オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
May 26, 201121:45淡水でサイクリング (2010年8月台湾旅行 その9)
Comments(2)TrackBack(0)台湾 

サワッディ カー

久しぶりに2010年8月台湾旅行記の続きです。(実は2月に書いて保存してあったもの)
北投温泉の帰りに立ち寄った台北近郊の淡水を紹介します。
淡水は、台湾市民のデートスポット・行楽地で淡水河口にある港町。
平日にもかかわらず、多くの台湾人が遊びに来ていました。
(日本人は見かけなかったです。もっとも見た目ではあんまりわからない)

私達は午後に行きましたが、淡水は夕暮れの美しさで有名。
また、河畔の夜景もなかなからしい。
もしまた行くとしたら、晴れた日の夕方に行ってみたいですね。

今回紹介するのは以下の内容です。
◆淡水でレンタル自転車
◆淡水河畔
◆スペイン人が建設した紅毛城
◆淡水グルメ「阿給(アーゲイ)」

IMG_4132

それでは、続きはこちらからどうぞ。↓↓



■淡水でレンタル自転車
淡水は、MRT淡水線の終点で、台北から約35分、運賃も150円くらいで行けます。
こんなにお手軽なのに、なんとなく今まで行く機会がなくて。
今回、北投温泉まで来ているので、ついでに寄ってみることにしました。

ところで淡水に到着するまで気がかりだったのは、荷物をどうするか?ってこと。
スーツケース2個を持って、観光するのは絶対に無理。
宿泊した北投温泉のホテルに預けることはもちろん可能だけど、後で荷物を取りに行くのは時間のロス。
ネットで検索しても今一つ状況がわからない。
そこで、とにかく淡水に行ってみることにしました。

淡水に到着後、真っ先にインフォメーションセンターへ。
するとこっちが用件を言い出す前に、なんか日本語の文章を渡されます。
何が書いてあったかは覚えてないけど、代表的な質問の答えが書いてあった。
しかし、私が聞きたいのは「コインロッカーor荷物預かり所がないか?」ってことだったので、改めて質問。
残念ながら、淡水駅には荷物を預かるところはないとの答えでした。

そこで、次の策。
まだ記事を書いていませんが、高雄の観光地で自転車を借りたんですね。
淡水にもレンタル自転車屋があるらしいので、そこで預かってもらおうという作戦です。
駅を出て左に曲がるとすぐに、三つまたの道路があります。
その辺りに、何軒かのレンタル自転車屋がありました。

DSCF3979
↑私達が借りたのは、中山路沿いではなく左脇のもう1本の道沿いにあったこちらの店。
スーツケース2個を快く預かってくれました。

DSCF3980
↑値段はあんまり覚えてないのですが、写真の看板によると2時間150元(約450円)。
もう少し長い時間借りたような気がします。何れにせよ、まあまあリーズナブル。

DSCF3982
↑こちらが、借りた自転車です。
好きなのを選べます。私はママチャリしか乗れないので手前の赤いのです。

荷物預け目的で借りた自転車でしたが、結果的に大正解
次に紹介する紅毛城は歩くと15分。
淡水は歩いても廻れますが、自転車の方が効率的な気がしました。

■淡水河畔
とりあえず、有名な紅毛城を目指すとして道は2つあります。
一つは、淡水河畔の道経由、もう一つは観光客目当ての商店街である中山路経由。
気持ちがいいのは圧倒的に、河畔沿いの道です。

DSCF3986DSCF3999
↑こんな感じ。私達は行きませんでしたが、淡水対岸の八里に船で渡ることもできるようです。

DSCF4003
↑淡水富士といわれる観音山。

IMG_4116
↑おしゃれなカフェ。南の島っぽい。(この写真だと伝わらない?)

