パタヤ ホテル

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 22, 201108:41シーミースプリング (パタヤのホテル紹介)
PermalinkComments(12)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、シーミースプリングホテル(Sea Me Spring Hotel)を紹介します。
本当はもっと早くにアップする予定だったのですが、何やらバタバタしていて遅くなってすみません。

IMG_2349IMG_2367
ここは、2010年(昨年)12月にオープンしたばかりの新しいホテルです。
場所もビーチロード、ソイ10と非常に便利。
実は、このソイ10には、同じく2010年にオープンしたページ10というホテルもあって、以前から気になってました。
新しいホテルはやっぱりチェックしたいものね。
というわけで、同じ日に続けて見学してきました。ページ10は次回紹介しますね。
両方とも、トータル的にはお勧めできるホテルだと思いますよ。

■立地
このホテルの最大の魅力は、やはり立地なんじゃないかなと思います。
ビーチロードからソイ10に入ってすぐ。
お隣のソイ9には、センタン(セントラルフェスティバル)があって、歩いてすぐ。
ビーチロードにも、セカンドロードにも出れるので、どこに行くにも便利。
ウォーキングストリートにも行きも帰りもソンテウですぐだし、歩いても10分くらいなんじゃないかな。
これで、部屋から海が見えたら最高なんですけどね。
シービューの部屋はあまり多くない(人気な)ようで、今回は見学できませんでした。

IMG_2347
↑海側からみたホテル。海との間に空き地があって、資材が置いてあったので、これから何か建てるのかな?
曇っているのは、天気が悪かったのではなく、直前までいたセンタンの冷房が効きすぎで、カメラのレンズが曇っただけ。

■お部屋
今回、2つのお部屋を見せてもらいました。たぶん、スタンダードとデラックス。

DSC01959
↑廊下の雰囲気です。

◆スタンダードルーム(ME ROOM)
IMG_2350
↑見学したのは、811号室です。

DSC01950
↑お部屋全体の様子。電気をつけてもらえなかったので、少し暗い。
全体的に、こげ茶の木を基調にしたシックなインテリアで、使い勝手が良さそう。
部屋の大きさは全室40平米だそうで、充分広く感じました。

IMG_2352IMG_2353
↑ソファとデスク&棚。TVは壁掛けで小さめ。

IMG_2354DSC01951
↑ベランダは小さめです。この部屋の眺望はこんな感じ。
ヒルトンホテル、隣のサイアムベイビューホテル、ビュータレー6(コンドミニアム)が見えますね。

IMG_2356
↑冷蔵庫とクローゼット、セーフティBOXです。

IMG_2358
↑そして、このホテルの魅力の1つは、バスタブとシャワーブースが両方あること。日本人的には嬉しいですよね。

IMG_2359
↑ドライヤーもあります。

◆デラックス(ME DELUXE ROOM)

IMG_2360
↑続いて、たぶんデラックスルームの805号室を見学しました。

DSC01954DSC01956
↑基本的にはそう変わりません。同じ広さということだけど、何故か、こっちの方が広く感じました。

DSC01958DSC01955

DSC01953
↑ちょっと見にくいけど、入口から入ったところに棚がたくさんあって、使いやすそう。
特に、長期滞在する時には便利そうだなあと思いましたが、通常の旅行だとこんなになくてもいいかも。
バスルームはほぼ同じなので、写真は省略。

IMG_2361
↑ベランダから顔出すと、一応、少しだけ、海が見えます。わかりますか?
もしかしたら、価格の差はこの眺望の差かも。

また、ホテルのサイトによると、フリーWIFIで、部屋にはコネクション(有線LAN)もあるようで、ネット環境も良さそうです。

■プール
DSC01961
↑プールは屋上にあります。ここのプールはなかなか気持ちいいです。

DSC01962DSC01969
↑こんな感じのシービューです。ベイウォークレジデンスには負けるけど、開放感あります。
ページ10も似たような感じですが、プールの眺望はシーミーの勝ち。
プール自体は、細長くて、そんなに大きくはありません。

DSC01965
↑プールからもヒルトンと、サイアムベイビュー、ビュータレーが見えます。

DSC01967IMG_2364
↑私的には、右写真のカバナ風のスペースが気に入ったのだけど、誰も利用してませんね。
ちなみに、プールの客層は欧米人の男性ばかりでした。

DSC01973
↑プールBARコーナーです。

■その他
DSC01982
↑ロビースペース。割と広々してます。

DSC01980
↑ロビー前のカフェコーナー。そう大きくなく、あんまり力を入れてないような気がしました。

ところで、このホテルでちょっと気がかりなのは、昼間の工事の騒音です。
周囲で何箇所か工事をしていて、部屋にいると結構響くんですよね。
実際に泊まった方の口コミ等も見て、その辺りは判断して見て下さいね。
プールでは私は気になりませんでした。
逆に、口コミを読む限り、夜は静かみたいですね。これはページ10と違う点かも。

■価格
とりあえず、ローシーズンの適当な日を入れてagodaで検索してみました。
スタンダードが1880B(約5200円)、デラックスが2080B(約5800円)。(いずれも17%の税・サ補正価格、朝食なし)。
価格的にはお気に入りのオーガスト朝食付とほぼ同じ。
もう少し安ければお得感が出るんだけどなあという気がします。
でも、まあ、立地、新しさなどを考えるとまあまあリーズナブルな部類かな。
ハイシーズンはもっと高くなると思います。

■総合評価
立地、お部屋、プールなど、非常にバランスのいいホテルだと思います。
新しいだけあって、キレイで機能性もいいし、バスタブもあるし。
パタヤが初めての方や、ウォーキングストリート、センタンによく行く方、バイクは借りたくないという方にはお勧めできます。
でも、ファミリー向けではないような気がします。
格安ではないものの、値段もヒルトンよりは安いですし、コスパは悪くないです。

ここまでの説明は次のページ10とも共通です。
どっちを選ぶかは、インテリアや雰囲気など個人の好みかもしれません。

ただ、私自身は泊まりたいなあという気持ちにまではならなかったです。
理由はよくわかりませんが、価格帯が同じなだけに、たぶんオーガストと比べているんでしょうね。
それと、パタヤにも慣れてきたこともあって、ビーチロードよりも、もう少し生活圏よりのホテルが好きなんだと思います。
でも、一般的にはなかなかお勧めできるホテルですよ。

次回は、すぐ近くのページ10を紹介します。比較してみて、是非、夏休みのホテル検討にも加えてみてくださいね。

それでは、また

(2011年9月追記:実際に宿泊した方からコメントを頂きましたので、紹介します)
宿泊したのは710号室で1500BH(朝食なし)。部屋は広く、バスタブがあり、シャワーもガラス張り、冷蔵庫も広く毎日水が2本くれました。
部屋の中で唯一、不便だったのは引き出しがないことです。ワードローブの中にセーフティボックスはありますが、それ以外には「棚」しかありません。壁掛けTVの下が、スーツーケース用の台と大きい棚と隣に鏡台があり、何でも広げられるのですが、「引き出し」がないのです。見えないように、収納するにはワードローブを使うしかないことですね。
プールは屋上で、ちゃんと海が見えますが、狭いです。でも、常時POOLバーには2人以上居て、タオルも2枚くれますし、ちゃんと敷いてくれたところはポイント高いです。
POOLにシャワーは当然ありますが、個室仕様ではないのでオーガストのように、夕方浴びて帰る、なんてことはできないです。センタンに近いのが、魅力でしょうか?
あ、TVがソニーで、エアコンがダイキンだったのが個人的にはうれしかったかな。
やはり、オーガストのほうがいいですね。

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」 →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約情報サイトへのリンク」(口コミあり) 
「シーミースプリングホテルのサイト」 

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
May 25, 201108:01センタラ グランド ミラージュホテル(3)朝食編
PermalinkComments(3)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年7月に1泊したパタヤのリゾートホテル、「センタラ グランド  ミラージュ ビーチリゾート パタヤ」(Centara Grand Mirage Beach Resort Pattaya)の詳細レポートの最終回。
今回は、朝食を中心に、その他書き残したこと色々です。
プール編お部屋編も合わせてお読みください。

■朝食ビュッフェ
まずは、私達が実際に食べた「OASIS」での朝食ビュッフェの紹介です。

IMG_3108
↑時間は朝6時〜10時半まで。
この日の朝はどしゃぶりの雨で(11時くらいからは晴れ)、屋外席が使えないこともあってか、かなり混んでいました。
最初に案内された席があまり気に入らなかったので、自分達で席を探して移動。人が多いせいもあり、従業員もいっぱいいっぱいな感じ。
高級ホテルというよりは、大型ホテルですね。

