オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
October 08, 201116:18不思議なイサーン料理屋さん (パタヤのグルメ紹介)
Comments(4)TrackBack(0)パタヤ 食事 | バンコク(全記事)
サワッディ カー

ナクルア・ソイ16にある不思議なイサーン料理屋さんを紹介します。
お店の人に店名を聞いたら「マイミー(ない)」と言われたので、我が家の通称はマイミーレストラン。念のため、2人に聞いたけど両方マイミーなんで、本当にないんだと思う。
一見さんにはちょっとハードル高いけど、激安で美味しいのでお勧めですよ。

■謎の外観
ここは以前パタヤ在住のお友達から教えてもらっていて、それ以来気になってました。
そんなある日、その友達とのランチで、お目当てのお店が臨時休業だったため、急遽行くことにしました。お友達自体も、2年ぶりくらいらしい。
その後、絶対に夫の好きな店だと思ったので、夫と一緒に再訪。
また、きっと行くと思います。

IMG_2600DSC04577
↑こちらがお店の外観。入口で色々焼いているのでお店ということはわかりますが、なんか地元の人が集まってバーベキューをしているように見えなくもない。
ちょっと空いてくると、店員さんがお店の前で昼寝をしているしね。

DSC04596
↑しかし、ここは隠れた名店なのか、車で乗り付ける人も多いです。

DSC04557
↑店内の様子。お客さんは制服を着たOLさんとか、意外に身なりのちゃんとした人率が高い気がします。
お昼時ということもあって、かなり混んでました。

■注文
DSC04568DSC04564
↑テーブルの上に注文票があって、そこにテーブル番号(右写真)と注文数を書いて店員さんに渡すのが本来です。
しかし、注文票はタイ文字オンリーなので、普通の外国人には無理。
だから、自分から店員さんを積極的に捕まえて普通に注文することになります。
この時、どの店員さんに頼むかは結構重要かも。
1回目は、英語も上手なおばさんに頼んで、色々世話もやいてくれて非常にスムーズ。
しかし、2回目は頼んだオーダーが通ってなかったり、辛さが希望通りでなかったりしました。
何かおかしいなあ、と思ったらどんどん積極的に店員さんを捕まえて確認した方がいいかも。

なお、上記のオーダー票は一応タイ語先生に解読してもらったので、お料理と合わせて紹介していきますね。

■お料理
DSC04609
↑まずは、定番のガイヤーン(鶏の焼いたの)です。
モモ肉部分で量は少なめ。1人でも食べきれると思います。
味はかなり美味しい。付属のタレも辛いけど好みの味。
ただ、残念なのはアツアツではないこと。運良く出来立てにありつけば相当美味しいはずなんだけどな。

IMG_2597
コームーヤーン(豚の喉肉の焼いたの)。これも味はかなりいいです。
しかし、同様にややぬるめ。これも熱かったらすごく美味しいと思うので残念。

DSC04590
↑焼き物関係は店頭でどんどん焼いてます。

DSC04640DSC04641
↑焼きあがると隅の方に寄せて、ここから順に出しているようです。
焼いてからそんなに時間は経ってないので、焼き置きってほどではないけれど、できればもう一度熱くしてから出してくれるといいんだけど。
たまたまタイミングが良ければ、出来立てが食べられると思います。持ち帰りで電子レンジで温めて食べるのもいいかもしれませんね。

なお、焼き物系はガイヤーン、コームーヤーンの他に、肝の焼いたの(先生はグンヤーンと言っていた)、ナマズ焼き(プラドゥックヤーン)もあります。
通じなかったら、焼いている所に行って指さす方がいいかも。

IMG_2598
↑オーソドックスなソムタムタイです。辛さはタマダー(普通)、プリック サーム(唐辛子3本)と注文して注文票に書いてたのに、通ってなく結局マイペッ(辛くない)になってしまいました。
マイペッだと甘さが際立って、ちょっとイマイチでした。特に辛いもの好きの夫は不完全燃焼。

ソムタム系は他に、ソムタムパラー(小魚の糠漬け入り、癖がある)、ソムタムプー(カニ入り、寄生虫が怖い)、ソムタムタイプー(カニ入りのソムタムタイ)、タムテーン(きゅうりのソムタム)、タムスワ―(カノムチン(素麺みたいなの)入りのソムタム)、タムマムアン(青マンゴのソムタム)、ヤムプー(カニの和え物)があります。

