オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 02, 201120:56タイの運転免許をとる(1) 事前準備編
Comments(9)TrackBack(0)ロングステイ関連(準備・情報) | パタヤ(全記事)
サワッディ カー

リクエストもあったので、3回連続で、タイの運転免許取得についての記事を書きます。
今回、車と中型二輪の免許を持つ夫が、タイの車とバイクの免許を取得(切り替え)してきました。(私はブログネタのため同伴しただけ)
全て効率よくというわけにはいきませんでしたが、終わってみると案外簡単だったなという印象です。
パタヤに数回行っていて、いつもバイクを借りている人ならば、自分でやってもそう難しくないんじゃないかなと思います。
(タイ語の数字がわかればなお良し)

最初にお断りすると、タイの運転免許を取得するといっても
A.日本の運転免許をタイの免許に切り替える
B.タイで試験を受けて免許を取得する

という2つの方法がありますが、今回紹介するのはAです。
ただ、共通点も多いので、ある程度はBの参考にもなるかと思います。(両者の違いは、免許センターでの手続き、試験のみだと思います)

また、紹介するのは、パタヤ(チョンブリ県)での免許取得方法です。
例えばバンコクなどでは違った運用がされているかもしれません。

そして、これから3回の記事の構成は以下の通りです。
(1)事前準備編:必要書類のそろえ方など
(2)免許センターへの行き方編
(3)当日の手続き編

非常に長いですが、興味のある方は是非ご覧下さいね。

■タイの運転免許を取るメリット
そもそも何でタイの免許を取るのかということですが、年に数回旅行でタイに行くぐらいだったら特に必要はないかなと思います。
私達はロングステイをするので、何かとあると便利だと思い切り替えしました。

タイの免許を取得するメリットを思いつくままに挙げると
日本の国際免許証を毎年取る必要がなくなる
国際免許の取得は1回2650円。今回、バイクと車両方でかかったトータル経費は約3600円。バイクだけなら約半額。これだけで2年目から、既に経費節約です。
また、ロングステイをしているとタイミング良く免許更新に行けないので、その点でも便利です。
なお、タイの免許は最初は仮免許で1年間、その後は5年更新になります。旅行者の方は、翌年も行くと思う時期に取るのがいいと思います。
・免許証にはパスポート番号が書いてあるので、身分証明書代わりになります。たぶん、島でバイクを借りる際にも車の免許証を預ければ代用になると思います。
・日本の中型二輪免許がない場合、タイで直接取る方が安いし簡単。このメリットは大きいです。
噂では、これをさらに日本の免許にも切り替えられるとか。(多少の試験はあるようですが)実際に試した方、どうだったか是非教えてください。
私もタイでバイク免許を取りたいのですが、正直、運転実技試験に自信がありません。筆記試験(変な日本語)もあります。
・国立公園などに入る時に、タイ人価格で入れるらしい? どこでも大丈夫かはわかりません。でも、実際に試してOKだった例は知ってます。

■必要書類の一覧
ここで、最初に事前に用意するべき必要書類の確認をしておきます。
(ア)パスポート、国際免許証(原本とコピー)
(イ)居住証明書:一番面倒かも
(ウ)健康診断書


なお、車とバイク両方取得する場合、書類は全て2通ずつ必要になりますので、ご注意を。
タイでは、日本と違い、それぞれの免許につき1枚ずつの免許証になるからです。でも、手続きは一緒にできますよ。

では、次にそれぞれの書類につき、細かく確認をしていきます。

■(ア)パスポート、国際免許証
この2つだけは日本出国前に取得してきてください。(パスポートは当然ですね)
そして、最終的にそのコピーが必要になりますが、自分でコピーするよりも当日、免許センターの近くのコピー屋さんにしてもらう方が確実です。
また全コピーの空白部分に、サインが必要です。これも、当日、係員の指示で書く方が安心かもしれません。
ですから、免許センターに行く時点では、パスポート、国際免許証の原本があればいいということになります。