IMG_3137
↑テーブルセット。

IMG_3114
↑ここで1番気に入ったのは、コーヒーのポットサービス。これで1人分です。

ミラージュの朝食については何故か部分的に妙に詳しいメモがあるので、せっかくだからそれも合わせて紹介していきます。

IMG_3109
↑まずは、パン。パンは種類も豊富で、タイにしては美味しかったです。
ついついいっぱい食べて炭水化物過多。
メモによると、アーモンドクロワッサンとアプリコットデニッシュがGOODだったらしい。
菓子パン系だけで、デニッシュが3種(アプリコット、ブルーベリー、チェリー)、チョコクロワッサン、マフィン2種、シナモンロール、ドーナツ、キャロットケーキ、バナナケーキというラインナップ。
もちろん、他にもベーシックなパンもあります。
なんか途中からはコーヒーとパンばっかり食べていた記憶がある。

IMG_3134IMG_3136
↑そして、ヨーグルトも充実してました。
全部で5種、プレーンといちご、ブルーベリー、パイナップル、ミックスフルーツ。
私、ホテル朝食ビュッフェでは、とにかくヨーグルトが欲しいのでこれは満足。イチゴヨーグルトをソース代わりにプレーンヨーグルトを食べるのが大好き。

IMG_3133
↑おかずも色々あり。でも、タイ料理はあんまりないのがちょっと残念。
(メモには「おかずはたいしたことない」と書いてあります)
おかゆ、スープ。サラダ、ハム、チーズ、果物類、シリアル等は充実してました。

IMG_3128
↑エッグマンもいます。結構時間がかかる。

とりあえず不満はないし、前日の昼に食べたベラエクスプレスのブランチビュッフェとは味、質とも全然違います。
でも、なんかものすごい感動はなく、印象は薄い。
最近思うのは、私はビュッフェよりも美味しいアラカルトの方が好きみたい。

IMG_3112IMG_3117
↑私のお皿。ちょっとしか盛ってないのは、できるだけ多くの種類を食べて、美味しいものだけリピしたいからです。

■ミラージュの朝食について
センタラグランドミラージュを予約する際は、とにかく朝食付プランを探しました。
せっかく泊まるんだったら、朝食も楽しみたいから。
このような高級ホテルの場合、朝食なしプランで当日支払うよりも最初から含まれているプランの方が断然お得です。
紹介した朝食ビュッフェも、当日支払うと1人750B(約2100円)もして2人で1500B。ちょっとしたホテルの宿泊費くらいになってしまいます。

IMG_3044
↑朝食のルームサービスの案内。お部屋のターンダウンの際にベッドに置かれていました。こちらは400B(約1120円)から。
朝食会場はかなり混んでいるので、ゆっくり食べたい方はルームサービスもいいかも。
でも、その場合は、もう少し広いお部屋じゃないとね、って気がします。
また、クラブミラージュに宿泊していれば、専用ラウンジで朝食をいただくことも可能です。

■その他、ホテル内での食事関係
センタラグランドミラージュ内の食事関係でその他気付いたことも紹介しておきます。
DSCF0548
↑結構使えるかなと思ったのは、プール隣接の「OCEANS」
画像をクリックすると、なんとか価格とかメニューの雰囲気がわかるかな。
ちょっとしたおつまみ類から、軽食、パスタ等、ミラージュのグレードを考えるとかなりお得な価格です。
昼食にも、ちょっとお腹が空いた時にもピッタリ。

DSCF0562DSCF0561
↑こんな感じです。ちょっとファストフードっぽいかもしれないけど、海も見えてなかなかいい雰囲気。
水着の人もいるし、普通に服を着た人もいます。

DSCF0563
↑そのすぐ近くにはデザートコーナー。これもなかなか魅力的。

DSCF0541
↑気になったのはこの告知。土曜日限定でシーフードビュッフェが999B。実際にはたぶん税サが付きそうだから、約1170B(約3200円)。
タイにしては高いですが、ビールやワインもフリーって所がちょっと惹かれます。
1年前に見たものだから、今でもやっているかどうかは不明です。

また、写真はありませんが、以前お茶をしに行ったロビー近くのカフェ。(以前の記事はこちら)
ここのケーキが夜には半額になってました。好きな方にはお得かも。朝食代わりにしてもいいしね。
このカフェは、天気のいい午前中は最高の雰囲気ですよ。

■ホテル近くでの食事
1、2泊だったら、ずっとホテル内での食事もありだと思いますが、外で食べたいなという時は、近くにあるソムタムプーマーがお勧めです。
名前にもなっているソムタムは割と食べやすい味。(夫は刺激が足りないみたい)どの料理もハズレがないし、価格もリーズナブル。
昼もほとんどの日の夜もやっていて、ホテルからは徒歩2、3分です。

IMG_3105
↑同じく、ホテルのすぐ横にある「Rim TALAY(リムタレー)」
ここは、ホテル内で食べるのとそんなに値段は変わらないかも。船上レストラン、「オリエンタルスター」と同じ経営だそうです。

また、ソムタムプーマーのあるソイ18の道沿いにも何軒かレストランはありますし、10分弱(もっと近いかも)歩いてナクルア通りに行けば、もっと沢山のレストランがあります。
もっと色々知りたい方は、パタヤの食事記事一覧をご覧くださいね。

■パタヤ中心部へのアクセス
このホテルは、パタヤの喧騒からは隔離されているけれど、思ったよりは立地も悪くない点もいいなと思います。
(泊まったことも見学したこともありませんが、同じ高級ホテルでも、ロイヤルクリフやシェラトンはバイクがないと相当不便だと思う)

以前にも紹介しましたが、パタヤの中心部に行く方法は以下の通りです。
もし、初めてのパタヤなら、1度はセンタン(セントラルフェスティバル)には行って欲しいなと思います。大人だけなら、ウォーキングストリートも。

・ホテルのシャトルバスを予約する。(1日5便、1人50B、セントラルフェスティバル行き。定員ありの予約制)↓
IMG_3154

・ホテルの前にいるタクシーやソンテウを利用する。(交渉制、貸切なら150Bくらい?)
・10分程度歩いて大通りに出て、ソンテウを利用。途中乗り換えが必要かもしれません。乗り換えがなければ1人10B、あれば合計20B。
バイクを借りる。(私はいつもオールパタヤさんから借りてます。手数料を払えば、ホテルまで持ってきてくれます)

■その他
私達は利用しませんでしたが、施設としては、ジム(すごい空いていた)、スパ、テニスコートなんかもあります。

IMG_2997
↑こんな結婚式? 写真撮影もしてました。

■総合評価
たった1泊2日でしたが、思いっきりホテルを満喫、十分元は取れたかなという滞在でした。
宿泊した時はかなり気に入って、「1年に1回くらい、1泊しにきてもいいね」と言っていたのですが、元来アクティブ派ではない私達夫婦。
本来の好みのホテルとはかなり路線が違います。
これから先、何かきっかけがあればまた宿泊するかもなという感じです。

しかし、何度もくどいですが、ファミリーには本当にお勧めです。
或いは、カップルでもアクティブ系のホテルが好きな方、大型ホテルも好きって方には向くと思います。
パタヤではやや高いホテルになりますが、プーケットやハワイ等に比べると断然お得。
実際の客層も、タイ人、ファラン、その他色々で、ごく普通の感じです。敷居は全然高くない。
その点、敷居の高さだったら、ヒルトンの方が上な気がします。

身近な例えで恐縮ですが、妹家族(子供2人)がパタヤに来るってことになったら、センタラグランドミラージュが一押し、最低2泊はするようにを勧めると思います。
でも、弟夫婦(まあまあ新婚)だったら、ここよりはヒルトンを勧めるかな。

そろそろ夏休みの旅行プランを考える時期ですが、パタヤでセンタラグランドミラージュホテル、是非検討してみてくださいね。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「センタラ グランド ミラージュの記事一覧」   
「センタラ グランド ミラージュの口コミ・予約サイトへのリンク」  
「センタラグループホテルのホームページ」  

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
May 20, 201108:44センタラ グランド ミラージュホテル(2)お部屋編
PermalinkComments(4)TrackBack(0)
サワッディ カー

少し時間が開いてしまいましたが、2010年7月に1泊したパタヤのリゾートホテル、「センタラ グランド  ミラージュ ビーチリゾート パタヤ」(Centara Grand Mirage Beach Resort Pattaya)の詳細レポート、お部屋編です。
前回のプール編はこちら
さすが高級ホテル、機能的かつ基本ラインをしっかり押さえていて、なかなか快適な滞在でした。

IMG_2966
↑特に部屋から見える海は最高です

■チェックイン時のドタバタ
基本、このセンタラグランドミラージュの印象はいいのですが、唯一良くなかったのがチェックイン時。
この日はタイの休日だったからかもしれませんが、あまりにも混み過ぎ〜。
事前に混んでいるという情報を仕入れていたので、少し早め13時くらいにはホテルに到着。
(本来のチェックインタイムはもっと遅いと思います)

DSCF0514
↑既に列ができてます。しかも、あんまり進まない。
見ていると単に客が多いからだけでなく、手際が良くない気がする。
仕方がないのでジッと待っていると、元オーガストスイーツのスタッフAちゃんを発見。
手で合図をして、ちょっとだけ挨拶をして、チェックイン後落ち着いてからお話もしました。
Aちゃんのメインの仕事は事務所内の予約関連だけれど、混む時間だけはレセプションも手伝っているとのこと。
だから、ホテル側もそれなりに対処はしているのでしょうが、この手際の悪さはなんとかならないものですかね。今はもう良くなったかな。

