オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
May 03, 201107:35パタヤの市場(タラート)でお土産
Comments(5)TrackBack(0)パタヤ(全記事) | タイで買い物
サワッディ カー

GWもそろそろ半分ですね。
そこで、今回はタイ土産を買うのにピッタリなパタヤの市場(タラート)を紹介します。
何れも、開催する日が限定されてます。旅行スケジュールに照らし合わせて是非行ってみてくださいね。

■ソイブアカオの火金市場
まずは、1番のお勧めソイブアカオの火金市場です。
正式な名称はわかりませんが、火曜と金曜にやっているので火金市場と呼んでます。

ここの品揃えはなかなかです。
正直、個人的には、物販に関しては、バンコクのウィークエンドマーケットに行ったのとほぼ同じ位の満足度あり。
適当に品揃えしたお土産ショップというよりは、品揃えに特徴のある専門店が集積しましたという感じ。

IMG_1580
↑一押しのベルト屋さん。この品揃えはすごい(これでほんの一部)
しかも、50B(約140円)から買えます。
1軒でなく、ベルト屋さんだけでも数店舗あります。
ちょうど訪タイする前に日本でベルトを探してたんだけど、これ以上の品揃えのあるところはないです。
男性用(大体100Bからが多い)も女性用もありますが、これはお勧めです。
IMG_1581
この他にも、下着とか、洋服、雑貨にいたるまで様々な商品が並んでます。とにかく安い。

DSC00274
↑こんな面白商品も。これ、たぶん女性用です。どういうこと?

多くの店が並んでいて、ちょっとした迷路感覚。後で買おうと思っていたら、どこの店だかわからなくなることも。
タラートの両端には、カフェもたくさんあります。

場所はソイブアカオの南端の両側です。人がたくさんいるのでわかると思います。
ソイブアカオはソンテウも走っているので、バイクでなくても行きやすい場所です。
(一応、地図はテパシット市場のところに掲載しています)
バイクを停めると、10Bだったか駐車料金を取られます。

■ナクルアの月木市場
続いては、ナクルアの市場です。
ここは、月曜と木曜に開催される市場です。

DSC01170DSC01171
↑場所はナクルア14/1と14/2の間、海側です。
右の写真に見える、ベージュの建物はCRYSTAL PALACEというホテルですが、これを目印にするといいと思います。

ここはかなり規模が小さくて衣料品、雑貨中心。
時間が合えば、火金市場に行くのが断然お勧めですが、どうしても時間が合わない時、たまたま通りかかったという時に覗くにはいいと思います。

そして、ナクルアと言えば、ナクルアの魚市場
以前、初めて行った時の記事はこちらの最後の方です。
場所は、月木市場よりも更に北、海側です。
海側にはちょうど目印になるソイがないのですが、陸側でいうとソイ7よりもちょっと南になります。
この辺りでナクルア通りが少しだけ狭くなっています。
こちらのSOIDBの記事も参考にしてみてください。
とにかく沢山のシーフード。
大体、クルンキロ(500g)単位から買えるそうです。
私はまだ買ったことはないのですが、お土産にスルメなんかもいいみたいですよ。(こちらは、もう少し少量でも買えると思います)

■テパシットのウィークエンド市場
続いては、テパシットのウィークエンド市場です。
金・土・日の夜のみ開催。これまで紹介した市場は全て昼だけなので、根本的に違います。
買い物に行くぞ、というよりは、1つの観光スポット、むしろ現地タイ人の行楽の1つっていった方がいいかもしれません。
台湾の夜市とそっくりだな、と私は思いました。

◆行き方
場所ですが、初めてのパタヤだとちょっと行きづらいかもしれません。
有名な場所なので、ソンテウをチャーターして(たぶん100〜200Bくらい?)「テパシット・タラート」と言えば連れて行ってくれると思います。
バイクで行く場合について、ちょっと詳しく説明します。

テパシットというのは、サウスパタヤ通りよりもさらに南、ジョムティエンよりは北にある、大きな通りです。
テパシットとスクンビットの交差点(陸側、南側)には、大きなテスコロータスとアウトレットモールがあります。

テパシット、バカ男 市場地図2 コメントつき←クリックすると拡大します。
↑1番簡単な方法は、スクンビットを南下して、テスコロータスの看板があるところで右折する方法です。
ただ、交通量の多い夜のスクンビットを右折するのが嫌なので、この道で行くことはありません。(帰りはスクンビットから行くのもアリだと思います)

