バンコク ホテル

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 07, 200909:16バンコクシティインの不思議な魅力
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

バンコクのホテル、バンコク シティイン(Bangkok City Inn)についてレポートします。

ここは、2007年と今年(2009年)も1泊しました。
今年1泊したのは、夫がどうしてももう1回泊まってみたいと主張したため。
1泊してから、グランドビジネスインに移動しました。
(これは、非常に面倒で時間がムダだった)
しかし、再び泊まってみると、やはり結構良かったので、ムダではなかったかもね。

DSCN0849←バンコクシティインの外観。地味です。

■バンコクシティインの(明らかに)悪い点
このホテル、合わない人には合わないと思うので、先に悪い点を指摘します。

まず、なんといっても設備が古い。(清潔ではある)
リネン類などもかなり使いこまれた感じ。
初めてホテルや部屋の中に入ると、わびしい気持ちになるかもしれません。
部屋はあまり広くはありません。

それから、セーフティBOXが部屋にない
仕方がないから、貴重品は持ち歩いてます。
(フロントに、セーフティBOXがあるかは未確認)

ネットも使えません。たぶん。

とりあえずは、こんな所です。
ただ、これからあげる他の特徴も、人によってはマイナスに思う可能性もあり。

■買い物に便利な立地、でもBTS駅からはちょっと遠いかな
ここの良さはなんといっても立地の良さです
伊勢丹も入っているセントラル・ワールドの向かい側にあるビッグCの裏側あたり。
プラトゥーナム市場も至近です。
買い物の中心がチットロム・サイアム辺りの人には、とにかく便利です。
ただ、BTSのチットロムからは、歩いて5分以上はかかります。
途中の道も人混みで歩きにくいので、荷物が多いときは
タクシーでアクセスするのが無難。

■家庭的な朝食がおいしい
ビュッフェと呼ぶには雰囲気が違うけど、一応ビュッフェです。
テーブルセッティングはなく、空いている席を自分で探して確保する。
コーヒーなどもセルフ。パンは薄い食パンのみ。
一般的なホテルの朝食が好きな人や欧米人には良くないかもしれない。

そのかわり、ここは中華風のおかずが盛り沢山。野菜も多い。
例えば、冬瓜とすね肉のスープ、空心菜炒め、具入り卵焼きなど。
どんどん作っては、追加していくのも好印象。
栄養バランスもいいし、何泊しても飽きない気がします。
日本人なら、かなり気に入ると思うのだけどどうでしょう。
私たちは相当好きです。

■その他のポイント
たいしたことではないけれど、私が感じた点を羅列していきます。
・部屋の電気が明るくて、本が読みやすくて好印象。
  景色は良くないが、昼間は部屋が明るくなるのもよい。
・シャワーの水力は十分(部屋によるかも)
・NHKは映りませんでした。
・一応ホテルの体裁。ベルボーイなどもいる。
・客層は中華系が多い。(中国名:安担大飯店)
 そのせいか、部屋の備品すべての価格表が置かれていた。
 こんなボロいベッドカバーなんていらないよ・・・
・有名な両替商の「スーパーリッチ」が近くにあって便利

最後になりましたけど、ここの最大の魅力は安いこと!
その時によっても違うけど、今回は1部屋朝食付1000B(約2800円)で宿泊。
時期やサイトによっても違うのですが、たぶん1300B以下では泊まれると思う。
この値段で、この立地なら、かなりいいと思うのです。
さらに、段々クセになるというか、フロントの素っ気無さとかも含め自分達には
合っているんじゃないかなと。
今後は、「バンコクシティインが常宿」でもいいかなと思ったりしている。
※その後、もう少しお金を出しても快適なホテルの方が好きだと再認識してます。

ホテルの基本情報・写真などはこちらを見てくださいね。

さて、次のホテルに行く前に、次回は、バンコクシティインすぐ近くの
お勧めのお店を紹介します。超有名店ですけどね。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 05, 200923:33バンコクでのホテル歴
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サワッディ カー

今日から数回に分けて、バンコクのホテルを紹介していきます。
2009年春までに、タイには7回行きました。
最初の6回がサムイ島&バンコク(うち1回はパンガン島も訪問)、
この前の旅行がパタヤ&バンコク。