たぶん30分くらい待って私達の番が来ると、予約したプレミアムデラックスのクリーニングが終わってないので、1ランク下のデラックスオーシャンでもいいかと言われます。
そんなの当然受け入れられないので、アップグレードならいいと答えるとそれはダメ。
結局、掃除が済むまでプールにいて、1時間くらいで用意するということになりました。
まあ、休日続きだから掃除が追い付いてないのはわかるし、本来のチェックインタイムではないからね。
しかし、ダウングレードの提案には驚きました。

という感じで、チェックインの印象はイマイチ。
そして、チェックアウトもすごい混みました。
正直、高級ホテルといえども大型ホテルだから仕方ないかなと思います。(超高級とはいえないしね)
少しでもスムーズにしたいという方は、クラブミラージュのカテゴリーの部屋を予約すれば専用カウンターがあります。
(たまたまかもしれないけど、ここのカウンターのお姉さんに質問をしたらややお高い感じで、サービス的にはどうなのかな?って思いました)
また、もう少し遅い時間ならこんなに混んではいません。

とまあ、マイナス面を最初に書きましたが、不満といえばこれぐらいだけ。
後は、良かった点ばかりです。

■お部屋へGO
宿泊したのはプレミアムデラックス。
クラブミラージュ以外では1番上のカテゴリーです。
IMG_3142IMG_3144
↑案内されたのは17階という高層階。(こっちのビルディングは客室は18階まで)

IMG_3143
↑廊下はこんな感じです。

■リビング&ベッド関係
お部屋は細かい所に配慮がされていて、機能性に優れていると感じました。その辺りも含め詳しく紹介します。

IMG_2975IMG_2964
↑お部屋はこんな感じ。すごく広くはないけれど、十分です。確か、42平米。
右写真のベッドの奥に、洗面とバスタブがあるという造り。

IMG_2965
↑普通のソファのかわりに、カウチっぽいのがあります。
夜、ここに寝転んで本を読んだりしましたが、なかなかの寛ぎ感。
私的にはかなりお気に入りのスペースでした。

IMG_2990IMG_2961
↑ベッドサイドには普通のライトだけでなく読書灯もあり。これがあると便利。

IMG_2981
↑ベッドサイドには電源とスイッチ類がまとまってあって、これも便利。
基本のようですが、タイではそうではないホテルも多いです。

IMG_2955IMG_2956
↑デスクも使わない時は閉まっておけて省スペース。

IMG_2953IMG_2957
↑ミニバーコーナー。棚の上部に湯沸し等が置かれていて、下部が冷蔵庫。
冷蔵庫はもう少し大きい方が好みですが、ホテルだったらこんなものですね。
中のビール等は思ったよりも高くなかったです。記憶がはっきりしないけど缶ビールが40か50Bくらいだったかな。

IMG_2952
↑紅茶のティーバックの種類が豊富。私達は全く利用してませんが、嬉しい方もいらっしゃるのではないかな。

IMG_2976
↑クローゼットは中に入ってすぐの側面にあります。こちらもカーテン。もちろんセーフティBOXもあります。

DSCF0540
↑クローゼットの斜め前あたりには全身鏡。意外に上半身の鏡しかないことも多いからポイント高し。

IMG_2986
↑エアコンだけでなく天井ファンもあります。このスイッチも枕元。

IMG_2987
↑細かいことなんですが、テレビのリモコン入れにチャンネルの一覧があります。いつも、ホテルに入ると一通りチャンネルを確認しているから、これは便利。

IMG_2989
↑NHKワールドです。プレミアムはなかったと思う。
っていうか、パタヤのホテルでプレミアムに出会ったことない気がする。
TVは壁掛けスタイルでそう大きくはありません。

そういえば、このホテルのマイナス点、もう1つありました。
ネット料金がすごく高いこと。時間375B(約1000円)、24時間589B(約1650円)。申し込んでないのでスピードはわかりません。
これがネックで1泊しかしなかったと言ってもいいです。

■水回り関係
IMG_2947IMG_2960
↑バスタブと洗面所はリビング周りと一体です。使う時は右のようにカーテンを閉めます。
お部屋が湿っぽくなるかなと思ったけど、大丈夫でした。

DSCF0536
↑洗面所はドレッサー機能と一体化。デザインもなかなか可愛いけれど、使い勝手も割といい。

IMG_3107IMG_2958
↑ドライヤーに体重計。

IMG_2943IMG_2944
↑アメニティもしっかり揃ってます。

IMG_2948
↑私達が止まったプレミアムデラックス以上はバスタブ付。

IMG_2950IMG_2985
↑引っ張り出すタイプの省スペースのシャワーとレインシャワーもあり。
ちょっと自信はないけれど、ここは溜めたお湯の色がキレイだったような記憶があります。(タイではやや色がついていることが多い)
時期にもよるかもしれません。

IMG_2951
↑バスフォームもあるので、泡泡にして楽しみました。

IMG_2983
↑タオルかけ。横の枝みたいなところにもちょっとしたものを掛けられて便利。

IMG_2978
↑トイレは入口入ってすぐ、バスルームとは別です。
日本人的にはこの方が使い勝手がいい。このタイプ、最近、パタヤで時々見かけますね。

■サービスなど
IMG_3043
↑夕方、部屋に戻ると、ターンダウンのサービスが。
最近はターンダウンのサービスをしてくれるようなレベルのホテルに泊まってなかったので、ちょっと嬉しい。
チョコレートが置いてあったような記憶もあるけど、写真を撮ってないので自信ない。

そしてもう1つ驚いたことが。
IMG_2954
↑このようなウエルカムフルーツがあるのですが、チェックイン後に一部食べたところ、同じものの追加がありました。

IMG_2945
↑水も最初、部屋には3本あって、そのうち2本をプールに持っていったところ、さらに2本の追加がありました。
たかが水ですが、大盤振る舞いです。

■ベランダからの眺望
そして何と言っても素晴らしいのはベランダからの眺望。
IMG_2967IMG_2970
↑全面、海とプール。
ちょっと怖いけど、ベランダの柵が透明で、さえぎるものがなくて開放感たっぷり。
広めのベランダで、ゆったりとしたチェアも寛ぎます。

IMG_3046
↑夕方、ベランダでSPY(ワインクーラー)を飲んでみたり。

IMG_3034
↑部屋からの写真ではないけれど、サンセットも楽しめます。

■お部屋のカテゴリーについて
今回宿泊したプレミアムデラックスは朝食付で4000B(約11000円)を切る価格だったと思います。
時期でかなり値段が変わるので、一生懸命安い時期を探しました。
とにかく、コスパはかなりいいです。
4人で泊まれるファミリールームもありますから、やっぱりファミリーにはすごくお勧め。

そして、プレミアムデラックス以上はクラブミラージュのカテゴリーになり、専用ラウンジを使えるなどの特典があります。
実際に見てはいないのですが、ラウンジでは1日中食べ物や飲み物が用意されていて、極端な話、全食事をここで済ますことも可能です。
部屋のサイズは、プレミアムと同じものから巨大なスイートまで色々。

IMG_2892IMG_3021
↑今回泊まったのは、北タワー(写真左の左側建物)の上から2番目。
だから、クラブミラージュは南タワーなんじゃないかと思います。

という感じで、お部屋に関しては入った瞬間のワクワク感自体はそうでもないですが(眺望除く)、とにかく機能的で快適だったなあという感想です。
このセンタラグランドミラージュ全体にいえることなんですが、開発チーム(ハード面)はかなり優秀。
一方、ソフト面(運営・サービス)はまだまだ改善の余地はあるかなという印象。
既に私は宿泊してから1年近く経っているので、今はどうなんでしょう?
こちらで、口コミや価格等も検討してみてくださいね。

次回は、センタラグランドミラージュの最終回。主に朝食です。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「センタラ グランド ミラージュの記事一覧」   
「センタラ グランド ミラージュの口コミ・予約サイトへのリンク」  
「センタラグループホテルのホームページ」  

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
March 09, 201100:38センタラ グランド ミラージュホテル(1) プール編
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

かなり遅くなりましたが、2010年7月に1泊したパタヤのリゾートホテル、
「センタラ グランド  ミラージュ ビーチリゾート パタヤ」(Centara Grand Mirage Beach Resort Pattaya)の詳細レポートです。
まず最初は、このホテル1番のお勧めポイント、巨大なプールを紹介。
とにかく大きくて1日中楽しめます。
特にファミリーにはピッタリ。

ところで、何故急にこの記事かといいますと、2010年末にオープンしたパタヤヒルトンを色々調べていたら、無性に書きたくなったのです。
ちょうど1年前、オープンして半年ぐらいだったミラージュにかなり安く泊まったもので、同じように今年はヒルトンに1泊したいなと。
本当は、もっと連泊したいけど、お試し的に1泊するのもなかなか楽しい。
タイは、ソンクラーン(タイの正月)の終わった4月後半から10月くらいまではホテルが割安なことが多いので、狙い目ですよ。
なお、ホテルの概略等については昨年の滞在直後に書いた記事もご覧下さいね。