IMG_2596DSC04624
↑この店で1押しはこのトムサップムー(豚すね肉のスープ)。
中に入っている豚のすね肉がとにかく柔らかくて、スジの部分もホロホロ。キノコの香りもいい。
スープもすごく美味しいです。左はかなり辛くてスープは完食できなかった(注文は辛さ控えめ)。右は唐辛子なし(注文は辛さ普通)。この中間くらいの辛さが1番良さそうだけど、うまく注文できるか怪しいですね。
とにかく、このスープを食べたいので、また行くと思います。

汁物系は他に、スップノーマイ(竹の子のスープ)、ゲーンノーマイ(竹の子のカレー)があります。
これ以外の料理としては、ラープムー(豚のラープ)、タップワーン(レバー焼き、同じ焼き物でもヤーンとはちょっと違うみたい)、ナムトックムー(豚肉の血入りの和え物)、ラーププラドゥック(ナマズのラープ)があります。
おかずメニューはこれで全て。お好みでカオスワイ(ご飯)か、カオニャオ(もち米)を頼みます。

なお、夫と一緒に行った時は、ガイヤーン、トムサップムー、ソムタムの3品と、ご飯、カオニャオ、お水で150B(約400円)という安さでした。

■その他色々
DSC04615
↑食器等は一応持ってきてくれますが、ない場合には自分で取りに行った方が早いかも。厨房の横にあります。

DSC04627DSC04634
↑お店には犬が何匹かいます。そして、食べていると横に座っておねだりポーズ。
鶏の骨は犬にはよくないからなあとげませんでしたが。
日本だと何て可愛いんだろうと思うワンちゃんも、タイだと狂犬病が怖いから避けてしまいますよね。

DSC04583
↑お店の周りには、デザート屋台がいて、OLさん達は結構買ってました。

■立地
ナクルア通りからソイ16を入って、200mくらい進んだ右手です。ナクルア通りまではソンテウで行って、それから徒歩だと5分くらいかな。
ソイ16の入口は、大きな学校とお寺で途中の道には何にもないので、遠く感じるかもしれません。

DSC04650DSC04645
↑手前にはピンク色の看板の銀行があります。そして目印はこの大きな木。
入口部分が厨房で奥に客席があります。
営業は昼のみ。昼もやや遅めの時間だともうお終いという感じが漂っていたので、早めに行くのがいいと思います。
ランチにイサーン料理が食べたい時には、すごくお勧めのお店ですよ。

それでは、また

<パタヤの食事記事一覧>

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by メーテル   October 13, 2011 22:51
5 はじめまして
いつも食事の参考に拝見させて頂いてます。洪水の方も大丈夫そうで安心しました。今年2度目なんですがまた11月に1ヶ月Pattayaへ行くので色々1人でも入りやすそうなお店があればぜひアップして下さい^_^
2. Posted by さよりん   October 14, 2011 13:56
メーテルさん はじめまして。
参考にしていただいてありがとうございます。庶民的なお店ばかりですが・・。

2人で食べることが多いので、1人でも入りやすそうなお店という視点はあんまりなかったです。これから、ちょっと意識しますね。
私1人の時は、カフェに入ることが多いです。
アベニューやロイヤルガーデンにあるau bon painやナクルアのbon cafeとかは、ベーカリーメニューも結構美味しくて私は好きです。(夜向きではないかな)

11月には洪水の心配がなくなっているといいですよね。色々楽しんできて下さいね!
3. Posted by テイル   June 06, 2012 01:57
はじめまして。今日パタヤから帰ってきたのですが、今回の旅は2回目で、美味しい物をずーっと探し求めていたところ、こちらのHPに出会いました。

バイクをレンタルして、ここのガイヤーンを食べに
行ったのですが、仰る通り、ややぬるめではあるものの、全体的にどれも美味しかったです。
得に美味しかったのは、「ナムトックムー」が最高でした。

イーサン料理のセップジャンもめちゃくちゃ美味しかったですし、ナーレックも良いですね。
もしかしたら、さよりんさんと味覚の好みが似ているのかな?!って思いました。

このHPに出会えたおかげで、いつもの旅が何倍も楽しい旅になりました☆
すっかり旅のバイブルになってしまいました!


本当にありがとうございました。
4. Posted by さよりん   June 06, 2012 23:52
ティルさん、はじめまして。

旅のバイブルなんて気恥ずかしいですが、嬉しいです。
そうですね。もしかしたら、基本、味覚は合うかもしれませんね。
ただ、同じ店でも日によって微妙に違って感じたりもするので、難しいところです。
辛いのが苦手でなければ、コーシーチャンもお勧めです。
特に、ルアックチム プラーとラーププラームックがお気に入り。

これからも、できるだけ色んなお店を紹介したいと思います。
どうかよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字