オーガストスイーツ

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
March 18, 201022:02オーガストでプール(2010年2月パタヤ旅行 その4)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年パタヤ旅行、2日目の朝食後です。
基本的に、この日は滞在先のオーガストスイーツでのんびりしました。

■プールでのんびり
朝食後、プールに行こうかなとベランダから覗いてみると、なんと既に席がいっぱい。
もう、11時過ぎだし、出遅れちゃったかな。
明日からは頑張らないといけない?
しかし、こんな小規模なホテルでプールの席取りをするのはマナー違反。
(バリのヌサドアのホテルでの場所取りはすごかった)
特に、日本人の少ない所では、日本人としての品格を汚すようなことは慎まないと。

まだ疲れていたので、しばらくは部屋でのんびりゴロゴロ。
すると、午後1時頃かな、結構いい席が空きました。
プールビューの部屋だと、チェックができて便利ですね。
ちなみに、席がない時にプールに行くと、スタッフの方が空いているスペースに
席を用意してくれます。だから、そんなに心配する必要もない。

さて、プールに行って、タオルをもらいに行こうとすると、プールのスタッフが
「また、来たんだね」と、嬉しそうに声をかけてくれました。
たぶん、日本人の女性は珍しいので覚えてくれていたんだと思う。
なんとなく、うれしい

DSCF2058

この日はなかなかいいお天気です。
でも、プールの中に入ると結構、冷たい。
南国なので、もちろん暑いんですけど、乾季だからか、そこまで暑くはない気がする。

IMG_1731
↑つい、テンモーパン(すいかシェイク)を注文。
「ナムターン ニッノイ カ」(お砂糖は少なめにして)です。
とにかく、タイのシェイクはお砂糖を大量に入れるので、そのままだと激甘です。
辛いタイ料理と一緒に食べる時は、その甘さがちょうどいいんですが。
ただ、「マイサイ ナムターン」(砂糖は入れないで)にしてしまうと、おいしくない。
出てきた、すいかシェイクは丁度いい甘さでした。
でも、オーガストのシェイクは氷が粗めなのが難点なんですよね。
しかも、プールで身体が冷えたところで、そこまで暑くないから、飲んでいると寒くなった。
乾季は、シェイクでなくてもいいですね。というか、むしろ温かいものが飲みたい。

とりあえず、この日は4時くらいまで、プールでのんびり。
プールサイドにパソコンを持ち込んで交替で使ったり(ここは、プールにも電源があるし、
無線LANだから便利)、本を読んだり、昼寝したり。
至福の時です。

そして、時々、プールに入って泳ぐ。
普段、全く運動をしていないので、今回は、一応、自分にノルマを課すことにしました。
1日、最低プールを5往復すること。
タイルの数で確認したところ、このプールの縦は約15m。だから1往復はたったの30m。
しかし、運動不足に加え、コンタクトなので顔をつけずに平泳ぎだからあまり進まず、
それなりに疲れる。

すると、プールにいたファランのおじさん(おじいさん?)が、「競争だ!」と言ってきて。
向こうは手加減というか、なんか変な泳ぎ方でしたけど。
この人は何組かのご夫婦らしき人と来ていて、プールで話しているのが聞こえた
んだけど、今まで聞いたこともない言葉なんですね。
いったい何語なんだろう? 疑問だったので、「どこから来たの?」と質問。
すると、「フィンランド」だって。
そっか、フィンランドは寒いものね。でも、遠くからはるばる来るんですね。

で、おじさんとはそれだけだったんだけど、後から、確かめたいことがあったなあと。
フィンランドと言えば、私的にはキーラ・コルピ
何? それは? という方に一応説明。
キーラ・コルピというのは、スポーツ選手の中では美人の多いフィギュアスケーター
の中でも、おそらく世界癸韻美女スケーターです。

コル2
↑こちらがお写真。いわゆる正統派の金髪美女。ただいま21歳。
最近は、年齢が見た目に追いついてきましたけど、初めて知ったトリノの頃は17歳で、
大人っぽさと美貌にびっくり。
その後、遠目だけど、生で見たときもお美しかったです。
この前のオリンピックでは、SPで失敗して11位でしたが、なかなか良い中堅選手。
フィンランドは、今、日本、アメリカに次いで、女子フィギュアの国内争いが熾烈な国。
ヨーロッパ選手権では、ここ最近は、必ずフィンランドの選手がメダルを取ってます。
いずれの選手も美人揃いですが、このコルピちゃんは別格。
しかも頭も良く、性格も良いということで、国内ではスポンサーがいっぱいで、すごい
人気らしい。国際成績からすると、そういう選手は珍しい。
今度の3月末の世界選手権にもたぶん出るので、よろしかったら、動いている彼女を
ご覧になってくださいね。

というわけで、一般のフィンランド人が本当にコルピを知っているのか? 知っていたら
どう思っているのか? バンクーバーも近かったので聞きたかったのです。
しかし、おじさんがあっちに行ってしまってから思いついて、しかも、ファランのメタボ系の
おじさんはあまりにも多いので、どのおじさんか分からなくなってしまった。
まあ、一期一会ですね。

■前回との違い
プールも前回から、改善点がありました。
基本的に、リピートした時に改善点のあるところはいいホテルですよね。
(前回のプールの記事はこちらから)

DSCF2060
↑これが、プールのチェア。肘掛の所に飲み物を置けるのが便利。
以前は、これ以外に白いプラスチックの椅子もあったんですが、こちらが標準装備に
なりました。

IMG_1792IMG_1787
↑それから、ちょっとわかりにくいのですが、全てのチェアに日除けパラソルが装備。
これは私が改善して欲しいこととして挙げていたことでもあったので、良かったです。

それから、何といっても違うのは、客層と混み具合。
前回は、女性はすごく少なかったんですが、今回はファランの年配のカップルや
グループが多い。
乾季はパタヤの繁忙期なので、避寒で長期滞在しているんでしょうね。
で、プールでのんびりするからプールが混む。
前回もホテル自体は、ほぼ満室だったのにプールも朝食も空いていたんですが、
夜遊び系のお客が中心だったからかなあ。

■シャワーブース
前回、紹介していなかったので、詳しく紹介します。
最終日、チェックアウト後、空港へ行く直前に汗を流すために利用しました。
あると便利なスペースです。