■プールの全貌
とにかく広い
広いだけでなく、色んなゾーンもあってテーマパーク的。
テーマはロストワールドということで、アドベンチャーっぽい造りが目立ちますが、のんびりできるゾーンもあります。
私達は初日の午後2時くらいから夕方まで、翌日の昼前から午後3時くらいまで、ずっとプールに滞在してましたが飽きませんでした。
プールの利用時間は、7時〜20時まで。

DSCF0518DSCF0523
DSCF0529DSCF0527
↑上からプール全体を撮ったのですが、どうしても1枚にはおさまらないので、写真を繋げてみました。
ちょっと変ですが、雰囲気を感じてくださいとういことで。

あまりに広いし道もわかりにくいので、全体を把握するのは少し大変かもしれません。
確か、チェックインの時にホテル内マップをもらえるので、それで確認するのがいいです。
以下、詳細に紹介しますので、参考にしてくださいね。
(名前は私が適当につけました)

■メインプール
まずは、メインプール
上の全体俯瞰写真だと、左上の大きめプールです。
ここは、全客層向けのアクティブゾーンです。
後で紹介するプールバーもここにあります。

IMG_3005IMG_2938
↑途中、水中バレー大会とかもやってました。

IMG_3027
↑ちょっとわかりにくいですが、階段を昇ったところからプールに飛び込めます。
その下はかなり深くなっているみたい。
気付かずに、近付いたら監視員に笛で注意されます。

■流れるプール
一応、流れるプールです。実際には、あんまり流れないプール
上の俯瞰図だと、左下から右中央にかけて、かなり広範囲になります。

DSCF0555DSCF0553
↑私達もそうでしたが、楽しそうと思って浮き輪に浮かんでみるものの、全然流れません。
流すには、親とか誰かが押してやらないいけない。
思ったよりは楽しくないけど、一度はやってみたいといった感じ。

IMG_2857
↑途中、こんな感じの滝ゾーンもあり。

IMG_3004
↑浮き輪はこんなふうにあります。(場所を見つけるのが大変かも)

■ジャングルジムコーナー
実際にはジャングルジムではないけど、そんな感じなのでこの名前。

IMG_3145IMG_3147
↑ここに(主に)子供向けの小さめスライダーが3つあります。
子供以外でもOKで、これはこれで楽しめます。
螺旋状の階段を昇りながら順番を待つわけですが。

IMG_3146DSCF0560
↑不意打ちのように、途中でバケツの水が落ちてきます。
水が溜まったら、バケツがひっくり返って落ちるという仕組み。
気付かなかったら、かなりびっくりすると思います。

■スライダー
もっと本格的なスライダーは、上の俯瞰写真の右下真ん中よりにあります。

DSCF0551DSCF0550
↑こっちは、かなり長いです。確か、小さな子供はできなかったはず。
私は、若干びびってやらなかった。
夫によると、かなり楽しいみたい。特に右がお勧めらしい。

なお、こういうアトラクション的なところには、必ず専任のスタッフがいて管理しています。

■幼児用プール
メインプールの隅の区画は樹木で仕切られて、幼児用プールになってます。

IMG_2873IMG_2875
↑こんな感じで、かなりの浅め。少し、ビーチっぽい雰囲気かな。
小さなお子様の場合、ここで遊ばせるのが安心できそうです。

■大人用のインフィニティプール
ここまでは、どちらかというとアクティブ系のプールですが、もっとゆっくりしたい人には大人用のプールも2ヶ所あります。

IMG_3039
↑この「QUIET ZONES」が目印。
確か16歳以下は利用できなかったはず。

IMG_2940DSCF0525
↑まず1ヶ所目はプールの淵が海につながっているように見える、インフィニティエッジプール
上の俯瞰写真だと、左上にある小さなプールです。
ここのは、それほど広くはなく、あまり深くもないので、インフィニティプールというよりは、日本の海が見える露天風呂って感じです。
だから、我が家での通称は露天風呂でした。

ここは海がみえるからかなかなか人気のゾーンで、当初、私達もここにいることが多かったです。
すぐ近くにはメインプールがあるので、泳ぎたくなったらそっちに行けばいいし、子供がいないのは快適。

■大人用の細長いプール
もう1ヶ所が上の俯瞰写真だと、右下にある細長いプールです。

DSCF0543
↑かなり小さく見えますが4×20mくらいで深さもあるので、泳ぐのには向きます。
植物の感じも含め、バリのウブドみたいな雰囲気なので我が家での通称はウブド
ここはいつも人が少なくて、結構穴場というか私は好きでした。
正直、ここのプールにいるなら、わざわざセンタラミラージュに宿泊する必要もないんですが。
この後ろの建物には、ジムもありますし、さらに裏側にはSPAやテニスコートもあるようです。

■プライベートビーチ
このセンタラグランドミラージュホテルは海に面しており、プライベートビーチもあります。

IMG_2888IMG_2887
↑とは言っても、パタヤの海なので決してキレイではありません。
それでも、このホテルのあるナックルアは少しはマシなのかな。
私はもともと海に入るのが好きでないので、もちろん入ってません。

IMG_3148
↑午前中はこんな感じで、ビーチの椅子で過ごす人も。

IMG_3036
↑満ち潮の時には、こんな風になってしまいます。

IMG_2891IMG_3038
↑プールとビーチのつなぎ目。砂を洗うところもあります。

■プールバー
メインプールには、プールバーがあります。なかなかの盛況ぶり。
プールバーがあると、つい利用したくなってしまう。

IMG_3014IMG_3008

IMG_3019
↑15〜19時までハッピーアワー。
生ビールが1杯で2杯分。ナッツ付きで、2杯で約160B(約450円)とお得。(税・サービス料込み)

IMG_3010IMG_3012
↑他にも色々メニューあります。
スムージーが140B、カクテルが220B〜。(別途税・サービス料)
翌日には何かカクテルでも飲もうと思ってたけど、朝ご飯でお腹いっぱいでそんな気分にはならなかった。

■プールタオル
IMG_2872
↑プールタオルを借りるところ。探すのに苦労しました。
上の俯瞰写真にはのってませんが、左下辺りです。
ここのホテルはとにかく人が多いからか、プールタオルの管理はなかなか厳格です。
初日、ホテル側の事情ですぐには部屋に入れず(詳細は後日)、プールで待つことになったので、まだ部屋番号はありませんでした。
部屋番号がないと貸せないといわれたものの、事情を話すと携帯番号を記入して、部屋番号がわかり次第、教えてくださいということで貸し出しOKに。
この時、念のためタオルは4枚借りました。

そして、翌日、また4枚借りようとしたら、部屋番号をチェックして1人1枚ですという指摘。
確かに、人数も多いので1人2枚貸したら大変なんでしょうね。
そして、借りる時も返す時もちゃんと貸し出し用のノートの自分の部屋番号のところにサインしないといけません。
これをしないと、プールタオルを返してないという指摘を受けても仕方がない。
普段私が利用しているこじんまりとしたホテルでは、もっとおおらかなんですが、大規模でしかもタイ人の利用も多いから、このくらいきっちりやらないといけないのだと思います。

ここでは、いくつかのアクティビティの受付もしてます。
プールでのスキューバ指導? みたいなのは500Bでした。

■その他の付帯施設や環境
IMG_2910IMG_2896
↑シャワーとトイレ。何箇所かあります。

IMG_2999IMG_3000
↑プールなのか、池なのかイマイチよくわからない所もあります。
右は小型の滑り台があるから、プールかな。
なんとなく水がどんよりしている所はプールではないだろうと判断し、入りませんでした。

IMG_2998IMG_2850
↑通路も吊り橋だったり、ロストワールド風。

IMG_2871IMG_2868
プールチェアはとにかくいっぱいありました。
これなら満室でも座るところがないってにはならないでしょうね。
あまりに多いので、何か目印をつけておくほうがいいかも。
それから、はぐれたらチェアで集合とかも決めておくほうがいいかもしれません。
椅子のところに、呼び出しボタンがあって、食事や飲み物の注文もできます。

といった感じで、とにかくプールは充実していると思います。
たぶん、パタヤでは1番。
パタヤでは高めのホテルですが、他のリゾート地に比べるとかなりリーズナブルなのも魅力。
ファミリーやアクティブ派の方には、ぜひお勧めしたいです。
実際の客層もファミリーとか普通のカップルが多く、タイの水商売のお姉さん連れはほとんどいなかったので、その点でもお勧めです。

次は、お部屋について紹介予定です。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「センタラ グランド ミラージュの記事一覧」   
「センタラ グランド ミラージュの口コミ・予約サイトへのリンク」  
「センタラグループホテルのホームページ」  

