オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
September 24, 201008:39思いがけないディナー♪ (2010年GWパタヤ旅行 その18)
Comments(3)TrackBack(0)パタヤ(全記事) | パタヤ 食事
サワッディーカー

2010年GWパタヤ旅行、オーガストスイーツ宿泊の最後の夜、思いがけないディナーを体験しました。
この記事は、当初、書くかどうか迷ったんですよ。
今一つ、場所とか値段とかの情報を提供できないから、ブログの趣旨に反するし、
なんとなく心の中の思い出として留めておきたい気もして。
とりあえず、1つの旅の記録ってことで読んで頂ければと思います。

■ディナーをごちそう?
オーガストを宿泊している3日目くらいのこと。
レセプションの前を1人で通ると、ホテルのスタッフの方から呼び止められました。
ホテルの責任者的な感じの人で、親切でしっかりしてて、英語も上手。
仮にKさんという名前にしておきます。
「明日の夜、あなたとご主人にディナーをごちそうしたいのだけど、どうですか」と言われたっぽい。
常々書いているように、私英語は苦手です。あんまり自信ない。
それでも、現段階では、まだタイ語よりは英語の方ができると思うけど。
上記のように聞こえても、もしかしたら違うかも、違ってたら恥ずかしいなと、何度も聞き返しちゃいました。
でも、やっぱりそう聞こえるので、「夫と相談して、明日返事します」と答えておきました。

実は、こんなふうに言われるのには一応、思い当たることがあります。
前回の滞在中に、もしかしたらホテル側の不手際かもしれないというちょっとしたトラブルがあって、
Kさんは非常に申し訳なさそうだったから。
(タイ人としては、これだけでもすごいことです)
それで、お詫びを兼ねてってことなんじゃないかなと推察。
実際、ホテル側が悪いとも言い切れず、そこまでしてもらうのも恐縮だったけど、せっかくだから好意を受けることにしました。
オーガストで夜ご飯を食べている人は見かけたことないけど、朝食があれだけ美味しいなら、期待できそうじゃない?

さて、翌日の朝はKさんがおらず、私達はその後出かけたため、返事をするのが少々遅くなってしまいました。
帰ってきてから、他のスタッフの方に「Kさんは?」と聞くと既に帰ってしまったとのこと。
一応、事情を話しすると、しばらくしてKさんから折り返しの電話が来ました。
30分後くらいにロビーに来てくださいというお返事です。
すると、なんと帰ったはずのKさんが戻ってきたではないですか。
そして、てっきりオーガストで食べると思っていたら、「車に乗って」と言われます。
まさか、外に食べに行くの
「イタリアンとタイ料理、どっちがいいですか?」
タイ料理好きの私達夫婦。迷わずにタイ料理を選択。
「地元の人ばかりのローカルな店だけど、いいですか?」
むしろ、そういう店の方が好き

■行く途中、オーガストのあれこれ
この日はタイの連休の前日で、パタヤの街は大渋滞でした。
なるべく渋滞を避けているのか、色々道を曲がったりしてどこを走っているのかイマイチわからず。
とりあえず、南の方に向かっていることだけは確か。

道中、オーガストのこととか、個人的なこととか色々お話をしました。
会話は英語だったので、私は半分わかるかどうかってところ。
基本的に夫とKさんが話しをして、聞いて欲しいことやわからないことは通訳してもらってた。
ここでわかったのは、予想通りKさんはオーナーの一族だってこと。
そして、かなりのエリートです。
もともとの本業は別で、オーガストスイーツは初めてのホテル事業。
しかし、しっかりとした企業理念があるなと感じました。
オーガストで感じる居心地の良さ、従業員のフレンドリーさもその理念に基づいたものなんですね。

例えば、オーガストではチップはチップBOXに全て回収され、全従業員で分配するそうです。
レストランの料理人が美味しい料理を作っても、チップをもらうことはない。
でも、自分の仕事をきちんとしてお客様を満足させるという点では、何ら変わりがないという考え方。
日本の旅館なんかでは、お心付けを全員で分けるのは割りとよくあるみたいですが、タイではどうなんでしょう?
確かに、ここのベルボーイさんとかチップ欲しがる様子が皆無なんですよね。

従業員の教育はタイのオーナーホテルとしてはかなりしっかりしてると思います。
その分、お給料も他の同等クラスのホテルよりはいいみたい。
(これは、他の従業員の方からも聞いたことはあります)
でも、タイ人はすぐに仕事を辞めるし、のんびり楽観的だから、そういう教育の大切さや理念を
理解してもらうのは大変だろうなって思います。
その後、スタッフが3人もセンタラミラージュ(超大手)に引き抜かれてたのはこの教育の賜物とも言えるだろうし(皮肉だけど)、
フィリピン人のスタッフを雇ったのはなかなかいい戦略かもって思いました。
フィリピン人だと、もっと良い条件の職場を見つけるのはタイ人よりは難しいだろうし、それに英語も上手くて働き者だからね。

