バンコク ホテル

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
February 03, 201108:54バンコクシテイホテル(2) お部屋&朝食
PermalinkComments(4)TrackBack(0)

サワッディ カー

前回に引き続き、2010年12月にオープンしたばかりのバンコクシテイホテル。
今回は、お部屋と朝食について紹介します。
ホテルの詳細はこちら

■お部屋
2011年1月現在、10階以下の部屋はまだ稼働してないようでした。
そして、WIFIの電波がきているのは15階以上。
着々と工事は進捗していると思いますが、チェックインの時に確認ください。
また、チェックイン時に喫煙か禁煙かの希望も聞かれました。

◆ダブルベッドルーム
まずは、最初の日に泊まったダブルルームです。

IMG_4230IMG_4233
↑この写真でわかるかどうか、ベッドがかなり小さ目です。限りなくセミダブル。
1人ならツインのベッドよりも広いけれど。
部屋もそれほど広くはないです。
でも、バンコクの場合、部屋に滞在する時間はそんなに長くないので、まあOKかなという感じ。
このお部屋に2人でずっといたら、息苦しいかも。

IMG_4232
↑柱でできたデッドスペースにあったソファらしきもの。
ちょっと使い勝手が悪い。荷物置きにするしかないかな。
ずっと座っているとお尻が痛くなります。


IMG_4238
↑クローゼットの広さはツインよりダブルベッドルームの方がやや広いです。
扉は全面鏡です。
しかし、通常ここにあるはずのセーフティBOXがない。

IMG_4234
↑テレビはNHKワールドは映りました。
でも、全体的に画像が乱れ気味。これも工事中のせいかも。 
冷蔵庫の中はフリーの水のみ。

IMG_4235
↑1番気に入ったのがこのバスタブ
三角の角の部分が椅子になっていて、身体を洗う時とか便利。
いつか自分のコンドとかを持てたら、このバスタブがいいかも。

IMG_4237IMG_4236
↑アメニティと洗面台。広めで使い勝手がいい。
シャンプー、石鹸類はありますが、歯ブラシはなし。
シャワーキャップよりは歯ブラシの方が優先だと思うんだけど。
それから、バスタオルとタオルはありますが、ハンドタオルはなし。
ドライヤーもありません。

ネットは各フロアごとに無料WIFIのアクセスポイントがあって、パスワード不要(今のところ)。
それなりに速くてストレスはありませんでした。
有線LANも来ているようですが、今回ケーブルを持っておらず試してないのでわかりません。

◆ツインベッドルーム
2泊目以降に利用したツインベッドルームです。

IMG_0980
↑同じ990Bですが、かなり広さが違います。
これだったら、絶対にツインの方がいいと思う。
この部屋に移って一気に快適になりました。

IMG_0981
↑クローゼット自体はダブルベッドルームの方が広いですが、その横に棚があります。
この棚、なかなか使い勝手が良くて、私はこっちの方が好き。

その他、バスルーム、ホテルの設備はダブルルームと同じです。

◆お部屋の感想
とりあえず、宿泊した感想は、やっぱり、新しいっていい ってこと。
設備はピカピカ 清潔。タオルもきれい。

お部屋に関してはほぼ満足してますが、マイナス点もいくつか。
まず、お部屋にセーフティBOXがありません。

IMG_4496
↑レセプション横にセーフティBOXらしきものがあったので、レセプションに預けることは可能だと思います。(未確認)
私達は、大体の貴重品は持ち歩いて、一部は鍵を付けたポーチに入れ、さらに袋に入れてなんだかわかりにくくして、キャリーバッグの中に入れておきました。
持ち歩くのとどっちがベターなんでしょうね?

さらに細かい点ですが、壁があんまり厚くないのかなと感じました。
隣の部屋の声が結構聞こえてきたり。
たぶん、普通に話しているレベルなら聞こえないと思いますが、ちょっと大きい子供の声や歌声(?)など。
交通量の多いペップリー通りに面しているので、車の音なども多少は聞こえます。
まあ、普通の感覚なら問題のないレベルですが、音に敏感な人は避けた方がいいかもしれません。

IMG_0977
↑また、私はあまり気にしませんが、2つ目のお部屋の窓の外側の写真です。
ここには1本しか映ってないけど、タバコが10本くらいは捨てられていた。
工事中のものか、前の宿泊客が吸ったのかわかりませんが、チェックが甘い。

IMG_0983
↑お部屋からの眺め。結構高層なのに、窓が空きます。

IMG_1011IMG_4228
↑フロアマップと廊下。宿泊したのは1512と1509です。

■朝食
今回は、2人分の朝食付でした。ビュッフェスタイルです。
時間は確か7時〜10時まで。朝食券などのチェックなし。
オープン間もないので、まだそこまで手が回らないんでしょうか。
これだと他のホテルから潜り込んでもわからないんじゃないの? って少し心配になりました。

朝食はかなり混んでいます。
ほとんどがアジア系。タイ人とか中華系に見えました。
ファランは20%いるかいないか。

IMG_0995
↑お料理は炭水化物系が多い。
焼き飯と焼きそば2種。スープ系麺かおかゆ。
それ以外は目玉焼きとソーセージ。

IMG_0985IMG_0986
↑パン数種類。中華饅もあったけど、あまり美味しくはない。
バナナマフィンはコーヒーのお茶うけに良かった。ちょっと香料っぽいけど。

IMG_0984
↑サラダは毎朝同じ。でも、野菜不足解消になります。

IMG_0991IMG_0996
↑コーヒーマシーンとその他の飲みもの。
ジュースはよくあるひたすら甘いタイプ。

IMG_0979
↑1杯ずつ豆を挽いていれるので、味はまずまず。

IMG_0988IMG_0978
↑私のとってきたお皿。2日分です。
まあ、正直全体的にたいしたことはありません。
特に美味しいものもなく、不味いというほどでもなく。
宿泊に付いているので食べようかなという感じ。
焼き飯の具とか少し違うところもあるけど、内容もほぼ毎朝同じです。
グルメ目的の旅行なら、パスした方がいいかも。

■総合評価
立地、設備面を含め990Bという価格ならばかなりお勧めです。
スクンビット中心の方には多少不便かもしれませんが、サイアムも近いし、どこに行くにもそれなりに便利。

いずれ価格帯が上がるとは思いますが、1500B以上だと利用しないかも。(その後チェックしたらそこまでは上がってないようですね)
最近の価格や口コミはこちらでご確認ください。

なお、グレードとしては、あくまでもビジネスホテルのカテゴリーだと思います。
ビジネスホテルとしては割といい方かな。
私達も、この価格が維持されている間はまた利用しそうです。

それでは、また



オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
February 02, 201108:53新オープン! バンコクシテイホテル(1) ホテルの概要
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サワッディ カー