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 06, 201008:44ベラエクスプレスのブランチビュッフェ (2010年7月パタヤ旅行 その5)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年7月のパタヤ旅行、以前見学にいったベラエクスプレスのブランチビュッフェに行ってみました。
(以前のベラエクスプレスの記事はこちら)
結果は、・・・ちょっと微妙。
とりあえず、わざわざ行くことはもうないかな。
※その後、値段が一気に値上げされました。現在では全くお得な朝食ではありませんのでご注意ください。

■全体の雰囲気とか
以前も書いたように、このベラエクスプレスホテルは私達の常宿オーガストスイーツの斜め向かいにあります。
99B(約260円)のブランチビュッフェはすごくリーズナブルなので、是非一度試してみたかったのです。
この日は、オーガストをいったんチェックアウトして、センタラグランドミラージュに1泊しにいく日で、
ある程度、荷物もまとめた11時頃に行ってみました。

DSCF0236DSCF0404
↑ブランチビュッフェの時間は13時までと、ゆっくりです。

DSCF0413
↑宿泊客ではないので、レセプションで朝食券を買いました。
途中、テーブルにチェックに来ましたよ。

DSCF0436DSCF0412
↑店内の様子。明るい雰囲気です。

DSCF0437DSCF0441

↑外のテーブルもあり。プールの目の前なのはなかなかいいけど、お料理を取りにいくのが面倒なので、
中の席にしました。

客層はファランが中心。アジア人少々。日本人らしき人もいたような。
ファランの女の子2人連れとかもいました。

■お料理
DSCF0418DSCF0416
↑一番、楽しみにしていたのは、クイッティオ(タイ風ラーメン)。
これが朝食ビュッフェにあると、それだけでポイント高いんだけど案外ないんだよね。
店員さんを捕まえて、真っ先に注文します。
麺の太さも色々選べます。
私達はいつもセンレック。(中細麺)タイ人はなんかセンヤイ(太麺)が好きなイメージ。

DSCF0417
↑調味料はちょっと離れたテーブルにあり。

IMG_2843
↑結構、量が多め。
そして肝心のお味なんですが、ちょっとイマイチでした。
食べられますけどね。なんかスープにえぐみが出ている感じ。
もしかしたら、朝もっと早い時間だったら、もっと美味しかったのかも。

DSCF0432DSCF0460
↑お料理はそれなりに揃ってます。サラダコーナーはまずまずの充実ぶり。

DSCF0457DSCF0458
↑パンの種類はもう少し欲しいかな。果物も種類は少なめ。

IMG_2842IMG_2844
↑私が、最初に取ってきたお料理(左)と2皿目。卵の食べすぎね。
正直、すごく美味しいものはありませんでした。
不味くて食べられないってほどでもないんだけど。

DSCF0415
↑夫の最初のお料理。真ん中上部のはスープです。

DSCF0450DSCF0449
↑ジュース味見だけしてみたけど、甘いばかりで微妙。
オーガストはジュースさえも美味しいから、比較しちゃうとね。
コーヒーも作り置きだから、それなりのお味です。

という具合に、これといったものがなく、残念なお食事になってしまいました。
値段を考えると充分お得だとは思うし、宿泊したホテルについている朝食ビュッフェとしては
こんなものだとは思うんですけどね。
でも、わざわざ食べにくるほどではなかったかな。
もっとも、1度は食べないと納得できなかったので、来たこと自体は後悔してないですよ。
洗濯を待っている間に食べるなら納得できるかもしれません。
(洗濯の記事はこちら) 

ホテル自体は、場所は抜群に便利(安心)なので、私1人の時には泊まってもいいかなと
思ってるんですけどね。
こうなると、有名なAPEXホテルのビュッフェもいつか試してみたいですね。

ところで、最近すごく忙しくってあんまり更新できてなくてすみません
たぶん、あともう少ししたら落ち着くと思うので、そうしたら更新頻度をもっとあげるよう頑張ります。
書かないといけない記事も溜まりまくりなので。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
October 31, 201023:10(速報)エイプリルスイーツもうすぐオープン!(パタヤのホテル紹介)
PermalinkComments(6)TrackBack(0)
サワッディ カー

先日、またまたパタヤに行ってました
今回は期間も短く、夫婦交代で体調不良気味。
いつにも増してダラダラしてて、そんなに報告することもないのですが・・・。
でも、これだけはいち早く紹介しちゃいます
パタヤの定宿、オーガストスイーツの姉妹ホテル、その名も「エイプリルスイーツ(April Suites)」
といっても、まだオープンしてません。
予定では2010年12月1日オープン。
タイですから、たぶん少し遅れるでしょうね。ヒルトンも遅れてますし。
常連客の特権で(ウソ、見たい人は誰でも見れると思います)、工事現場を見学してきたので、
現状をお知らせします。
日本語の情報としては、たぶん初公開ですよ

■立地
IMG_0311IMG_0351
↑エイプリルスイーツは、オーガストの真裏にあります。
オーガストのバックヤードを通っていくと、すぐです。
(今回、初めてキッチンを通って、これもなかなか興味深かった)
が、普通にアクセスするには、2ロードモンティエンホテルの前あたりの細い道を右折(陸側)して50mくらい。
2ロードとセントラルパタヤ通りの交差点からは徒歩2〜3分ですから、かなり便利な立地です。
周囲はタイ人の普通の居住エリアといった感じで、リゾート感はあんまりありません。
部屋数は約80ありますが、建物の大きさはオーガストよりも小さめ。
こぢんまりとした感じです。

■ホテルのコンセプト
そもそもは、オーガストスイーツはタイ人にとって高すぎるので、もっとタイ人も泊まれるホテルを作りたい
ということだったようです。
しかし、オーガストスイーツはドイツ人を中心にファランに大人気。
工事段階から、続々と予約が入っているみたいので、結局、外国人ばかりになったりして。

オーガストが一応シティホテルクラスだとすると、エイプリルはビジネスホテルクラスってことになるのかな。
色んな面で、少しずつグレードは下がるようです。
価格もオーガストよりは安くなるはず。
でも、思ったよりは安くない
価格に関してはまだ決まってないようで、オープンしてある程度たたないとわからないでしょうね。
特に、オープン当初がハイシーズンですから、ローシーズンにどこまでリーズナブルになるかが注目です。

■お部屋
なんとも言っても、現在、工事中。
外装は大体終わって、大まかな内装も終了。
後は、部屋の什器や電気周りを残すだけです。
IMG_0317←廊下です。
部屋のグレードは、スーペリアデラックスデラックススイートの3種類。
こんな工事途中の写真をアップされるのは、ホテル側も不本意かもしれませんが、許してね。
IMG_0320IMG_0321
↑まずは、最も部屋数が多いスーペリア
ダブルベッドと、ツインタイプ両方あります。(写真はツイン)
カテゴリーは同じスーペリアだけど、ツインの部屋の方がやや広いです。
面積はたぶん30平米前後ですが、ベランダが小さかったり、シャワールームもコンパクトだからか、
部屋自体は想像よりも広く感じました。
全ての家具がセッティングされないと何ともいえないけど、1人なら十分なんじゃないでしょうか。

続いてデラックス
IMG_0322IMG_0323
デラックスになると、部屋はかなり広く感じます。
オーガストのスーペリアと同じくらいか、少し狭いくらいかな。

最後にデラックススィート
IMG_0326IMG_0325
スイートはさすがに広いです。なかなか良さそうな感じ。
スイートのみバスタブあり。

とまあ、インテリアとかもまだですし、全体に写真が暗くてわかりにくいですが、わりとしっかりとした
造りだなと思いました。
細かいことをいうと、オーガストと異なり、ベッドサイド側にコンセントもありますし、テレビもフラットです。
2軒目ということもあり、色々改善しているのではないでしょうか。

■プールやその他の施設
プールなどのその他の設備は屋上にあります。
床加重を確保するため、レンガ造りにしたそうです。
屋上の工事は、まだまだ途中。

IMG_0329IMG_0331
↑屋上も2層構造になっていて、下のフロアにはサウナシャワー室

IMG_0333
↑小さめですが、ジムもあります。って、この写真じゃわかりませんよね。

IMG_0334
↑そして、さらに階段を上った最上階にプールがあります。
写真の細い通路を私があまりにもビビリながら歩いていたので、帰りはもう1枚板が増えました。
だって、下は数mの空洞なんですよ。落ちたら絶対ケガする。

IMG_0350IMG_0339
↑プールはそんなに広くはないですが、一応泳げるかなという感じ。
それでも、あるのとないとのとでは大違い。
遠くに海も一応見えます。(右写真)
景色がすごくいいわけではないけれど、屋上プールというのはなかなかさわやかですね。

■名前の由来
ところで、オーガストスイーツエイプリルスイーツ
名前の由来が気になりませんか?
オーナーの誕生日? なんて想像をしていたのですが。
聞いてみると、オーガストは8月12日の母の日(王妃様の誕生日)からとったそうです。
だったら、次は12月(父の日、王様の誕生日)になりそうですよね。
オープンも12月だし。
でも、タイの新年、ソンクラーンからエイプリルにしたとのこと。
「あと、10軒(10ヶ月分)はホテルを建てられるね」と言うと、
「それは、ありえないです」と笑ってました。
それでも、私は期待してるわ

