オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
May 11, 201108:02浅田真央チャリティBOOKの紹介&謝謝台湾計画の報告
Comments(4)TrackBack(0)東北地方太平洋沖地震 | フィギュアスケート
サワッディ カー

東北地方太平洋沖地震に関して、お知らせを2つしたいと思います。

■浅田真央チャリティBOOK
浅田真央選手がチャリティ本を出すことになりました。
収益金は全額、日本赤十字社を通じて義援金になります。
募金額を最大限にするために、書店販売ではなく、受注生産販売の形を取るようで、実際に手元に届くのは6月下旬になります。

何度も書いているように、私はフィギュアスケートファン、そして浅田真央選手のファンなので、チャリティ本でなくても魅力があります。
特に、今回のこの本には、現地観戦をした台北の四大陸選手権のことも書かれているので興味津々。
それが、チャリティ本として義援金にもなるというのは、一石二鳥という感じがしてしまいます。
申込受付日は、5月31日(火)17時まで。価格は1000円です。

興味のある方は、是非、下記のリンク先をご覧ください。


■謝謝台湾計画のその後
以前、当ブログで紹介した台湾の新聞にお礼の広告を載せようという「謝謝台湾計画」
少し遅くなりましたが、結果を簡単にご報告しておきたいと思います。

最終的に6000件以上、約1950万円の参加があり、5月3日、台湾の聯合報自由時報の2紙に無事掲載されました。
広告費が約240万円、残りの約1700万円が日本赤十字社を通じて義援金として振り込まれました。
詳しくは発起人であるkissakaさんによるブログ「謝謝台湾計画」をご覧ください。

koukoku

この他、台湾、日本で報道もされたようです。
面白いのが、台湾のネットユーザーの声。こちらで、翻訳してくれています。
基本、喜んでくれているみたいで、私も嬉しくなってしまいます。

なお、台湾からの義援金総額はさらに増え、5月5日現在約167億円です。本当にありがたいことです。

ところで、話はフィギュアスケートに戻りますが、世界選手権が終わって色々聞かれたりもするので、私の考えを書いておきたいと思います。
興味のある方はご覧くださいね。


あまり、楽しい話ではないですが、2つだけ書いておきたいと思います。

■フジテレビの放映姿勢
以前にも書きましたが、今回の世界選手権は本来3月に東京で行われるはずだったのが、震災の関係で急遽モスクワ開催になったものです。
そのため、随所に日本への気遣いがされていました。
しかし、信じられないことにフジテレビはこれらのほとんどを放映しませんでした。
スポーツ放映はライブが1番ですが、日本の民放は常に録画です。
今回も録画だったのだから、放映することは十分可能だったはずです。
これらのメッセージは何処よりも日本に向けられたものなのに、それを放映しないというフジテレビの姿勢には疑問を感じますし、ロシアに対しても失礼だと思います。


↑こちらはニュースでの開会式の様子です。
開会式ではプーチンが日本へのメッセージを、そして氷上に日の丸を映し犠牲者への黙祷が捧げられました。

エキシビションでは、開催までの期間が短かったにもかかわらず、和太鼓等日本を意識した演奏や、ロシアからのメッセージ、日の丸や日本列島を映したりされました。

↑フィナーレの様子。ちょっと長いですが最初に日本の3選手が登場します。こういうことは通常ありません。
そして、最後に日本へのメッセージがあります。

■浅田真央選手への採点
今回、浅田真央選手は残念ながら6位という結果でした。
「真央ちゃんは大丈夫なの?」と聞かれたりもします。
確かに絶好調ではなかったですが、実力という点では十分大丈夫だと私は考えています。

今回、浅田選手が表彰台を逃した最大の原因は、ジャッジによる回転不足、ダウングレード判定です。
ショートプログラムで2つ、フリーで2つ回転不足が取られました。
これを除くと、今回の大きなミスは1つだけです。
この回転不足認定は非常に微妙なもので、もし浅田選手が贔屓されている選手ならば一切取られなかったかもしれません。
仮に、これらが全て認定されていれば、基礎点だけでも約15点加算され、銅メダルの点数になります。
さらにもし贔屓されていれば、加点も増え演技構成点も増えるでしょうから、優勝していてもおかしくありません。
優勝が正しかったという意味ではなく、今回の演技そのものはそう悪いものではなかったということです。
6種類の3回転ジャンプをただ1人入れてきている点など、将来に向け意欲的な内容になっています。

