、いつもと変わりはありません。
深夜で暗かったため、途中の状況は全然わからず。
普段よりも物流の大型トラックが多かったような気がしましたが、洪水と因果関係があるかはわかりません。
とりあえず、10月25日時点ではパタヤ〜スワンナプーム空港の道路は全く問題がありませんでした。

そして、スワンナプーム空港。
UAのカウンターでこそ少し待ちましたが、その後はかつてないほどのスムーズさ。
イミグレも行列なしのガラガラ。

さらにUAの搭乗率も私の周辺だけで判断する限り50%くらいでした。しかも、日本人率がすごく低い。
日本人の帰国ラッシュみたいな報道をネットで見ていたので、正直拍子抜けしてしまいました。
もしかしたら、日系の航空会社だと混んでいるのかもしれませんね。
また、成田での入国審査も今まで1番の空き具合。ここも待ち時間ゼロでした。

IMG_2864IMG_2866
↑こちらは飛行機の窓から撮った空港近くの様子。
水が溜まっているような気もするけれど、普段どうなのかわからないので、これが洪水の影響なのか、普通の姿なのかわかりませんでした。
水田とか養殖場のような気もするし。

という感じで、あまり役立つ情報もないのですが、25日時点の状況です。

日本ではドンムアン空港と混同されていて、よく帰れたねなんて言われたりもしました。(ドンムアン空港は25日に閉鎖されたようですね)

■パタヤの状況
22日(土)〜24日(月)まで、タイは3連休でした。
この3連休前までは、洪水の心配がほとんどないパタヤには大きな 影響はなかったような気がします。
ところが、この連休中にスーパー等の大型商業施設を中心に一気に物資不足が進みました。
例えば、水やお米、乳製品、卵など。品切れをしていたり、1人あたりの購入制限をしていたり。
その様子を見て、あまり危機感を感じていない人も慌てて買うというような感じがしました。
それでも、路面の商店等には銘柄を選ばなければ水もありますし、ほとんどのレストランは普通に営業していますから、旅行者的には特に不便を感じることはありませんでした。

また、連休中にはバンコクから多くの方がパタヤに避難されていたようですし、旅行者の方はバンコク滞在をパタヤに振替えていたようです。
実際、連休中はいつもよりも、パタヤの街中の人出は多く感じました。特に、ファミリー層が目立ちました。
3連休の最終日の夕方には、スクンビットのバンコク行きの高速の乗り口がすごい渋滞だったので、避難されていた方の中には再びバンコクに戻った方も多いのかなあと思いました。

■募金について
今日、母と話していたら、「タイの人が可哀想だけど、まだ全然募金がまわってこない」と言ってました。
私の実家は割と地元コミュニティどっぷりで、災害があると色々と募金のお願いみたいなのがまわってくるそうなんです。
でも、今回はまだ全然なくて、テレビでも募集してないから、周りの人もどうしていいかわからないということでした。
とりあえず近くのファミリーマートかセブンイレブンで募金できると周りの人にも言って、と伝えたのですが、一般的にはそういう方が多いのかもしれませんね。

私のブログの読者の方はタイ好きな方が多いと思うのですが、ぜひそうでない方にも、こうすれば募金できるよというのを教えて頂きたいなあと思いました。
詳しくは、こちらのタイの洪水募金関係の記事をご覧ください。

それでは、また。

October 22, 201100:04タイの洪水、コンビニで募金しよう
PermalinkComments(6)TrackBack(0)タイその他 
サワッディ カー

タイの洪水被害への募金先については、これまで、タイ王国大阪総領事館と、タイ王国大使館での募金受付を紹介してきました。
今回紹介するのは、もっとお手軽、コンビニでの募金です。
ファミリーマートセブンイレブンでも店頭募金の受付を始めたようです。
タイでコンビニというと、ファミリーマートかセブンイレブン(タイではセーブンといいます。イレブンは無視)のどちらか。
そういう意味で両コンビニ共に、他人ごとではないのかなと思います。
以下、それぞれ概略を紹介します。

■ファミリーマートでのタイ洪水被害の募金活動
以下は、ファミリーマートのサイトからの抜粋です。詳しくはこちらをご覧ください。

「タイ洪水被害義援金」募金実施のご案内
1. 実施期間 2011年10月20日(木)〜10月31日(月)
2. 実施店舗 全国のファミリーマート店 約8,600店
3. 名   称 「タイ洪水被害義援金」
ファミリーマート各店でレジカウンターに募金箱を設置いたします。今回の募金活動によってお預かりした義援金は、株式会社ファミリーマートから、タイファミリーマートを通じて、被災地へお届けいたします。

タイ国内では、ファミリーマートが659店舗あるそうです。
そして、3月の震災時には、タイから約1500万円の義援金があったようです。
タイのコンビニの時給は約30B(約80円)、大学卒(日本と違ってまだまだ少ない)の初任給が1万B(約25000円)とも言われてますから、1500万円というのはすごい金額です。

■セブンイレブンでのタイ洪水の募金活動
以下はセブンイレブンのサイトからの抜粋です。詳しくはこちらをご覧ください。

【救援金 募金活動】
1. 実施期間 10 月 20 日(木)〜11 月 2日(水)の 14 日間
2. 実施店舗 全国 のセブン -イレブン 13 ,590店(※ 9月末の店舗数)
3. 各店ではレジ横に募金箱を設置し、募金活動へのご協力お願いてまいります 。


タイ国内には、セブンイレブンは6086店もあるそうです。よく見かけるけど、こんなにあるなんて知らなかった。
そして、3月の震災時には、タイから約1600万円の義援金があったそうです。
これは、私個人の考えですが、これだけの経済格差があって、タイからの募金よりも日本からの募金が少なかったらちょっと恥ずかしいかも。

■その他
他にも、いくつかの義援金の受付があるようです。
例えば、先日コメントで頂いた情報、楽天銀行での義援金募集。
楽天銀行に口座のある方や振込希望の方には簡単だと思います。
詳しくはこちらをご覧ください。

