オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 17, 200911:55サムイ島へのアクセス(1) 航空券を予約しよう
Comments(2)TrackBack(0)サムイ島(全記事) | 交通アクセス関係
サワッディ カー

今日は、サムイ島へのアクセス、航空券の予約などについて紹介します。

■旅行パンフレットから予約する
一番簡単なのは、旅行会社のパンフレットをもらってきて予約する。
空港にも現地係員が迎えに来るし、ホテルもセット、申し込むだけ。
サムイ島へのアクセス方法とか考える必要もありません。
私も10年以上前の1、2回目のサムイ訪問はこれでした。

でも、あんまりお勧めしません。
サムイ島のパック旅行は選択の幅が狭いし、値段もやや割高
5.6日の短い旅行ならまだしも、それ以上になるなら自分自身で航空券と
ホテルを選ぶ方がいいと思います。
(バンコクの短い旅行の場合、パック旅行の方が安いこともある。
いわゆる、キャンペーンみたいなツアーですね)

というわけで、航空券を自分選ぶという前提で説明をしていきます。

■サムイ島へのアクセスは?
一般的には、バンコクまで行って、飛行機を乗り継ぎます。
この他の方法としては、シンガポールとか他の空港から乗り継ぐ方法、
タイのスラターニまでバスか列車で行って、船で行く方法がありますが、
日本から出発するなら、素直にバンコク経由がいいです。

さて、バンコクからサムイ島まで、少し前まではバンコクエアウェイズ航空しか
乗り入れていませんでした。
今でも、ここがメインで1日に15〜20便くらいは飛んでいます。
独占のドル箱路線、サムイ空港自体がバンコクエアウェイズの私有地です。

ところが、独占状態がよくないということらしく、2年くらい前からタイ航空
乗り入れるようになりました。
1日2便のみ(2009年の時刻表では、バンコク7:45発、16:00発)
その日のうちにサムイ島へ行くならば、16:00を利用することになりますね。

このように、バンコクエアウェイズかタイ航空のどちらかを利用することになります。

■もっともお得で便利な方法は?
これ、ちょっと複雑な話になります。
私見から結論を言うと、自分でバンコク行きの航空券を予約し、
(最近は楽天トラベルを使うことが多い。詳しくはいずれまた)
別途、バンコクエアウェイズのサイトからバンコク・サムイ間の航空券を予約する
という方法が一番いいと思います。
ただ、スケジュールによっては、タイ航空の方がいいかもしれません。
以下、順説明していきます。
いずれも2009年夏時点(ただし、お盆の時期を除く)での
東京発のスケジュール、料金を前提にしています。

なお、どの航空券でもバンコクで降りることは自由です。
私たちはバンコクで買い物をするので、いつも帰りにバンコク泊にしてました。

■タイ航空利用の航空券を予約する
タイ・サムイ島間のツアー代金は、57000円からあります。
燃油サーチャージなど手数料を入れると、68000円位。
これはかなりお手頃な値段です。ただし、全行程タイ航空利用が条件
タイ航空+バンコクエアウェイズ航空利用の場合、とたんに高くなります。
(少し前までは、これが当たり前だったのに)

ところが、先ほども言ったように、サムイ行きのタイ航空便は1日2本。
16時の便に間に合うには、成田発10:00発バンコク着14:30の便に乗る必要
あります。(次の11:00発15:30着では無理)
しかし、この早い方の便、木・土曜発は設定がありません
つまり、月・火・水・金・日に出発するスケジュールなら、タイ航空を利用する
のが、金額的にもかなり安く、スケジュール的にもまずまず便利といえます。
あるいは、土曜発でも先にバンコクに泊って、後からサムイという方法でも
利用可能です。

ちなみに何故こんなことになっているかというと、土曜の10時便はプーケット
直行便だからです。
土曜発は一番人気なので、日本人に人気のプーケット便をより便利に
ということでしょう。バンコクに行く場合は11時便で何ら問題ないし。
サムイ島はそれだけマイナーなんですね。
私たちの場合、お休みの関係上、やはり土曜発が希望なので、タイ航空は
使えないことになります。

■旅行会社(ネット予約含む)で、サムイ島までの航空券を予約
この場合、色々な組み合わせがありえます。
例えば、全日空+バンコクエアウェイズの場合、88400円。
燃油サーチャージ等込みだと約103000円。
いきなり高いです。
バンコク往復なら、今はタイ航空と全日空でそんなに変わらない、
かえって安い時もあるのに・・・
探せばもっと安いのもあるかもしれませんが。

ちなみに、昨年はシンガポール航空+バンコクエアウェイズで行きました。
この時の説明では、バンコクエアウェイズを国際線と組み合わせる場合、
片道12000円プラス(往復で24000円)と言われました。
今も同じ料金かわかりませんが、同じような仕組みだと思います。
なお、このシンガポール便、早朝出発で2時間前に行こうと思ったら、
京成電鉄の各駅停車かタクシー利用になってしまう。それは嫌だなと思い、
始発のスカイライナーで行ったところ、全く問題なかったです。
早朝は全てが空いているのですね。
待ち時間も少なく、いつもよりも効率的でした。
シンガポール便で行くと最も早くタイに着くので、お勧めです。
(シンガポール航空のバンコク直行便2009年8月からなくなるみたいですね。 残念。6/26書込み追加)

■バンコク・サムイ間の航空券はバンコクエアウェイズで予約する
まず、成田〜バンコク間の航空券を予約します。
その日のうちにサムイ島に行こうとすると、成田午前出発のものになります。
色々選択肢がありますが、サーチャージ込みで5万台であるはずです。
(もっと安いものもあるかも)

続いて、バンコクエアウェイズの予約をします。
ホームページはこちら (日本語にならない場合は右上の国旗をクリック)

色々な料金が出てきますが、片道約2300B〜3250B(6500〜9100円)。
日本と同じで安い料金から埋まっていくので、早めに予約すれば、
往復13000円も可能です。(税金などは考慮に入れず)
つまり、6万円台で東京・サムイ島の往復が可能ということになります。
しかも、この方法のいい点は、バンコク・サムイ便の本数が多いので、
スケジュールの自由度ということです。

実は、この方法、まだやってみたことがありません。
次回、行くときはこの方法をとるとは思いますが。
バンコクエアウェイズのサムイ路線はかなり人気なので、とにかく早めに
予約することが必要になりますね

さて、次回は、バンコクエアウェイズ航空を使ってサムイ島へアクセス
する場合の色々
についてレポします。

それでは、また

*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カンノ   August 15, 2009 10:37
とても参考になりました。
ありがとうございます
2. Posted by さよりん   August 17, 2009 00:12
> とても参考になりました。
> ありがとうございます

カンノさん

そう言っていただけると、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字