IMG_1727IMG_1728
↑まずは、(女子)トイレ。その横のドア(右写真)を進むと。

IMG_1722IMG_1723
ロッカーと洗面台があります。バスタオルも自由に使える。
ロッカーは鍵穴はあるけど、鍵がない。貴重品は放置しない方がいいでしょう。

IMG_1724
↑さらに進むとサウナ。使う少し前に電源を入れる必要あり。

IMG_1725IMG_1726
↑奥にシャワーブース。3個くらいあったかな。
一応、シャンプーとボディソープがあります。(右写真)

IMG_1804
↑男性もほぼ同じ構造です。こちらは、男性のロッカー。誰か使用中ですね。

■ただいま建設中
オーガストの裏手に、同じオーナーが新たにホテルを建設中です。
一応、オーガストよりも安めの設定のようです。

IMG_1795
↑建設が始まってました。右側の建物がオーガスト。
オープンは今年の終わり頃ってことらしいけど、どうなるかな?
どんな風になるか、興味あります。

さて、夕方までのんびりした後はお出かけです。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
March 14, 201009:58オーガストスイーツ お楽しみの朝食(2010年2月パタヤ旅行 その3)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年2月パタヤ旅行記の2日目です。
昨晩は寝るのが遅かったので、10時過ぎ、ゆっくりめの起床です。

オーガストスイーツに再び宿泊した理由の1つは、朝食が美味しいからです。
今回は、4泊と短めなので、どのメニューを食べるか悔いが残らないよう厳選して臨みました。(大げさ?)
毎食、何を食べたかは、その日の記事に書きますが、ここでは、初日の食事プラス
今回変わった点や、初めてチャレンジしたメニューを紹介します。
(前回の朝食の記事はこちらをどうぞ)  


■初日の朝食
確か朝食は朝11時まででしたが、この日は10時半頃。ギリギリです。
昨日の夜遅かったから。
まずは、2人とも前回のマイベスト朝食を注文。

IMG_1715
↑私は、カオ パッ(t)ムー カイダーウ(豚炒飯目玉焼きのせ)です。
ちなみに、ムー(豚)は、下がって最後に上がる発音(声調)でお願いします。
友人があるレストランで、カオパッムーを頼んでいるのに、いつもプー(蟹)がきてしまう
そうで。プーはまっすぐの声調なので、そっちと間違えているんだと思う。
日本人からしたら、プーとムーなんて全然違うでしょうと思うけど、タイ人からしたら、
声調の違いの方が大きいんでしょうかね。

さて、お味ですが、やはり美味しいです。朝からボリューム満点。
実に普通の食べ物ですけど、タイに来たら、やっぱりカオパットを食べないとね。

IMG_1716
↑夫は、パッ(t)ガパオ ムー カイダーウ(豚のバジル唐辛子炒め目玉焼き付き)
こちらも美味しかったようです。
夫は激辛好きなので、ナムプリック(唐辛子の入ったナンプラー)の唐辛子を
私の分も全部加えて食べてました。

IMG_1711IMG_1712
↑その他、私はパイナップルジュースコーヒー。
ここのコーヒーは、タイにしてはかなりいい感じで嬉しいです。
夫はカフェラテです。
夫は、ビール持参なので、ジュースはパス。

IMG_1721
↑夫は毎食フルーツも食べてました。
私は、あまり好きでないフルーツばかりなのでパス。

■基本のABF
とまあ、初日からガッツリ、タイフードですが、本来、基本の朝食メニューは
アメリカン ブレックファーストです。
それ以外を食べたいときは、メニューをもらってできるか確認をしてから
注文することになります。

IMG_1747
↑こちらがABFの注文書
なんと、色々改善されて日本語版もできてました。
しかし、日本語がちょっと変です。(写真をクリックすると拡大します)  
特に面白いのが、卵の調理法。
「Well done:調理されます」、他のは調理されないのか?
「Over easy:調理中」、なんか、まだできてないような感じ。
その他、ベーコンの「Crispy:枠」「Fruits:合計フルーツです」あたり。
一応、手書きで修正したのをスタッフの方に渡してきたんですが、後で考えると修正した
日本語が解読できないだろうから、直接、データを直してあげればよかった。
でも、日本語版を作ろうっていう、その心意気が素晴らしいです。
それに、朝からちょっと和みました。

IMG_1751
↑これが基本のABFです。ベーコンとかソーセージに良い素材を使っていて美味しいです。
これに、飲み物とフルーツが付くのが、最も基本的な朝食になります。
なんとなく見渡しましたけど、宿泊客はファラン中心なので、毎朝、これを食べている
人がほとんどです。ほんとに朝食に関しては保守的です。
たまにアジア系(日本人かも)の人がタイフード食べていたりしました。

ところで、ファランの方に人気なのがシリアルです。
箱ごとやってくるので、あれはなんだろうと興味をそそられたんですが、何種類か
あるようです。
シリアルを食べている人も、卵とかも食べているので、これは飲み物の範疇なのか、
トーストの代わりなのか、よくわかりません。
特にシリアルを食べたいとは思わないので、私はチャレンジはしないと思いますが、
お好きな人は聞いてみてくださいね。

■今回、初チャレンジのメニュー
とにかく、リピートで食べたいものが多かったので、初チャレンジのものは少しです。

IMG_1855
あんかけ麺ラートナーって言うんですかね。
最初、パッタイを頼もうと思ったんだけど、なかったのでこれにしました。
パッタイ自体、実はあんまり好きではないので、この方が良かったかな。
夫は味見して、あんまり好きではなかったようですが、味はいいと思います。
中華っぽい食べやすい味。麺は極細のライス麺です。
野菜をたくさん取れるので、野菜不足の時にも良さそうです。

IMG_1748
カプチーノ。この写真ではわからないけど、かなりの大容量です。
コーヒーの代わりに頼みました。
これはこれで美味しいけど、カフェラテの方がビジュアル面も含めて好きでしたね。

■1番変わった点
今回1番驚いたのが、席がどーん!と、増えていたこと。
下の写真で比べてください。

IMG_0777
↑これが、2009年9月の様子。席が4つくらいしかありません。

DSCF2045
↑そして、これが2010年2月の様子(写真は逆方向から)。
結構、ぎっしり並んでますが、それなりに混んでます。
(この写真は、朝食時間の終わる頃に撮ったので人がいない)
朝食を食べる客が増えたんでしょうね。
室内にも席はいっぱいあるけど、リゾートだからやっぱり外の方が気持ちいいもんね。
以前が空いてただけで、今の状態でも隣の席が近すぎるってことはありません。
スタッフも忙しそうなので、前回みたいにおしゃべりをしたりということは、あんまり
できなくなりました。