NPO法人も色々募金活動をしているようですが、ここでは紹介は省略させていただきますね。

また、ホンダが1億バーツ(約2億5000万円)の支援をするなど、多くの企業が救援活動を行っているようです。参考記事

■パタヤの様子
最近は雨も少なく、パタヤ自体が洪水になる心配は今の所ないようです。
目下の心配は、スワンナプーム空港がどうなるか、空港までの道が確保されるかということです。
スーパー等でも大きな品不足はありません。一部商品が欠品しているかなというような程度です。
表面上はいつもと変わらないパタヤです。でも、タイ人と話をすると実家が被害にあっていたり、やっぱり皆色々と不安そう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お金による支援がどれぐらいで被災者に届くはよくわかりませんが、日本とタイの物価の差を考えると、少しのお金でも役には立つのではないかなと思います。
コンビニで募金箱を見つけたら、おつりの小銭だけでも、ぜひご協力をお願いします。

それでは、また。

October 18, 201102:47オーガストスイーツの予約受付開始
PermalinkComments(11)TrackBack(0)パタヤ ホテル | パタヤ(全記事)

サワッディ カー

先日からお伝えしていた通り、パタヤのホテル、オーガスト・スイーツ(August Suites) の予約受付についてご案内いたします。
なお、現在準備中ですが、専用サイトを作成し、そちらでも案内する予定です。
また、この予約方式の名称は、「Sayorin’s Friends」。(命名はオーガストのPさん)

今回ご案内する内容は以下の通りです。できるだけ情報開示した方がいいと思ったため、全体的に、かなり細かい内容になっています。ご了承ください。
(2011年10月時点で、オーガストの2人のマネージャーに確認した情報になります。ホテルサイトの情報は一部古いものがあるそうです)

■価格について
■ホテルの基本情報について
■お部屋について
■予約の流れ
■予約にあたってのご注意事項

また、旅行会社でもない単なる個人の私が、何故、オーガストスイーツの予約を受け付けることになったのか?
中には色々不安に感じる方もいらっしゃるかと思います。
そこで、最後にその辺りの経緯などについて、できるだけ説明をします。

■価格について
(1)基本の価格表

最新の価格については、こちらをご覧ください。

当予約システムの基本宿泊料は下記の表の通りです。(各画像をクリックすると別ウィンドウで拡大します)
時期、宿泊数によって料金が異なります。
全て2人分の朝食付、サービス料、税金を含んだ価格です。

--------2012年3月〜4月価格表----------------------------
終了しましたが、2012年の価格表の参考に残しておきます。
オーガスト2012年3月〜4月価格表

オーガストスイーツからは「スペシャルプライスを提供している」と言われておりますが、各旅行会社でも特別キャンペーンを設定していることもあるかもしれません。
どうか、ご納得のいくよう色々検索して頂ければと思います。
(参考までに、agodaの価格はこちらよりご確認ください・表示価格に17%追加になります)

(2)エイプリルスイーツについて
・エイプリルスイーツの価格表は下記の通りです。全て、朝食なし、税金・サービス料込の料金です。
・スイートルームについてはリクエストベースとなります。
・オーガストと異なり、長期滞在の場合も割引はありません。

--------2012年3月〜4月価格表-------------------
終了しましたが、2012年の価格表の参考に残しておきます。

エイプリル2012.3-4価格表

・基本的な予約では朝食は付きませんが、ご希望があれば朝食付の設定も可能です。朝食はオーガストで取って頂くことになります。朝食付の価格は1人当り100Bです。
(参考までに、agodaの価格はこちらよりご確認ください。確約はできませんが、これよりは安くなるのではないかと思います)

※なお、予約やホテルに関する詳細は、Q&A集を参照下さい。
Q&A集(1)予約手続関係
Q&A集(2)ホテル情報関係

(3)ジョイナーフィー関係
・2人利用で予約した場合、1日につき1人までのゲストは無料で滞在していただけます。
・1日2人以上の場合は、1人につき500Bのジョイナーフィーがかかります。例えば、同じ日のうちに2人のゲストが入れ替わりに滞在した場合、例え宿泊していなくてもジョイナーフィーは発生します。
・このジョイナーフィーはレセプションにて支払い頂きます。それ以外のスタッフから何か言われるなど不審な点があれば、レセプションにご連絡願います。
・ゲストに関しては、IDカードをレセプションにてお預かり致します。18歳未満の方は入室できませんのでご注意下さい。
なお、ゲストとお客様の間でトラブルが発生することは時々あるようで、防犯上の観点からIDカードを預かっているそうです。

(4)朝食関係
・朝食なしをご希望の方は、表示価格より200Bのマイナスとなります。
・朝食1人分の場合100B割引になります。(予約は2人分でも朝食のみ1人分にすることも可能です)
・最終日、早朝出発の場合には、最終日の朝食のみ不要とすることができます。
・日によってアトランダムに朝食の有・無しにすることはできません。朝食なしで予約し、現地で通常料金でレストランを利用することはできます。

(5)各種リクエストについて
※追加料金の発生しないリクエスト(特に高層階)に関しては、あくまでも当日の状況に応じてになります。この予約は他よりも安い価格で提供されているためどうかご了承ください。また、ピークシーズンはプールサイド等のリクエストもお受けできない可能性があります。(希望は伝えますが、約束できないということです)
また、あくまでも一般論として予約の時期が遅いほどリクエストは通りづらくなりますが、運次第ともいえます。
・プールサイド、シテイサイド共に同一の価格になります。(確約はできませんが、ご希望があれば予約時にお伝えください)
なお、スーペリアでプールが目の前の部屋は各フロア1部屋しかございません。ほとんどの部屋は遠くにプールが見えるだけですので、あえて同一料金設定とのことです。
・スーペリアのツインルームはシテイサイドのみになります。デラックスはダブルルームのみです。
・プールサイドや6階以上の高層フロアのお部屋の確約をご希望の場合、追加料金が発生する可能性があります。
 ・ローシーズン(5〜9月)18時までのレイトチェックアウトをプラス1000Bでご利用できます。3〜4月についてはお問い合わせ下さい。
なお、ハイシーズンのレイトチェックアウトは1泊分の料金がかかります。
また、18時よりも遅いレイトチェックアウトは清掃シフトの関係上承ることができません。
・10歳までのお子様1人までが追加ベッドを必要としない場合、追加料金はかかりません。
11〜12歳は300B(ベッドなし、朝食なし)、13歳以上の3人目料金は500B(いわゆる2人目からのジョイナーフィーと同じ扱い)、エキストラベッドが必要な場合は年齢にかかわらず800B(朝食なし)、1000B(朝食あり)となります。
また、小さなお子様連れの場合、ツインルームのベッドを2つ繋げるとオーガストの通常のダブルベッド(これもかなり大きいです)よりもさらに大きくなりお勧めだそうです。(ただし、シテイサイドです)

