オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 02, 200923:22パタヤでタイスキ!
Comments(0)TrackBack(0) パタヤ(全記事) | パタヤ 食事
サワッディ カー

タイスキの話が続きますが、、今度は、パタヤでタイスキの話です。
パタヤでは、3回タイスキを食べました。

ちなみに、事前リサーチ情報では、TOPSスーパーの上に、
COCA(コカ)があるとのことでしたが・・・
2009年時点、ありませんでした。
なんか潰れたみたい。
一方、MKはあらゆるショッピングセンター(セントラル、カルフールなど)に
出店していると言ってもいいくらい、何店舗もありました。
本当、MKは勢いありますねぇ。

さて、今回利用した、パタヤのタイスキ屋さん2軒を紹介します。

■ターター
セントラルパタヤ通り沿い、TOPSの斜め向かいにあります。
地元のタイスキ屋さん。
日本語メニューもあって、ご主人が全部作ってくれます。
味は、まあ美味しいと思います。雑炊があった点も良かった。
ただ、値段はやや高めですね。
勧められたイカのニンニク炒めが300Bもしたのが一番の要因ですが。
(これは、量的にも300Bは高すぎ。100〜150Bくらいならいいけど)
タイスキの具も、他のチェーン店よりは2、3割は高いです。
個人的には、その高さに見合うほどの価値は感じられないので、再訪はないかな。
でも、パタヤに着いた初日に、タイスキを食べられたのは嬉しかったですね。
DSCF1952←これがイカ。トマトから量をイメージしてみて。
DSCF1955←ここの雑炊は海苔入りです。

■HOTPOT Prestige(ホット ポット プレステージ)
ここは、パタヤのセントラルの6階にある、タイスキ・ビュッフェです。
期待せずに入ったのだけど、予想外に気に入りました。
結局、パタヤ最後の夜に、たまたま同じ時期にパタヤに来ていた、
タイ語仲間のTさんも一緒に、また行ってしまった。

なんで気に入ったかな、と考えると・・・
まずは、タイスキの具のバリエーションが多くて、素材もまずまずだったこと。
タイスキのビュッフェというと、もっとショボイのもあるんですよ。
特においしかったのは、小さなイカみたいのに詰め物をしている具。
とにかく、具の種類が多いので、最初は少しずつ試した方がいいですよ。
DSCF2022

2つ目として、サイドメニューが豊富なこと。
チャーハンとか、寿司、おかずも色々。
(この辺りはたいした味ではない。でも、お寿司は日本人以外に大人気)

特に、お勧めなのが、お店の右奥のコーナーです。
これ、システムがわかりにくくて、最初は気づかなかったんですよ。
ところが、隣のテーブルのタイ人とファランのテーブルに、できたての天ぷらとか
フライ、卵焼き、炒めものがドンドン運ばれてくるんです。
「何? こんなのなかったけど」と、疑問に思っていると・・・
テーブルの上に、テーブル發書かれたクリップを発見。
具体的な手順を説明すると、
  クリップを持って右奥コーナーに行く。
  掲示されているメニュー(1素材1メニュー)を確認
  食べたいメニューの素材を好きなだけ皿にのせ、皿にクリップを挟み
     カウンターに置いてくる。
  10〜20分くらいで、席に出来たての料理が運ばれてきます。
結構おいしいですから、ぜひ試してくださいね。
(追記:2009年7月に再訪したら、このコーナーがなくなってました!
たった2ヶ月後なのに。お得感がかなり減少。その記事はこちら。

さらに、アイスクリームもある。
色々あるけど、一番のおすすめは紫色のアイスです。
これ、タイだとよくあるのだけど、何でしょう?
紅芋? ちょっとわからないけど、とてもおいしい。

飲み物もソフトドリンクは無料です。
ビールは別料金で、100Bよりは高い。
ちなみに、タイのレストランは、飲み物持ち込みが大抵自由です。
ウイスキーとか焼酎を持参して、ソフトドリンクで割って飲んでもいいと思います。

さて、気になるお値段は?
1人、259B+税サで、300B強(約850円)。
さっきのイカと同じ値段。
しかも・・・
水曜日は25%オフだから、約230B(約650円)
現地の物価からするとちょっと贅沢なんですが、
観光客的にはかなりにお得に感じます。

hotちらしhotちらし2これがチラシです。

特に、2回目は、水曜の夜に行ったので、非常に得した気分でしたね。
次回も、水曜日には行ってしまいそう。

■番外編
タイスキとよく似たメニューで、素焼きの鍋に入れた
「チムチュム」(イサーンという地域の鍋)というのがあるみたい。
値段もかなり安いらしい。
パタヤのどこで食べられるのかわからないけど、次回、何とか探して行ってみたいです。
ご存知の方がいたら、教えてくださいね。

さて、次回は、「レンタルバイク」について書いてみます。
それでは、また

<関連記事>
カントンで、タイスキ食べて嬉しいな。
タイスキ・カントンに行きましたよ!
タイスキ大好き!

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字