■(イ)居住証明書
ネット上で検索すると日本大使館の発行の居住証明書が必要という記事が出てきます。
これが手に入るならば、1番だと思いますが、普通の旅行者にはムリです。
しかし、パタヤではその他の居住証明書でも免許を取得することは可能です。
実際にどのような手順を取ったか詳しく紹介します。

この居住証明書を取るのに必要な書類が
(a)宿泊施設発行の居住証明書(念のためホテルのビジネスカードも)
(b)写真(イミグレの横の店でとるといいです)
(c)パスポートとそのコピー(これも、写真と同じお店に頼むとやってくれます)
(d)申請書(当日、イミグレでもらって書きます)

つまり、この中でイミグレに行く前に必要なのは(a)宿泊施設発行の居住証明書パスポートのみで、残りは当日用意すればいいということです。
以下はその手順になります。
宿泊している所に居住証明を出してもらう
マンスリー料金があって、ロングステイヤーが沢山居住しているホテルやサービスアパートメントなら、問題なく出してもらえると思います。
しかし、ごく普通のホテルの場合、「はあ?」ってこともありえます。
友人の代わりに夫がバブーナに問い合わせた所、今までそういう証明書を出したことはないという回答でした。
だから、どうしても免許を取りたいというときは、例え短期滞在でもマンスリー料金があるような所に宿泊した方が無難かもしれません。
或いは、タイ在住の知人がいれば、なんとかなるんじゃないかと思います。
ホテルに頼む時は、色んな言い方があるとは思いますが、
“I need resident certification letters, for car&motorcycle driving license.” みたいな感じで通じると思います。(これもバイクと車両方なら2通必要)
作成にかかる日数はホテルの人のやる気次第です。急ぐ場合は、その旨伝えましょう。特に催促しなかったら、3日くらいかかりました。

また、居住証明書に住所が入っていない時(実際、私達はそうでした)、ホテルのビジネスカードも持参するといいです。

ジョムティエンのイミグレーションへ申請に行く
ホテル発行の居住証明書とパスポートを持って、ジョムティエンにあるチョンブリ・イミグレーションに行きます。
ここは、ロングステイをし始めると頻繁に行く場所で、いつも外国人で混んでいます。

IMG_3942IMG_3944
↑場所は、ジョムティエンのソイ5です。(地図はこちらを参考にしてください)

IMG_3946IMG_3947

IMG_3949IMG_3951
↑チョンブリのイミグレーション。
オープン時間は月曜から金曜までの8:30〜16:30
しかし、日本と同じように考えてはいけません。中途半端な時間に行くと明日にしろと言われます。(ビザの延長の時に言われた)
できれば、朝のオープン前か昼一番に行く方がいいと思います。

BlogPaint
↑中に入ると左側に受付があります。
ここで、「resident certificate」と伝えれば記入する書類をくれます。記入台にも書類があるので、自分でわかればそれに記入してもいいです。

IMG_2101
↑必要な書類のリスト。
このうち写真、コピーを隣のお店で取るのが無難です。4はホテルで出してもらった書類のことです。

IMG_4596
↑イミグレのすぐ隣にある写真・コピー屋さん。
ちなみに写真は2枚で100B、4枚150B、6枚200Bです。コピーは1枚5Bだったかな。
パスポートは、個人データの入ったページと、タイの入国日とEDカードの部分をコピーしているようでした。不備があるとやり直しですし、安いですからお任せした方がいいです。(2通必要なことは必ず言うこと)
写真サイズは4×6センチなので、手持ちのがあればそれでも充分です。
この写真は貼らずにそのまま渡しました。(写真は1通につき1枚必要でした)

必要な書類を揃えて再び受付に行くと、番号札をもらえます。
700番台でした。40分くらいは待ちました。内容によってカウンターが分かれてます。
IMG_4589
↑電光掲示板もあるし、案内も英語だから分かりやすいです。
自分の番が来ると、小部屋(8番窓口)に入り審査があります。
この時に、ホテル発行の居住証明書に住所がないので、ビジネスカードを持ってくるように言われました。
審査時間は数分、証明書の発行は翌日です。
1通あたり200B、計400Bを支払いました。

