オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 10, 201011:53台南で夕食 (2009年台湾旅行 その14)
Comments(3)TrackBack(0) 台湾 

サワッディ カー

2009年秋の台湾旅行、最後の夜、台南2日目の夕食を紹介します。
といっても、相変わらずB級グルメです。

■餃子専門店「八方雲集」
安平からのバスを台南駅で降りてすぐ、店頭で焼いている餃子に惹かれてなんとなく
入ったのがここ。なんか、餃子とか食べたかったんだよね。
餃子専門店といえば本格的な感じがしますが、どっちかというと餃子ファーストフードに
近いような超カジュアルなお店です。

席に座ると、注文表があって、それを記入して渡すというシステム。
基本、セルフサービスに近い。
大まかなメニューとしては、焼餃子(鍋貼類)水餃子(水餃類)スープ(湯品)
あって、1個単位で頼める。
値段は1個4〜5元中心(約12〜15円)、スープは25元(約70円)と激安。

DSCN2155
↑アルコールがなかったので、近くのコンビニでビールを買ってきました。
餃子にはやっぱりでしょ。
スープは酸辣湯。結構、美味しかったです。

DSCN2157
↑餃子類は漢字をヒントに、色々と適当に注文。全部1つ4.5元。
どうやら、鍋貼ってのが焼餃子みたい。
黄色のは咖哩鍋貼(カレー味の餃子)。残りは、招牌鍋貼(たぶん普通の焼餃子)
と、韮菜鍋貼(たぶんニラ餃子)。後の2つが美味しかったので、追加注文。

DSCN2158
↑続いて水餃子。1つ4.5元。
招牌水餃(普通の水餃子)と韮菜水餃(ニラの水餃子)。
この水餃子はかなり美味しかったです。これも追加したかな。

お店の写真がありませんが、とにかくチープな感じの店です。
でも、さすが本場というべきか、焼きたてだからか、私達はかなり美味しく頂きました。
場所は、台南駅から成功路に入って30mくらい、左側にあります。
客層は、若い人とか1人客とかが多かった。持ち帰りもできます。
わざわざ行くような店でないけど、軽く手早く済ませたい時にはいいかも。

餃子を食べた後は、一旦ホテルに戻りしばらく別行動タイム。
それについては、次回詳しく紹介します。

■上海黒豚
別行動の後ホテルで合流して、小腹が空いてきたような気がしたのと、
夕食があれだけじゃ寂しいよねということで再び外出。
もう夜10時頃だったと思います。
良さそうな店があったら適当に入ろうと思ったものの、月曜日だからか人も少なく、
目ぼしい店もなかなかない。
5分少々歩いた所でようやく発見したのがこの「上海黒豚」です。
そんなに期待はしてなかったのに、出てくるもの全てが美味しく、値段も安い。
なんか寛ぐお店でかなり気に入りました。

DSCN2170DSCN2171
↑お店の外観。小さな店ですが、赤い看板が目印です。

DSCN2168
↑お店に入って驚いたのが、壁一面の名刺。
これ、8割くらいは日本人の名刺ですよ。大企業もいっぱい。
仕事で台南に来る人も多いのかしら? 実は隠れた名店?
と思って、日本に帰ってからネットで検索したけど、あんまりヒットしなかった。
ブログとかやっているような人はあんまり来てないのかもね。古い名刺も多いし。

DSCN2167DSCN2173
↑店内はそんなに広くなく、相当大衆的なお店です。
食器や調味料類も基本セルフサービス。こういうのも気楽でいい。

ここもやっぱり注文表にチェックして渡します。
でも、日本人客が多いからか、お店のおばさんは日本語がすごくうまい。
これだけうまいと、やはり楽ですね。

DSCN2180
↑メニューが色々あって、ちょっと頼みすぎ。

DSCN2178DSCN2177
蝦仁蒸餃(エビ蒸し餃子)60元と、小籠湯包60元。
両方ともかなり美味しかったです。こういう点心系が好きってのもあるかも。
小籠包は専門店に比べると皮が厚めだし、中のスープがたっぷりとはいかないけど、
味はいいし、なんかご家庭の小籠包という感じで、これはこれで良さがあると思う。

DSCN2176
榨菜肉絲乾麺(ザーサイ肉入り麺スープなし)45元。
ザーサイがいいアクセントでこれも美味しかった。夫はかなりのお気に入り。
スープ麺もあります。

