オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 22, 200923:17サムイ島でのホテル歴
Comments(0)TrackBack(0) サムイ島(全記事) | サムイ島 ホテル
サワッディ カー

今回から、サムイ島で実際に泊まったホテルの紹介をしていきますが、
まずは、総論からです。

■1回の旅行で、2ヶ所のホテルへ
タイ旅行は、7泊9日か、8泊10日のパターンが多いです。
会社勤めをしているとこのくらいが限界。
最近は、このうち6泊をサムイ島(パンガン島含む)にあて、バンコクは1、2泊
という旅程です。
そして、さらに、サムイ島の6泊を、違うエリアの2ヶ所のホテルに3泊ずつしてます。
というのは、
・色んなエリア・ホテルに泊まってみたい。どうしても、ホテル周辺での行動が
  増えるから、そのエリアを知るには泊まってみるのが1番。
・万が一ホテル選びに失敗しても、もう1つでリカバリーできる。
・3泊なら中2日あるので、十分ゆっくりできる。2泊だと慌しい。
・ホテルの朝食にも飽きない。気分転換になる。
・少し値段の高いホテルでも3泊ぐらいならOK。もう1つのホテルと調整すればいい。
 その際、個人的な好みだけど、ゴージャスなホテルを後にする。
・不便な場所のホテルでも、3泊ぐらいなら我慢できる。
というような理由からです。

ホテルを選ぶ前には、ネットでできるだけリサーチしているけど、実際泊まってみると
ちょっと違ったかなということはあります。
そういう意味でも、6泊以上できるなら、2ヶ所滞在はお勧めです。

それでは、サムイ島で実際に泊まったホテルを時系列で簡単に説明していきます。

■第1回サムイ島訪問(1990年代後半8月末〜9月初)
《宿泊ホテル》 (以下、ホテル名をクリックするとホテルの情報サイトにリンクしてます)
◆インペリアル ボートハウス(チョーンモンビーチ) 5泊
初めてのサムイ島訪問。何もわからず、パンフレットを比較して決めました。
当時は選べるホテルの数も本当に少なかったんですよ。
船を改造した部屋というのに惹かれ、ボートスイートにしました。
スイートの割りに値段がリーズナブルだったと思います。
非常に、古かったけど写真を見る限りその後、改装してますね。
プールも増えてる。でも、値段も高くなっている気がします。

■第2回サムイ島訪問(2000年頃8月末〜9月初)
《宿泊ホテル》
◆チャウエンリージェント(チャウエンビーチ) 5泊
同じく、パンフレットから選びました。
前回の訪問で、やはりチャウエンビーチがいいなと思ったから。
ここの2,3番目にグレードの高い部屋に泊まりました。
振り返ると、今とはかなり金銭感覚が違いますね。
チャウエンリージェントは、当時としてはかなりいい選択だと思い大満足。
友人にも勧め気に入ってもらえました。
今だと、そんなに気に入ることはないんだろうな。

最後まで迷ったのは「セントラルサムイ(現センタラ グランド ビーチ リゾート)」
実際にプールとか見に行ったけど、チャウエンリージェントにして良かったです。
セントラルサムイは、サムイっぽくないというか、規模は大きく何でも揃っているけど
私的には嫌いなタイプのホテルでしたね。(バリのヌサドアっぽいホテル)
家族連れにはいいのかも。2007年に改装しているみたいです。

■第3回サムイ島訪問(2005年7月末〜8月初)
《宿泊ホテル》
◆イヤラ ビーチホテル (チャウエンビーチ) 前半3泊
◆ノラ ビーチ リゾート&スパ(チャウエンビーチ) 後半3泊
しばらく期間が空いてのサムイ訪問。その間ベトナムやバリで色々ホテルに
泊まり、すっかり目が肥えてしまった。
自分たちの好みのホテルがわかったきたので、その路線で手ごろな価格のホテルを
ネットで検索しながら旅行会社にリクエストしました。

そこで、最初に選んだのが、ノラ ビーチ リゾート&スパ。
2004年にオープンしたばかり。
ここは、とても気に入り、今でもサムイ島のホテル中では1番好き

さらに、ノラがチャウエンの中でやや寂れた場所にあるため、チャウエンの
中心地のホテルを旅行会社に提案してもらいました。それが、イヤラです。
ここも2003年か2004年にできたホテル。
ショッピングセンターに隣接して建つこのホテルは、確かに立地は最高でした。