すごく久しぶりにバンコク ネタです。
先日、バンコクで滞在したホテル、バンコクシテイホテル(Bangkok city Hotel)を紹介します。

IMG_4220IMG_4222

このホテル、昨年2010年12月にオープンしたばかりですよ〜
まずは、ホテルの概要や予約についてです。
ホテルの詳細はこちら

■ただ今お得なプロモーション中
このバンコクシテイホテル、実際に宿泊した日本語の体験記はまだあんまりない?と思います。
今も一部工事をしていて、ソフトオープンというところ。
そのかわりというか、現在お得なキャンペーン中です。

IMG_4387
↑1泊朝食付2人利用で990B(約2700円)。1人利用なら、890B(約2400円)
できたばかりでお部屋も新しくバスタブ付。
そこそこ速い無料WIFIあり。
この値段なら、立地、設備も含めかなりお勧めだと思います。
(この後、ちょっと辛口なことも書きますが、お得なことは間違いなし)

なお、このキャンペーンいつまで続くのかは確認してません。
ホテルの状況次第なんじゃないかなと思うのですが。
気になる方は直接ホテルに問い合わせてくださいね。

■予約から当日までの色々
まだオープンして1か月くらいということで慣れていないのだと思いますが、色々と問題はありました。
まず、ホテルサイトで予約したところ、予約のお礼と予約番号がメールで送られてきました。
たぶんこのメールは、自動返信だと思われます。
ところが、この予約番号をホテルサイトで確認してもエラーになる。
(本来、こちらのページで確認できるはず)
変だなということで、夫がホテルに電話したところ、予約は入ってませんでした・・・
「何故、メールが送信されているのに予約されてないんだろう?」としきりにホテルの人が言っていたようですが、そう言いたいのはこっちですよね。
この電話でとりあえず、再度予約完了。
同じような症状が起きたら、確認することをお勧めします。

そして、宿泊当日。
最初に通されたのは11階のダブルベッドルーム
(お部屋の写真などは次回詳しく紹介します)
荷物を広げネットをしようとするとできない。
(今のところ、パスワード等はなくフリーです)
2回ほどレセプションに行き、おかしいから係員を行かせるということになり、その係員に話したところ・・・
11階は工事がまだで、ネットは使えないということでした。
15階以上ならOKということで、レセプションの人はそのことは知らなかったんですね。
ということで荷物をまとめ、15階に移動。
無事にネットは使用できました。

さて、夜になって寝ていると、なんかベッドが狭い。
一応ダブルなんだけど、限りなくセミダブルに近い。
ここで、ふと思い出す。
そういえば、予約したのってツインルームだった・・・
私達も、もっと早くに思い出すべきでしたね。
というわけで、翌朝ダメ元でレセプションに主張。
すると、あっさりツインルームに変更。
同じ15階での移動です。

毎回、荷物を広げていたので、移動は結構面倒でした。
ツインとダブルルームは同じ値段なのに、ツインルームの方が部屋も広いです。
最終的には満足できたたのでOKなんですが、何かおかしいなと思ったら確認することを勧めます。
(タイ全般にいえることですね) 

■施設の様子
現在はソフトオープンということで、まだ未完成部分も色々。
そううるさくはないですが、昼間は工事の音も聞こえます。

IMG_4225IMG_4227
↑入口とレセプション。
従業員の制服がチャイナ服ということもあって、なんか台湾にいるような気持ちになります。

IMG_4386
↑入口にあるパソコンコーナー。パソコンが5台ほどあります。
日本語も使えるっぽい。
現時点では使い放題。将来はわかりません。

IMG_4389
↑右端のパソコンはプリンターと繋がっていて無料で印刷もできます。
ちょうど予約のバウチャーとか印刷したいものがあったので、ラッキーでした。

IMG_4381IMG_4226
↑売店コーナー。といっても、水とソフトドリンクのみ。
朝食を食べるテーブル(右写真)でコーヒーでも飲もうかなと思い、メニューをもらおうとすると、メニューもコーヒーもありませんでした。
だから、ここで20Bでソフトドリンクを購入。
ちなみに朝ご飯の時には、コーヒーあります。まずまずの美味しさ。

IMG_4372IMG_4379
↑中5階にあったプールと思われるもの。
そう大きくはありませんが、一応泳げる広さです。
一応、水着持って行ったんですけどね。残念。
建物の中ですが、窓がなくオープンエア。

IMG_4380
↑1人で座るのにちょうどいいジャグジーと思われるもの。

■立地
バンコクシテイホテルの最寄駅はBTSラチャテウィー駅
ラチャテウィーは、サイアムエアポートリンクのシテイラインの終着駅であるパヤタイ駅の間の駅です。
ホテルは、ラチャテウィー駅から歩いて6,7分ってところでしょうか。
ペップリー通りに面しています。
(詳しくはホテルの地図を確認してくださいね)
駅からはずっと大通りなので、夜1人で歩いても特に怖くはありませんでした。

また、パヤタイ駅までも荷物も持って歩いても15分弱。
(サクサク歩けば10分強かな)
大きなスーツケースがなければ、私達は歩いても平気でした。
BTSサイアム、MBKへも充分歩けます。
ラチャテウィー駅を利用したのは今回初めてですが、それなりに便利な立地だと思いました。

ただ、駅の周りにはお店とかは多くありません。
駅を降りてすぐにあるのが、ニューハーフショーの「カリプソ」で有名なアジアホテル

IMG_1010
↑そこからホテルに行く途中のペップリー通り沿いには、夜、チムチュム鍋屋台群が出ます。
屋台と言っても、一応、店舗付。道路を椅子で占領します。
パタヤでチムチュムというとかわいい土鍋ですが、ここは普通の小さな鍋でした。
客層はほぼタイ人で毎日に賑わってます。
もっと長く滞在していたら、試してみたかったな。

駅からの途中にはコンビニもありませんが、ホテルの2軒くらい先にセブンイレブンがあるので問題なし。

IMG_4493
↑なお、このセブンの前にはいつも人がいっぱいいて、どうやらバス停のようです。
特に看板もないので、私達は気付かずにその先のバス停まで行ってしまいました。
ちなみに向かった先はカオサンです。
最近はできるだけバスも利用してますが、まだまだ修行が必要です。

といった感じで、立地も含めなかなかお得です。最近の価格や口コミはこちらでご確認ください。
次回は、気になるお部屋と、朝食について紹介します。

それでは、また



オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 21, 200921:17バンコク・スクンビットのサービスアパートメント一覧
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サワッディ カー

突然ですが、予定を変更して「バンコク・スクンビットのサービスアパートメント」
のリストを作成しました。
何故、急に? という理由は文末に。

■スクンビットのサービスアパートメント(SA)、リストアップの基準
今回は次のような基準でリストアップします。
個人的には、今後、戦勝記念塔(アヌサワリー・チャイ駅)辺りのSAもチェックしたい
気持ちはありますが、今回は無視。