■予約について
12月1日にオープンするかはともかく、年末には間に合うんじゃないかと思います。
少なくとも、お部屋は完成しているはず。
レストラン等は少し遅れて開業になるようです。
スーペリアが2週間まで1650B、それ以上で1500Bと言ってましたが、まだはっきりしてない様子。(朝食なし)
デラックスやスイートの値段は全く未定。
オーガストより安くなるのは確実ですが。
気になる方は、まだWEBサイトがオープンしていないので、オーガストスイーツに直接メールして
問い合わせ・予約して下さい。
resv@augustsuites.com )
実際、値段もはっきりしないのに、ロングステイのファランの予約はかなり入っているみたいですよ。

このホテルの正しい評価は、オープンして何ヶ月かしてからでないと判断できません。
ただ、オーガストと同じホスピタリティがあれば、このクラスのホテルとしてはかなり居心地のよい
ホテルになるんじゃないかと期待してます。
私達も、そのうち1度は泊まってみるつもり。
でも、200〜400Bの差だったら、オーガストの方がいいかな。

それにしても、タイの工事現場、できあがる前のホテルに入ったのは初めての体験。
非常に興味深く面白かった。やっぱり日本とは違いますね。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「ホテル予約サイトへのリンク」    
「オーガストスイーツのホームページ」       

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
September 03, 201019:41ダイアナオアシス その3 (2010年GWパタヤ旅行 その13)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年GWパタヤ旅行の後半に宿泊したダイアナオアシス(Diana Oasis)最終回です。
今回は見学させてもらったお部屋の紹介と、その他書き残したことなどを紹介していきます。

■見学したお部屋の紹介
2日目の朝食後、Mさんをつかまえて、お部屋の見学をさせてもらいました。
とにかく、ここはMさんを見かけた時に、用事を済ませないといけないので、ちょっと面倒。

見学したお部屋は2つ。私達が泊まってる建物とは別棟でした。
両方ともお値段は1日1000B(約2800円)。

◆104号室
まずは、Cブロックと思われる104号室。
そうそう、ここはホテルサイトの写真が実際とそっくりです。
だから、希望のお部屋があればリクエストするといいと思います。

DSCF0861DSCF0881
この部屋は収納スペースがすごく豊富で、すごく住みやすそう。
東京でこんな感じの1人暮らし用の部屋があったらいいなと思いました。
広さ自体は、たぶん35平米くらいかなと思うのですが、色々工夫している。

DSCF0866DSCF0867
↑一応、ベッド、ソファ、ダイニング用のテーブルと揃ってます。
ベッドが端にあるので、空間が有効的に使えてる。
ベッドから見やすい位置にもテレビがあります。

DSCF0868DSCF0869
↑テレビと収納スペース。クローゼットを開けるとセーフティBOX
これだけでも、かなりの収納力なのに・・・

DSCF0875
↑玄関脇の冷蔵庫の周りも全て収納スペース。
長期滞在なら、収納スペースは多いにこしたことないものね。

DSCF0873
簡易キッチンもあります。電子レンジはあるけど、コンロはない。
そういえば、宿泊した207号室のキッチンにもなかったわ。

DSCF0871DSCF0872
↑バスルーム。シャワーのみ。割と狭いです。

とにかく、部屋自体はかなり良いと思います。
ただ、1宿泊した207号室と日単位で100Bしか違わないので、どっちがいいかは迷うところ。
部屋は207の方が広いですね。

◆T109号室
DSCF0882
続いて、たぶんまた別棟の1階のお部屋。
日当たりが悪い分、涼しそうではありました。
タイの場合、日本と違って日当たりがいい方がいいとは限らないので、難しい。
チェックアウトしたばかりのようで、部屋の掃除はされてなく、写真もあんまり撮ってません。

DSCF0883
↑ベッド

DSCF0884
↑バスルーム。

これだけです・・・。記憶もあんまりない。
こっちの部屋の方が少し古そうでした。(気のせいかも)
これも同じ1000Bなんですが、断然104号室の方がよかった。

■ロングステイ関係
ここは、基本長期滞在者向けの施設で、部屋も大体埋まっている様子です。
そこで、ロングステイに関係ありそうな情報をいくつか。

IMG_2321IMG_2320
↑宿泊した207号室の上層階。西日がすごいので、その対策か日除けが設置。
ベランダガーデニングもしていますね。
長期滞在すると色々カスタマイズしたくなりますよね。

DSCF0652DSCF0651
↑敷地内にあるクリーニング屋さん。キロ単位ではなかったと思う。
コインランドリーはなかったと思う。

DSCF0661
↑ダイアナエステートの受付みたいなところ。相変わらず、オアシスとの分担がよくわからず。
横にあるのは、お水の自動販売機かな。宿泊した棟にもありました。

IMG_2468
↑お参りするところ。

■警備員
ここのセキュリティは結構厳しいというか、働いてます。
IMG_2470
↑こんな風に、入口に関所があるんですが、私、毎回止められてました。
さすがに、隣のコンビニにお酒買いに行った帰りだけはノーチェックだったかな。
普通、英語で話しかければ大体OKなんだけど、ここはダメだった。
宿泊客だと説明するのも面倒で、毎回、部屋の鍵を見せてました。
ここは、最初から鍵を2つくれたので、2人とも持ってたんですね。
夫に聞くとそこまで厳しくはなかったようなので、私がタイ人女性に見えたのかも。
ちょうどこの頃、かなり日焼けしてしまっていたし。
きっとファランだったら、こんなに厳しくなかったと思う。

帰りにタクシーを呼んだ時も(深夜)、タクシーは中まで入ってこれたけど、私達が部屋から出てきて、
タクシーに乗り込むまで横で運転手を見張っていた。
ちょっと面倒な面もあったけど、このくらいセキュリティがしっかりしている方が安心かもね。
ちなみに、チェックアウトが夜中だったのでどうしようかとMさんに聞くと、鍵を部屋の中に置いておけばOK
警備に比べるとアバウトですね・

■総合評価
まず、今回わかったのは、短期滞在ならホテルの方がやはり便利だなあということ。
サービスアパートメントでも、LKグループとか、バンコクのレガシースイーツなどは限りなくホテルに
近いのですが、ここはあくまでもロングステイがメイン。
部屋の掃除も週に2回だし、アメニティも少ないし。

しかし、ロングステイって考えると、プールも2つあるし、なんと言っても立地は魅力的。
月単位で、2万Bくらいだからホテルに滞在するよりはお得。
ただ、私達はネットが不安定という今の状況が続く限り、ここにロングステイすることはないと思います。
滞在者に老人が多いのは、ネットのことも関係していたりしてね。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「ダイアナオアシスの記事一覧」  
「ダイアナオアシスのホームページ」 

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
August 31, 201000:23ダイアナオアシス その2 (2010年GWパタヤ旅行 その12)
PermalinkComments(4)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年GWパタヤ旅行の後半に宿泊したダイアナオアシス(Diana Oasis)
朝食・プールなどについて紹介します。

■朝食
ここは、デイリーで予約すると、何故か1人分だけ朝食が付いてます。
そこで、もう1人分も追加し、最終日は早朝(夜中)発なので、2泊分の朝食を申し込みました。
計算式はよくわかりませんが、180B追加で払ってます。

DSCF0656
↑朝食は、こちらのレストラン。

DSCF0662DSCF0664
↑こんな感じの雰囲気。オープンエアですが、日陰だし、扇風機もいっぱいだから涼しいです。

朝食は、コンチネンタル、ABF、コーンフレーク&バナナ、フレンチトースト、カオトムガイ(チキンのおかゆ)、
カオパットガイ(チキン焼き飯)、パッスイーガイ(チキンの焼そば)、パッタイの8種類の中から選びます。
いずれも、コーヒーか紅茶付き。
これは、オアシスの宿泊客限定のメニューです。

まずは、最初の朝食。既に、どっちがどっちを頼んだのか覚えてない。
DSCF0691DSCF0690
カオパッガイダーウ(目玉焼き)をお願いしたら、なんと有料だった
しかも、15B、その場で現金払いだよ。
お財布、たまたま持っていたから良かったけど、やっぱりホテルとは違うね。

DSCF0692DSCF0693
パッスイ、って言っても、パッスイというのは初耳。
どうやら、平打ちのライスヌードルのようです。
パッタイも別にあったので、味付けが違うのかな。見た目は限りなくパッタイに近いです。

両者とも、割と美味しかったのですが、何故か2人とも3分の2位食べたところで、残してしまった。
おかげで、お昼にフードランド前のカオマンガイを食べることができた。
オーガストのカオパットとか美味しすぎてついつい完食してしまうけど、明らかに朝から食べすぎだもんね。