この他にも色んな話をして、オーガストの謎が次々と解けた道中でした。

■シーフードレストラン
そうこうしているうちに、お店に到着。
真っ暗な細い道を通った先にお店はありました。

DSCF0607DSCF0601
↑お店の名前は「ジェットゥン」だそうです。店主の名前らしい。

IMG_2212
↑かなりローカルな感じ。時間がやや遅めなのにすごく流行ってます。
お客はタイ人ばかり。
メニューもタイ語オンリー。でも、Kさんがお勧めをオーダーしてくれたので安心。
一応、写真メニューもあるんですが、それは見本って感じで値段が書いてない。

そして、ここで驚きの事実が
Kさんは、今日の夜、既に一度ここで夕食を食べていて、2度目の来店なんだって。
私達の件で連絡が来たのは、ここで食べている時だったみたい。
知らなかったとはいえ、申し訳ないことをしたわ・・・
Kさんは、「マイペンライ」って言ってましたけど。

IMG_2200
↑まずは生ガキホイ ナックロームです。
新鮮でタイで食べる生ガキとしては、かなりいい感じ。

IMG_2205
トムヤムプラー(魚のトムヤムスープ)
トムヤムは海老よりプラーの方がお勧めってことで。
かなり辛かったけど(辛いの好きって言ったので)、旨みがしっかり出ていて美味しかった。

IMG_2206IMG_2209
ガンのニンニク炒め? 揚げ?
ガンというのは、たぶんセミエビです。小ぶりのロブスターみたいな感じ。
自分では頼んだことなかったけど、味噌もあって、これもなかなかいけます。

IMG_2202
マッドクラブを炒めたもの
味付けはよくわかりませんでしたが、これが1番美味しかった。
カニ味噌やオレンジ色の子もたっぷり。結構、辛いです。
カニは色々あるけど、タイで食べるならこのマッドクラブが1番好き。

とにかく、このお店かなりレベル高い。流行っているのも納得。
何を食べても美味しいし、シーフードも新鮮。
今までパタヤで食べたシーフード店の中では、私的にはベスト
夫はご馳走してもらっていて気を使ったらしく、ちゃんと味わうことができなかったらしいけど、味がいいという感想は一致。

帰り道、場所を確認したら、テパーシット通りの近くでした。
テパーシットはパタヤの南の方で、アウトレットも併設されている大きなテスコロータスのある通りです。
ここは週に何度か、ナイトマーケットをやっていることでも有名ですね。
ジョムティエンよりは北になります。
いずれにしても車かバイクでないと行けない場所ですね。

ここまた来たいなあ。でも、来れるかな。
タイ人がこれだけたくさんいるってことは、極端に高いことはないと思うんだけど。
そう思ったのですが、なんと7月にはまたまた思いがけず来訪することになりました。
それについては、7月の旅行記までお待ち下さいね。

食事も美味しかったけど、Kさんは日本好きで日本語の勉強もしていたことがあったので、
お互いにテキストを見せ合ったりして、それも楽しかった。
日本語のレベルは、私のタイ語レベルと同じくらいかな。
でも、ひらがな、カタカナは覚えているので偉い
私はタイ文字まだまだだから。

それにしても、トラブルをただ謝るだけでなく、好印象に変えてしまうあたり、Kさんはなかなかの手腕です。
今まで以上に、またオーガストに泊まりたいって気持ちが強くなりました。

それでは、また

<オーガストスイーツの記事一覧>

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by クミ   September 24, 2010 11:13
こんにちはー!
なんと!!羨ましい出来事♪
なるほど〜、この記事でオーガストスイーツの事や
Kさんの事を知って、ますますリピしたい宿になりました!
私達が泊った時も旦那の誕生日に
突然花束をプレゼントしてくれたり、
ほんと良いホテルで感動でした。
そんなサプライズ初めての経験だったので。。。

そして、このレストランすごく気になります!
7月の旅行記楽しみに待ってます。
2. Posted by さよりん   September 25, 2010 20:10
クミさん、こんばんは〜

そうなんです。オーガストは施設だけなら他にも色々あるんだろうけど、なんかリピしたくなるんですよ。
パタヤに行く時は、他も泊まっても絶対にオーガストはつけたいというか。
このレストランはいつもみたいにわかりやすい地図とかはたぶんつけないと思うのですが、
次回、パタヤに行くことがあったらぜひ行ってみてください。
もし、ちょうど私達がパタヤにいれば、案内しますよ。
3. Posted by pataya aki   January 18, 2013 21:15
5 初めまして 

先日ジェットゥンで美味しく食事しました。
何時も楽し拝見してます、最近更新がなく残念です。

食事後の隣のバービア群も楽しかったですよ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字