・立地はスクンビット、できれば、ナナ〜プロンポン駅辺りまで。
BTS駅から近い方がいい。でも、一応徒歩10分くらいまでは対象。
・値段は2000B以内が希望。2500Bまでは対象。時期や期間のによってかなり
 価格が違うし、プロモーションがあったりするので、あくまでも目安です。
  便宜上、Agodaの2010年2月の価格で記載。ハイシーズンだからやや高めかな。
  (表示価格に税・サービス料1.17倍した価格)
・部屋はある程度広め。30ない場合は対象外。バンコクのホテルはベランダが
 ないことが多いので30屬△譴个泙△泙∨足はできる。
ネット環境重視。(有料でも安い場合はOK)
セーフティBOXのないSAはその時点で却下。
・あったらいい設備:プール、電子レンジ、洗濯機など。
・朝食は、いいに越したことはないけど、SAだからあまりこだわならない。
・新しいSAは好き。

いつも、大体こんな感じの基準で気になるSAの詳細や口コミを検索しまくります。
その中で、一応、候補となったSAをリストアップし、気になる点も記載してみました。
この予算だと、どうしても完璧なSAはないですから。
なお、以前、記事にしたパタヤの調査ホテル一覧と異なり、調査は全くしてません。
ネット情報をもとにした私見なのでご注意くださいね。
あと、情報が間違っていたり、変わることもあるのでご了承ください。

では、以下最寄駅別にリストアップしていきます。
ホテル名をクリックするとホテルの情報・予約サイトへリンクしています。
口コミ情報などもあるので、気になるSAはチェックしてみてください。

■BTSナナ駅周辺
ナナは、スクンビットの中ではサイアム寄りなのが魅力。
ソイ11辺りは慣れているため、便利に感じます。

◆アデルフィ スイーツ (Adelphi Suites Hotel)
2007年オープン。ちょっと予算オーバーな点のみマイナス。
<立地>ソイ8を約100m。ナナ駅から徒歩2分位。 便利です。
<部屋>スタジオ(36屐法▲妊薀奪ス(48屐砲覆鼻
<価格>朝食付スタジオ2880B(約8000円)
<ネット>無料 
<設備>プール、キッチン、電子レンジあり。

◆シタディーヌ バンコク スクンビット11(Citadines Bangkok Sukhumvit11) 
何店かあるシタディーヌグループ。その中でも11と下記16が気になります。
総合的によさそうなので、一度は泊まってみたい。
<立地>ソイ11から500m、ナナ駅から徒歩7分。 少し遠く感じるかも。
<部屋>スタジオエグゼクティブ(30屐砲魯轡礇錙爾里漾1ベッド(40屐砲覆鼻
<価格>朝食なしでスタジオエグゼクティブ1980B(約5500円)
<ネット>無料 (無線LAN)
<設備>プールあり。キッチン、電子レンジあり。

■BTSアソーク駅・地下鉄スクンビット駅周辺
BTSと地下鉄、両方が使える交通のよさが最大の魅力。

◆サチャズ ホテル ウノ(Sacha's Hotel Uno)  
2008年オープン、立地の良さは魅力。デラックスルーム以外は狭そうなので△。
プロモーションなどで価格があえば、泊まってもいいかも。
<立地>ソイ19、アソーク駅から徒歩3分。 場所は便利そう。
<部屋>3種類ある。スタンダード(20屐法▲后璽撻螢◆25屐法▲妊薀奪ス(30屐法
<価格>朝食なしでデラックス2090B(約5800円)、スーペリア1590B(約4400円)
<ネット>無料 (無線LAN)
<設備>プールなし。コインランドリーあり。キッチン系はなさそう?

◆キー バンコク ホテル  (Key Bangkok Hotel) 
おしゃれで、値段も安めな点がいい。
<立地>ソイ19、アソーク駅から徒歩2分。 とても便利。
<部屋>ゴールドキースーペリア(32屐法▲廛薀船淵ーデラックス(40屐砲覆鼻
<価格>朝食なしでゴールド1510B(約4200円)、朝食付プラチナ2030B(約5700円)
<ネット>無料 (無線LAN)
<設備>プールなし。キッチンあり。電子レンジあるかは不明。

◆ベストコンフォート バンコクホテル(Best Comfort Bangkok Hotel)
値段も安めな点はいい。ネット有料の点はマイナス。施設はやや古め?
<立地>ソイ15とソイ19の間の道、アソーク駅から徒歩5分。
<部屋>スタンダード(30屐法▲好ぁ璽函60屐砲覆鼻
<価格>朝食付スタンダード1500B(約4100円)
<ネット>有料 (無線LAN)
<設備>プールあり。スタンダードはキッチン関係はない?

◆レガシースイーツ (Legacy Suites Hotel)
この中で唯一泊まったことあり。かなりのお気に入り。ハイシーズンは予算を超える
点が残念。詳しくはこちらの記事をどうぞ。  
<立地>
ソイ27、アソーク駅、プロンポン駅から徒歩10分弱。
<部屋>スペリアスタジオ(39屐法▲妊薀奪ススタジオ(46屐砲覆鼻
<価格>朝食付デラックス2519B(約7000円)〜。早期に予約した方がお得。
<ネット>ホテルサイトから予約すれば無料 (有線LAN) 。かなり高速です。
<設備>プール、キッチン、電子レンジあり。

◆コラム バンコク (Column Bangkok)
2008年オープン。コラムレジデンスという名前かも。やや高いが、総合的に◎。
<立地>ソイ16、アソーク駅から徒歩6分位。
<部屋>スタジオ(50屐繊法∩澗療に広い。
<価格>朝食付スタジオ2650B(約7400円)
<ネット>無料
<設備>プール、キッチン、電子レンジ、部屋に洗濯機・乾燥機あり。

◆シタディーヌ バンコク スクンビット16(Citadines Bangkok Sukhumvit16) 
これもシタディーヌグループ。
<立地>ソイ16、アソーク駅から徒歩8分位。
<部屋>スタジオエグゼクティブ(30屐砲魯轡礇錙爾里漾1ベッド(36屐砲覆鼻
<価格>朝食なしでスタジオ1940B(約5400円)、朝食付1ベッド2300B(約6400円)
<ネット>無料 (無線LAN)
<設備>プール、キッチン、電子レンジ、コインランドリーあり。

■BTSプロンポン駅周辺
日本人街のソイ33/1やエンポリアム百貨店があって便利

◆アデルフィ グランデ (Adelphi Grande Hotel)
2009年オープン。総合的に良さそう。値段が合えば、泊まってみたい。
<立地>ソイ41を約200m。プロンポン駅から徒歩5分位。
<部屋>スーペリア(38屐法▲妊薀奪ス(40屐砲覆鼻
<価格>朝食付スーペリア2530B(約7000円)
<ネット>無料 
<設備>プール、キッチン、電子レンジ、部屋に洗濯機あり。