■その他
前回から疑問に思っていることなんですが、朝食はプールでも食べれるのかな?
少なくとも、プールで朝食を注文することはできます。
ただ、私達みたいに事前に朝食付にしてもらった場合もプールで食べられるか、
となるとよくわかりません。
実際にそうしたいのかと問われれば、特にしたくない気もするし、優雅な気分に
なりそうな気もするし、自分の気持ちが不確かなので聞いてません。
(ここのスタッフはとにかく親切なので、軽い気持ちで聞くと色々面倒をかけてしまい
そうだったから)

DSCF2262
↑こんな感じで、プールで食べているファランの写真を見て思い出しました。
(ちなみに、夫がこんな写真を撮っていたのは知らなかった)

さて、朝食の後は、部屋に戻りお昼頃までグダグタしてました。
本当は、この後のプールまで書こうと思ったんだけど、思ったより長くなったので、
次回にします。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
March 13, 201016:24オーガストスイーツのスーペリア (2010年2月パタヤ旅行 その2)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディー カー

2010年2月のパタヤ旅行記、1日目の続きです。

■オーガストスイーツへ到着
深夜、1時頃、ホテルに到着しました。
ホテルは前回と同様、オーガストスイーツ(August Suites Pattaya)です。
(前回のオーガストスイーツの記事はこちらから  こちらまでにあります)

早速、ホテルにチェックインしようとすると、フロントに見覚えのある顔が。
以前、紹介した赤西くん好きの女の子です。(以後、Aちゃんで)
再会に盛り上がりつつ、気がかりだったPさんのことも確認。
イギリスに働きに行くかもと言っていたので、もういないかなと思っていたら、
Pさんもオーガストにいるとのこと。なんか嬉しくなっちゃいました。

DSCF2022←フロントの様子。昼だけど。

ところで、今回の旅行では新たにいくつかのタイ語を実際に使ってみることを、
個人的な目標にしてました。
タイ語の場合、実際に現地で使ってみないと通じるかわかんないのです。
まあ、私の発音が悪いからですが。
でも、色々試行錯誤しているうちに、少しずつ通じる範囲が広がっていると思う。

そのうちの1つが、タイ語でドライヤーを借りること。
ここオーガストは、部屋にドライヤーはないんですが、言えば貸してもらえるんですね。
前回は、お部屋に持ってきてもらいましたが、どうせなら最初に借りておこうと。
で、無事、通じました。一応、単語だけでなく、文章でいいましたよ。
ホテルのフロントですから、英語通じるんですけど。
ちなみに、ドライヤーは「ダイ パウ ポン」です。
カタカナ表記だと、ちょっと表現しづらい。「dai paw pom」って感じです。
すると、湯沸しポットも欲しい? と聞かれ、あると便利かなともらったんですけど、
結果、全然使いませんでした。
もらった時から、中には熱いお湯はいっぱい入ってました。
オーガストは、お部屋にティーパックとかはないので、そういうのを持っていけば、
温かい飲み物も飲めますね。カップとかも貸してくれるそうです。
その後、栓抜きも借りました。それは、瓶を持っていって、ゼスチャー。

IMG_1693←ドライヤーとポット。

■お部屋の様子
実は、密かに期待していたのは、前回同様、アップグレードされないかなということ。
しかし、さすがにそれはありませんでした。残念
しかし、スーペリアの中では最もプールの目の前の、スイートに挟まれた景色のいい
お部屋です。
きっと気をつかってくれたんだなと感謝です。

せっかくいい眺望だったのに、写真をとってないので、近い感じの写真を。
IMG_0849IMG_0792
↑左と右の写真の間くらいの眺望です。
左が、3階の313号室、右が5階の511号室からの眺め、今回のお部屋は
4階の412号室ですから。
たかが眺望といえども、リゾート気分には大きく影響しますものね。

DSCF2263
↑ないと思ったら、よく探したらありました。でも、あんまりいい写真でないから、
上のも残しておこう。左上の緑のカバーがかかっているビルがセントラル百貨店の
上にできるヒルトンです。なかなか出来上がらない。

お部屋については、前回、各グレード別に詳しく紹介してます。
(前回の記事はこちら)
そこで、今回はスーペリアでも満足できる? という点を意識して紹介していきます。

IMG_1689IMG_1698
↑ちょっとわかりにくいですけど、ベッドの手前にも2畳分くらいのスペースがあるので、
スーペリアでも充分広いです。(40屐

IMG_1691IMG_1690
↑ソファとテーブル、デスクとテレビ。
ソファとテーブルが一応あるのは便利です。
今回、一生懸命探したけど、NHKが映らなかった。なんでだろう?
前回はNHKワールドは映ったんですけどね。

IMG_1697
↑クローゼットとセーフティBOX。
クローゼットはスイートに比べると少し狭いですね。

IMG_1695IMG_1694
↑バスルーム。ここが1番スイートと違う点です。
バスタブがなく、シャワーのみ
このシャワーも、スイートのシャワーと違う点があります。
まず、シャワーはハンドシャワーでなく壁に固定であること。
それから、シャンプーなどの小物を置くところがないこと。床に置いてました。
細かいけど、ここは少しマイナスかな。
前回、少し気になったお湯の温度ですが、今回は気になりませんでした。
たまたまなのか、改善されたのかはわかりません。

ちなみに今回のお値段は、4泊プールビュー、朝食付1泊1800B(約5000円)
シティビュー、朝食なしにすれば、もっと安くなります。(1500Bくらい?)
一応、ハイシーズンで、泊数も前回よりも少ない分、少しだけ高くなりました。
でも、充分リーズナブルですけどね。

で、スーペリアで満足できるか? ってことなんですが、私は充分満足でした。
確かに、スイートルームは80屬鳩禮ですけど、40屬箸い┐弌同ランクのホテルの
中ではかなり広い方です。
このくらいの広さの方がどこに何を置いたかわからなくならないというか、
デッドスペースがないということで使いやすい面もあります。
洗面台が2個あるのは便利でよかったですけど。
だから、アップグレードは超うれしいけど、自分で予約するのはスーペリアかなあ。
3人で同じ部屋、ファミリーでって時は、スイートルームお勧めですよ。

