オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 20, 200923:13サムイ島のビーチ・エリア紹介(1)
Comments(0)TrackBack(0)サムイ島(全記事) | サムイ島 ホテル
サワッディ カー

今回から、サムイ島のビーチ・エリア紹介です。
海にはあまり入らないので、純粋なビーチ、海の綺麗さについてはコメントできません。
私なりに、エリアの特徴を紹介していきますので、
ビーチ・ホテル選びの参考にしてください。
なお、より楽しむには、
「どのビーチを選ぶか」とういうことだけでなく、自分の旅行スタイルからして、
「繁華街やレストランからどのくらい離れているホテルか」ということも重要です。
その辺りも含めて紹介していきます。

■主なビーチ・エリアの名称・ひと言コメント
◆チャウエンビーチ   : サムイ島1番の繁華街、色々選べる
◆ラマイビーチ        : チャウエンのスモール版
◆チョーンモンビーチ : 素朴な感じ、空港もチャウエンもそう遠くない
◆ボプットビーチ      : ファラン(欧米人)に人気
◇ビッグブッダビーチ  : ビッグブッダに近い、高級ホテルはないかも
◇メナムビーチ        : ファランが中心。詳しくは知りません
◇ナトン ・タウン      : サムイ島の観光以外の中心となる街。リゾートではない
◇その他               : バーンタリンガムなど

は実際に泊まったことのあるビーチです。
レンタルバイクで何度か島内を1周しているので、一応、全エリアに複数回
行ったことはあります。

また、地図はこちらを見てください。(ほうぼう屋さんのサイトです)
なお、サムイ島の空港やホテルには、無料の地図がおいてあります。
とても詳細で出来のいい地図なので、ぜひ早めにGetしてくださいね
というわけで、順にレポしていきます。

チャウエンビーチ
《チャウエンのエリアの特徴》
サムイ島最大の繁華街
サムイ島の東側に位置し、ビーチの全長は約4kmのビーチ。
ビーチロードの栄えている部分だけでも2kmはある。
南北につながるビーチロードと、海との間にホテルが建てられている。
空港からは車で10〜20分と比較的近い。

ビーチロードには、タクシー、ソンテウ(乗り合いタクシー)がたくさん走っており、
アクセスには不自由しない
また、レストランやショップの数も多い。屋台村、市場もある。
ただし、大型のショッピングセンター、百貨店などはない。
(百貨店はそもそもサムイ島にはないのです)
バービア、レゲェバーなど夜遊び系もサムイ島で一番充実している。

チャウエンはこの10年くらいで街全体が増殖しました。
特に、北側エリアがどんどん開発されている。
私見で今のチャウエンの中心をいうならば、イヤラ・ショッピングセンターの辺り。
ここは、10年前には店がなかった場所。
また、南よりのTOPSスーパーのある辺りも賑わっている。

《チャウエンのホテルの特徴》
ホテルはゲストハウスから、安ホテル、4つ星クラスまで、
ファミリー向けから、デザイン性の強いホテルなど、ほとんど何でも揃っている。
ありすぎて迷います。
北側エリアには2000年以降に作られた、新しいホテルが多くてお勧め。
街からやや離れたホテルでも、ソンテウで簡単にアクセスできるので、
立地よりもホテルの好みで選ぶ方がよいのでは?

《チャウエンのコメント》
どのビーチにするか迷ったら、まずはチャウエンにしておくといいでしょう。
他のビーチに泊まったとしても、一度は訪れるべき。


ただし、チャウエンビーチの街を端から端まで歩くのはかなりキツイ。
ホテルの周りのエリアで行動するか、ソンテウを上手に使って移動してください。

また、ビーチロードを歩いていると嫌な臭いがすることがある。(どぶ?)
落ち着いたホテルが好みの場合は、街中のホテルは向かないでしょう。

■ラマイビーチ

《ラマイのエリアの特徴》
チャウエンビーチの次に大きなビーチ。かなり昔のチャウエンといった感じ。
ラマイの中心となるビーチロードは1km程度。
こじんまりとした素朴な雰囲気である。

空港からは車で約30分。チャウエンまで10km、車で10分強。
一応、ソンテウは走っている。
レストランや店もそこそこある。
コンパクトにまとまっており、徒歩で行動できる点は便利。

エリアの規模の割りに多いのが、バービア
昼は閑散としているビーチ・ロードが、夜になるとかなり賑わってくる。
ラマイのバービア昼間のバービア群

《ホテルの特徴》
ビーチロード沿いのホテルは、ゲストハウス、安ホテル〜4つ星くらいまで。
小〜中程度の規模のホテルがほとんど。
ビーチロードから少し離れた場所には、高級ホテルもある。

《ラマイのコメント》
チャウエンの雰囲気は好きだけど飽きてきた、もう少し静かな方がいい
というのなら、ラマイビーチはお勧めです。
高級志向の方には向きません
日本人はほとんど見ませんね。

■チョーンモンビーチ
《チョーンモンのエリアの特徴》
静かで素朴なビーチ。自然が豊か。
サムイ島の中では海がきれい、砂が細かいと言われることも多い。

島の北東部に位置し、空港からは車で10分くらい
チャウエンからも車で10〜15分程度。
車で5〜10分程度のビッグブッダビーチに行けばレストランは色々ある。
街という程ではなく、昔からホテルのあったエリアに小さな店やレストランが
少し固まっている程度。
ソンテウの数も少ないので、移動が多いならばレンタルバイクした方が便利

《チョーンモンのホテルの特徴》
昔からある中級〜4星クラスの素朴なホテルと、近年建てられた
高級リゾートホテルに二極化している。後者は、周りに何もない所にある。

代表的な高級リゾートホテルとしては次のようなところ。
新婚旅行とかには最適だと思います。
2泊ぐらいでもいいから、私も泊まりたい〜
(下記の各ホテルをクリックするとホテルの情報ページにリンクしています)

・シックス センシズ ハイダウェイ サムイ(旧シラ エヴァソン ハイダウェイ&スパ)
 :有名なエヴァソングループのホテル。
・サラ サムイ リゾート&スパ
・ザ トンサイベイ ホテル
 :このエリアの高級リゾートの先駆け。岬の先端。屋外ジャグジーで有名に。
・メラティ ビーチ リゾート
 :2008年にオープンしたばかりのホテル
・Qシグネチャーサムイ(旧サムイ ペニンシュラ リゾート&スパ)
 :この中では割りと安めかな。泊まったことのある知り合いによると良かったらしい。

《チョーンモンのコメント》
チョーンモンビーチを選ぶというより、ホテルを選ぶという感じ。
周りに店が少ないので、ホテル内のレストランで食べたくない人や、
夜遊びしたい人には向かないです。
また、ホテルにもよりますが、ファミリーよりはカップル向き

ホテルとしては魅力的だが、値段やアクセスの面で難点があるので、
長めの旅行の場合、最後の2〜3泊、上記のホテルに泊まるのはどうでしょう?

さて、長くなったので、次回、残りのエリアの紹介をしていきます。
なお、サムイ島のホテルの検索には、こちらのサイトが便利です。

それでは、また

<関連記事>国際免許証を預けてレンタルバイクを借りる?
*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字