オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
October 04, 201011:12台湾旅行、まずは高雄へ (2010年8月台湾旅行 その1)
Comments(2)TrackBack(0) 台湾 
サワッディ カー

パタヤ旅行と並行して、2010年8月の台湾旅行記もスタートさせます。
混乱しないように書けるかどうか? ちょっとした実験かも。
なお、それぞれの旅行記だけを読みたい方は、左サイドバーのタグクラウドにある
「2010年7月パタヤ旅行」「2010年8月台湾旅行」をクリックして下さいね。

■旅行の計画
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、この台湾旅行、10日間のパタヤ旅行から帰ってきて、
わずか5日後に出発してます。
我ながら、すごい贅沢ね。
3月初めに恒例の夏休みを予約して、3月末にこの台湾旅行を予約しました。
というのも、お盆の時期は、夫のお客様が全面的に夏休みに入るので、お休みしても業務に支障はないから。
仕事に影響がなければ、続けてお休みすること自体は、何も問題がないそうで。

そこで、早速、色々物色し始めました。
タイも、もちろん検討したのですが、タイから帰って5日後にタイはさすがにどうかと思い、除外。
後から思うとタイでも良かったかなあ。
それからベトナムも検討、でも確か手頃なAIRが見つからず。
で、結局、台湾になりました。しかも8泊9日という長さ。

予約したのはスカイゲート組み立てパックという旅行パックで、航空券+台北1泊分の宿泊つき。
1泊分の宿泊を、旅行中のどの期間で取ってもいい点が便利。
ホテルは、最終日に台北のホテルを取りました。
これで、税金とか全て込み込みで、1人53230円
お盆の時期だから、こんなものかしらね。
ちゃんとマイルも加算されましたし。キャセイはワンワールド系なので、JALのマイレージに加算しました。

■久々のキャセイ航空
DSCF2828
さて、今回のAIRは16時頃出発のキャセイ航空
午後から自宅を出ればいいので、超ラクチン。
もちろん、成田空港までは新型のスカイライナー利用です。
キャセイ航空を利用したのは、独身時代に母と行ったシンガポール&香港旅行以来のような。
少なくとも、香港返還以降、利用した記憶がありません。
以前は、サービスも良くて、食事も美味しくてかなり好印象でしたが、今回利用しての感想は普通。
まさに可もなく不可もなくという感じで、印象も薄い。

DSCF2832
↑機内の様子。2人席が沢山あるのは良かったです。
お盆なのに、席がチラホラと空いてました。

IMG_3733
↑一応、映画はあるけどゲームはなし。リモコンも固定。
映画も英語や中国語ばっかりで、日本語のは「ダーリンは外国人」しかなかった。
これ、パタヤ旅行の帰りに見たんだよね。途中で寝てしまったけど。

機内食の写真はもういいんじゃないかと夫に言われてますが、まあ一種の記録ってことで。
IMG_3729
↑中華スタイル。魚のあんかけみたいの。たぶん夫がこっちを食べた。

DSCF2831
↑日本スタイル。豚肉の煮物みたいなもの。食べやすい味ってメモに書いてある。
しかし、おかずがこれだけで、サラダとか前菜はないのね。
パンがおかずみたいに器に入っている。
そして、このパンですが、機内食を配っている時に気流の状態が悪くなって、いったん配膳を中断。
その間に温めすぎて、それが冷めて硬くなって焦げくさくて、さんざんな状態でした。
昔乗ったときは、パンが温かくて美味しかった記憶なんだけどね。

IMG_3732
↑デザートのチョコビスケットみたいなお菓子。なんかチープな味で私的にはイマイチだった。
メモによると、ワインはまあまあだったみたい。

■桃園空港から台湾新幹線、桃園駅まで
3時間半くらいで桃園空港第1ターミナルに到着。
やっぱり台湾は近くていいですね。

DSCF2833
↑台湾はタイに比べるといたる所に両替所があるって感じでもないので、空港で多めに両替しておきます。
レートもそう悪くない気がします。

DSCF2834
↑この時のレートは、1万円=3611元
ほぼタイバーツと一緒なので、すごく感覚がつかみやすい。
元の値段に2.7か2.8をかけると日本円です。

さて、今日は一気に高雄まで行ってしまうので、台湾新幹線の桃園駅に向かいます。
DSCF2839
↑バス乗り場の案内に従って進むと。

DSCF2841
↑バスの切符を売っている窓口が並んでます。

DSCF2846DSCF2842
↑利用するのはこのUbusという会社の桃園高鉄站行きのバス。

DSCF2860
↑切符。1人30元(80円)くらい。18時35分の時間指定です。
この1本前のもギリギリ乗れたのですが、どうも定員分の切符しか売らないみたい。
およそ10分おきにバスは来るので問題ありません。