そこで、私達はいつも3ロードから、ソイ17(陸側)に左折してテパシットに出ます。(地図の下の方の緑色)
ソイ17は、サウスパタヤ通りよりも南、角に屋台村があります。
途中、リバティマンションのところで少しだけ右に道が曲がっていますが、ほぼ道なりに行くと、テパシット通りに出ます。
(私が言うのも変ですが、テパシットに出る直前辺りにはお姉さんがいっぱいいて、怪しげな雰囲気。ちょっとだけ有名なところみたい)
テパシットに出たら、左折してしばらく行くと、右手側(南側)はもうたくさんのお店が並んでいるのが見えると思います。
ちょっと、ごちゃごちゃ書いてますが、地図と照らし合わせてみてくださいね。

そして、バイクは路上駐車もありですが、市場の後ろにある建物の裏に行くと、無料で止めるところがあります。係の人が誘導してくれて無料でした。

◆物販コーナー
IMG_1896
↑テパシットに面している所は、主に物販コーナーです。
隅から隅まで歩くとかなりの距離。

それなりに充実してますが、正直、専門性はそんなに高くない気がします。値段もちょっと割高。
例えば、カオサンで定価200BのTシャツと同じものが250Bだったし、サングラスも高かった。
純粋な品揃えでは、火金市場が断然いい。でも、ブラブラ見て歩くには楽しいのかな。

IMG_1899
↑茶色の子猫は、その後ファランに買われて行きました。
動きまくるから、いいショットが撮れないけど、目茶目茶可愛かった。

◆飲食コーナー
正直、物販だけを見たときは、もう来なくてもいいかなと思ったのですが、飲食ゾーンに来たら俄然楽しくなってきた。
台湾の夜市で買い食いするのと同じような感覚。
場所は、タラート全体の陸側の奥の方です。

DSC01230DSC01231
↑おかず屋台も3軒くらいあって、すごい充実ぶり。特に、汁物が多い。

DSC01233DSC01252
↑焼き魚も目立ってました。カニも数匹(ひとかご)で150B(420B)という安さ。

以下は実際に食べたものを紹介。
DSC01235DSC01236
↑ニラを包んで揚げたもの。3個で20B。少々脂っこいけど、揚げたてでなかなか美味しかった。

DSC01239DSC01244
↑たこ焼き。6個で40か50B。ついつい買ってしまったけど、ぬるくてイマイチだった。3個は捨てました。
たこ焼きは口の中が火傷しそうなくらい熱くないとダメでしょう。

DSC01246DSC01247
↑和風弁当屋さん。隣りには寿司屋さんも。お弁当(かなり小さい)は1個40B。

DSC01251
↑その場で食べると50B。塩サバはなかなかいい感じ。焼き立てだしね。
ご飯もタイ米ではないし、テーブルにはお醤油。近くにあれば利用したいかも。
この他に、チキン照り焼き、シャケとかありました。

DSC01255DSC01260
↑タコの足、25B。辛いシーフードソースにつけて。買うと、炙ってくれるのがいいですね。

DSC01265
↑海老、100B。予め茹でたか蒸してあるのを、もう一度温めて出してくれます。
小ぶりだけど、意外にちゃんとしてて、結構美味しかった。

缶ビールを買って、順番に食べました。
そして、最後に私的には最大のヒット、タイ菓子です。

DSC01264DSC01263
↑色んな種類のタイ菓子を売ってます。
今一つわからないので、「アンニーアライ?(これ何?)」って言うと試食させてくれました。
2個買って、20B。安い〜。
タイ菓子といえば、ドンムアン空港の試食もできるお店が大好きで、行きも帰りも購入していたのですが、ここは今までの中で1番それに近い。
今後、ここに来る時は必ず買うと思います。

◆中古市場?
さあ、帰ろうかと思ったところ、タラートの陸側になんかお店がある。

DSC01270
↑こんな感じで、今までとは明らかに違う雰囲気。
見てみると、どうも中古品が中心で、誰が買うのかと思うようなものも売っている。
フリーマーケットのような感じです。

