オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
August 08, 201100:12ヒルトンパタヤで、アフタヌーンティー
Comments(2)TrackBack(0) パタヤ 食事 | パタヤ(全記事)

サワッディ カー

ヒルトンパタヤ(Hilton Hotel Pattaya)のdriftのアフタヌーンティーを紹介します。

※2103年8月現在、内容、価格とも変わっていますのでご注意ください。ワイン等はつきませんが、個人的には今のスタイルの方が好きです。

以前かなり探したけど、これまでパタヤでアフタヌーンティがあるところを見つけることができませんでした。
だから、ヒルトンのサイトで見つけた時は大喜び。しかも400B(約1100円)というお手頃価格。
そこで、5月の滞在時に早速、行ってきました。
結果は、結構気に入ってリピしようと思っているけど、日本のアフタヌーンティとは違って微妙な点もあり。
(比較の上で、今年の3月に行ったシャングリラ東京のアフタヌーンティ情報も後で紹介しますね)
それでも、目の前に広がる海は日本にはない贅沢さ
ゆったりとした午後を過ごしたい時には、お勧めですよ。

SBSC0035

■あれれ? の連続
アフタヌーンティは毎日14時〜18時まで、ヒルトンパタヤの16階にある「drift(ドリフト)」でいただけます。

この日は、14時ほぼジャストにdriftに到着。
しかし、最初からちょっと微妙な感じ。
「アフタヌーンティに来た」というと、何故か2、3人のスタッフに囲まれ、立ったままいきなりメニューを見せられます。
うーん説明より前に先に座らせて欲しいんだけど。
以下はその後のやりとり。(ブルーがスタッフね)
ちなみにずっと入ってすぐの所に立ったままです。スタッフもなんか意味もなく焦っている様子。

「アフタヌーンティはすごく小さいけどいいか?」
「OK」
「シャンパンかワイン(?違ったかも)どっちにする?」
「シャンパンで」
しばらく待たされ、続いて、色々な種類のティーバックのを見せられます。
「お茶を選んで下さい」
「私はこれ」「私はこっち」
「すみません。お茶は1種類だけです。お茶を2種類ならシャンパンはなしです」
(随分せこいなと思いつつ)「じゃあシャンパンは1つ。お茶は2人で分けれますか?」
「大丈夫です」
ここまで来てようやく、席に向かうことができました。
できれば、まず席に座らして欲しいよね。落ち着かないし。
それにシャンパンかお茶のどっちかって、変だよね、と待っていると…

何故かアフタヌーンティのセットが1つだけ運ばれてきました。

いや〜なんか変だなと思ってたんだけど、どうやら2人で1つのアフタヌーンティだと思ったみたい。
そういえば、数の確認はしてないかも。 いきなりメニューの説明が始まったらあんまり覚えてない。
っていうか、そもそも1つのアフタヌーンティをシェアするなんて発想が全くなかった。(しかもヒルトンで)
この時点で追加しようかとも思ったけど、面倒だからそのままで。
全部味見したいから、2人で半分ずつにして食べました。
そして、一抹の不安はあったけど、勘定もやっぱり1人分の400Bのみ。
お試しという点ではこれはこれで、結果オーライです。
しかし、まずは席に案内するとか、前回紹介したビュッフェでの予約日間違いといい、ヒルトンの従業員教育もまだまだ改善の余地ありかも。
一応、フォローすると、愛想はとってもいいんですけどね。

ところで、周りを見ていると、その後も3人で2人分のアフタヌーンティを注文しているファランもいたり。
日本と違い、その辺りは適当みたいですね。
メニューを全然見てないのでわからないけど、アフタヌーンティ以外のものも色々あります。

■アフタヌーンティの内容
ところで、この日はカメラを持っていくのを忘れてしまったのです。
一緒に行った友達のカメラも充電切れ。
仕方ないので携帯で写真を撮ったのだけど、普段使ってないものだから何か保存されてないような気がして、しかも逆光で画面が良く見えなかったこともあり、数枚でやめちゃいました。
ということで、写真は少なめです。