バリーズ ストゥディオ スイーツ スクンビット (Bally's Studio Suites Hotel)
立地が少し不便だけど、値段が安く長期滞在には良さそう。
<立地>ソイ20とソイ22の間の小道。プロンポン駅から徒歩10分位。
<部屋>スタジオ(26屐法▲后璽撻螢◆31屐砲覆鼻
<価格>朝食なしでスタジオ1940B(約5400円)、朝食付1ベッド2300B(約6400円)
<ネット>無料 (無線LAN)
<設備>プール(小さい)、キッチン、電子レンジ、コインランドリーあり。

◆アドミラル スイーツ ホテル (Admiral Suites Hotel)
立地が少し不便だけど、長期滞在には良いかも。
<立地>ソイソイ22を200mくらい入ったところ。プロンポン駅から徒歩10分位。
<部屋>スーペリア(37屐法▲妊薀奪ス(45屐砲覆鼻
<価格>朝食なしスーペリア1590B(約4400円)、朝食付デラックス1990B(約5500円)
<ネット>無料 (たぶん)
<設備>プール、キッチン、電子レンジあり。

■検索したけど条件に合わなかったSA
次回調べる時のために、条件に合わなかったSAをその主な理由別に一応
書いておきます。あくまでも主観なので、ご注意を。

◆ネット料金が高い、又はない。
グランドプレジデント、グランドタワーイントンロー、ロイヤルプレジデンド

◆場所が不便そう(私たちにとって)
サマーセットポイント、アスペンスイート、アドミラルプレミア、マルコポーロ

◆部屋が狭い、設備面がイマイチかも(予算が合う部屋について)
ホープランド、シタディーヌ8、シタディーヌ23、ラクリスSA、チェックインスクンビット

■リストを作ることになった経緯
ここからは余談です。
実は、この前、以前通っていたタイ語教室仲間との忘年会がありました。
メンバーは、上は60代の会社社長から、下は女子大生まで。
プラス、今は社会人のタイ人の先生と、ブログでも時々登場するTさん、Sさんの
現在の先生(タイ人の留学生)、おまけでうちの夫。
クラス自体は崩壊したんですが、定期的に集まってます。
タイが好きっていう共通項があるっていうのが大きいんですよね。

さて、その席でバンコクのサービスアパートメント(SA)はどこがいいかという話に
なりまして。
Mちゃんが、今度タイに行く時に、帰国した留学生の友達も部屋によびたいから
SAの方がいいなぁと。
Mちゃんは5歳の時から、もう20回くらいはタイに行っているベテランさんだけど、
プーケットがメインだそうで。
そこで、「じゃあ、よさそうな所をメールするね」と約束したのでした。

最初は、普通にメールをするつもりだったんだけど、実は私、旅行の度にSAの
情報を探すため色々検索しまくるんですよ。
多少ブックマークはしていても、大抵は記憶を辿っての検索で毎回似たような
ことをしていて、すごい非効率。
そこで、これを機会に、私的に気になっているSAのリストを作っておけば便利だなと。
幸い、Mちゃんのリクエストも2000BくらいまでのスクンビットのSA。
私もできれば2000B以内、MAX2500Bのスクンビット辺りのSAが対象なので、
ちょうどいい。
というわけで、半分以上は自分のために作ったリストです。

まだ完全とはいえないので、今後も機会があればブラッシュアップしていくつもりです。
この記事も、「バンコク・スクンビットのサービスアパートメント一覧」として、
タグの最初の方に載せておきます。

それでは、また



オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
September 16, 200911:53レガシースイーツ(3)その他&周辺の店少し (2009年8月タイ旅行 その6)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

バンコクのサービスアパートメント、レガシースイーツ、今回が最終回。
その他の色々と、周辺の店を少しだけ紹介します。

■ロビーなどのパブリックスペース

IMG_0424IMG_0417
↑ロビーとフロントはこんな感じです。それなりにゆったりとしてます。

IMG_0419
↑一応、パソコンもあります。使わなかったので、無料なのかどうかはわからない。
ホテルのサイトを見てもよくわかりませんね。

そして、ここのエレベーターはカードキーを一度入れないと、上に上がりません。
下がるときはいらない。一応、セキュリティがしっかりしてるってことですね。
IMG_0425

IMG_0426IMG_0427
↑エレベーターを降りるとこんな感じ。シティンロフトよりは高級感あります。

■ルームメイクについて
ここは、「掃除して/起こさないで」というのが、玄関にあるスイッチを押してランプで
知らせるようになってます。これは、なかなか合理的。

しかし、ルームメイクがとっても遅いです。混んでいたからか、人手不足なのか、
夕方くらいまでかかることも。
面倒だから、タオルとかだけ換えてもらった日もありました。
「ハンドタオルも下さい」と言ったら、「今日は終わりました」なんてこともあり、
一流ホテルとはやっぱり違いますね。問題ないですけど。

■その他
お部屋のところで書き忘れたのですが、ここは、NHKプレミアム映ります。
大河ドラマも見ました。

また、帰りのタクシーはホテルのロビーからメータータクシーを呼んでももらいました。
スクンビットまで荷物を引っ張っていくのは、多少大変なので。
結果的には、割といいタクシーが来ました。

■客層
時期的なものなのか、とにかくファミリー客が多かったです。
しかも色んな国の。欧米系はもちろん、中国系、インド系、黒人とか。
親戚一同って感じの集団も。
その割には、プールはそこまで混まなかったです。
そして、普通にカップルも多いですし、女性のグループもいました。
日本人も何組か見ましたね。日本人で女性の1人って方もいました。
女性でも安心なホテルだと思います。

しかし、ソイカウボーイに近い割りには、タイのお姉さん連れのお客さんは、
全く見ませんでした。
一応、2人で予約すればジョイナーフィーはかからないようなんですが。
なんででしょうね?
まあ、グランドビジネスインみたいのよりは、こっちの方が私はいいです。

■周辺案内
前にも書いたように、真向かいはソートートーです。
でも、ソイ29は、全体的にお店は少ない。

◆近くのマッサージ屋さん
DSCN0537←クリックすると拡大します。
↑これが、スクンビットからソイ29に入ってすぐの写真です。
右側の2番目の窓が水色に見える建物が、レガシースイーツです。
そんなに遠くはないでしょう?