しかし、ここ、夫はかなり気に入りました。
というのも、プラクルアンの品揃えがおそらくパタヤ一番。

DSC01268
↑プラクルアンというのは、小さな仏像をケースに入れたお守りを、アクセサリーにするもの。タイの男性がよくつけています。
バンコクでは、タマサート大学の側にすごいたくさん売ってます。(そのうち記事にする予定です)
中にはすごい金額のものもあるみたいで、鑑定とか投機とかもあるそうな。
タマサートの近くには負けますが、ここも、すごく沢山のお店がありました。
1番安いのは20Bくらいから、聞いた中で最高価格は2000Bです。
交渉次第ですが、標準的には100〜300Bくらい。
火金市場や、サウスパタヤ市場の近くなどにも売ってますが、本気でプラクルアンを探している方にはお勧めかも。

個人的な意見では、このテパシットのウィークエンドマーケットは初めてのパタヤ旅行で行く必要はないかなと思います。
何度か来たり、たまたま通ったり、時間があったり。
そんな時にはそれなりに楽しいと思います。
私達も、(主に飲食目当てで)たまに行ってもいいかなと思ってます。


■その他お土産を買うには
私的にタイのお土産癸韻蓮以前にも紹介したNARAYA
パタヤだと、センタン(セントラルフェスティバル)のB1Fにあります。
JALカードで買うと割引あり。

しかし、タイと言えば、ジムトンプソンも有名。
パタヤのロイヤルガーデン(ロイヤン)には、このジムトンプソンのアウトレットがあります。
2階の2ロード寄りだったと思う。
アウトレットといえども決して安くはないですが、お土産としては喜ばれるはずです。

また、ジムトンプソンの近くには、アイヤラなんちゃらみたいな象のモチーフのグッズを集めたショップもあって、なかなか可愛かったです。

以上、旅行中だとタイミングが合わなくて行けないことも多いですが、時間が合えば是非行ってみてください。

それでは、また

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by え〜じ   May 03, 2011 16:55
こんにちは、え〜じinパタヤです。
さよりんさん、ハマりすぎの話題です(笑)
曜日もそうですが、丁度、ベルトを買おうと思っていました。はい、勿論、行きました。
もしかしたらお奨めの所で買ったかも(数店舗ありましたが、50Bの値札を見たのはここだけかも)
その他、お土産も。

話は変わりますが、フードランド向かいのカオマンガイ屋さんは12:30で閉まってました(泣)
定休日?
2. Posted by krkk   May 03, 2011 19:27
はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。

ナクルア(魚)市場ってご存知ですか?
興味のあるので、もしご存知でしたら
ご紹介していただけるとありがたいです。
3. Posted by さよりん   May 03, 2011 22:16
え〜じさん、こんばんは。

タイムリーに活用していただけて、私も嬉しいです。品揃え、すごいでしょう?

> 話は変わりますが、フードランド向かいのカオマンガイ屋さんは12:30で閉まってました(泣)
> 定休日?

以前、結構苦労してここの営業時間を聞き出しました。
(私の「開く」というタイ語の発音が悪くて、最初に聞いた女の子達は笑うばかりで、おばさんには通じたんですが)
それによると、営業時間は7時〜17時まで。売り切れるともっと早いことも。
休みは月2回の月曜日ということでした。
行かれたのが昨日なら月曜の定休日ですね。今日だとしたら、昨日がタイの祝日だったから、振替のお休みなのかな。

それから、今度、本文にも書くつもりですが、全部の交差点かわかりませんが、左折禁止が解除になってるみたいです。ハイシーズンだけのルールだったのかも。
4. Posted by さよりん   May 03, 2011 22:24
krkkさん はじめまして。拍手コメントありがとうございます。

> ナクルア(魚)市場ってご存知ですか?
ナクルア市場には2、3回行きました。以前、ちょっとだけ紹介したことがあります。
コメント欄よりも、本文の方がリンクしやすいので、本文に書きますね。
これから書くのでもうしばらくお待ちください。
5. Posted by え〜じ   May 04, 2011 01:46
こんばんは、え〜じです。
火金市場は品揃えがすごいと云うよりごちゃごちゃしすぎ?
でも、私も嫌いじゃありません(笑)

そこでベルトとお土産を買って、ブアカオを北上、フードランド向かいへ行きました。
なので、振替休日だったのかもしれませんね。
明日(こちらはまだ火曜)、リトライしてみます(懲りない)。

左折禁止の件は別にコメントさせていただきます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字