(6)キャンセル料関係
・キャンセル料は宿泊の7日前(タイ時間)から発生します。(オーガストの一般的な予約よりも短くなっています)
・キャンセル手続きはお客様ご自身でオーガストに直接メールした時点で完了します。(ただし、宿泊の10日前までは私の方でも承ります)
・なお、デポジットとしてクレジット番号をオーガストに送付して頂きますので、キャンセル料の支払いはそのカードからとなります。

■ホテルの基本情報について
◇立地
:2ロードとセントラルパタヤ通りの交差点から徒歩1分の交通至便な立地です。ビーチ、センタン(セントラルフェスティバル)までは、徒歩5分強です。
地図はこちらをご覧ください。
また、オーガストからのソンテウの利用法はこちらをご覧ください。

◇チェックイン時間:14時
◇チェックアウト時間:12時
◇朝食時間11月〜2月のハイシーズンは7時〜11時。3月〜10月のローシーズンは8時〜12時です。※ハイシーズンも8時〜12時となりました。ご了承ください。
朝食付でご予約され、この時間帯に食べられない場合は、前日までにレセプションにて相談して下さい。指定時間に朝食BOXを用意できます。
◇主な設備:プール、ジム、シャワー、サウナ、レストラン・バー、会議室等。特に、チェックアウト後も温水の個室シャワーが利用できるのは大変便利です。
◇タクシーサービス:スワンナプーム空港までは1200B、バンコクまでは1500Bです。詳細はレセプションにお問い合わせ下さい。

なお、写真、個人的な感想等は以前の記事1記事2をご確認下さい。

■お部屋について
お部屋のカテゴリーは次の通りです。
◇スーペリア(40平米):最もお手頃なお部屋で、部屋数も最も多くなっています。バスタブはなくシャワーブースのみになります。
ツインルームはシテイサイドのみとなります。
◇デラックス(48平米):居室部分はスーペリアと同じですが、シャワーブースだけでなくバスタブがついています。ダブルベッドのみ、プールサイドのみ(プールからは1番遠い位置)。
オーガスト内に5部屋しかありません。(ただし、時々ファミリースイートの一部をデラックスとして提供することはあります)
◇スイート(80平米):リビングとベッドルームが分かれた広い部屋です。プールサイド、シテイサイドがあります。
◇ファミリースイート(80平米):4人まで宿泊することができます。リビングルームはありません。プールサイド、シテイサイドがあります。

その他、お部屋の詳細は以下のようになっています。

・室内は禁煙です。喫煙はバルコニーでお願いします。室内で喫煙した場合、2000B(約5000円)お支払い頂くことになります。
・全館インターネットは無料です。室内は有線LANと無線WIFI、プール等公共エリアでは無線WIFIが利用できます。
 ご利用希望の方は、レセプションにてパスワードを貰ってください。(パソコン1台につき1パスワード必要です。希望すれば複数貰えます。)
・お部屋の鍵はカードタイプです。2枚必要な方はチェックイン時にご希望下さい。
・水は1日2本無料です。大きめの冷蔵庫は空ですので、近くのTOPS等で購入されるか、ルームサービスをご利用下さい。
・主な室内備品は、TV、セーフティBOX(パソコンも入る大きなタイプ)、クローゼット、ドライヤー、洗濯物干し、バスタオル、タオル、ハンドタオルになります。
・主なアメニティは、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、石鹸、歯ブラシ、綿棒になります。
・お部屋にない備品は、レセプションにて貸出しております。例えば、湯沸し器、食器類、栓抜きなどの用意があります。
・お部屋に電子レンジはありませんが、使用希望の方は1階のカフェスタッフにお気軽にお申し付け下さい。一階バーにあります(1日、数名から希望があるそうです。エイプリルも同様です)
・クリーニング(ランドリーサービス)は2日間かかります。
・最寄のランドリーは、セントラルパタヤ通りの反対側のメモリアル病院の道を入った所にあります。コインランドリーは現在探しているところです。(ベラエクスプレスホテルにはあります)

なお、写真や個人的な感想等は以前の記事3記事4をご覧下さい。

■予約の流れ
(1)予約をご希望される方はの必要事項を添えて、sayorin@live.com までメール下さい(下記をテンプレートとしてご利用下さい)
日本語でも英語でも構いません。

0.件名に「オーガストスイーツ(orエイプリルスイーツ 予約の申し込み or お問い合わせ」 かを明記下さい。
.お名前(ローマ字、パスポート記載のもの。原則として代表の方だけで可)
.人数(1人でご利用でも、2人分で予約する場合2人としてください。記載がない場合は2人で申込みます。お子様連れの方は宿泊時点での年齢もお願いします)
.部屋数(記載がない場合は1部屋で申込みます)
.宿泊日(チェックインの日・チェックアウトの日、宿泊数)
.希望のお部屋カテゴリー (できれば第1希望、第2希望も添えてお願いします)
ダブルベッドorツインベッド、プールサイドorシテイサイドのご希望があればお願いします。(希望にそえない場合もございます。特にピークシーズンおよびスペシャル価格期間中はプールサイド、シテイサイド、ハイフロア等のリクエストお受けできず、希望を伝えるのみになります)
.朝食の有無(1人分のみ必要な場合、その旨明記下さい。最終日不要の場合はその旨明記下さい)
.タイ入国の便名ホテル到着の時間(日本以外からの移動の場合便名は不要、どこからの移動かお願いします)
.返信用のメールアドレス
.パスポートナンバー(お連れ方が別々にチェックインする場合、デポジットのカード情報を別々に送付する場合は、その方のパスポート記載のお名前、パスポート番号もお願いします)
10.その他、希望事項、お問い合わせ事項(例:レイトチェックアウト、最終日の朝食不要など。時期によっては受付できない場合もあります。詳細はQ&A集をご覧ください)
11.リピーターの方限定:デポジットとして前回と同じカードを使うかどうか(前回と同じカードを使うと申請した場合、カード情報をオーガストに送る必要がありません。念のため、有効期限の確認をお願いします)