そして、左側にはマッサージ店があります。
そのうちの1軒は、1時間200Bか180Bで(正確には忘れた)、この辺りの相場から
言えばかなり安いです。試そうと思ってたんだけど、タイミングを逃して未体験。
もう1つ別のマッサージ店は本当にマッサージなのか、なんだか怪しい雰囲気でした。
真相はわからず仕舞い。

◆BAR「PENALTY SPOT」
スクンビット通り沿い、ソイ29よりもアソーク寄りにあるBARです。
2日目か3日目の夜に行きました。ホテルからかなり近いので、ちょっと飲みたいときに
気軽に行けます。

DSCN0732
屋外の席もありますが、エアコンの入った室内がメイン。

IMG_0487
↑パソコンの音源+ギターを弾きながらロック系の音楽を歌ってます。
バンドの日もあるそうです。

ここはいわゆるバービアではなく、ウエイトレスはポロシャツみたいのを着ていて
一応健全な店です。男性が多いけど、女性もOK。ファランが多いです。
WIFIが飛んでいるのか、パソコンを使っているお客も。
ただ、お店公認?のフリーランスらしきお姉さん達がいます。
男性客が入ってくると近づいてきて、飲み物をおごってもらいます。
その後、色々と話がまとまることもあるのでしょう。

さて、せっかくなので、カクテルなどを頼んでみました。
IMG_0489IMG_0492
↑1杯目はマルガリータ。2杯目はマイタイ。両方150B。
久しぶりのマルガリータが意外に美味しかったので、マイタイを頼んだのだけど、
甘すぎ&ややお薬っぽい味でイマイチ好みではありませんでした。
お店の女の子はカクテルを作るのに慣れてないようで、何人かでマニュアルを
見ながら、ストップウォッチで時間を計ってシェイクしているのが可愛かった。

IMG_0491
↑夫は生ビール。これも150B。
お酒以外に、食べ物もあります。安くもないけど、まあお手頃な値段です。

途中で中年の店員さんが、日本語で話しかけてきました。
若い頃、10年くらい日本にいたそうです。
割といい時代(バブルの頃?)にいたので、いい思いをしたようです。

パタヤにもバービアではなくて、普通に飲みに行ける店がきっとあると思うのですが、
今のところ見つけてません。
しかも、エアコンルームという夫の要望もあり、ますます条件が厳しい。
その点、バンコクは色んな店があって、いいですよね。

■レガシースイーツの総合評価
さて、ホテルに話を戻して、総合評価です。
実際のところ、かなり気に入りました。
部屋、値段、プール、朝ごはん、立地、これらの要素をバランス良く満たしてます。
あえて言えば、BTSから少し遠いかもしれませんが、私的には許容の範囲内。
夜、1人でBTSの駅から歩いたとしても、ほとんど大通りなので、そんなに
怖くはないかなと思います。
値段はもう少し安ければいいけれど、早めに予約すれば2000Bくらいなので、
まあリーズナブルです。

同じようなコンセプトのサービスアパートメントが、スクンビットには他にもいくつかあり、
それらも気になっているのですが、今後もここには是非泊まりたいです。
正直、紹介して予約がとれなくなったらどうしようと思ったりしたほどです。

<関連リンクはこちらです>
レガシースイーツの記事一覧  
レガシースイーツのホームページ      ←日本語のサイト
Agodaのレガシースイーツ情報ページ 
 *その他、知りたい記事へのアクセスは、左のサイドバーにあるTagCloudの単語をクリックすると便利です。

次回は、バンコクの超有名レストラン、私も大好きなソンブーンを紹介します。
それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
September 15, 200910:20レガシースイーツ(2)朝食・プール (2009年8月タイ旅行 その5)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

前回から引き続き、バンコクのホテル(サービスアパートメント)
レガシースイーツの紹介、今回は朝食とプールです。

■朝食の紹介
ホテルの1階には、天翠という日本食料理屋さんが入ってます。
なんで日本食なのか、夜みるとそう流行っている感じはしませんが。
朝食は、ここで頂きます。
席に着くと、従業員の方がやってきて、宿泊客リストにサインをします。

IMG_0412DSCN0539

カウンターに料理類が並べられ、ビュッフェ形式です。
そんなに豪華ではありませんが、十分ですね。
サービスアパートメントの朝食としたら、かなり豪華な方だと思います。
IMG_0411IMG_0409
↑ベーコンやソーセージやスープ、おかゆの他に、日替わりのおかずあり。
初日はガパオ(鶏肉のバジル唐辛子炒め)。この日替わりメニューはご飯にあう
おかずが多かった。
パンは、あんまりおいしくない。そして、よく不足気味になる。

IMG_0407IMG_0408
↑サラダ、チーズ、ハム、フルーツ、ヨーグルトなど。

IMG_0410IMG_0406
↑シリアルとドリンク類。

DSCN0811IMG_0404
↑ビールは夫の持ち込み・・・朝からどうなんでしょう?
ご飯と、卵は従業員の人に頼みます。しかし、全体的に人手不足で大変そうです。
結局、毎日、ご飯と一緒に食べてました。かなり満足です。

私たちが泊まっていた時は満室の日もあったからだと思いますが、かなり混んでました。
室内の席は満席になることも度々あり。
一応、屋外にも席があるのですが、暑くてちょっとムリ。
それなりにお互い譲り合いながら(2人ならカウンター席とか、コーヒーは屋外で等)、
なんとかという感じでした。たまに、空気読まない人もいますが。

■プール
今回のホテル選びのポイントは、プールがあること。
毎日バンコクを歩き回ってたら疲れちゃうので、半日くらいはプールでのんびりする
つもりでした。実際、ほぼ毎日、2〜3時間くらいはプールにいました。
雨季というのに天気もよく、バンコクでプールもなかなかいいものです。

IMG_0413IMG_0414

DSCN0543
↑プールの広さは9m×20m。ものすごく広いわけではないけど、十分泳げます。
椅子はそんなに多くはありません。1日中いる人はあんまりいないので、
一応足りてました。
場所は、玄関のすぐ横で、建物に囲まれているのでリゾート感はそんなにありません。
入口からは植栽で目隠しされており、私はそんなに気になりませんでした。
タオルはフロントでもらいます。

家族連れなども多く、それなりに皆楽しんでいる様子。
次回からも、バンコクに2泊以上するならば、プール付のホテルがいいですね。

■その他のレジャー施設
IMG_0440
↑プール脇には、卓球台があります。私的にはポイント高い。
ラケットとボールはフロントに借りにいきます。このラケットがものすごいボロボロ。

IMG_0436IMG_0435
↑そして、ジムもあります。

それから、滞在中は知らなかったんですが、テニスコートもあります。
そんなのあったっけ? と思ったら、屋上だそうです。
しかし、暑いバンコクでテニスをしたら熱中症になりそう。

<関連リンクはこちらです>
レガシースイーツのホームページ      ←日本語のサイト
Agodaのレガシースイーツ情報ページ 
 *その他、知りたい記事へのアクセスは、左のサイドバーにあるTagCloudの単語をクリックすると便利です。