IMG_2294
コーヒー。これもあんまり覚えてないけど、珍しくミルクを入れてるから、濃い目or苦かったのかも。

IMG_2423IMG_2427
↑2日目は2人揃って、カオトム
前日、持ち帰って食べたカオマンガイがすごく美味しかったので、この日の昼にまた行くつもりで、朝は軽めにしました。
こちらも、それなりには美味しい。

2日食べての感想は、そこそこ美味しいので付いていれば食べるけど、わざわざ朝食付にする必要はないなあと。
立地的にも外に出れば色々お店ありますしね。
だから、1人分だけ付いているのは、なかなか悩ましいというか、ホテル側の作戦勝ちかもね。
もう1日あったら、フレンチトーストとか食べたかったな。

DSCF0686
ハッピーアワーとかも一応あり。他にも色々メニューがありますよ。
最近は、宿泊客向けに毎月最終金曜に無料でバーベキューをやっているみたい。

■プール
プールは2つあります。2つあると気分転換にはなりますね。

DSCF0646DSCF0677
↑まずは、お部屋から見えていた方のプール。
こちらの方が深さもあるし、やや広め。泳ぎたい人はこちらです。

DSCF0654DSCF0669
↑朝食をとるレストラン前のプール。
こちらはかなり浅いです。子供用プールみたい。
でも、ファランの老人がほとんどで、のんびり浸かっている。
ここ長期滞在用だけあって、老人比率が高いんですよ。

そんな中、プールでドイツ人とタイ人と子供2人のファミリーと出会いました。
ドイツ人のお父さんが、割と若くて感じがよくてカッコいい。
年齢は、30代か40代前半くらい。ファランの年齢はよくわからない。
5歳になるお嬢さんが最初話しかけてきたんですよ。
物怖じしないというか、人懐っこい。ファランとタイ人ハーフって、いい所どりだと、ビジュアル面はかなりいい。
その子とカタコトのタイ語で話をしてると「タイ語話せないの?」って聞かれました。キビシイ・・・
女の子は、タイ語とドイツ語両方できるみたい。
そしたら、お父さんが「彼らは日本人だから英語なんだよ」と説明してましたが、日本人は日本語ですから。
タイ人の奥さんは相変わらず日本人好みではなく、ややポチャ(産後のせいかも)だけど、
感じのよい人でした。
ファランのおじいさんが若いタイ人と子供を連れていると正直微妙な気持ちになるけど、
なかなか好感の持てるファミリーだった。

さて、プールもやはりホテルとは違います。
最大の違いは、プールタオルがないこと。仕方がないので、ロータスで買いました。
実は、私達はよくセンタンでバスタオルを買っていて、家にあるバスタオルの半数以上はセンタン製。
今は日本の物価も安いので、純粋に価格比ならば何もタイで買わなくてもいい。
でも、同じ値段を出せばタイの方がクオリティが高い気がします。
購入するのは。大体、250〜350B(約700〜900円)のもの。
しかし、スーパーで買うのは初めて。一応、1番安いのは避けて、比較的品質のよさそうな150B位のを購入。
ところが、家に帰ってから洗濯すると、タオルの繊維が抜けまくり他の洗濯物に付着してしまう。
グレーと紺色を買ったので、目立つんだよね。
その後、何度か洗っても一緒なので、最近が使わなくなりました。
やっぱり、安物はダメかも。

IMG_2464
喫煙スペース。プールの横とかにあります。
プールは禁煙ぽい。吸っている人はいなかったですね。

さて、次回、ダイナアオアシスのその他のお部屋などを紹介します。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「ダイアナオアシスの記事一覧」  
「ダイアナオアシスのホームページ」 
 

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
August 28, 201019:14ダイアナオアシス その1 (2010年GWパタヤ旅行 その11)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年GWパタヤ旅行の後半に宿泊したダイアナオアシス(Diana Oasis)を紹介します。

IMG_2473IMG_2481

ここは、長期滞在用のサービスアパートメント、あるいはコンドミニアムですが、
1泊からでも宿泊することができます。
でも、やっぱり長期滞在向けかなぁ。
日本語の情報はほとんどないので、詳しく紹介していきたいと思います。
(ダイアナオアシスのサイトはこちら) 

■宿泊した理由
当初、GWのタイ旅行は、パタヤ&バンコクの予定でした。
しかし、赤服問題が深刻化して急遽パタヤだけに変更し、バンコクの代わりの
後半のホテルをどうするかという問題が出てきました。
前半はオーガストスイーツに予約済み。そのまま泊まってもいいのだけど、せっかくだから冒険したいと考えました。
いくつか候補のホテルもあったのですが、同じホテル同士だとどうしてもオーガストに軍配が上がってしまいます。
だったら、全然違ったところに泊まってみるのはどうだろうと。

そこで思い出したのが、かなり前に夫が見つけた、このダイアナオアシス。
我が家は、私も夫も情報収集しますが、英語関係のサイトは専ら夫担当。
パタヤに住んだら、タイ語はもちろん、英語力もなんとかしたいと思ってる。

ここは、基本月単位で貸し出しているサービスアパートメントです。
何よりも気に入ったのがその立地。
ソイブアカオの紫色のサワディーホテルの斜め前辺りで、まさに、私達の行動エリアのど真ん中。
(詳しくは、ソイブアカオ地図C-をご覧下さいね)
上の写真の「ダイアナエステート(DIANA ESTATE)」の看板をご覧になった方も多いのではないでしょうか。
将来、ここに住めたら便利だよね、と期待もふくらみます。
今回はそのための事前リサーチでもあったわけです。
もし、完璧だったら、こうやってブログで紹介することもなかったでしょう。
(つまり、気に入らなかったということ)
私達にとって、最大の問題点はネットのアクセスが非常に不安定だったこと。
正直、ブログの更新はムリでした。
海外にロングステイする場合、少なくとも私達にとっては、ネットは命綱。
しかし、ネット関係をそんなに重視していないのならば、それなりにいいんじゃないかと思いますよ。
実際、ファランを中心にかなり人気のようで、空き室は少ないそうです。

■予約とチェックイン
予約は、ホテルに直接メールを送りました。
結果、少しなら部屋は空いているということで、勧められた207号室を3泊で予約。
ホテルサイトにも写真が載っている部屋です。
料金は、2泊分×2人分の朝食をつけて、3泊分で3480B(約9700円)。
1泊分の基本宿泊料は、確か1人分の朝食付で1100B(約3100円)。
結構、お手頃価格です。
長期になればなるほどお得になるので、興味のある方は、ホテルサイトをご覧下さい。

当日は、ソイブアカオ巡回のソンテウに重い荷物2つと私だけが乗って、その後ろを夫がバイクで追走。
荷物の上げ下ろしは夫も手伝うという方法で、10Bで移動しました。
だって、タクシー(ソンテウ)をチャーターすると近距離でも100Bくらいとられちゃうからね。

ところで、予約したのはダイアナオアシスですが、入口の看板はダイアナエステート
この2つの関係が最後まではっきりとは、わかりませんでした。
どうやら、全ての施設の総称がダイアナエステートで、中には分譲のコンドミニアムもあるようです。
一方、レンタル専用の施設の名称がダイアナオアシスというみたい。
タクシーとかは、ダイアナエステートで予約した方が無難です。

さて、中に進んでも、特にレセプションらしきものが見かりません。

DSCF0656
↑結局、奥にあるレストランに入ると・・・

DSCF0667
↑中の一角がレセプションというか、事務コーナーでした。
この日は、タイの祝日で、担当のMさんとその子供達が私達の到着を待ちかねていた様子。
お部屋まで、子供も付いてきた。
そして、部屋に入って30分くらいして、ある問題が発生したので(後述)連絡をしたところ、
既に子供と出かけてしまい、翌日の夕方までは来ないとのことでした。
ここはホテルではないので、24時間体制ではないのです。
しかも、細々としたことを対応するのは常にMさん。
ちなみに、このMさんは小柄で超細くて、しっかりした女性です。
ホテルサイトもMさんが作っているようで、その個性が出てます。
まあ、マンションの管理人さんっていうイメージですね。

■宿泊したお部屋の紹介
IMG_2480
↑今回宿泊した207号室は2階ですが、このような階段を昇らないといけません。
これが、結構きつかった。2階まで行くと、上層階行きのエレベーターがあります。

DSCF0677
↑プールビューですが、この植物がいい目隠しになっています。
欠点としては、西日がすごい。長期滞在だと、電気代がかさむかもね。

IMG_2245IMG_2248
↑部屋の大きさはちょっとわかりませんが、そこそこ快適です。
ベッド、ソファ、ダイニングテーブルなど。

IMG_0111
↑冷蔵庫も2ドアなので、早速、氷とお気に入りのアイスクリームを補充。

IMG_2263
↑クローゼットもそこそこ広いです。

IMG_2260
↑長期滞在用だけあって、キッチン関係は充実。
電子レンジも当然あります。

IMG_2264IMG_2268

IMG_2265IMG_2267
↑こんな感じで、キッチン用品はひと通り揃ってるので、その気になれば色々作れます。
私達もフードランドのカオマンガイ屋さんでテイクアウトしたものを電子レンジで温めて食べたけど、熱々で美味しかった