メール送信される場合は、パソコンメールでお願いします。返信が迷惑メールに入っていることもあり得ますので、ご確認ください。

(2)メールを受け取り次第、お客様に受信確認メールを返信します。その後すみやかに、オーガストスイーツへ依頼のメールを出します。(日本語のものは英語に翻訳した上で送信します)
2日以上、何も連絡がない場合は、再度送信して頂くか、コメント欄よりご連絡下さい。

(3)
オーガストから
予約の返信が届き次第、申込者の方予約確認書を送信します。

(4)予約確認書が到着後、できるだけ早めにデポジットとしてカード情報をオーガストへ直接、メール送信して下さい。
(カードの種類はVISA、Master、JCBのいずれかです。デビットカードは不可です。必要な情報は、カード番号、有効期限、氏名(全て、カード記載の通りお願いします)
(個人情報が気にならない人は(1)の時点で記載してもらい、転送することも可能ですが、できれば直接の送信をお勧めします。送信用のテンプレートはこちらでも用意しています)
*宿泊の8日前までにカード情報が届かない場合、ご予約が取り消される可能性が高いです。オーガストからカード情報の受信メールが届かない場合は私までご連絡下さい。

(5)
当日は予約者名と、「Sayorin’s Friends」からの予約であること、印刷した予約確認書を提出してください。
料金の支払いは、チェックイン時に直接ホテルにお願いします。私とは一切の金銭のやり取りはありません。
チェックイン時にタイバーツがない場合は、翌日の昼12時まで支払を猶予することもできます。
クレジットカードをご利用の場合、手数料が3%かかります。

なお、予約のお問い合わせは、できれば宿泊日の2週間以上前、遅くとも1週間前にはお願いいたします。
(追記:実際に手配をしてみての感想ですが、お申込者の方がメール受信、クレジット情報の送信を確実にして頂ければ、3日前くらいまでは可能なこともあります。 状況にもよりますので、お問い合わせ下さい)

以上が大体の流れです。実際にやっていく中で変わっていくこともあるかと思います。

■予約にあたってのご注意事項
ネットのホテル予約サイトや旅行会社と異なり、次のようなデメリットがあります。ご了承いただける方のみご利用いただけばと思います。

・ネットのホテル予約サイトと異なり、予約の可否がわかるまでに少し時間がかかります。実際にやってみないとわかりませんが、おそらく、1〜3日くらいになるのではないかと予想しています。
(追記:2011年11月段階で、最終返答まで最短3時間〜最長2日半、平均的には1日〜1日半で回答しております)
個人的な事情により、受付を停止する期間があるかもしれません。(その場合、予めお知らせします)

・単なる個人(しかも私自身の個人情報は非公開)に、氏名やパスポート番号等が知られます。これに関しては、私自身、個人情報の第三者への漏えい、悪用は一切しないとお約束しますが、それでも心配な方は当然いらっしゃると思います。
当ブログを読んだ上で判断して頂き、それでも心配な方は別の所から予約して頂いた方がいいと思います。(後述しますが、先発の他国では皆さん個人情報には無頓着なようで、そういう意見は全然ないそうです)

・旅行会社ではないので、予約完了後のアフターフォロー等は原則としてありません。宿泊時に何か問題が起こった場合は、基本的にホテルサイドと直接、交渉していただくことになります。
また、非常に細かいリクエストを確約して欲しい方も、それを受けてくれる旅行会社にお願いした方がいいかと思います。

また、お願い事項ですが、ご予約頂いた方と現地でお会いすることはありませんので、ご了承ください。
ご予約頂いた方に対しては、パタヤに関して、わかる範囲でメールまたはブログ内でお答え致します。
ただし、私は女性ですので、夜関係の情報はあまり持ち合わせていません。
参考までにウォーキングのGOGOは1回だけ見に行ったことがあります。ボーイズのGOGOは一度も行ったことはなく、今後も行く予定はありません。
バービアは夫と一緒に、時々、お酒を飲むのに利用してます。仲良くなった女の子を1回だけペイバー(300B、女の子の取り分は70B)してムーカタに行ったことはあります。
ディスコは2回行きました。あんまり好きじゃないけど、機会があればまた行くかもしれません。
このような状況ですから、この辺りの情報は、どうか他のブログ等で収集して下さい。
それから、そういうことはない方がいいですが、1度ご利用して頂いた際に何かしらの問題が発生した場合、2度目以降お断りすることがあるかもしれません。

以上、色々書きましたが、もし、ご納得頂けましたら、2011年11月以降の宿泊から予約受付いたしますので、sayorin@live.com へご連絡下さい。
(正直、洪水が落ち着かないとそんな気分になれない方が多いかもしれませんね)
初めのうちは上手くいかない点なども多々あるかもしれませんが、真摯に取り組んでいくつもりなので、どうかよろしくお願い致します。

最後に、何故、オーガストスイーツの予約を受け付けることになったのか?
その辺りの経緯について、紹介したいと思います。興味のある方は、続きをご覧くださいね。

続きを読む

October 17, 201103:00在京タイ大使館でも義援金の受付開始
PermalinkComments(4)TrackBack(0)タイその他 
サワッディ カー

先日、タイ王国大阪総領事館でのタイの洪水被害に対する募金受付の紹介をしましたが(その記事はこちら)、
東京のタイ王国大使館でも受付を開始しました。
詳細は、こちらのサイトをご覧ください。以下はその抜粋です。
「コンビニで募金をしよう」の追加記事はこちらです。

■大使館へ直接持っていくか、現金書留で送付
大使館もまずは現金書留です。

送付先:タイ王国大使館
          〒102-0074 東京都千代田区九段南2丁目2番1 

特に、何も指示はありませんが、大阪と同様、「洪水被害への義援金」と明記するのがいいと思います。

持参する場合は、(たぶん平日の)9時から17時半までです。

■大使館の口座に直接振り込み
振込先:みずほ銀行 目黒支店 当座預金
          支店番号 194
          口座番号 39710
          口座名:Royal Thai Embassy