SBSC0043-3
↑写真が切れてますが、一応、内容です。

上段がサンドウィッチやベーグル等や春巻きみたいなの。パン系はかなり美味しかったです。
やっぱりヒルトンはパンがいけるのかも。

スコーンとケーキ類、チョコレートムース。
このチョコレートムースが失敗しちゃって、後の方に食べたら暑さでドロドロになってしまった。味は良かったのにもったいない。
次は真っ先に食べよう。

全体的に日本のアフタヌーンティより、かなり量は少なめ。
味も美味しいけど、感動するほどではないです。
純粋にデザートをいっぱい食べたいならば、同じヒルトンのビュッフェの方が満足できると思う。
ただ、値段を考えると、このアフタヌーンティもいいんじゃないかなと思います。

SBSC0039
↑シャンパン。そう美味しくもなかった。まあ、普通?

SBSC0041
↑紅茶は2人でシェア。1人2杯弱はあったかな。
この紅茶ポットがイマイチ使い方がよくわからず、注ぐのに少し苦労しました。
店員さんもさっさと行ってしまったので、聞くに聞けず。
日本の一流ホテルではとにかくにサービス満点だから、あれ?って思うこともしばしば。
まあ、正直日本はサービス過多で、それが当然と思っているお客もどうかと思うので、このくらいでいいんですけどね。
この時が初パタヤヒルトンだったので、ちょっと拍子抜けしちゃいました。

■雰囲気

DSC02106
↑driftは16階のレセプションの奥にあります。

SBSC0036
↑とにかく眺望は素晴らしい これだけでも来た価値ありです。
外の席は、本当にゆったりしていて、席と席の間もかなり離れてます。
行けばわかりますが、裸足になって寛げる特等席もあります。

ただ、難点は段々と西日が差してきて暑いこと。
ビュッフェ同様、インドアの涼しい席の方がいいのかもしれません。
午前中はさわやかだと思います。(アフタヌーンティはやってないけど)

それから、日曜から水曜までの18:30〜20時まで、「Buy1Get1free(1杯頼んだら、もう1杯はおまけ)のサービスがあります。
対象はラムベースのカクテル&ロングドリンク。
6時半ちょうどに行けば、サンセットも楽しめそう。
こちらも興味深々なので、近いうちに絶対に行きたいです。

カフェの横にはヒルトンのプールもあります。
すごく広いわけではないけど、割と私は好きな雰囲気でした。

という感じで、色々反省もあるアフタヌーンティではありましたが、そもそもパタヤでアフタヌーンティができることが幸せ
ビュッフェにはビュッフェの良さがあるけれど、何度も席を立ったり、食べすぎたりで、ゆっくりと贅沢気分になるにはアフタヌーンティが勝ります。
だから、そのうち、また行きたいなと思ってます。
その時は、最初にアフタヌーンティとは告げず、まず先に席に座ってメニューをじっくり見ようっと。

さて、比較という意味で、今年の3月行ったシャングリラ東京のアフタヌーンティも紹介します。
興味のある方は、どうかご覧くださいね。



■予約&概要
ホテルアフタヌーンティは、平均すると1年に1回くらい行きますが、今回は初めて一休から予約してみました。
まずは、一休アフタヌーンティー特集で、色々、物色。
結局、シャングリラ・ロビーラウンジにしましたが、大満足でした。
直接、ホテルに予約するよりも、シャンパンが付いてくるので断然お得です。
お値段は3600円(税・サ込で)。
パタヤのアフタヌーンティの3倍はしますが、それだけに味も内容もサービスも格段に素晴らしかったです。

シャングリ・ラのアフタヌーンティに行ったのは、震災直前の3月。
まだ寒くてコートを着て行ったのを覚えてます。

IMG_1426IMG_1427
↑シャングリラ東京は東京駅の隅の方にあります。
1階の入口は割と地味目。

IMG_1428
↑目指すアフタヌーンティは、28階です。

IMG_1432
↑テーブルセッティング。窓際の席なのも嬉しい。(見えるのはビルばかりで、これだけはパタヤの勝ち)