イミグレに証明書を受け取りにいく
翌日、再びイミグレに書類を取りに行きます。
この時は番号札をもらう必要はなく、700番台の小部屋手前のところに行って、前日に渡された書類を渡します。すると、すぐに貰えました。

■(ウ)健康診断書
健康診断書をもらうには多少の検査をするのかなと思いきや、全く診察なしで貰えました。やはりというか、さすがタイ。

IMG_2110
↑今回利用したのは、イミグレの帰り道、テパシット通り沿いにあったこちらのクリニック。(テパシットのソイ3とソイ5の間くらいだったかな?)
頼む時は、"medical certificate for car (motorcycle) license"と言えばわかると思います。
モーターサイ ライセンス を強調すれば通じやすいです。
ここは、1枚あたり150Bでした。どこでも、大体、100〜150Bくらいみたい。(ただし、大病院だと高いと思います)
すごく空いていたこともあり、待ち時間は数分程度。
もちろんここでなくても、街中に小さなクリニックが沢山あります。でも、パタヤ市内は病人でかなり混んでいる所が多いので、ここで満足。
なお、このクリニックではHIV検査も350Bくらいでやっています。入口に看板がある所がパタヤらしいですね。

BlogPaint
↑最終的に、当日免許センターにもって行った書類です
右が(イ)居住証明書、左が(ウ)健康診断書、そして国際免許証
この他にパスポートです。
当日、免許センターに到着後、コピーをとる必要がありますが、それは次々回に紹介します。
ここにたどり着くまでに最短でも2日、タイ速度では3〜4日くらいかかります。(土日はお役所系はお休みです)

なお、免許の取り方については、オールパタヤさんのサイトを参考にしました。少し前の情報なので、今と違っている面もありますが、ありがとうございました。
私達は特に何も相談しませんでしたが、免許取得のお手伝い(有料、値段は知りません)もしているようです。
この先の記事も読んで、自分で取得するのはやはり不安だという方は、助けてもらうのもいいかもしれません。
その際は、行く前にメールで相談しておいた方がいいと思います。

次回は、運転免許センター(陸運局)への行き方編です。

それでは、また

<運転免許の記事一覧>

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 夏山   June 02, 2011 23:14
>なお、タイの免許は最初は仮免許で1年間、その後は5年更新になります。

タイの運転免許証は、かつては、ノンイミグラントビザがないと取得できませんでしたが、現在は、観光ビザ、ノービザでも取得できるようです。

長期滞在者でアパートを借りている方は、賃貸契約書にアパートのオーナーまたは管理人のサインを貰って、イミグレーションに行けば、正式な居住証明書が発行されます。

タイの免許の期間ですが、ノンイミグラントビザの場合は、最初が1年(テンポラリーと免許証に表示されています)、更新後は5年になります。
ただし、観光ビザまたはノービザの方は、更新しても5年にはなりません。毎年更新が必要です。

 ttp://takechan.asia/2010/07/post-381.html#more
2. Posted by 夏山   June 02, 2011 23:29
日本の国際免許からタイの免許に代える場合、適性検査だけなので非常に楽です。学科試験、実技試験は免除です。
しかし、学科試験も実技試験も簡単なので、実際に試験を受けてタイの免許を取るのもいいでしょうね。

下記ブログは、実際にパタヤで試験を受けて免許取得した記録です。

http://www.caplogue.com/archives/3840252.html
3. Posted by 外道士官学校一号性徒   June 08, 2011 21:49
さよりんさん

こんばんわ、一号性徒です。

遅まきながら、ブログ開設2周年おめでとうございます!