「非居住者外貨預金なので手数料がかかります」という注意書があります。
外国に送金するのと同じなのかしら。だとしたら、手数料がかなり高いと思うので、現金書留の方がいいかもしれません。
(追記)この件についてkohjiさんよりコメントを頂きました。新生銀行からみずほ銀行に振込んだ場合、通常の振込と同様ということでした。ですから、振込も便利でいですね。
みずほ銀行の窓口振込の場合は、他とは違う手数料ということみたいです。詳しくはこちらのkohjiさんのブログを確認下さい。

なお、募金の受付は11月末までです。

■その後のパタヤとか
普段は気にもしないのですが、ここの所バンコクのお天気情報も気にしてます。
それで気付いたのは、やっぱりパタヤはバンコクよりも雨が少ない? っていうこと。
ちなみに今日は久しぶりに雨が降らず、気持ちのいい天気でした。
(タイでいい天気というのは曇りの日のことですが、私的にはやっぱり晴れがいい天気)

そして、洪水報道が嘘のように今の所影響は感じません。スーパーの品不足もないですし。
海が近いし川がないから、洪水にはならないのかなと思います。
もっとも大雨による一時的な冠水は時々あります。(10月はありませんが、9月はひどかったですね)

パタヤが大丈夫だからいいってものでもないですが、ここ数日、パタヤの状況を知りたいという検索ワードでのアクセスが増えているので紹介しました。
と同時に、タイの洪水の募金、義援金、支援というようなアクセスも増えてます。
できれば、少しでも多くの方が支援をしてくれるといいなと思います。
日本からもこんなに沢山の支援がありましたよ、ってタイに伝えたい気持ちもあります。
私ももうすぐ帰国したら、現金書留も送ろうと思います。

それでは、また。

※なお、このページはリンクフリーです。

October 15, 201119:18(速報)オーガストスイーツの朝食時間
PermalinkComments(5)TrackBack(0)パタヤ ホテル | パタヤ(全記事)

サワッディ カー

以前からコメント欄等でご要望の多かったオーガストスイーツの朝食時間ですが、ハイシーズンに限り1時間早い7時からのスタートとなりました。
これから先の予約にもかかわるかと思うので、取り急ぎお知らせします。
※(追記)結局7時からの朝食開始は、7時〜8時の間にお客様が来ないという理由により、その後、すぐに取りやめになりました。申し訳ありませんが、朝食時間は8時からとなります。それよりも早い時間をご希望の場合、予めレセプションにお伝え頂ければ、朝食BOXを用意してもらえます。

■朝食時間について
オーガストの朝食時間は、現在8時〜11時12時までです。
(最初聞いた時は11時までということでしたが、ローシーズンは12時までだということでした。修正します)
しかし、特にゴルフをされる方にとっては遅すぎるとの意見があり、そのことについては何度か伝えてはいました。(我が家的にはむしろ12時までやっていることの方が重要で、朝早く食べることはないのですが)

それが影響したのか、他からも要望があったのか、別の事情があったのかよくわかりませんが、今年の11月〜来年の2月までのハイシーズンに限って、朝7時〜11時までに変更になりました。
今のところ、3月〜10月までのローシーズンは従来通りです。
朝食付きで予約するお客様がローシーズンも多くて、要望が多かったら継続する可能性ありと、私は思ってますがどうかしら?
ABFだけでなく、タイフードも7時からOKとのことです。
ゴルフをされる方には、これでもちょっと遅いのかもしれませんが、少し前進かなと思ってます。
※上記の通り、ハイシーズンも8時〜12時に再修正されました。

また、以前、少しだけお知らせしたオーガストの予約の件ですが、ようやく詳細がまとまりました。
大変遅くなってしまい申し訳ありません。
詳細については、次回(2、3日中にはアップします)発表しますが、一応概略だけはお知らせします。
また、この機会にオーガストの朝食について再度紹介したいと思います。

ところで、最近サイドバーの下の方に人気記事というのを入れてみました。
とりあえず20位まで。予想通りのものもあれば意外な記事もあって私自身がちょっと楽しんでます。
入れて以降は、ずっとオーガストの記事が1位です。

続きを読む

October 13, 201118:50タイの洪水、募金先について
PermalinkComments(10)TrackBack(0)タイその他 
サワッディ カー

タイの洪水、心配ですね・・・。
これまで洪水というと一気にやってくるイメージでしたが、こんなふうにジワジワやってくる洪水も怖いです。
日本の報道は、日本企業の被害が中心ですが、多くのタイの人達も大変な目にあっているのだろうなと思います。

今年の3月の震災の時には、タイから沢山の支援を頂きました。(詳しくは、「コップンマーカー・タイ」の記事をご覧ください)
そこで、少しでもその時のご恩返しとして、せめて募金ができないかと募金先を探してみました。

■タイ王国大阪総領事館
東京の大使館のサイトでは見つけることができませんでしたが、大阪総領事館には募金の受付がありました。
現金書留のみの受付で、大阪総領事館からタイの外務省を通じ、全義援金を被災者支援機関に送付するようです。
日本に在住の方は、現時点では、送付先として1番ふさわしいと思いますので、こちらのみ紹介します。
以下は、サイトからの一部抜粋です。(詳しくは、こちらをご覧ください)

・義援金受付方法:現金書留 (※義援金送付用紙を添付のこと)
・義援金送付用紙を記入し、現金書留に「洪水被害への義援金」と明記すること。
・送付先:タイ王国大阪総領事館
           〒541-0056
            大阪市中央区久太郎町1-9-16 バンコク銀行4階
                     
なお、義援金送付用紙は、上記のサイトにありますので印刷してください。記入の内容は、「氏名、住所、電話番号、金額」の4点のみなので、印刷できない方は、これらを記入したものを同封すればいいと思います。

(追記)その後、東京のタイ大使館でも募金が開始されました。
現金書留だけでなく、銀行振り込みも可能(手数料が高い可能性あり)です。受付は11月末まで。
詳しくは
こちらのタイ大使館のサイトをご覧ください。また、追加の記事「在京大使館でも義援金の受付開始」はこちらです

また「コンビニで募金をしよう」の追加記事はこちらです。

■パタヤで募金

パタヤでは、センタン(セントラルフェスティバル)募金箱がありました。

IMG_2722IMG_2723
まだ設置して間もないのか、あんまりお金は入ってませんでした。
洪水の写真などもないので、ちょっとわかりにくいのかも。
私達は募金箱を探しに行ったので(パタヤで設置しているとしたらセンタンが1番ありそうだから)見つけられましたが、普通に歩いていると気付かない気もします。
説明文は、タイ語と英語に加え、募金箱の上にロシア語もありました。