一応、毎回、バンコクに立ち寄ってはいます。
ただ、いつも、1〜3泊しかしない(7〜9泊のうち)から、
たいしたバンコク情報はなかったりする。
結局、同じ所で食べて(美味しいから)、
同じような所で買い物をして、十分満足している。

そんな中、ホテルだけは、結構色々泊まってます。
そこで、過去に泊まったホテルを時系列で紹介していきます。
なお、同一サイトで同じ日程で調べた1泊1部屋(基本朝食付)の
おおよその価格ものせたので、目安にしてくださいね。

■パックツアー利用時代
最初の2回は、旅行パンフレットに載っているツアーに申し込みました。
いずれも、10年ちょっと前です。
サムイ島のホテルはセレクトできるけど、バンコクのホテルは同等クラスから、
旅行会社があてがうもの。
結果的に、いかにもツアーっぽいホテルになりました。
一応、ちゃんとしたホテルだけど、なんとなく華やかさには欠け、団体客が多い。
自分で選べるなら予約しないかなと、その時は思いました。
その後、改装しているかもしれないし、記憶も怪しいのですが・・・

◇モンティエンホテルホテルの基本情報はこちら
ここは、バンコク最大の歓楽街パッポン通り目の前。
人によってはとっても便利な立地でしょう。
そのためか、夜うるさかった。この時以来、パッポンには行ってません。
地球の歩き方によると、一応、高級ホテルのカテゴリーのようです。
価格は約2500B(約7000円)〜

◇ツインタワーズ(ホテルの基本情報はこちら)
ここはファランポーン駅BTSナショナルスタジアム駅からは一応徒歩圏内。
(当時、BTSはありません)
MBKまで歩いた記憶がありますが、歩くにはかなり遠い。
ホテルの前に高速が走っており、団体バスのアクセスが良さそうだった。
(この時は、アユタヤツアーがついていた)
大型ビジネスネスホテルという感じでした。
価格は約1500B(約4200円)〜

■チットロム・サイアムで(自分比で)高級ホテル時代
しばらくブランクがあった後(ベトナムやバリに行っていた)、5〜6年位前です。
既に、BTSが開通していたと思う。
この頃は、タイに強い旅行会社に希望をリクエストして、組合せてもらってました。
過去のバンコク訪問で、自分たちにはサイアムやチットロム近辺が一番便利
だと思ったので、その辺りのホテルをリクエスト。
今にして思うと、一番いいホテルに泊まっていた時代です。
便利だし、快適でした。

◇ノボテル・サイアムスクエア(ホテルの基本情報はこちら)
サイアムスクエアのど真ん中、タイスキのコカやカントン(当時)のすぐ目の前
とても便利でした。
朝食のビュッフェもまずまずだし、設備的にも問題なし。
予算が合えば、バランスのとれたとても良いホテルだと思います。
価格は約3500B(約10000円)〜

◇アーノマ(アノーマ?) (ホテルの基本情報はこちら)
チットロム駅の近く、セントラルワールドの向かい、ビッグCの並びです。
DSCN0864
ここも、非常に便利な立地です。
「ノボテルより安くて同じように便利なホテルはないの」
とリクエストしたら、ここを紹介された。
設備や朝食(とても混んでいたが)なども問題なし。
価格的にもお得な良いホテルだと思います。
ホテルの前でいつもパンを売っています。これも有名みたい。
価格は約2800B(約8000円)〜

■ネットで予約、価格志向へ(現在)
2007年以降は、航空券、ホテルを別々にネットで予約してます。
段々と、価格に対してシビアになってくると同時に、
どこまでホテルのランクを落とせるかということも試してみたり。
(この辺りは、夫婦で微妙に攻防がある)
また、エリア的にも、スクンビットにも進出。

これらのホテルは、時期も最近なのでかなり覚えてます。
そこで、次回から詳しくレポートしていきます。
とりあえず、ホテル名だけ紹介すると

バンコク・シティイン(チットロム)
◇Suk11(スク11)(スクンビット・ソイ11のゲストハウス)
◇グランドビジネスイン(スクンビット・ソイ11)

万人受けすると思われるノボテルやアーノマと違い、
これらのホテルは好みが分かれる、ある意味個性的なお宿です。

というわけで、お楽しみに