さよりんさんのブログ情報はそのまま実践しても問題の
無い位、精度が高いのと初心者にも判りやすい解説と写
真をふんだん使用した掲示の理解しやすさに特徴があり
ますね。

又、自分で体験された情報と未確認情報や二次・三次資料の出典を明確に区別して表記されているのも好感を持ってます(筆者の知性と教養を感じさせてくれますね)

今回も、チャレンジ精神を燃やしてくれる話題ありがとうございます。

一号性徒も国際免許を取得したものの毎年1日休暇取って2650円か?と思ってましたらグッドタイミングでタイ王国の免許の話題を掲載戴きましてありがとうございます。

銀行口座も開設できましたしパタヤに嵌りきっております(笑)
4. Posted by さよりん   June 09, 2011 02:07
夏山さん こんばんは。

観光ビザでは5年にならないんですか。。残念。
でも、タイなので、1年後には何故か取れてしまうことを期待してみます。
紹介していただいた、免許試験体験記、参考になりますね。
私は思いっきりペーパードライバーなので、実技試験は心配です。
そのうちバイクの練習をしてから、取りに行こうかなと思ってます。
5. Posted by さよりん   June 09, 2011 02:18
一号性徒さん こんばんは。

過分にお褒め頂いてありがとうございます。

> 又、自分で体験された情報と未確認情報や二次・三次資料の出典を明確に区別して表記されているのも好感を持ってます

この点は、すごく気をつけている点なので、気付いていただけると嬉しいです。

> 一号性徒も国際免許を取得したものの毎年1日休暇取って2650円か?と思ってましたらグッドタイミングでタイ王国の免許の話題を掲載戴きましてありがとうございます。

この点は、観光ビザやビザなしだと永遠に1年更新の可能性があるみたいなので、旅行者にとっては微妙かもしれませんね。
異文化体験という意味ではそれなりに楽しいかもしれませんが、1年後の結果を見てから取りに行っても遅くはないかもしれません。
6. Posted by Cub   August 31, 2011 20:06
オーナーさんお初です、、がいつも楽しく拝見させて貰っています。

いま、BKK在住ですがいずれPTYにと思っています。
それでお訊ねしたいのですが現在のアパートメントから居住証明を貰ってパタヤの免許センターで国際運転免許からの切り替えは可能でしょうか?

ご存知でしたら情報よろしくおねがいしまーす。。
7. Posted by さよりん   August 31, 2011 21:08
Cubさん はじめまして。

タイの場合、日本のようにキチンとした規則があるわけではないので、私が経験した範囲からの類推しかできません。
ですから、質問についての正解は持っていないのですが・・・

> 現在のアパートメントから居住証明を貰ってパタヤの免許センターで国際運転免許からの切り替えは可能でしょうか?
まず、現在の居住証明書を持って、チョンブリのイミグレーションに行く必要があると思います。そこで、居住証明書を出してくれれば、免許センターも受付てくれると思います。
実際に出るかどうかは、ちょっとわかりません。

日本大使館の発行の居住証明書を持って、免許センターに行った場合に受け付けてくれるかも、実際に行ってみないとわからないと思います。

なんだか、ほとんど役に立たない回答ですみません。
ただ、パタヤは単なる観光ビザやビザなしでも免許の書き換えができるので、バンコクよりは全体的に緩そうな気はします。
8. Posted by naoki   April 10, 2012 11:56
さよりんさん、こんにちは
運転免許の検索でHPに飛んできました。
免許取得もそうでしたけど、タイ語学習の記事が詳細に書いてあったので、イメージできて、とても参考になりました。
タイ語を習うにはバンコクじゃなければだめだと思っていたので、パタヤで済めば私の中の問題も一つクリア出来ました。
今日本にいてこれからパタヤでステイを考えている者にとっては有益な情報満載なHPです。
9. Posted by さよりん   April 13, 2012 01:11
naokiさん こんばんは。

ありがとうございます。
そうなんですよね。私も最初ネットで情報収集している時はタイ語はパタヤで習うのは難しいのかなと思ってました。
これから、少しずつロングステイ関係の情報も充実していきたいと思ってますので、気長にお待ちくださいね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字