オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
July 31, 201015:28アベニューでマルガリータ (2010年GWパタヤ旅行 その8)
Comments(1)TrackBack(0) パタヤ 食事 | パタヤ(全記事)
サワッディーカー

2010年GWパタヤ旅行、食事の後、時々は2人で飲みに行きました。
今回紹介するのは、そんな中の1つ。
パタヤで女性でも抵抗なく飲めるお店ということで、アベニューにあるアイリッシュパブ
「SHENANIGANS」
です。

DSCF0316

■パタヤで女性向きのお店を探そう
ご存知のように、パタヤにはものすごい数のバービアがあって、飲むところには困りません。
しかも、安い
ハッピーアワーだと、ビールが35〜50B(100〜140円)くらい。
昼から飲んでも、多少の飲酒運転も許される雰囲気だから、お酒好きには天国です。
しかし、バービアの入口はいかにも水商売風のお姉さん達がいて、普通の日本の女性にとっては
抵抗あります。
私も、まだ抵抗ある。お店にもよるんだけど。
もっとも、ほとんどのお店の女の子は、奢ってあげれば超ウェルカム
どっちかというと、こっち側の問題ですねぇ。
友達とかに話しても、面白がる人と露骨に厭な顔する人に分かれるから。

というわけでリゾート地としてのパタヤを広く推奨している私としては、
パタヤで女性でも比較的抵抗なく飲める店を探すのはテーマの1つです。
その点、この「SHENANIGANS」は全く問題なし。
アヴェニューという商業施設内にあって、いたって健全。
しかも、私の好きなマルガリータに力を入れているお店。
これは行くしかない

ところで、このお店を知ったのは、有名な在タイブロガーのサーヤさんの記事です。
パタヤのことをハレンチ王国と命名されてますが、確かにハレンチ王国だわ。
でも、どこか陽気なハレンチだから、私的にはマイペンライ。

■マルガリータ&メキシカンのSHENANIGANS
場所はアヴェニューの2階、比較的2ロード寄りのところ。

DSCF0327DSCF0325
↑この写真からはわかりにくいけど、中はかなり広いです。
奥の部屋では貸切パーティをやってました。
客層は、やはりファラン中心。
クーラーがきいてて涼しいし、フリーWIFIなので、昼間のんびりするのもいいかもしれない。

飲み物だけでなく、メキシコ料理を中心にお食事も色々あります。
タイ的にはやや高めだけど、一応アリかなという価格帯。
この日は既に食事をした後なので、注文しませんでした。
アイリッシュパブなのに、メキシカン&マルガリータというのも変ではありますねぇ。
メニューやお店の基本情報などは、お店のホームページを見てくださいね。

IMG_2055
↑このページ、全部マルガリータです。(写真をクリックすると拡大します)
しかし、マルガリータと言えばテキーラベースのはずなのに、ウォッカとかラムベースのもあって、
それってマルガリータなんでしょうかね??

IMG_2053
↑夫は、La Casaっていう1番オーソドックスなマルガリータ。
グラスで185B(約500円)。
タイにしては、ちょっと高いですが、量はたっぷり、味も美味しかった。

IMG_2054
↑私は、フローズンマルガリータマンゴ。195B(約550円)。
フローズンのカクテルって、大好きなんですよ。フローズン・ダイキリとかね。
これも、すご〜く美味しかった。
マンゴっていうのは、よく分からなかったけど。

両方ともピッチャーもあります。大人数ならピッチャーの方がお得かも。
ちゃんと、スノースタイルのグラスが人数分出てきます。

さて、マルガリータにすっかりご満悦の夫が、別のをお替りをすると言い出した。
しかし、メニューをチェックすると、テキーラベースのって案外少ないんですね。
それで、Firecrackerという、いかにも危険な名前のマルガリータを注文した。
結果は・・・、罰ゲームみたいなお味でした。
唐辛子(チリパウダー)が入っていて、舌がピリピリする。
辛いの好きな夫も、これは美味しくなかったみたい。
2人で頑張って飲んだけど、半分くらい残しました。
これはお勧めしません。(まあ、普通頼みませんよね)

DSCF0319
↑入り口の宣伝。曜日によってお得なサービスもあるみたい。
(写真をクリックすると拡大します)

■アベニュー(The Avenue)
このお店のあるアベニュー(The Avenue)は、2ロード沿い陸側にあるショッピングセンターです。
ロイヤルガーデンよりは北で、センタン(セントラル・フェスティバル)よりは南。
LKルネッサンスアレカロッジのあるソイダイアナインよりも少し南です。
ビルディング形式ではなく、オープンな造りで、東京の亀戸サンストリートと似たような感じ。
外国製品も多く扱っているヴィラスーパー(明治屋スーパーみたいな感じ)もあります。

以前はパタヤのオシャレスポットだったらしいんだけど、センタンが出来てからは押され気味。
それで、夕方以降ナイトマーケットをやるようになりました。

DSCF0312DSCF0322
↑なかなかの賑わいです。

IMG_2047
↑商品の一部。色んな商品が売ってます。
私達は何も買わなかったけど。

ちなみに私達は買い物好きなので、パタヤに来る度に何かしら買ってます。
夫は、サングラスとか、財布とか、財布と服をつなげるチェーンとか色々。
同じようなものを何個も買う。以前紹介したサンダルはひと段落した。
私は、センタンで洋服を買うことが多いかな。
センタンの平場とか、催事コーナーが中心なので、そう高くはない。
この時センタンで買ったワンピースは2500円くらいで、かなりのお気に入り。
一応、センタン(百貨店)に入っているショップのバーゲン品だから、縫製とかもちゃんとしてる。

さて、このアベニュー、初めてのパタヤで来る必要はないけれど、何回か来ていたら、
夕方以降に行ってみてもいいかもね。
それから、マルガリータのお店も、カップルや女の子同士で飲みたいならいいお店だと思いますよ。
(女の子同士だと、たぶんナンパされるけど、それはしょうがない。適当にかわしてね)

次回も、パタヤで飲む所シリーズです。

それでは、また

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 夏山   August 05, 2010 21:11
●アイリッシュパブ「シュナ二ガン」は、昔は、マリオット・ロイヤルガーデンの敷地内(セカンドロード沿い)にありましたが、ザ・アベニュー・パタヤのオープン時に、現在の場所に移転しました。ジョムテインビーチにも支店があります。ジョムテインビーチの入り口、ジョムテイン・コンプレックスというツインの高層コンドミニアムの1Fにあります。

同じアイリッシュパブの「マリガン」という店が、セントラルデパートのビーチサイドで開店準備に入っている、という情報があります。

●ザ・アベニュー・パタヤは、バンコクのラチャダーピセーク通りにあるエスプラネード(メジャーシネマという映画館を中心にした複合コンプレックス)が経営しています。
残念ながら、セントラルデパートに押されて、廃墟になりそうな雰囲気です。テナントが次々に撤退しています。映画館も平日は半値 60Bで見れます。
1Fの空き地では、毎晩ガラクタ市が開かれ賑わってるように見えますが、昼間のアベニューは幽霊屋敷のように寂れています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字