■お替り自由のお飲物

IMG_1433
↑こちらが、一休予約特典のシャンパン。すごく美味しかった。
メニューを見ると、シャンパンはグラス1500円。同じものだとしたら、超お得。

IMG_1434
↑飲み物はこれだけの中からお替り自由。
シャングリラを選んだ1番の理由は、飲み物がお替り自由なところ。
マンダリン・オリエンタルも同じくお替り自由で好きだったけど、何だか年々値上がりしているような気がしてパスしました。
それにしても選び甲斐がありすぎて迷ってしまい、スタッフの方に色々お勧めを聞いたりしました。

IMG_1446
↑最初は、オーソドックスにでもお勧めってことで、シャングリ・ラホテル東京オリジナル ヒマラヤンブレンドティー。
これで2杯分。紅茶は2人でシェアしてもいいということで、1杯ずついただきました。

IMG_1442
↑この時期お勧めの春らしい「スプリングハーモニー」。
キレイな桜色のハーブティです。

IMG_1444
↑こちらも季節限定の「ストロベリーハニーアイスティ」。
ちょっと冷たい飲み物も欲しくなって頼んでみました。
ほのかな甘みと酸味がいい感じ。

IMG_1447
↑普段はコーヒー党なので、最後はコーヒー。
これだけ飲んでもOK。だから、パタヤヒルトンで紅茶は1つと言われてセコいと思ったのもわかるでしょう?

■フード
IMG_1436
↑3段重ねでやってきました。これで2人分。
やっぱりこの3段重ねで来ると盛り上がりますよね。

IMG_1437
「焼き立てのスコーンセレクション」は、プレーン、アプリコット、ドライチェリーとバニラ。
スコーンは大好物なので、これだけでも幸せ気分。

IMG_1440
蜂蜜やジャムもありますが、何と言っても1番のお気に入りはクロテッドクリーム。

IMG_1438
↑「サンドウィッチセレクション」は、鶏胸肉と新玉葱のキャラメリゼ・三つ葉(キッシュ)、芝エビと菜の花、パルマ産生ハムと竹の子、浅利と春キャベツ。
このサンドウッチがすごく美味しかった。
色を見るとわかると思うけど、パン生地部分も1つ1つ違います。
具も季節感に溢れて凝っている。

IMG_1439
↑「スイーツセレクション」は、ストロベリータルト、メロンとココナッツのムース、ピスタチオとグリオットチェリーのケーキ、フォンダンショコラ。
このケーキの記憶が1番薄いかも。

IMG_1445
↑メニューには書いてなかったけど、最後にプチフールとしてクッキーとチョコが出てきたのも嬉しい。

少し時間が経ったので、味の詳細は忘れましたけど、どれも美味しく、お腹もいっぱい。
3時間くらいは滞在しているので、これで3600円はある意味お得なんじゃないかと思います。
夜飲みに行くよりも、スペシャル感はありますしね。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「ヒルトンパタヤのホテルサイト」
「ヒルトンパタヤ予約サイトへのリンク」←口コミあり。
一休アフタヌーンティー特集



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Carl's Bar   August 09, 2011 08:42
久々の更新、うれしいわ。
シャンパンが付いてるのね、いいや〜ん♪
と思ったら、あまりおいしくなかったんだ〜。残念(;^_^A
でも、私は、ビュッフェよりもこっちの方がそそられるな。
お天気がいい日に、ぼーとしに行くのもいいかもね(*^ω^*)ノ
夫は、こういうところには行きたがらないので、行くとしたら一人で行くと思うけど(笑)
2. Posted by さよりん   August 09, 2011 11:31
Carl's Barさん 久しぶり〜!

そう、すっかり更新が滞ちゃってて。
8月頭まですごく忙しかったので、これから更新頑張ろうって思っているところです。
(目標は2日に1回更新)
ここは、アフタヌーンティじゃなくて、バーやカフェ利用でもよさそうよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字