さて、次回は、もう1回だけレガシースイーツです。
それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
September 14, 200908:14レガシースイーツ(1)お部屋の紹介 (2009年8月タイ旅行 その4)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

2009年8月のバンコク・パタヤ旅行、バンコクで宿泊したホテルは、
レガシースイーツ (Legacy Suites Hotel) です。
ホテルというより、サービスアパートメント。昨年できたばかりです。
ここは、総合的にとても気に入りました。今のところ、バンコクの MY BEST
まずは、立地とお部屋から紹介していきます。

■立地
スクンビット、ソイ29にあります。ソイ29に入って、50メートルくらいかな。
ソイ29は道も狭く、お店も少ない地味な通りですが、在住者向けの語学学校としても
有名なソートートー(泰日経済技術振興協会)があります。
レガシースイーツはこのソートートのほぼ向かいになります。
DSCN0805←ソートートー

DSCN0541←レガシースイーツの入口

BTSのプロンポン、アソーク、地下鉄スクンビットからは、いずれもゆっくり歩いて
10分くらい。
ずっとスクンビットの大通りを歩くので、思ったよりも遠くは感じません。
バスを利用すればもっと便利です。
私たちは旅行中一度はプロンポンに行きますし、それが徒歩圏内というのはかなり
便利でした。ソイカウボーイもかなり近いです。(私には関係ありませんが)
コンビニは、すぐ側にはありませんが、徒歩2〜3分のところにあります。
全く歩きたくない人には向かないですが、私的には問題ありませんでした。

■お部屋の紹介
レガシースイーツには、全部で4タイプのお部屋があります。
今回予約したのは、その中で下から2番目のデラックススタジオ(46屐です。
夜撮影したので、あんまり写りがよくありませんが、かなりオシャレな部屋だと思います。

◆寝室&リビング
DSCN0505DSCN0514
↑お部屋を両側から撮ったもの。46屬茲蠅なり広く感じます。
タイの占有面積はベランダ込みなので、ベランダがない分実質広いのでしょう。
広すぎても持て余すので、このぐらいが丁度いい気がしました。

DSCN0510IMG_0402
↑左の写真はデスクとテレビ、DVD。
ネットのケーブルの差込口はデスクのあたりにあります。
右の写真は、ベッドの両横にある読書灯。これは便利です。
しかし、片方の電球は切れてました。ホテルの人を呼んだけど、「ああ、これか」
という表情をして帰っていき、その後戻ってきませんでした。タイっぽいですね。
たぶんメーカーを呼ぶか、取り寄せないとダメなんでしょう。

DSCN0506DSCN0509
↑リビングコーナー。小さなダイニングテーブルも脇にはあります。

DSCN0515
↑セーフティBOXとクローゼットの備品。アイロンもありました。

◆キッチン
IMG_0393DSCN0518
↑冷蔵庫は冷凍庫付き。電子レンジやトースターもあります。

IMG_0391IMG_0399

IMG_0397
IMG_0398
↑その気になれば、お料理できるだけの備品はあります。
果物を切るときなどは重宝します。

◆バスルーム
IMG_0396IMG_0394
↑バスタブとは別にシャワーブースがあります。
このシャワーブースは排水の水はけが悪かった。高めの柵があるので、水漏れの
心配はありませんでしたが。

IMG_0395IMG_0403
↑洗面と備品。ここに映ってないけど、シャンプー、コンディショナーもあります。
ドライヤーもあり。

こんな感じで、部屋も広く、設備も充実していてほとんど文句はありません。
あえて、マイナス点を探すと、
・ベランダがない。(バンコクのホテルはあんまりない)
・エアコンのリモコンがなくて不便
・ゴミ箱がもう1つ多くあるといい。
・クローゼットの使い勝手があんまり良くなかった。(個人的な好み)
とまあ、こんなどうでもいい点ばかりです。

■ネット環境
有線LANで、かなりの高速です。ワイヤレスもあるようです。
パスワードをフロントでもらいました。
ほとんどストレスありません。ここに滞在中、夜は、かなりブログ更新できました。
で、ネットの使用料金なんですが、私たちは無料でした。
実は、予約の仕方によって、無料・有料は決まってしまうのです。
有料の場合、1日350B。
無料で使用したければ、ホテルのサイトで直接予約する必要があります。

■価格と予約
ここを経営しているのは、パタヤのシティンロフトと同じ Compass Hospitality
という会社ですが、なかなかの商売上手です。運営会社のサイトはこちら。
同じ日程を予約するとして、1ヶ月より前なら、早期20%割引があるし、
その他にも宿泊数に応じた割引なんかもあります。
そして、ホテルサイトで予約すれば、ネットが無料。
色んな予約サイトに登録している割に、結局はホテルサイトに誘導しているとも
いえます。

今回は、早期20%オフで、デラックススタジオが1泊あたり2080B(約5800円)でした。
同じ部屋を直前に1泊で予約すると、約2800B(約7800円)。
今回は4泊でしたけど、もっと長期間ならさらに割引があるのかもしれません。
もちろん時期によっても違うと思います。
単純に値段だけでいうと、Agodaでもそんなに変わらないのですが、ネット無料の
件を考えると、直接予約がいいと思います。

ちなみに、早期割引が適用されるように、10月の値段を調べると、
1番安い39屬スーペリアスタジオが約1760B、デラックススタジオが約1920Bです。
2人で泊まるなら、これで十分ですが、1番高い65屬離譽シースイートでも、
約3200B(約9000円)ですから、そんなに高くもないです。
部屋を考えるとかなりコストパフォーマンスはいいと思いますね。

<関連リンクはこちらです>
レガシースイーツのホームページ      ←ちょっと変だけど日本語のサイト
Agodaのレガシースイーツ情報ページ 
 *その他、知りたい記事へのアクセスは、左のサイドバーにあるTagCloudの単語をクリックすると便利です。

さて、次回は、レガシースイーツのプール、朝食について紹介します。
それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 13, 200909:38suk11(2) 知っておくといい情報など
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

引き続き、バンコクのゲストハウスsuk11(スク11)の紹介です。
今回は、suk11をもっと快適に利用するために、事前に知っておくといい
留意点ななどを色々と書いていきたいと思います。

■予約は事前に
ここは、非常に人気のゲストハウスで、リピーターも多いみたい。
ゲストハウスと言えば、当日予約みたいなイメージがあったりするけど
(実態は知りません)、事前にホームページから予約をした方が
無難でしょう。ホームページはこちら。
ただ、予約の返信が非常にあっさりして、若干不安でした。
「OK」 ほとんどこれだけ。
一応、この返信メールもプリントアウトしていったほうがいいと思います。