それから、前回も書きましたけど、部屋の備品が少ない点も、私たちには合ってます。
冷蔵庫に飲み物が入ってないから広く使える、無料のインスタントの紅茶やコーヒー
なども使うことはほとんどないので。
シャンプー類などはもちろんあります。
上にも書いたように、欲しいなって備品があれば、フロントで聞いてみてください。
普通のホテルにあるものは大抵ありそう。

(追記;ひょんなことから、その後2011年10月よりオーガストスイーツの予約受付を行うようになりました。詳しくはこちらへ

■屋台へ
部屋に荷物を置いて、写真を撮った時点で深夜の2時頃。
なんかお腹が空いたのでオーガストの近くの屋台へ。
こんな時間に食べるのは、健康にも悪そうだし、太りそうだけど、ま、いいか。
オーガストの周辺は深夜でもたくさん食べるところがあって便利です。
今回の旅行では、いけないなと思いつつ、結局、毎晩夜食を食べるのが習慣に
なってしまいました。
近くの屋台の情報は、後日、まとめて詳しく紹介しますね。

IMG_1701IMG_1704
↑1日目の夜は、オーガストの向かいあたりの屋台でクィッテイアオ。(タイ風ラーメン)
割とあっさり目でなかなか美味しかった。
量は少なめなので、夜食にはぴったり。

その後、私は、Aちゃんと少しタイ語、英語、日本語のチャンポンでお話をして
お部屋へ戻りました。
今回は、ホテルのスタッフと、少しずつだけどタイ語でもお話できたのが良かったです。
そして、1日目の就寝は、4時(日本時間で6時)過ぎになりました。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       


オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 06, 200922:06オーガストスイーツ (5)その他 (2009年9月パタヤ旅行 その12)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
最終回、書き残したこと色々です。
おまけみたいなものなので、情報は少ないです。

IMG_0855
↑プールから臨んだオーガストスイーツの全景。

■客層
プールや朝食で出会った客層です。
これまでにも書いたように、何故か満室の割りに人が少なかったので、実際の客層
とは違うのかも。
中心はファランで、日本人も何人か見かけたし、それ以外の東洋系も何度か
みかけました。
プールでは、普通のカップルも結構いたし女の子グループも1組だけいたけど、
中心は男性客かな。タイのお姉さん連れもそれなりにいる。
ファミリーは全く見かけませんでしたね。ファミリールームはあるけど、なんとなく
全体的に子供連れ向きのホテルではない気がする。

■サービス・従業員のこと
ここのスタッフは、とにかくフレンドリーで感じがよかったです。
いわゆる高級ホテルのサービスとはかなり方向性は違っていて、あんまり
ビジネスライクっぽさ、洗練された感じではない。
でも、人間味があって、かつ相手方の好意が伝わってきてよかったです。
そのあたりは、多分に好みの問題ですから、私たちとは相性がよかったってことだと
思いますね。

例えば、代表的なのが挨拶
スタッフが皆日本語を勉強しているのか、出かける時も帰ってくるときも一斉に
日本語で声がかかります。
「おはようございます」「いってらっしゃい」「またね」などなど。
毎回、1人が2〜3個くらい、それを接客中以外の数人でいうので、ある意味
挨拶攻撃です。
ただ、挨拶もないよりはあった方が気持ちいいので、悪くはないです。
できればそっとしておいて、という人には向かないかも。

それから、何かを聞いたり、頼んだりすると本当にどのスタッフも親切でした。
ホテルだから当たり前でしょ、と思うかもしれないけど、必ずしもそうではないわけで、
その点も好印象です。
そんな中で、特に記憶に残ったスタッフを2名紹介したいと思います。

■日本好きの女の子
名札を見忘れたので名前は知りません。
朝食のときなど、一生懸命日本語でサービスをしてくれるので、お話をしてみました。
日本語のレベルは私のタイ語より少し上かな、って程度なので会話はほとんど英語。
「日本語勉強しているの?」って聞いたら、日本のアイドルが好きなんだって。
特に好きなのは、カトゥーンの赤西くん
何年か前、たぶんカトゥーンのブレイク前だと思うけどパタヤに来たそうで、その時に
顔がきれいだと思ったそうです。赤西くん、確かに顔はいいよね、、、。
私も、ごくせんやAnegoの頃はかなりお気に入りでした。最近はよくわからない。
他にも、Tommy february6も好きということで、これまた夫は大ファン。
なんか一気に親近感が湧きましたね。

■Pさん
実は、今回オーガストが快適だった大きな要因は、Pさんという男性スタッフの
おかげだと思ってます。
かなり英語が上手で、テキパキと色々と采配をふるっている風なので、最初は
マネージャーさんかと思ったんですよ。
でも、そうではなく、とにかく働き者なんですね。
こういっては悪いけど、タイ人男性で働き者はまだ見たことがない。
(女性の働き者な結構いるような気はします)
親切な人はいっぱいいるし、日本で教えてくれるタイ語の先生達はものすごく優秀で、
人としてもちゃんとしているけど、働き者か?といわれると違う気がする。
しかし、彼は常に何か問題はないかと聞きにきたり(決して押し付けがましい感じで
はないし、営業っぽくもない)、絶えず動きまわっている。
だから、結局周りのスタッフも彼頼みになって、マネージャーみたいに見えたと。
いや〜、こんなタイ人男性もいるんだと驚いていたら、
カンボジア人でした。なんとなく、納得。

カンボジア人全般の国民性は知らないけど、夫の仕事関係のカンボジア人も
とても働き者だそうで、少なくとも海外に出て働くような人はそうなのかなと思ったり。
サンプル数2じゃ少なすぎですが。

で、宿泊している間、毎日、見かけるので「休みはないの?」って聞いたら、
できるだけ休みは少なくして、そのかわりまとめてとってカンボジアに帰るんだって。
ところが、最終日にお礼をしようと思っていたのに、その日に限って休みでした。
だから、簡単なお礼のメッセージを残してきました。
こんなことをするのは初めてで、そのくらいPさんの心遣いは私たちには快適だった
ということです。
ただ、残念なのは、Pさんはイギリスに働きに行くかもしれなくて、次に行くときには
いるかどうかわからないこと。
また、戻ってくればいつでもオーガストに復帰できるってことでしたが、
はたして再会できるかどうか、それはわかりません。

■個人的に、オーガストへの希望
とにかく非常に気に入ったので、またきっと泊まると思います。
そこで、あえてオーガストに対しての希望というか、改善を望むことをあげてみます。
これまでの記事とも重なりますが。

お湯の温度ももう少し上げてほしい。
・ベランダに洗濯物干しを置いてほしい。
プールのパラソルを全ての椅子につけてほしい。
コインランドリーの設置(2Fのスペースに)・・・これは無理かな。
電子レンジ。各部屋になくてもいいから、館内に1つでも使えるのがあるといいな。

こんなところでしょうか。ホテルの根本的な部分ではなく、比較的簡単そうなことでは
ないかなと思うのですが、どうでしょう?