20B札か100B札ばかりだったので、1枚目の1000B札を投入してきました。
大金を募金した気分になったけど、昨今の円高で2500円だから、そんなに威張れる金額でもないですね。

IMG_2724
↑場所は、2ロード側のショッピングセンター側の入口から入って割とすぐの左手です。
敷地は百貨店のセンタンですから、募金箱の管理も百貨店だと思いますが、募金箱はショッピングセンターの方を向いてます。
化粧品のシュウウエムラを目印にしてください。

この募金箱がいつまで設置されているかはわかりませんが、パタヤ旅行の際には是非お願いします。

■パタヤの状況
雨がちではありますが、洪水の心配はないみたいです。
雨は、ほぼ毎日降るけれど、半日以上降り続けることもありません。
9月の大雨の時は道路が洪水のようになったみたいですが、街中に関してはその影響もないようです。
他の所の観光(たぶんアユタヤ観光)がパタヤに変更になったり、ホテルにタイ人客が増えた(たぶん、避難してきている)ような気がします。
先のことはわかりませんが、今のところタイの中でパタヤは問題のないエリアの1つのようですね。
通常ならば、タイの雨季ももうすぐ終わり、これ以上被害が広がらないよう祈るばかりです。

それでは、また。

※なお、このページはリンクフリーです。

October 11, 201114:15デワホテルのプライベートビーチ(2011年4月チャン島旅行 その5)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)チャン島 
サワッディ カー

チャン島のクロンプラオビーチにあるザ・デワホテル (The Dewa Hotel) プライベートビーチ&プールを紹介します。
このDEWAホテルは宿泊したラマヤナホテルの姉妹ホテルでDEWAホテルの方が格上。
ビーチのないラマヤナホテルの宿泊客は、このDEWAホテルのビーチを無料で利用できます。
とにかく綺麗なビーチで、リゾート感たっぷり。予算のある方にはすごくお勧めできるホテルですよ。

DSC00733

■シャトルバスでDEWAホテルへ
DSC00835
↑ラマヤナホテルからDEWAホテルには1時間に1本、無料のシャトルバスが出ています。
利用したい場合はレセプションにお願いすることになります。

DSC00802
↑車で5分強でDEWAホテルには到着です。
帰りもシャトルバスサービスがあります。特に予約はいりませんが、念のために運転スタッフに時間等を確認するといいと思います。
また、ビーチタオルはDEWAホテルでも借りれるかもしれませんが、一応ラマヤナのを持っていきました。

■プライベートビーチ

DSC00718
↑ロビー、プールを抜けると、海が見えてきます。

DSC00720
↑こちらはビーチレストラン。

DSC00741
↑こんな感じのビーチが広がっています。

DSC00743
↑海からビーチを臨むとこんな感じ。

DSC00723
↑ブランコもなかなか絵になります。

DSC00722
↑ビーチチェアは結構混んでいて空いている席はありませんでした。行ったのが午後からです。

DSC00734
↑頼んで席を作ってもらいます。
この後はひたすらのんびり。海は相当キレイでした。
乾季だったら、もっとキレイなんじゃないかな。

DSC00778DSC00828
↑ファランが数人がかりで砂のお城を製作。かなり気合が入ってます。
日本人のイメージするお城とはやっぱり少し違うような気がしますね。

DSC00825
↑途中、フルーツのサービスあり。

■ビーチのレストラン
DSC00721
↑ビーチの横には雰囲気のいいレストランもあります。
もちろん、ビーチの席までデリバリーもしてくれます。
ビールでも飲もうかなと注文すると、チャンビアが120Bもしました。
ラマヤナは50Bだから全然違う。貧乏性の私達は、やっぱりラマヤナの方が向いているわ・・・。

DSC00819
↑ケーキもあって美味しそう。

DSC00817
↑16時からはハッピーアワーもあります。残念ながら私達は16時のシャトルバスで帰ってしまいました。

■プール
続いてプールも紹介します。
特にチェックはないのでプールを利用することもできます。

DSC00809DSC00796
DSC00717DSC00814
↑ファランは海派なのか、すごく空いてました。落ち着いた感じのプールです。

DSC00792
↑このジャグジーは、座ると隣からは見えなくて、プライバシーにも配慮されています。

DSC00791
↑プールバー。

DSC00797
↑プールチェアが可愛い。

DSC00793DSC00795
↑プールに面したお部屋。中は見てないのでよくわかりません。

このDEWAホテルはいったいどのくらいで泊まれるのかなとチェックしてみました。
微妙にハイシーズン前の10月でも3000B(約8000円)以上とラマヤナのほぼ倍のお値段です。
ハイシーズンだと4800B(約12000円)以上するので、我が家的には予算オーバーですね。
それでも、ホテルの雰囲気等を考えたらリーズナブルな部類なのかも。
価格や実際に宿泊した方の口コミはこちらで確認してみてくださいね。評判自体はかなりいいみたいです。

■その他
DSC00800
↑ロビー&レセプション。

DSC00807
↑シャトルバスを待っている間はこのチェアで寛いでました。なかなか気持ちのいいチェアだった。

DSC00804
↑ホテルのレンタルバイク。ヤマハのMioの新車。
DEWAホテルは、ラマヤナと違ってクロンプラオビーチの中心的な場所にあり、周りにはお店やレストラン、他のホテルなんかもあります。
だから、レンタルバイクなしでもいいけれど、そもそもクロンプラオビーチがホワイトサンドビーチやカイバエビーチに比べすごくお店が少ないので、あるとやっぱり便利だと思う。

■まとめ
DEWAホテルに関しては部屋も見ていないのであんまり評価はできませんが、ビーチはとても気に入りました。
大きさも手頃で静かで、ほぼプライベートビーチだし。
チャン島自体がプーケットやパタヤ、サムイ島等に比べてのんびりしている上に、クロンプラオビーチはその中でもとりわけ静かな雰囲気です。
だから、とにかくのんびり、ゆったりしたいなあという方にはぴったりだと思います。