DSCF4005
↑河畔の道の突き当りには小さ目の埠頭。
ここまで来たら、内側の道へ。紅毛城はあと少しです。

■紅毛城
淡水は17世紀頃から清時代の交易港として栄えたそうで、歴史的建造物が色々残ってます。
ちょっとレトロな建物が港町の雰囲気に合っているんですね。

この紅毛城は1629年にスペイン人が建造したサントドミンゴ要塞で、その後オランダ人所有になり、さらに19世紀後半からは英国領事館になって、現在は台湾所有という変遷を辿っています。
以前紹介した台南の観光地よりは、少しだけ新しい時代に建てられていますが、雰囲気は似ています。(台南の記事一覧)

DSCF4012DSCF4011
↑2010年8月現在、入場料が無料でした。
新北市昇進のお祝いだそうです。ラッキー
いつまで無料なのかはわかりません。もう終わっているかも。
ガイドブックによると、入場料は60元(約120円)ですから、見る価値ありです。

IMG_4120IMG_4137
↑こんな感じの建物が色々点在。階段を昇ったり、全部見ると結構歩きます。

IMG_4130
↑景色がいい。風が気持ちいい。

IMG_4133
↑日本語の案内文もあるのでわかりやすい。でも、これ、ちょっと可笑しい。

■淡水グルメ「阿給(アーゲイ)」
紅毛城を見た後は、中山路や河畔の道などで買い物をしたり買い食いをしたり。
九分ほどではないけど、ここもいわゆる観光地って感じのお店がたくさんあります。

淡水で食べてみたかったものが、淡水名物「阿給(アーゲイ)」

IMG_4142IMG_4148
↑アーゲイ屋さんがないかなと探していたら、中山路に固まってありました。
2軒並んでいるうちの、入ったのは右の店。

IMG_4145IMG_4146
↑違った種類で2つ頼んでみました。
アーゲイというのは日本の厚揚げからきているそうで、アーゲイは「揚げ」ってことみたい。
中に春雨が入ってます。春雨好きなので、それなりに美味しいものです。
また絶対食べたいってほどではないけど、淡水に行くことがあったら又食べてもいい。

IMG_4153
↑その後は、ソフトクリーム。この日もすごく暑かったので。

IMG_4157IMG_4159
↑私は日本ではまず食べられない、タロイモのアイス。夫はマンゴ
細長いソフトクリームは食べやすくて好き。
お値段も10元(約30円)とお手頃。でも十分美味しかった。

IMG_4163IMG_4164
↑港町ってことで、海鮮類も色々あります。このイカはちょっと興味あった。

買い物もしました。淡水で買ったのは、タイで売ってるような感じのワンピースとベルト(夫&私)。
ベルトは50元(約140円)と激安なんですが、ほぼ同じタイプのものをその後パタヤの火金市場で見かけました。輸入元はタイ?

IMG_4149
↑タイの定番お土産ショップ。NARAYA発見
台湾には進出してるんですね。日本にはないよね?

という感じで、淡水は交通の便もよく、景色もよく、それなりに楽しめます。
対岸の八里まで行くならば、遅くとも午後一番には行く方がいいです。
軽く観光というのなら、紅毛城の入場が16時半までらしいので、それに間に合うように行って、その後夕暮れや夜景や夜市を楽しむのがベストかも。
その場合は、台北を15時頃に出れば一応間に合うかな。
外歩きが中心なので、雨の日はやめておいた方がいいです。
この後、雲の感じが怪しくなってきたので、夕暮れを待つことなく早めに台北市内に行きました。
しばらくは行かなくてもいいけど、そのうちまた行ってもいいかなと思ってます。

台湾旅行ネタもまだまだ残っているので、これからもマイペースに時々アップする予定です。

それでは、また 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たいき   May 26, 2011 23:05
ブログ開設 2周年 おめでとうございます。
パタヤとフィギュアだけでなく、実はワタシは台湾も好きです。台北しか知りませんが・・・。

去年の年越しは101の花火を見てました!!

さよりんさんとは、かなり趣味があいますので、これからも毎日新ネタがあるか、チェック(たまに返信も)させていただきます。
これからも楽しみにします。
さよりんさんが、どちらかで暮らし、ブログをやめるまで。
2. Posted by さよりん   May 28, 2011 00:07
たいきさん こんばんは。

> ブログ開設 2周年 おめでとうございます。
ありがとうございます。よく気付かれましたね。すごい。

台湾も好きなんですか。確かにかなり趣味が合いますね。
台湾の年越しもいつか体験してみたいなと思いました。
毎日更新はたまにしかできませんが、できるだけ長くブログを続けられるといいなと思っています。
これからもよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字