■まとめ
私たちにとっては、これまでパタヤで宿泊したホテルの中でベストです。
立地◎、朝食◎、部屋はアップグレードのおかげで◎。もし、アップがなくても、
かなりいい。プールもまずまずですから。
何よりも、相性の良さもあってか居心地がよかった。

ただ、立地とかプールに関しては好みだと思いますね。
ビーチロード沿いではないですし、プールももっと広いところはありますから。

さんざん誉めておいてなんですが、このブログを読んでホテルに予約が殺到して、
私たちの予約がとれなくなったら嫌だなあと思ったり。
まあ、そこまでの影響力はないでしょうから、そんなに心配はしてませんけど。
ホテルリサーチ好きなので、これからも他のホテルに泊まることはあると思いますが、
まずはパタヤの常宿に決定、また絶対に泊まろうと思ってます。

あと、詳しいことはわかりませんが、廉価版のホテルをオーガストの裏あたりに
作るという話も聞きました。それも楽しみです。

以上で、オーガストスイーツの紹介は終了です。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       


オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 02, 200923:55オーガストスイーツ (4)プールなど (2009年9月パタヤ旅行 その11)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
今回はプールやそのほかの施設の紹介です。
これらは全部2階にあります。

■プール
まずは、プールです。
日中は、できればプールでゴロゴロ過ごしたい私たちとしては、プールもある程度
重視しています。
オーガストのプールは、ものすごく大きなわけではないけど、まずまずです。
景色が特に良くないですが、それなりにリゾート気分にもなりました。

IMG_0805IMG_0808
↑ジャグジー部分もあります。(右写真)

IMG_0769
↑茶色のチェアと白のプラスチックのチェア。
利用する人がそんなに多くないので、一応チェアは足りてました。
白いのは後で加えたのだろうか?
パラソルのないチェアもあるのが残念。
ファランはあんまりパラソル使わないけど、私は日陰が好き。

IMG_0878
↑特筆すべきは、一定の間隔で電源があること。
バッテリー切れを気にすることなく、パソコン使えます。無線LANですから。
私、結構プールサイドでブログ更新してました。ちょっと、優雅な気分。

IMG_1199
↑夜になるとこんな感じ。確か夜8時まで使えます。
写真のカップルは、ファランとタイのお姉さん。
このファランもかな〜りカッコよかったけど、やはりお姉さんは微妙。でもラブラブ

IMG_0856IMG_0894
↑ビーチサイドでは、よくシェイクを飲んでました。
ここのシェイクは氷が荒めで少々好みではないのですが、暑い時はシェイクに限る。
ミルクシェイク(左)と、すいかシェイク(右)です。いずれも激甘です。
ストロベリーもできるよって言われました。

IMG_1269
ココナッツシェイク
上2つがあんまりにも甘かったので、「ナムターム ニッノイ カ」(砂糖は少しにして)
と頼んだら、ココナッツシェイクは甘くないよと。
確かに、あっさり、甘さ控えめです。

■スポーツジムなど

jimIMG_0764
↑利用してないので詳細はわかりませんが、それなりに広いジムもあります。

IMG_0774
↑ビリヤードのある部屋。使われている形跡なし。
頼めば使えるのかもしれません。

IMG_0773
↑女子トイレ。かな〜り広いです。
この隣りのスペースには、シャワーもあります。(もちろん男性用にもあります)
深夜便で帰国するときなど、このシャワーは使えますね。

■会議施設
IMG_0765
↑かなり広い会議スペースがあります。数十人、場合により100名くらいまでの
会議とか研修に使えそう。
この規模のホテルとしては、これだけ広い会議スペースがあるのは珍しい?
あんまり使われてないような気もしましたけど。
もし、会社などで研修や会議を兼ねて(名目で)パタヤ旅行をするなら、なかなか
いいかもしれません。
パタヤで会議というと、もっと規模の大きいホテル、例えばロイヤルクリフとかを
イメージしてしまいますけど、ちょっと立派すぎだなあというときにはぴったり。
なんとなくですが、会議室料とか安めのような気がするし、なんといっても立地が
いいですからね。

IMG_0776
↑2階のロビーっぽいスペース。会議使用を意識してか、かなり広いです。
なお、レストラン、BARは1階になります。

さて、長々と紹介していますが、あと1回だけオーガストについてです。
まとめとか、おまけみたいな感じ。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 30, 200916:41オーガストスイーツ (3)朝食アロイ (2009年9月パタヤ旅行 その10)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
今回は朝食の紹介です。
またまた、写真がいっぱいなので、詳しく紹介してきますね。
全体的に、とってもレベル高くて大満足

■基本のアメリカンブレックファースト
まずは、基本的な朝食です。特にリクエストをしないと、これになります。

IMG_0783IMG_0863
↑パンをちぎってから、写真を撮ることに気づきました。
右写真の紙を渡され、トースト、卵料理(目玉焼き、オムレツから選ぶ)、ベーコン、
ソーセージ、ジュース(オレンジかパイナップル)、コーヒーか紅茶、フルーツ
の中から、
欲しいものを選びます。

実は、最初ちょっとガッカリしたんですよ。あまりにもオーソドックスなので。
しかし、食べてみたら、予想外にイイ

IMG_0786IMG_0791
ベーコンは脂身の多いよくあるタイプのものではなく、もっと肉っぽいしっかりとした
もので、非常においしかったです。ソーセージもタイの朝食ビュッフェのものは私は
たいてい口に合わないのだけど、これはおいしいです。
それから、厚めのトーストもおいしい。
正直、ベトナムとかに比べ、タイのパンはそんなにレベル高くないと思うんですよね。
でも、ここのトーストはいけます。
で、コーヒーもインスタントでなく、おいしいです。
ジュースも100%ジュースっぽい感じ。
しかも、ジュースもコーヒーもどんどんお代わりはいかが? と聞いてくれるので、
ついつい飲みすぎてしまいました。