IMG_2251IMG_2249
↑バスルーム。シャワーのみでバスタブはなし。湯量はそこそこで満足できました。

IMG_2252
↑アメニティは、小さな石鹸のみで、やはり長期滞在用だなあという感じ。

IMG_2266
セーフティBOXもあり。これは旧式のタイプで、いったんパスワードを記憶させれば、
次からは閉める際にはパスワードは不要というもの。
しかし、このセーフティBOXをめぐって、ちょっとしたハプニングが発生。
部屋を案内されたときに、Mさんがリセットボタンを押していたようだったので、そのままパスワードを入力。
ところが、以前のパスワードが生きていたようで、開かなくなってしまった
中に入っているのは、私のパスポートといくらかのお金。
既にMさんは、子供達と遊びに行った後で連絡とれず。
幸い、ちょうど銀行に入金しようとしていたところで、夫のパスポートは入っていなかったので、
最悪、夫だけ先に帰国してもらおうかとなとか、色々考えました。
この日は、パタヤで知り合ったご夫婦と夕食を約束をしていたので、とりあえず私は
待ち合わせのセンタンに出発。
どうなることかと思っていたら、、、電話が来て、無事に解決しました
夫が推理して「多分、前泊していたのはファランだろうから、そんなに複雑なことはしないだろう」
ということで、ゾロ目を0000から順番に入力したら「1111」で見事開いたとのこと。
夫、えらい
皆様も、旧式のセーフティBOXには注意ください。

■ネットについて
ここは、WIFIで無料です。
ところが、アクセスが多すぎるのか、なかなか繋がりません。
3日滞在している間、半日くらいはスムーズなときもありましたが。
ホテルサイトのニュース欄によると、ネットがスムーズじゃない状態がかなり続いているようです。
この点が、解決されないと、私達はちょっとね。
この時はGW中で、夫のお客様もお休みだったので、実害はありませんでしたけど。

■その他、お部屋関係
IMG_2422
↑鍵をかける場所は2ヶ所あります。

部屋の掃除は、1週間に2回。私達が滞在中は1回ありました。
だから、バスタオルとかは毎日交換はできません。
短期滞在だと、やはり普通のホテルの方が快適だとは思います。

ベランダはとても小さいです。冷房の室外機置き場という感じ。

以上、私達が泊まったお部屋の紹介です。
この他にも、部屋は見せてもらったので、次回以降に紹介したいと思います。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「ダイアナオアシスの記事一覧」  
「ダイアナオアシスのホームページ」 

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
August 21, 201023:58PASADENA LODGE (パタヤのホテル紹介)
PermalinkComments(5)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル紹介、今回はPASADENA LODGE(パサデナロッジ)の紹介です。
ここは、夫の希望で前回の旅行中に見に行きました。
バブーナに引き続き「プールなし」という時点で、私的には対象外だったりするのですが、
安い割りには快適そうなホテルで、かなり好感を持ちました。
プールがなくてもOKって方にはいいかもしれませんよ。

■立地など
ソイブアカオ周辺ソイメトロポールの奥の方にあります。
詳しい場所は、ソイブアカオ周辺地図C-をご覧くださいね。

この辺りはバービアやGOGOなどの夜遊び系から、レストラン、クリーニング屋さんなど色々あるし、
物価も安く、滞在するにはかなり便利な立地です。
でも、初めての訪パタヤで女性やカップルが泊まる場合は、そんなにお勧めできないかも。
私は割りと好きな立地なんですけどね。
すぐ近くにバービアが結構多いので、もしかしたら夜うるさいのかなと思ったりもします。

IMG_3593IMG_3588
↑ホテルの外観です。突き当たりにホテルの看板(右写真)がありますが、
ここに写っている白い建物ではなく、その横の建物になります。
かなりこぢんまりとしたホテルですね。
入口は緑も多く、割りといい雰囲気。
このホテル、全体的に小奇麗でセンスはいいと思うんですよ。

■お部屋紹介
では、早速お部屋紹介です。
今回は、2種類のお部屋を見せてもらいました。

◆スーペリア
IMG_3601IMG_3613
↑お部屋は、なかなかオシャレな感じです。
漢字とかがあって、ちょっとチャイニーズ風だなあと思ったら、日本風なんだって。
一応、フランス人から見た日本風というのコンセプトらしい。
ということは、オーナーか関係者がフランス人なのかな?

IMG_3602
↑テレビ、DVDもあります。

IMG_3603
セーフティBOXもあります。

IMG_3606IMG_3607
↑漢字の書いてある障子風の扉を開けると、正面に洗面台、右がシャワールーム、
左がトイレです。そして、その奥がベランダ。
バスタブはありません。日本風なら、バスタブは必須でしょ、なんて思ったり。

部屋の広さは26平米とのことですが、もう少し広いような気がしました。
たぶん、障子を開いておくと、バスルーム部分も一体化するので広く感じるんじゃないかな。
ホテル提示の価格で、ローシーズン1000B(約2800円)、ハイシーズン1200B(約3300円)。

◆スタンダード
続いて、スタンダードルームです。こちらは、20平米とかなり狭いです。

IMG_3611
↑お部屋はやっぱりなかなかオシャレ。
西日がかなりあたって暑いです。
でも、確かこの部屋は遠くにが見えました。
ビーチからはかなり離れているので、視界をさえぎる建物が出きたらすぐに見えなくなりそうですが、
現時点ではある意味オーシャンンビュー
でも、ベランダはありません。

IMG_3609IMG_3608
↑洗面台、トイレ、シャワー。
かなりコンパクトに配置されていて、ベランダがないこともあって、20平米という面積よりは、
部屋は広く感じられました。でも、基本狭いけど。
このお部屋はローシーズン700B(約2000円)、ハイシーズン1000B(約2800円)。

ネットはWIFIで無料。どの程度の速さかはわかりません。
IMG_3614
↑共有廊下にあった機械。私はよくわかりませんが・・・ネット関係のものですよね?

◆お部屋のグレートと価格帯
上にも書きましたが、スタンダードルーム700Bから、何種類かあります。
(詳しくは、ホテルサイトの価格表をご覧ください)
飲食設備がないし、たぶん朝食なしだと思います。

一番高いデラックスルームは、44平米とかなり広くて見てみたかったのですが、残念ながら、
空いていませんでした。
このデラックスはローシーズン1200B(約3300円)、ハイシーズン1500B(約4200円)。
広さを考えるとかなりコストパフォーマンスがいいような、でもプールがないからなと思ったり。
(ローシーズンなら、オーガストのシテイビュー朝食なしスーペリアが1400〜1500Bくらいなので、
これとの比較になってしまうのです)

また、2週間単位で泊まると1日分、1ヶ月で2日分の割引があるとのことでした。
2人で泊まる分には、たぶんジョイナーフィーはいらないと思います が、ホテルには確認
していません。

私が検索した限りメジャーなホテル予約サイトには登録されていなかったようなので、
予約する際には、ホテルに直接メールなどをすることになると思います。
上記のホテル提示価格から安くなったりするかは、わかりません。

■その他の施設
小規模なホテルなので、特筆するような施設はありません。
ただ、ロビー周りなどはなかなか雰囲気がいいです。

IMG_3621
レセプション
今回案内してくれたカッコいい系のお姉さんは、親切で英語もかなり上手でした。

IMG_3618
↑ロビー奥にソファがありました。そこに、何人かタイ人のお姉さんがいて、そのうちの1人が
かなり美人でした。(どうでもいい情報ですね)
宿泊者という感じでもなく、ホテルのスタッフという感じでもなく、そして私達にも愛想がいい。
ボーイフレンドが日本にいると言っていたけど、何者なんでしょう?
しばらくしたら、ファランも一緒に寛いでましたが。ちょっと謎。

IMG_3623
↑入口あたりのソファもいい感じ。ここでビールとか飲んでもいいですね。
でも、蚊にさされそう気もする。

IMG_3598
↑ホテルの入口には、テラコッタ風の鉢に金魚がいました。
こういうのも日本風なのかな。

IMG_3626
↑ロビーにもパソコンあり。

■総合評価
バブーナ同様プール無しという点で、私のホテル選択基準からは外れてしまうのですが、
価格が安い割りに部屋は快適そうです。
深夜到着の初日だけ泊まるとかは、アリかな。移動が面倒だけど。
立地重視で、部屋は寝に帰るだけだど、それなりの快適性や清潔感を求めるのならば、
かなりいいんじゃないかなと思いました。
狭いけど、貧乏くさい気持ちにならなかったのが、私的にはポイントです。
(貧乏くさい気持ちになる安ホテルは、やっぱり避けたいと思う今日この頃)

たぶん、プール無しでいいと割り切れば、パタヤにはリーズナブルで新しくて安いホテルは
まだまだあるんじゃないかなあと思うんですね。
そういうホテルの探索も楽しそうですが、自分は対象外って所が微妙。
それでも、今後も、気が向いたら、そういうホテルも見学するかもしれません。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。   
「パサデナロッジのホームページ」