そして、私達みたいに値段の安いラマヤナホテルに宿泊して、ビーチだけこっちに来るのもいい考えだと思う。なんだかすごく得した気分。

さて、これ以降のチャン島情報ですが、クロンプラオビーチ以外のエリア情報などを紹介していきたいと思います。
途中、パタヤ情報もはさみながらになりますので、気長にお付き合い下さいね。

それでは、また

<チャン島の記事一覧>
<DEWAホテルの予約・口コミサイト>  
<ラマヤナホテルの予約・口コミサイト>

October 08, 201116:18不思議なイサーン料理屋さん (パタヤのグルメ紹介)
PermalinkComments(4)TrackBack(0)パタヤ 食事 | バンコク(全記事)
サワッディ カー

ナクルア・ソイ16にある不思議なイサーン料理屋さんを紹介します。
お店の人に店名を聞いたら「マイミー(ない)」と言われたので、我が家の通称はマイミーレストラン。念のため、2人に聞いたけど両方マイミーなんで、本当にないんだと思う。
一見さんにはちょっとハードル高いけど、激安で美味しいのでお勧めですよ。

■謎の外観
ここは以前パタヤ在住のお友達から教えてもらっていて、それ以来気になってました。
そんなある日、その友達とのランチで、お目当てのお店が臨時休業だったため、急遽行くことにしました。お友達自体も、2年ぶりくらいらしい。
その後、絶対に夫の好きな店だと思ったので、夫と一緒に再訪。
また、きっと行くと思います。

IMG_2600DSC04577
↑こちらがお店の外観。入口で色々焼いているのでお店ということはわかりますが、なんか地元の人が集まってバーベキューをしているように見えなくもない。
ちょっと空いてくると、店員さんがお店の前で昼寝をしているしね。

DSC04596
↑しかし、ここは隠れた名店なのか、車で乗り付ける人も多いです。

DSC04557
↑店内の様子。お客さんは制服を着たOLさんとか、意外に身なりのちゃんとした人率が高い気がします。
お昼時ということもあって、かなり混んでました。

■注文
DSC04568DSC04564
↑テーブルの上に注文票があって、そこにテーブル番号(右写真)と注文数を書いて店員さんに渡すのが本来です。
しかし、注文票はタイ文字オンリーなので、普通の外国人には無理。
だから、自分から店員さんを積極的に捕まえて普通に注文することになります。
この時、どの店員さんに頼むかは結構重要かも。
1回目は、英語も上手なおばさんに頼んで、色々世話もやいてくれて非常にスムーズ。
しかし、2回目は頼んだオーダーが通ってなかったり、辛さが希望通りでなかったりしました。
何かおかしいなあ、と思ったらどんどん積極的に店員さんを捕まえて確認した方がいいかも。

なお、上記のオーダー票は一応タイ語先生に解読してもらったので、お料理と合わせて紹介していきますね。

■お料理
DSC04609
↑まずは、定番のガイヤーン(鶏の焼いたの)です。
モモ肉部分で量は少なめ。1人でも食べきれると思います。
味はかなり美味しい。付属のタレも辛いけど好みの味。
ただ、残念なのはアツアツではないこと。運良く出来立てにありつけば相当美味しいはずなんだけどな。

IMG_2597
コームーヤーン(豚の喉肉の焼いたの)。これも味はかなりいいです。
しかし、同様にややぬるめ。これも熱かったらすごく美味しいと思うので残念。

DSC04590
↑焼き物関係は店頭でどんどん焼いてます。

DSC04640DSC04641
↑焼きあがると隅の方に寄せて、ここから順に出しているようです。
焼いてからそんなに時間は経ってないので、焼き置きってほどではないけれど、できればもう一度熱くしてから出してくれるといいんだけど。
たまたまタイミングが良ければ、出来立てが食べられると思います。持ち帰りで電子レンジで温めて食べるのもいいかもしれませんね。

なお、焼き物系はガイヤーン、コームーヤーンの他に、肝の焼いたの(先生はグンヤーンと言っていた)、ナマズ焼き(プラドゥックヤーン)もあります。
通じなかったら、焼いている所に行って指さす方がいいかも。

IMG_2598
↑オーソドックスなソムタムタイです。辛さはタマダー(普通)、プリック サーム(唐辛子3本)と注文して注文票に書いてたのに、通ってなく結局マイペッ(辛くない)になってしまいました。
マイペッだと甘さが際立って、ちょっとイマイチでした。特に辛いもの好きの夫は不完全燃焼。

ソムタム系は他に、ソムタムパラー(小魚の糠漬け入り、癖がある)、ソムタムプー(カニ入り、寄生虫が怖い)、ソムタムタイプー(カニ入りのソムタムタイ)、タムテーン(きゅうりのソムタム)、タムスワ―(カノムチン(素麺みたいなの)入りのソムタム)、タムマムアン(青マンゴのソムタム)、ヤムプー(カニの和え物)があります。

IMG_2596DSC04624
↑この店で1押しはこのトムサップムー(豚すね肉のスープ)。
中に入っている豚のすね肉がとにかく柔らかくて、スジの部分もホロホロ。キノコの香りもいい。
スープもすごく美味しいです。左はかなり辛くてスープは完食できなかった(注文は辛さ控えめ)。右は唐辛子なし(注文は辛さ普通)。この中間くらいの辛さが1番良さそうだけど、うまく注文できるか怪しいですね。
とにかく、このスープを食べたいので、また行くと思います。

汁物系は他に、スップノーマイ(竹の子のスープ)、ゲーンノーマイ(竹の子のカレー)があります。
これ以外の料理としては、ラープムー(豚のラープ)、タップワーン(レバー焼き、同じ焼き物でもヤーンとはちょっと違うみたい)、ナムトックムー(豚肉の血入りの和え物)、ラーププラドゥック(ナマズのラープ)があります。
おかずメニューはこれで全て。お好みでカオスワイ(ご飯)か、カオニャオ(もち米)を頼みます。

なお、夫と一緒に行った時は、ガイヤーン、トムサップムー、ソムタムの3品と、ご飯、カオニャオ、お水で150B(約400円)という安さでした。

■その他色々
DSC04615
↑食器等は一応持ってきてくれますが、ない場合には自分で取りに行った方が早いかも。厨房の横にあります。

DSC04627DSC04634
↑お店には犬が何匹かいます。そして、食べていると横に座っておねだりポーズ。
鶏の骨は犬にはよくないからなあとげませんでしたが。
日本だと何て可愛いんだろうと思うワンちゃんも、タイだと狂犬病が怖いから避けてしまいますよね。