■鍵は南京錠で補強
なんとなく不安なので、外出時は、南京錠で部屋の鍵を補強をしました。
ホテルと違い、ドアに南京錠を通すところが、ちゃんとあります。
そのかわり、部屋の清掃はしてもらえなくなりますが。
(必要な時に頼んだり、バスタオルだけ代えてもらうとよい)

なお、南京錠はBTSアソーク駅に行く途中にあるロビンソン百貨店
買いました。路面の土産屋より安かったですよ。
かぎ

■建物構造
まず、階段がかなり急です。エレベーターなんてありません。
スーツケースを持って部屋に行くのはかなりキツイです。
特に、2階は共同部屋が中心で、私たちの部屋は4階だったので大変。

また、横にとても長い建物構造で、4階に着いてからも、スーツケースを持って
長い廊下を歩かないといけません。しかも廊下が暗く、床がガタガタ。
おしゃれと言えばおしゃれなのですが。
そもそも、ゲストハウスに泊まる客は、あんまりスーツケースで来ないのかも。
しかし、この構造だと、万が一火災になった場合、かなりヤバイですね。

■蚊が多い
suk11は、入口など緑が多く、そのせいか非常に蚊が多いです。
特に、朝食時など、ロビーを利用するときは要注意。
虫除けスプレーや、虫さされの薬を持参してください。
ロビーにある扇風機を足元などに強めにあてておくと、ある程度は防げます。

■朝食
入口のロビー部分で食べます。
かなり混んでいるので、少しでもスペースあったらそこで食べる感じ。
内容は、インスタントのコーヒーと、食パンなど2,3種類のパン。
(うち1つは甘いパンだったと思う) バター、ジャム。
これ以外にも運がよければ何かあったような気もします。
もちろん全てセルフサービス。
パンの味は悪くありません。
普段の朝食のことを考えると、これで十分ともいえますが、
他に食べに行ってもいいと思います。

■荷物の預かり
ゲストハウスは預かってくれるのか疑問でしたが、チェックアウト後も
荷物は預かってくれます。
お金が少しかかったような気もしますが。
私たちは、夜便だったので、贅沢にも1泊分払って出発ギリギリまで
部屋を使ってました。
チェックアウト後も、共同のシャワーを使うことはできると思うので
(たぶんそこまでチェックしていない)、さっぱりして空港に向かうことも可能です。

■立地はかなり便利
スクンビット、ソイ11、ナナ駅から徒歩2,3分です。
グランドビジネスインでも書きましたが、交通アクセスの良さは抜群、
かなり便利な立地です。(BTSアソーク、地下鉄スクンビットも徒歩10分強
バス(タクシー)でないとアクセスできないカオサンのゲストハウスよりも、
その点が魅力の1つです。(たぶん、値段はやや高いけど)

さて、下の地図を参照しながら、もう少し詳しく場所を説明します。
ナナ駅からソイ11に入って約50m進むと左側にセブンイレブンがあります。
そのセブンを超えてすぐの小路を左に入った突き当たりがsuk11の入口です。
小路の入口には、ロープか何かで入りにくくしていることもありますが、
気にせずに入ってください。
実はこの小路は、コの字型になっていて、セブンの手前の小路から入ることも
できますが、最初は、セブンを超えてからの方がわかりやすいでしょう。

(クリックすると別ウィンドウで拡大します)
ソイ11周辺地図


ところで、このコの字の小路、飲食店が色々あります。
夜になると、ファランがたくさん集まってくる店もあるし、フリーペーパーに
広告をのせている店もある。
ただ、お勧めの店は全く流行ってない店です。
次回は、その店を中心に、この小路の店を紹介していきます。

それでは、また

<関連記事>スク11(1)おしゃれなゲストハウス

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 11, 200923:30suk11(1) おしゃれなゲストハウス
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サワッディ カー

バンコクの有名なゲストハウスsuk11(スク11)を紹介します。
スクンビット、ソイ11にあるから、スク11。

ここには、昨年2008年8月に泊まりました。
今、久しぶりにホームページを見ると、2008年の10月に料金改定してますね。
少し高くなってるみたい。
もしかしたら、お部屋の改装もしているかもしれません。
(写真の映りが、泊まったときより良く見えるから)
それを考慮した上で、レポしていきます。
suku11のホームページはこちら。

■ゲストハウス初体験
ゲストハウスとは、バックパッカーなどが好んで利用する安い宿泊施設。
タイでは、カオサンなどのエリアにたくさんあります。
一般的には、ベッドがあるだけのシンプルな部屋で、シャワー等は共同、
部屋の居心地がよくないからか、入口などに宿泊者がたむろして情報交換、
といったイメージです。

そういう意味では、ここsuk11は、ゲストハウスの中では変り種。
とにかく、こだわりの感じられるお宿です。

suk11
これがsuk11の入口。
どうですか? おしゃれでしょ。
ファラン好みなので、ファラン率も高く、よりおしゃれさを増してます。
ゲストハウスに興味はあるけど、抵抗もあるというなら(私です)、
まずは、ここに泊まってみるのがいいかなと思います。

■suk11のお部屋紹介
去年泊まった時とは変わってしまったので、ホームページを見ながら説明します。
部屋の写真はこちら
部屋の料金はこちら

トイレ・シャワー共同のお部屋
 →シングル500B(約1400円)、ダブル700B(約2000円)
トイレ・シャワー付のお部屋
 →:シングル650B(約1800円)、ダブル900B(約2500円)
私たちはトイレ・シャワー付のダブルに泊まりました。
その時は、800Bだったので少し値上がりしてます。

以前は、この他にドミトリーという共同部屋(1人250B、700円)がありました。
ファランの若者でいっぱいだったけど、今はないみたいですね。
鍵付の棚もあったけど、トラブルが起こりやすかったんでしょうか?
その代わり、今は、5名定員の1600Bの部屋がある。(1人320B、900円)
果たして、この部屋の需要はあるのかしらね。

このぐらいの料金の差なら、トイレ・シャワー付の方がいいと思うけど、
少しでも安く泊まりたいという人も多いようです。
確かに、タイなら差額の400円で、1日の食費を賄なうことも可能ですもんね。

さて、部屋ですが、内装はなかなかオシャレです。
ananとかのお金をかけずにセンスよく生活している人のインテリア特集に
出てくるような感じの部屋。
部屋の大きさも、思ったよりも広め。バスタオルも付いているし、エアコン付。
イマイチな安ホテルよりは、かなり快適に過ごせそうです。

でも、ホテルとはやはり違います。
冷蔵庫もテレビもない。もちろんセーフティBOXもない。
パソコンも使えません。(2階に共同のパソコンは置いてあります)
とても狭いスペースにトイレとシャワーブースがあって、上手使わないと
トイレも水浸しになる。(ちゃんとお湯はでます)