とにかく、全体的に素材を吟味しているような姿勢が感じられるんですよね。

IMG_0790
フルーツです。毎朝大体こんな感じ。
残念ながら、私は好きでないフルーツばかりなのですが、夫は喜んでました。
時々、プールでもサービスで配られます。

とまあ、こんな風に褒めちぎってはいますが、これから毎朝この朝食だとさすがに
飽きそう。できれば、タイフードも食べたい。
で、ルームサービスのメニュー表をみたら、色々とタイフードものっているんですよ。
そこで、翌朝はタイフードを注文してみようということになりました。

■タイ料理メニュー
翌朝、同じく注文の紙を持ってきたスタッフに、「タイフードできる?」と聞くと、
あっさりと「できるよ」とメニューを持ってきてくれました。
なあんだ、こんなに簡単だとは。言ってみてよかった。

持ってきたメニューはルームサービスのとかなり似ていて、この中で、できるものと
できないものがあるとのこと。確認しながら、頼みました。
これから先は時系列関係なく紹介していきます。

IMG_1232IMG_1240
↑左は豚肉のガパオ(バジル炒め)、カイダーウ(目玉焼き)付き
右は鶏肉です。
ガパオといえば、なんとなく鶏肉だったのですが、鶏肉を注文したらない時があり、
豚になりました。
ところが、これが大正解。豚の質がすごくよくて美味しい。
夫のベスト朝食は、この豚ガパオです。

IMG_0866
海老のガパオ。海老の質もなかなかいいです。
ただ、夫はおかずが足りないと言ってました。

IMG_0835IMG_0837
↑続いて、カオパックン(海老炒飯)です。これも美味しいです。

IMG_1236
↑しかし、私のベストはカオパッムー(豚炒飯)です。
普段、頼んだことにないメニューだけど、豚の質がいいので頼んでみたら大正解。
非常に美味しかった。

IMG_0941IMG_0943
タイ風ラーメン(左)と、おかゆ(右)です。
麺は、頼んだときはセンヤイ(太麺)しかないのが残念でした。
これらのメニューは胃が疲れているときとか、少なめで済ましたいときにいい。
逆に、しっかり食べたいときにはボリューム少なめかも。
味は、結構いいと思います。

この他にも、パッタイとかもできました。
タイメニューの時も、ジュース、カフェ、フルーツは希望すれば付きます。

■洋風メニュー

IMG_0867IMG_0870
ハムチーズのサンドウィッチです。
これ、夫も私も第2位です。あんまり美味しいから、私は2回注文しました。
サンドウィッチは他にも、チキンカツもありました。
でも、朝から揚げ物は・・・と思い注文せず。
クラブハウスサンドは朝食対象外でした。

IMG_1235
↑ホットのカフェオレです。最終日に注文しました。キレイでしょ。
もう、大体食べたいメニューは制覇したぞ、と思った最終日前日の朝、向こうの
席のファランが注文してたのですよ。
聞くと、コーヒー・紅茶の代わりに注文できるんだって。
この他のドリンクもできるのかは未確認。
このカフェオレもおいしかったですよ。

とまあ、こんな風に色々頼んで、どれもがおいしかったからすっかり満足です。
なんとなくビュッフェ朝食の方がお得な気がしますが、作りたてでないから実は
そんなに美味しいものがなかったりする。
だから、こういう朝食もいいなあと思います。
夫の場合、ビュッフェだとついつい食べ過ぎるので、その防止にもいい。

■レストランについて
朝食は1階のレストランです。

IMG_0777IMG_0778
オープンエアの席が3つか4つだけあって、いつもここで食べてました。
すごくゆったりと席が配置されていて、周りの会話とかも全く聞こえません。
それ以前に、とにかく空いてました。
満室のはずなのに。最も多いときでも4組くらい、貸切のこともあった。
朝食の時間はちょっと忘れたんですが、11時とか12時とか割と遅めまでやってたはず。
私たちはいつも9時〜10時半くらいの間に行っていたので、割と標準的な時間だと
思うのだけど。
朝食申し込まない人が多いのでしょうか?
確かに、この立地なら周りのお店でもっと安く食べることはできます。
ただ、朝、とっても優雅な気持ちになれて、これぞホテル生活の醍醐味だわ
と思うので、私たちは次回以降も朝食付にしますね。

ちなみに、朝食付だと宿泊費に1人あたりプラス100Bですが、アメリカンブレック
ファーストは200Bです。
タイフードは100Bくらいが多いけど、飲み物を頼むとやはり200B近い。
食べるなら、予め申し込む方がお得です。

IMG_0781
↑室内の席もたくさんあります。

■おまけ
今回の旅行は、最終日の朝5時に出発で、朝ごはんは食べられません。
でも、予約時には全泊朝食込みで申し込んでおり、ものは試しで夫がその分まけて
くれないかと交渉に行ったのです。
そしたら、割引はできないけど、ミールBOXをつけますよ、ということに。
ちょっとセコイと私は思ってたんだけど、言ってみるもんですねぇ。

ミールBOX一体なんだろうと、結構楽しみ。
当日の朝、頂いた袋は熱々。 その中味は・・・?
IMG_1285
セブンイレブンのホットサンドでした。
なあんだと思ったのですが、食べてみると意外にもかなりおいしい。
ハムチーズと、ミートソースと2種類いれてくれているのもよかった。
これと、オレンジジュースを2本用意してくれていましたが、空港内には飲み物は
持ち込めないので、オールパタヤのタクシーの運転手さんにあげました。
(オールパタヤのタクシーサービスの記事はこちら)
これ、日本で売っていたら買ってしまいそう。
タイだと、屋台ご飯がいっぱいありすぎて、ついついそっちを買ってしまいますが。
食べる時にはやや冷めてましたけど、最初は本当に熱々でチェックアウトのギリギリに
買ってきてくれたんだなと、その心遣いも嬉しかったですね。

以上で、朝食の紹介はおしまいです。
語彙力不足で、美味しいってコメントばかりになってしまいましたが、本当に
アロイ マー カーですよ。
これらのメニューは、プールやルームサービスでも食べられます。

次回は、オーガストスイートのプール、その他の施設などについて紹介します。
それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 29, 200909:51オーガストスイーツ (2)お部屋紹介 (2009年9月パタヤ旅行 その9)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
お部屋紹介です。
まだ新しいし、インテリアの感じもよく、非常に快適でしたよ〜。
泊まった部屋以外にも色々見せてくれたので、詳細に紹介しますね。