DSC04583
↑お店の周りには、デザート屋台がいて、OLさん達は結構買ってました。

■立地
ナクルア通りからソイ16を入って、200mくらい進んだ右手です。ナクルア通りまではソンテウで行って、それから徒歩だと5分くらいかな。
ソイ16の入口は、大きな学校とお寺で途中の道には何にもないので、遠く感じるかもしれません。

DSC04650DSC04645
↑手前にはピンク色の看板の銀行があります。そして目印はこの大きな木。
入口部分が厨房で奥に客席があります。
営業は昼のみ。昼もやや遅めの時間だともうお終いという感じが漂っていたので、早めに行くのがいいと思います。
ランチにイサーン料理が食べたい時には、すごくお勧めのお店ですよ。

それでは、また

<パタヤの食事記事一覧>

October 03, 201120:11ラマヤナホテル プール&朝食 (2011年4月チャン島旅行 その4)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)チャン島 
サワッディ カー

2011年4月のチャン島旅行で滞在した、クロンプラオビーチにある、ラマヤナ コチャン リゾートホテル(Ramayana Koh Chang Resort)のプール、朝食などを紹介します。
(前回の、ラマヤナのお部屋の記事はこちら

■プール
海に接していないラマヤナでは、プールはかなり重要。
大きさはほどほどながらも、私としてはかなり満足できるレベルでした。

DSC00647DSC00646
DSC00645
↑プールも緑に囲まれていて、結構リゾート感あります。ビーチリゾートという感じではないですけど。

DSC00844
↑何よりも気に入ったのが、温水ジャグジー。部屋にバスタブはないけれど、この温水ジャグジーがあるから全然OK。
お湯の温度もちょうどよく、ここに浸かりながらビールを飲んだり、気分は露天風呂です。

DSC00649DSC00677
↑プールサイドバーでは色んなプロモーションもありました。11時〜16時までは、150B以上の食事を頼むとソフトドリンクがサービス。
試しにクラブサンドウィッチを頼んでみたけど、パンが妙にカチカチで(たぶん、電子レンジのかけすぎ)イマイチでした。味は悪くないだけに残念。

DSC00676
↑毎日のように利用していたのが、16時〜のカクテル1杯分の値段でもう1杯無料のハッピーアワー。
16時になると、スタッフが上手に勧めに来るので、ほとんどのお客さんが頼んでました。

DSC00869
↑モジート(モヒート)とダイキリ。これ2杯で180Bは安いと思う。
このヤマヤナのプールバーはチャンビアも50Bと、全体的にリーズナブルでした。

■朝食
今回は、朝食付きプランでした。周りにレストラン等も少ないので、ラマヤナに泊まる場合は朝食付きがいいと思う。
ビュッフェ形式で、内容も味もまずまずでしたよ。

DSC00701DSC00710[1]
↑屋外の席もありますが、日差しキツイのでみんな屋内を利用。

DSC00706DSC01044
DSC00705[1]
↑ビュッフェは標準的なものは一通りありました。味も結構いい。

DSC00708DSC01030
↑ある朝の朝食。夫(左)は毎朝、サラダをいっぱい食べてました。右は私。この日はタイカレーが美味しかった。

DSC01033DSC01034
↑1日だけパンケーキがありました。焼くのが追い付かなくて、ちょっと焼きが足りない。

IMG_1640[1]
↑パンとヨーグルト。私的にはヨーグルトがあるとポイントが高い。

DSC01040
↑天候はほぼ良かったのですが、朝食を食べていると、こんな感じのどしゃぶり。
コーヒーを頂きながら雨宿り。しばらく降ったら、止みました。

■その他
◆レンタルバイク
ラマヤナはクロンプラオビーチのはずれなので、車またはバイクがある方が行動範囲が広がります。
パタヤではパスポートなしでレンタルバイクができますが、それ以外のリゾート地ではパスポート預かりになることが多いので、できるだけホテルで借りています。

DSC00711
↑ラマヤナホテルのレンタルバイク。
サイズが2つあって、小さい方のヤマハのミオを借りました。1日300B(約800円)。パタヤ的には高いけど、このぐらいの値段なら、借りた方が何かと便利ですね。
もう少し大きいサイズのもあって、そっちは400Bだったかな。
チャン島は急な坂道も多いから、大きい方を借りた方がよかったかもしれない。なんとか坂道も昇れましたけど、少々不安でした。

◆アクティビティ
DSC00685←クリックすると拡大します。
曜日ごとに色んなアクティビティもありました。これ、無料だったような気がします。
タイミングが合わなくて何も参加しなかったけど、水曜のタイ語教室とかいいなあ。

◆SPA
ホテル内にはSPAもありました。
私達はSPAは利用してないのですが、チェックアウト後にシャワーを使える?と聞いたら、SPAのシャワーをどうぞと言われました。

DSC01051DSC01053
↑中はこんな感じでしたよ。

■総合評価
全体的には、とても気に入りました。リピしてもいいなと思ってます。
特に、宿泊した時期はハイシーズンではなく4000円くらいだったので、コスパがいいなあと感じました。
時期によって、値段はだいぶ違うので、こちらでチェックしてみてください。

このラマヤナのマイナス点は2点のみ。
1つ目は周囲にお店等が少ない。(バイクを借りれば解決。ソンテウの利用も可能)
2つ目は、ビーチに面してないことです。しかし、実は姉妹ホテルのDEWAホテルのビーチが利用でき、1時間ごとに無料のシャトルサービスがあるので、この点もある程度は満足できてしまいます。
このDEWAホテルはラマヤナよりもグレードが高く、なかなか素敵なホテルでした。
次回は、ビーチを中心に、このDEWAホテルを紹介したいと思います。

さて、このラマヤナですが、ホテルに滞在する時間が長めの方で、静かな環境が好きという方にはいいと思います。
プーケット等に比べると、ホテルの雰囲気の割にリーズナブルな点も魅力です。

それでは、また

<チャン島の記事一覧>
<ラマヤナホテルの予約・口コミサイト>