IMG_3738DSCF2855
↑乗り場は705で、この緑色のバスです。

DSCF2862
↑バスの中。荷物置き場もたくさんあります。

DSCF2864
↑どの航空会社がどっちのターミナルかの案内あり。
バスは15分くらいで桃園駅に到着しました。

■台湾新幹線で高雄まで
台湾新幹線も、これで3回目の乗車です。
(前回の記事はこちら)
もうすっかり慣れたと思ったのですが、今日初めて発見したこともあり。
新幹線の指定席は5分前になると販売中止になります。
それ以降に乗りたい場合は自由席のみ。
今回、桃園駅に18時50分くらいに到着して、18時57分の新幹線に乗ろうとしたら、
もう自由席しか購入できませんでした。
でも、この日は自由席の方が安いから(時期によっては安くないこともある)、かえってラッキーかも。
今回の旅行は、小さな幸運とか、結果オーライがいっぱいありましたが、これがその第1号かな。

IMG_3741
↑桃園〜左営(高雄)までの自由席は1人1290元(約3600円)。
結構、リーズナブルって思いません?

DSCF2866IMG_3740
↑切符は自動販売機でも変えますが、窓口の方が簡単です。
漢字の筆談も通じますから。

DSCF2869DSCF2870
↑新幹線に乗り込みます。
桃園駅には、各駅停車(こだまみたいなもの)しか停まりません。

DSCF2871
↑車内は、日本の新幹線そっくり。
この日は意外に混んでいて、最初2人並んでは座れませんでした。
今まででは1番混んでるかな。

■高鉄左営駅から高雄市内へ
DSCF2873
↑20時36分、約1時間40分で終点の左営駅(高雄)に到着です。

ここから、ホテルのある台鉄高雄駅までは、MRTを利用します。
DSCF2875DSCF2878
↑乗り換えは、案内に従って行けば簡単。まず、2番出口から出ます。
ちなみに、左営駅には新光三越がありますよ。

DSCF2881
↑MRTの左営駅はこのエスカレーターを降ります。

DSCF2884DSCF2885
↑切符を買う仕組みは、台北と同じ。
路線は2つしかありません。
左営から高雄駅(高雄車站)までは、5つ目、25元です。

DSCF2890DSCF2889
↑こんなコインみたいのがチケットで、改札口にタッチすると開きます。
降りるときは、このコインを投入します。

DSCF2892
↑MRTの車内。

結局、ホテルに到着したのは、21時半くらいです。日本時間だと22時半。
日本からは高雄までの直行便も飛んでいるけど、便数も少なく値段も高いので、
新幹線で行くのも悪くないなと思います。
初日に、新幹線を利用して地方都市まで一気に行ってしまうのは、割と効率いいんじゃないかな。

それでは、また

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by chao_chompuu   October 09, 2010 17:11
さよりんさん こんにちわ

いつも面白く見させていただいています。
以下、さよりんさんの知恵袋に加えてください。

台湾新幹線
ご存知と思いますが、日本の新幹線を導入したものです。700系新幹線を台湾向けに改造した700T系というものです。線路幅が少し違う。ですから、車内が日本の新幹線と同じなのも当然。
出荷のときの写真です。
http://homepage2.nifty.com/kobeport/chousatai/taiwan/taiwan.html

高雄地下鉄のコインみたいなチケット
ソニーの製品にFelicaというものがあって、それの1つがコイン型非接触ICトークン、高雄地下鉄やバンコクMRTのチケットとして使われています。
Felicaカードにしたものが、日本のSuicaやPasmo、バンコクのMRTやBTSのカード。
2. Posted by さよりん   October 11, 2010 18:45
chao_chompuuさん こんにちは。

そういえば、コイン式、バンコクのともそっくりですね。
MRTはBTSに比べてあんまり乗らないので、すっかり忘れてました。
ソニーや新幹線、日本の技術が海外で使われているとなんだかうれしいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字