■前半は、プールサイドのエグゼクティブ・スイート
では、まず実際に泊まった部屋から紹介していきます。
前回書いたように、アップグレード されました。
最初の4泊は、プールサイドのエグゼクティブ・スイート、部屋番号は511です。
あえて、部屋番号を書いたのは、この部屋のカードキーの接触が悪いから。
何か紙を折りたたんで、咬ませると接触良くなります。

オーガスト部屋
↑お部屋のレイアウト。(クリックすると拡大します)
レイアウトと参照しながら、写真を見てくださいね。広さは80です。

◆リビングルーム
IMG_0734IMG_0732
かなり広々としています。
TVは、確かNHKワールドのみでプレミアムはなかったと思う。
少し驚いたのは、冷蔵庫の中には販売用のドリンクがなく、フリーのお水しか
入ってないこと。ガランとしてます。
部屋の飲み物は高いので、いつも外で買ってくる私たちとしては、この点もGOOD。
実際、この好立地だったら、外で簡単に買えますから、効率的だと思う。
どうしても、飲みたければルームサービスもできますよ。
ルームサービスのお値段も良心的です。食事もおいしいと思う。
これで、冷蔵庫が2ドアならもっと良かったなあ。

◆ベッドルーム
IMG_0735IMG_0723
↑かなり大きなダブルベッド。ベッドの横にはソファあり。

IMG_0724IMG_0728
↑デスクと鏡台、クローゼット。

IMG_0725
セーフティBOXはパソコンも入る、大きめサイズです。
ベッドルームにはテレビがないので、結果的にいつもよりテレビを見なかった。

◆バスルーム
入口が2ヶ所あるため、動線がよく便利でした。
IMG_0731IMG_0730
バスタブシャワーブースに分かれてます。
ただ、ここのバスタブにはシャワーが付いていないので、体や髪を洗うには結局
シャワーブースに移動しないといけない。
だから、2回くらいしか使いませんでした。
後、使用が集中したときなど、お湯の温度がぬるいことがあったり、正常な場合でも
すごく熱いお湯は出ないので、お湯を溜めてもややぬるめです。
暑い国だから、問題ないんですけどね。
熱〜いお湯が好きな私としては、この点がこのホテルの1番マイナスだったことです。
(逆にいうと、この程度の欠点しかない)

IMG_0729IMG_0738
↑洗面台が2つあって、洗濯するとき非常に便利でした。
ドライヤーはありませんが、フロントに連絡をするとすぐに持ってきてくれます。

◆ベランダ
いい写真がないので、下にある他の部屋の写真を見てくださいね。
白いプラスチック椅子が2つあります。
喫煙はベランダでのみOK。部屋で吸うと確か罰金があった気がします。

少し残念なのは、洗濯物干しがないこと。
だから、ベランダの柵に直接、干しているファランとかもいました。
できれば、何か設置してくれないかな。

◆景色
プールビューですから、なかなかいいです。端の部屋だとそうでもないかな。

DSCN1242IMG_0792
↑夜と昼でそれぞれこんな感じ。
ちょっとの値段の差だから、断然プールビューがお勧めですよ。

◆インターネット事情
無線LANで、無料です。
フロントでパスワードをもらいます。途中で一度、パスワードが変わりました。
速度は、一応、高速といってもよい部類です。
有線のLKルネッサンスほどは速くないですけど、特に大きなストレスはありません。
仕事にも十分対応できました。
ただし、1日に何度か回線が集中していて、かなり遅くなることはあります。
※追記:最初、気付かなかったのですが、部屋には有線LANもあります。
有線だと無線よりもさらに速いのでかなり快適。動画も全く問題なしです。

◆全体の感想
とまあ、色々気になる点も書きましたけど、基本的に超快適、いい気分
80?といえば、以前宿泊したLKロイヤルスイートと同じ大きさですが、オーガストの
方が動線が便利で、部屋全体を活用できました。
LKは、台所があったりと別の良さはありますけどね。
(LKロイヤルスイートの記事はこちら)

■後半はシティビューのエグゼクティブ・スイート
途中、ホテルに荷物を預けサメット島へ1泊旅行に行きました。
(サメット島旅行の記事はこちら)
この時心配だったのが、本来のスーペリアに戻ってしまうんじゃないかということ。
そうであっても、何も文句は言えないわけで一応覚悟をしてました。
すると、「すみません、お部屋が変わります」という言葉。
やっぱりね、と思っていると・・・
「別のスイートルームになります」。
良かった〜 スイートなら、全然構いませんよ。ありがとう

今度の部屋は4階のシティビュー。レイアウトも少しだけ違います。
IMG_1194IMG_1195
↑ダブルベッド以外にも、小さめのベッドがあり、そのためベッドルームにあったソファが
リビングに移動している点が違います。
小さいベッドは使わなかったから、前の方が私たちにはよかったです。
あ、でもバスタオルが最初3枚あって、それはよかった。
3人家族で泊まるときなどピッタリですね。

IMG_0853
↑それから、シティビューはローカルな生活感のある景色です。
食事時には、色んなにおいも漂ってきます。(悪いにおいではない)
リゾート感という点では、圧倒的にプールビューがいい。
1泊につき、100〜200B(約300〜600円)の差だから、個人の価値観次第ですね。

■スーペリア
オーガストのスタッフはとにかく非常に親切で、他の部屋もみたいと言ったら、
色々と見せてくれましたので、それも紹介します。

まずは、本来、宿泊するはずだったスーペリアです。
部屋の大きさは、スイートのちょうど半分の40
インテリア・備品は大きくは変わりません。

◆ダブルの部屋
まずは、シティビューの2階のダブルのお部屋。
これが1番標準的なタイプになります。

IMG_0838IMG_0840
↑ダブルベッドと、奥に2人掛けのソファ

IMG_0841IMG_0843
↑デスク、クローゼット、冷蔵庫など

IMG_0842
↑ベランダ。スイートはこの2.5倍くらいの広さです。

IMG_0844IMG_0845
↑シャワーブースのみで、バスタブはありません。部屋の大きさ以外では、この点が
1番大きな差だと思います。

◆ツインの部屋
スーペリアはツインの部屋もあります。こっちが希望ならリクエストするといいです。
大きめのベッドが2つもあるので、その分部屋は少し狭く感じます。

IMG_0851IMG_0852
↑ソファはダブルの部屋よりもひと回り小さなサイズです。

スイートに比べるとどうしても狭く感じてしまいますが、一般的にはかなりゆったりした
造りだと思います。値段の差を考えると、スーペリアでも十分満足できます。

■ファミリースイート
最後に、プールビューのファミリースイートです。
リビングがなく、2ベッドルームになります。
部屋の大きさ、レイアウトはエグゼクティブスイートとよく似ています。
特に、奥のベッドルームはエグゼクティブにそっくりで、大きなダブルベッドとソファ。