■第4回サムイ島訪問(2006年7月末〜8月初)
《宿泊ホテル》
◆サムイ ジャスミン リゾート(ラマイビーチ) 前半3泊
◆アルズリゾート (チャウエンビーチ) 後半3泊
この年から、サムイ島のホテル予約は全てネットでするようになりました。
ラマイビーチに一度は泊まってみたかったので、ラマイの中でも便利な立地の
ジャスミンを選択。
こじんまりとしていて、それでいておしゃれなホテルでした。

さらに、やはりチャウエンは外せないということで同じくネット検索で、
アルズリゾートに。チャウエンの南部に泊まったのはこれが初めてです。
ここは、施設はホテルだけど、なんとなく日本の青年の家に泊まっている
気持ちになりました。

■第5回サムイ島訪問(2007年7月末〜8月初)
《宿泊ホテル》
◆アロハリゾート(ラマイビーチ) 前半3泊
◆ノラ ビーチ リゾート&スパ(チャウエンビーチ) 後半3泊
ラマイビーチの印象が良かったので、立地の便利なアロハリゾートへ。
ここは、悪くもないけど、特筆する点もないホテルでした。
割りと最近なのに、記憶が一番うすい。
ここだけは、別途詳細レポを書く自信がないです。
施設はあまり新しくなかったし、朝食は特徴のないビュッフェでした。

ちなみに、ここと迷ったのが、「パビリオン サムイ ブティック リゾート」
前回とまったジャスミンのすぐ傍で、プールや施設の感じがとても良かったから。
ただ、この頃から我が家の価格志向が始まってきたので、予算の点で断念
ラマイビーチで、立地が良く予算もあるならここはお勧めです

後半は、再びノラ ビーチ リゾート&スパへ。
ホテルの人気が高まったせいか、以前より価格が上昇。
最も安いビルディングタイプの部屋を予約したところ・・・
なんと同じビルディングのスイートにグレードアップ
非常にラッキーでした。

■第6回サムイ島訪問(2008年7月末〜8月初)
《宿泊ホテル》
◆Carpe Diem Hotel(ボプットビーチ)前半3泊
◆サリカンタン(パンガン島) 後半3泊
チャウエンにも若干飽きてきたこともあり、ボプットビーチに泊まってみることに。
この後、パンガン島に行く予定もあったので、アクセス的にもちょうどよかったからです。

ネットで
検索して探したのが、Carpe Diem Hotel
ここはフランス人経営のホテルで宿泊客もフランス人が多い。
料金と部屋はホテルなんだけど、なんとなくゲストハウス風というか、
不思議な感じでした。

さらに、この年はパンガン島へ。パンガンではサリカンタン に泊まりました。
ここはすごく良かった
グレードの高い部屋に泊まったせいもあるけど。
パンガン島自体も良かったので、ぜひ、もう一度行きたいと思っています。

以上が、サムイ島のホテル歴です。

■2009年夏のサムイ島ホテル
サムイ島も限らず、去年(2008年)くらいまでタイは不動産バブルでした。
サムイ島もここ数年ホテルの建設ラッシュが続いて、その割に強気の価格設定。
数年前よりはかなり価格が高騰しました。
でも、今年は色んなホテルがキャンペーン価格を出してくるんじゃないかな。
実際、上記のホテルをみた限りでも、かなりディスカウントしてる。

サムイ島のメインのお客様は欧米人。世界的経済危機に加え、
タイは去年の空港閉鎖、今年のアセアン中止という政情不安。
さらには新型インフルエンザと、マイナス事情が重なっています。
ですから、もし今年行くのなら、去年までよりはかなりいい条件で泊まれるのでは?
前にも書いたように、夏休み時期のサムイ島は雨季ではないので、
かなり快適に過ごせると思いますよ。

さて、次回からは上に挙げたサムイ島ホテルの詳細レポート、それに合わせ、
各ホテルの近くのお勧めレストランを紹介していきます。

それでは、また

*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字