オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 15, 200910:50suk11周辺の食事情報(2) その他
Comments(0)TrackBack(0)バンコク(全記事) | バンコク 食事
サワッディ カー

昨日から引き続き、バンコクのゲストハウス、suk11(スク11)周辺の
レストラン・お食事どころの紹介です。
今回は、利用した店を中心に、してない店も一部レポートしていきます。
またまた、この地図で場所を確認してくださいね。
(クリックすると画像が別ウインドウで拡大されます)

ソイ11周辺地図

■TAPAS CAFE(地図の◆
ここは、スペインのBARをイメージした店です。
昨年の夏、かなり遅い時間にサングリア目的で利用しました。
サングリアの味は結構よかった。
グラスだけでなく、いくつかのサイズのカラフェでも頼めます。
料理は頼まなかったのだけど、フランスパンが出てきました。(無料)
スペイン風オムレツとか、おいしそうだったので、お腹が空いていれば
何か頼んでみたかった。

ここは、昼からやっています。ランチもあり。
夕方はハッピーアワーということで、サングリアが1人分の値段で2人分。
観光客向けの値段設定としては、そこそこリーズナブル。
(地元レストランよりは高い)
サングリアも、まあまあお手頃な値段だったと思うけど、正確な値段は忘れました。
すみません。
お店の中は割と広く、2階席もあって落ち着きます。
サングリアが好きなので、この辺りで何日か滞在していたら、また行くかも
しれないなと思ってます。

■11Gallery(地図の)
suk11の手前にある、タイ料理メインのレストランです。
ここは昨年8月に利用しました。
正直、個人的にはあんまりお勧めはしません。
観光客向けの雰囲気重視の店ですね。

まず、これが外観です。奥にあるsuk11と同じイメージで、
タイの民家風につくられています。
夜になると、もっといい感じです。
店員さんも、タイの民族衣装を着ています。

スク入り口の写真

頼んだのは、カクテル100Bとソムタムセット165B(約460円)
ソムタム(タイ東北部の辛いサラダ)と豚肉の揚げ物、チーズ春巻きのセットです。

DSCF1639

料理の価格帯は100B位からあり、観光客向けの店としては
まあまあリーズナブルなのかな。カレーとか炒飯は120B位、魚料理は300B位。
街のレストランとかに比べると、やや高いですが。
この値段設定や料理の盛り付け、お店のコンセプトなど、
商売上手だなあと思います。
ただ、料理はそんなに美味しくはなかった。(まずい程ではない)
オペレーションに難ありで、やや冷めていたせいもある。
(料理がなかなか出てこなかった)
他の料理を頼んでないので、もっと美味しいものもあるかもしれませんが。

たまたま、昨年行った時に見たフリーペーパーにこの店の広告とオーナーの
インタビュー記事がのっていました。
それによると、オープンしてまもなくで繁盛するようになり、今ではお客様の
ほとんどが観光客だとか。
逆にいうと、この値段でこの味だと地元の人は行かないよね。

たぶん、suk11と同じ経営者だと思うけど、外観イメージ以外は何も連動
していません。店員さんのタイプも真逆。
(蚊が多い点は共通よ)
それでも、どちらも流行っているのはすごいです。
私たちはもう行かないですが、それでも女の子や観光客を連れて
いったりしたら、喜ばれるんじゃないかなと思いますね。

お店のホームページはこちら

■立ち飲みBAR(地図のぁ
立ち飲みと名付けましたが、実際には椅子があります。
椅子が足りなくて、立って飲んでいるファランがいっぱいいるので
イメージ的に立ち呑み。
とにかく、いつ見てもファランでいっぱいです。
何がいいんでしょうか? 料理はほとんどなくて、飲み物だけです。
見てると面白いですが、東洋人はほとんどいないので、
ここで飲むのは浮いてしまうかもしれません。
というわけで、昨日紹介したシシカバブ屋さんから、騒いでいるファランを
見ながら飲むのがお勧めです。

■インド料理屋さん
「地球の歩き方バンコク」によると、ソイ11はインド人街だとか。
そんな感じは全然しませんが、確かにインド料理屋さんは多めですね。
suk11の小路にも2軒あるし、グランドビジネスインの裏通りにも何軒かある。
利用してないので、感想は言えませんが。
タイで食べるインド料理屋さんは、結構おいしいことが多いので
機会があれば行ってみたいですね。

以上です。
まだまだ、バンコクやパタヤでも紹介したいことはあるのだけど、
このままではブログタイトルのサムイ島とパンガン島が泣くので、
次回からは、サムイ島をレポしていきたいと思います。

お楽しみにね

<関連記事>suk11周辺の食事情報(1) シシカバブ屋さん

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字