ちなみに、この回転不足判定をしたのは、今回もまた天野真という日本人です。
彼は現役時代トリプルアクセルを跳べませんでしたが、何故か浅田選手の3Aに厳しく、ほとんど認定をしません。
(詳しくは以前の記事をどうぞ)
その異常さは最近では海外でも話題になっているようです。

一方、キムヨナ選手は全部で大きなミスを3つしています。
何故か、ルールで必ずマイナス2か3をしなければならないと決まっている大きな失敗にプラス1をつけたり、すっぽ抜けにプラス1をつけているジャッジもいます。
そもそもの難易度を比べると浅田真央の方がキムヨナよりも10点ほど難しいことをやろうとしていました。
しかし、結果は約22点キムヨナが高くなっています。
今回、小さなミスが1つだけだった安藤美姫選手が辛うじて1位になりましたが、それでも僅差の2位。
他の選手がキムヨナと同じ演技をしていたら表彰台に上がれなかったのは間違いないと思います。

何故、こんな採点がされているのかはわかりません。
オリンピック誘致のため、1つの国にメダリストは1人など言われたりもしますが、真相はわかりません。

ただ、私が言えるのは、浅田真央という選手がもうダメってことは全然ないということです。
たぶん、これからもジャッジの標的になり、ファンとしては理不尽な思いになるとは思いますが、きっとまだまだ心に残る素晴らしい演技をしてくれるはずです。

そして、最後にもう一つ。
今回の大会で最もインパクトがあったのは、織田信成選手のザヤック違反。(簡単にいうと跳び過ぎ。その中でも今回のは超初歩的間違い)
このような違反をするのは今回が9回目だそうで、特に大事な大会でやってしまい、世界選手権のフリーでは毎回、なんらかの違反をしています。
本人があんまりそのことを意識していないのが不思議すぎます。
ザヤックというのは昔の選手の名前なので、オダという名称になってもおかしくないくらい。
これがなければ、もう2回くらいメダルを取っているかもしれないのにね。

それでは、また

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たいき   May 11, 2011 23:38
はー、また 天野ジャッジでしたか。どうりで。

フィギュアネタのときしか、コメントしてませんが
GWは8ヶ月ぶりにパタヤにいってきました。
やっぱり安心して、最近は実家に帰ったような気分になります。

で、女子の結果を見ないで居たので、新聞も見ずにフジの放送を見て
なんだこの順位は・・・と思っていたのでした。

そうそう、初めて チェバーンに行ってみました。
コームヤンのたれがホントにおいしかったです。

オーガストのオーナー?に教えてもらったというレストランにも行ってみたいのですが、いまひとついける自信がありません。今度の9月にチャレンジしてみます。
2. Posted by さよりん   May 13, 2011 00:43
たいきさん こんばんは。

> フィギュアネタのときしか、コメントしてませんが
フィギュアネタとパタヤネタ両方ともという読者の方は少ない気がするので、ありがたいです。
シーズンオフだから、フィギュアは当分書かないと思いますが。

チェバーンの最近のお気に入りはガイヤーンです。
注文を取ってから焼くので少し時間はかかりますが、屋台のガイヤーンよりも好きです。
半身で100Bと安いのですが、それでも量が多くて2人で食べるのがやっとです。
機会があったら、試してみてくださいね。
3. Posted by 外道士官学校一号性徒   May 13, 2011 08:48
さよりんさん

おはようございます、一号性徒です。

台湾の新聞の件台湾人のコメントを見て涙がこぼれました65年前まで日本人だった人々に今の日本政府のやり方は冷たすぎます!


>チェバーンの最近のお気に入りはガイヤーンです
私も食べましたよ、肉厚ジューシーでアローイマクマークでした!地図プリントして持って行ったのに55バーで無くして、LKルネッサンスからプーイン2人を歩かせたので非難轟々でした(笑)

ソイブッカオのカシコーンで口座作りました(超簡単に)、エイプリルスイーツ見て来ました良かったです特にプールが、写真UPしますので覘きに来て下さい(今週末UP予定です)


4. Posted by さよりん   May 13, 2011 23:24
一号性徒さん こんばんは

LKルネッサンスからチェバーンまで歩きは、タイプーイン的にはあり得ないでしょう。
歩いてくれただけ偉いと思います。

エイプリル、私もオープン後の記事を書かなくちゃと思いながら、まだ書けていません。
屋上プールは気持ち良さそうですよね。>
リンク貼っていただいているのこれまで気付いてませんでしたが、パタヤ記事楽しみにしています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字