実はsuk11には、色々と決まり事があって、
部屋の中では飲食禁止アルコール厳禁
(水はいい。チェックインの時に水をもらえるくらいだから)
たぶん、お酒が入って大騒ぎをすること警戒しているのだと思う。
部屋の中に宿泊者以外が入ることも禁止。
飲食や面会は全て、1階のロビースペースでしなければならない。
これ、ゲストハウスに共通のルールなのか、suk11特有なのか?
ある意味、とっても健全な生活が送れます。
色々と注意すれば、女性の1人旅や卒業旅行にもかなり適していると思う。
もしかしたら、中途半端なホテルに泊まるよりもいいのではないかな

さて、この他にも、suk11に宿泊する場合の留意点などが色々あります。
次回は、もう少しsuk11について、紹介したいと思います。

それでは、また

<関連記事>suk11(2)知っておくといい情報など
<関連記事>suk11周辺の食事情報(1)シシカバブ屋さん



オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 10, 200923:15グランドビジネスイン(2) おまけ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

前回に引き続き、バンコクのホテル、グランドビジネスインについてです。
情報というよりは、蛇足みたいなものですが。

■変な従業員たち
ここの従業員は、ちょっと不思議でしたねぇ。
まず、フロントのお姉ーさん達
ピシッとスーツを着て、ちゃんとしたホテルっぽいなというのが第一印象。
結構、きれいな人が多い。
ところが、何かホテルのフロントとしてはズレているような・・・

とにかく、とっても、愛想がいい。特に、私に対して。
日本人の女性が少ないからでしょうか。
それでかどうかわからないけど、フロントで鍵をもらうとき、
私が部屋番号を言う前に、「○○号室ね」と言ったり、
逆に、私が「○○号室」と言うと、「やっぱり! そう思ってたのよ」
という感じのリアクションをする。
合っているから良いようなものの、防犯上どうなんでしょう?
こういうフロントは初めてです。

部屋の掃除のおばさん。
夕方、部屋に行く途中、他の部屋のドアが開いていて、音がする。
ふと、目をやると、掃除のおばさんがベッドに寝転んでテレビを見てる。
目が合うと「サワッディ カー」。
翌日も同じシーンを目撃しました。今度は苦笑い。
たぶん毎日やってるな。
タイっつぽいといえば、タイっぽいですね。

■日本人がいっぱい
ここの客層は特徴的です。
日本人がかなり多い。
見かけたのは、男性の1人客とグループばかり。
ナナプラザソイカウボーイがいずれも徒歩圏内で、
ジョイナーフィーもかからないからだと思います。
タイ人の女性連れの人も結構見ました。
そういうのが気になる人や、女性グループなどは避けた方が無難かも。

また、それが原因なのか、朝、フロントで朝食クーポンをもらう時、
最初、人数が1名になっていて、慌てて2名に書き直していた。
昨日、パスポート見せたでしょ、という感じですが。

以上です。
全体的には、そう悪くもないホテルだと思います。
実際、かなり人気のあるホテルみたいだし。
ただ、もう一度泊まるか? と言われたら、泊まってもいいけど、
積極的に泊まりたいという感じではないかな。

次回は、このグランドビジネスインのすぐ近くのゲストハウス
suk11(スク11)について紹介します。

それでは、また

<関連記事>グランドビジネスイン お部屋と朝食
<バンコクホテルの記事一覧>
<バンコク食事の記事一覧>


オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 09, 200923:03グランドビジネスイン(1) お部屋と朝食
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

今回は、バンコクのホテル、グランドビジネスイン(Grand Business Inn)
を紹介します。

グランドビジネスイン←去年撮った写真

泊まったのは、エグゼクティブツイン、約2000B(約5600円)です。
一応、新館と聞いていたのですが、あんまり新館という感じはしなかった。
ボーイさんに聞くと、新館だとは言っていたけど。
これよりも、もう少し安い1500B位の部屋もあります。

■アクセスに便利な立地
BTSナナ駅から徒歩1分という好立地です。
ソイ11に入って20〜30mくらい。
ナナ駅だけでなく、BTSアソーク駅(地下鉄スクンビット)にも徒歩10分
なので、どこに行くにも便利です。
ロビンソン百貨店(割と好き)が、アソーク駅に行く途中にあります。

買い物という点では、チットロム、サイアムには負けますが、
男性の夜遊びには非常に便利なようです。

■部屋の良い点悪い点
<良い点>
◇インターネットが24時間無料
有線です。ケーブルを持参していたのでつなぐだけ。
スピードもまずまずでした.
ケーブルがない場合は、フロントで貸してくれます。(デポジットが必要)
フロント前にも自由に使えるパソコンが何台かありました。

◇NHKが見れる
去年くらいから、NHKワールドは英語放送がほとんどになってしまい、
あんまり意味がなくなってしまいました。
しかし、ここはNHKプレミアムが入っているので、ドラマとかも見れます。
海外だと、普段見ないのについつい見てしまうのよね。
今回、NHKプレミアムが入っていたホテルはここだけでした。

<普通な点>
部屋の大きさはバンコクならこんなものかなという感じです。
広くもないけど、狭いというほどでもない。
部屋のインテリアなども、それなりにおしゃれにはなっています。

<悪い点>
◇セーフティBOXが部屋にない
フロントにはあるようです。
(確か、時間制限があった。チェックアウトの時間を気をつける必要あり)

◇部屋が1日中暗い
窓の外がすぐ他の建物なので、景色も悪いし、全く光が入らない。
しかも、部屋の明かりも暗め。
ホテルは寝るだけの人ならいいとは思いますが・・・
(そうだとしても、本を読むにも苦労する)
2、3泊ならいいけど、長期滞在はできないなと私は思いました。

■朝食は24時間営業の併設カフェで
朝、フロントでチケットをもらって、併設のカフェで。
写真付のメニューからから朝食を選びますが、
パンの種類や卵の焼き方が違うだけのセットが多く、
あまりバリエーションはありません。
タイフードとしては、おかゆがあります。これはなかなか美味しかった。
また、メニューになかったけど、ヌードルスープもしてくれた。
センヤイ(平打ちの太い麺)でした。

このカフェは、24時間営業で、割と流行ってます。
場所的にも便利だからでしょうか。

■その他
チェックイン時にフロントで鍵を2つ欲しいと主張するもダメでした。
あと、ここは外出する時には、鍵を預けろと言われます。
ちょっと、隣のコンビニに行くぐらいならいいのでしょうが。

なお、ホテルの基本情報、写真などはこちらを見てください

とりあえず、設備など全体的な印象としては、普通という感想です。
ものすごく悪い点もなければ、すごく感動する点もない。
しかし、なんか普通のホテルと言い切れない面もある
それについて、次回、続けて紹介します。

それでは、また

<バンコクホテルの記事一覧>
<バンコク食事の記事一覧>