DSCN2174
炒空心菜(空心菜いため)50元。野菜不足かなと思って注文。
あんまり覚えてないけど、普通に美味しかった。
でも、お腹がいっぱいで、半分くらい残したような記憶がある。

DSCN2181
↑サービスでもらったデザート的なもの。「年糕(ネンカオ)」というものだそうです。
食べてみると、すごく私好み
お餅をワンタンで包んで揚げたもので、ほんのり甘い。しかも、熱々。
お腹がいっぱいだったので、味見だけして残りは持ち帰り。
翌日、首相大飯店の電子レンジで温めて食べたけど、それでも美味しかった。
これ、お金出すから、また食べたいなあ。

さて、この上海黒豚の場所ですが、台南駅からだと歩いて10分弱です。
有名な観光地、赤崁楼のある民族路二段沿いにあります。
民族路二段と首相大飯店のある公園路の交差点を、赤崁楼に向かって50mくらい
歩くと左側にあります。
営業時間は11〜23時。14〜17時はお休みタイム。
翌日も行きたかったけど、観光等で忙しく結局行けませんでした。
台南に来ることがあったら、ここは又絶対に来るつもりです。

という感じで台南最後の夜も終わりです。
次回は、別行動で何をしていたかを紹介しますね。

それでは、また



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Carl's Bar   June 15, 2010 12:54
今回の旅行は、さよりんさんの情報をふんだんに使わせてもらいました♪
エアバス、ガモン、マリーン、ご主人に教えていただいたナクルアのシーフードレストラン、銀行口座も作っちゃいましたよ。
たくさんの情報、ありがとうございました(*^ω^*)ノ゛
夫の口座を、さよりんさんと同じセントラルのカシコンで作ったのですが、驚く程簡単でしたね。
待ち時間を入れても15分位でした。
翌日、私も作りたくなって、アベニューの方で作ったのですが、そちらは待ち時間はなく10分位で作れました。一つ、さよりんさんの時と違っていたのは、600バーツのカードしかないと言われたことです。
あとから教えてもらったところによると、そのカードは傷害保険付きで年会費は500バーツだそうです。

子猫のおしりは、前回も行ったのですが、今回は、おねえさんにもおごってあげて、一緒に飲んで来ましたよ。
私、そういうのは全然抵抗ないので。
だって、タイのおねえちゃんかわいいもの♪
社長さんやGOROさん(ご存じかな?お店のマネージャー)もいらしてとても楽しかったです♪
持ち込みのお酒も、200バーツでキープ出来るということだったので、飲むつもりで持って行って飲まなかった芋焼酎のおはらと一刻者を入れて来ました。
7月に行かれた時、よかったら飲んで下さいね。
水(うちはソーダ割りですが)と氷代だけで飲めるそうです。
では、長くなったのでこの辺で。。。
2. Posted by Carl's Bar   June 15, 2010 13:09
しつこいですがもう1点^_^;

シティンロフトパタヤは、予約してからさよりんさんのブログを見たんです。予約したのは出発の数日前だったんですけどね。
先に読んでおけばよかったです。
おっしゃる通り、路地に入ってからの道がさみしくて、女性一人には向きません。
さすがの私も、酔っぱらう前に早めに帰りましたもの。
お部屋は値段の割りに素敵でしたよ。
3. Posted by さよりん   June 15, 2010 23:27
Carl's Barさん こんばんは!

すごい行動してますねえ。というか歩いてますね。
私達も前回、Carlさんの情報、参考にしまくりでしたよ。
たぶん、次々回からまたパタヤ情報になります。後から行ったCarlさんの方が旅行記が進んでいるのが情けないですが・・・。

> 社長さんやGOROさん(ご存じかな?お店のマネージャー)もいらしてとても楽しかったです♪
GOROさんも、なっちゃんもわかりますよ。日本語上手ですよね。
ところでお名前、たぶん○○さんねって予想できました。で、そのコメント部分は隠しておきました。
知らない第三者に飲まれたらいけないですもんね。ウチもキープした焼酎がまだ残っていて、次回はそれを片付けるのがノルマです。
旅行記の続き、楽しみにしてます〜

コメントする

名前
URL
 
  絵文字