IMG_0847IMG_0848
↑もう1つ、玄関に近い方は大きめのベッドが2つあります。
クローゼット、鏡台のある所(右写真)は少し違います。

IMG_0849
↑この部屋は、もっともプールから近い部屋なので、プールが目の前。
飛び込めそうなぐらいです。

■オーガストのお部屋の価格
全75室、客室は3〜7階までです。
たぶん、各フロア、スーペリアが10、スイートが3、ファミリーが2の構成です。

※その後、オーガストのオーナー一族と仲良くなり、2011年10月より、オーガストスイーツの予約を受け付けるようになりました。
詳しい経緯、価格等は
こちらをご覧ください。

泊まる前はもう少し安いといいなと思ったけど、実際泊まると満足度が高く、
かなりリーズナブルな気がしました。

それから、ジョイナーフィーですけど、よくわかりません。ていうか、聞いてません。
ホテルのサイトには1人500B、ステイタイランドさんは1日1名まで無料、
AKGさんには無料と書いてあるので、どうなのかなと。
よくある、2名で予約すると無料って感じかな。
ここは、出入りするときに、従業員が一斉にいっぱい挨拶をしてくれるので、
出入りする人はしっかりチェックしていると思います。
なお、私もお友達とそのお子様を夜1時間ほど連れ込みました。
部屋が広いから見においでよ、ってことで。
そのときは、何にも問題ありませんでした。
(追記)1部屋につき2名まではジョイナーフィーはかかりません。3人目からは500Bかかります。

■アップグレードを考える
前回書いたように、当初、ここはまだ知られてなくてあんまり流行ってないのかな
と思ってました。
しかし、それは大間違い。
スタッフからブッキング状況の表を見せてもらったところ、私たちがいた間、
スーペリアはほぼ毎日、満室
そのおかげで、アップグレードされたわけです。

じゃあ、どうして私たちがアップグレードだったのかなと考えてみました。
・8泊と比較的長期滞在だった。
・ホテルに直に予約朝食も申し込んだ。(ホテルに利益をもたらしてる?)
普通のカップル客だった。
とまあ、こんな感じかなと。最後の項目は、私たちの後に511号室を利用していた
のもファランの普通のカップルだったからです。正規客かもしれませんが。
満室の割には、プールもそんなには混んでないし、朝食はガラガラでその点は
不思議。男性の個人客が多いんでしょうかね?

真実はわかりませんが、非常にラッキーで嬉しかったです。
オーガストの皆さんありがとう

さて、次回は朝食を紹介します。
ここは朝食も非常に気に入ったんですよ。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       


オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 27, 200917:08オーガストスイーツ (1)チェックイン (2009年9月パタヤ旅行 その8)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
紹介です。オーガストスイートではなくて、スイーツですよ。
でも、オーガストスイートと表記されていることが多い。
2009年初め頃にオープンしたばかりの新しいホテルです。

ここはですね、ものすごく気に入りました
正直、紹介したくないくらい。
でも、冷静に考えたら、1年のうち数回しか行けない自分達が貸し切れるわけでも
ないので、ブログを始めた初心に返り、また、とても親切だったホテルの皆さんのため
にも紹介することにしました。(大袈裟?)
たぶん、かなり長くなります。4回か5回くらいになる予定。
既に、常宿にしている方がいたらゴメンなさい。

DSCN1255DSCN1791

■オーガストを予約するまで
色々とホテルの見学している私たちですが、ここは見学なしに決めました。
見学をする機会はあったんだけど、その時、非常に疲れていたもので、まあいいや
と思ったんです。
ただ、ホテルの様子はステイタイランドさんのサイトでかなりわかりましたし、唯一
心配だった立地も本当に便利。
なんとなくなんですが、ここはイイだろうという勘が働いたので、値段さえ合えば
ここにしようと。(私のこの手の勘は、ほぼ当たります)

早速、ホテル名(日本語、英語共)でネット検索。
しかし、8月時点、ネットのホテル予約サイトがほとんどヒットしない。
ステイタイランドさんくらい。(ステイタイランドさんのサイトはこちら) 
(2009年11月現在は、旅ランドさんや、AKGさんでも取り扱っています)
※追記:2010年7月現在、agodaも取り扱いを始めたようです。キャンペーンなどで安くなる
ときもよくあるんじゃないかと思うので、チェックしてみてくださいね。
(agodaのサイトはこちら)  
こうやって、どんどん登録が増えると、ますます予約が取り難くなるかなあ。
紹介しているだけに、微妙な気持ちです。

ホテルのサイトも予約ページとかがなく、わかりにくいです。
英文メールを送るか、電話をしないといけません。
なお、英語のレディボーイ掲示板というのがあって、そこの情報がなかなか充実
していて面白かったです。

そこで、とりあえず夫から、オーガストにメールを送信。
すると、すぐにホテルから返事がきます。非常にレスがいい。
結局、一晩のうちに何度かメールをやり取りして、その日のうちに予約しました。
ローシーズン、8泊と宿泊数が長かったこともあってか、ネットの料金よりもかなり
安かったです。
具体的には、7泊以上してくれるならプールサイドの部屋で、朝食付で1600B
朝食なしで1400Bというものです。
朝食がないのはさみしいので、朝食付の1600Bを選びました。
ホテルサイトで全く同じカテゴリーで比較するとプールサイドの部屋は朝食付で
2000Bです。(シティビューなら、1800Bです)
だから、一応、400Bは安くなったってことかな。
もちろん、この値段はその時の混み具合とか、時期によって変動すると思います。

ところで、こんなにあっさり値引きしてくれて、しかもどの予約サイトにもないってことは、
営業力不足で全然流行ってないんじゃないの? と2人で話していたんですが、
それは大きな間違いでした。
そのことについては、次回詳しく。

■立地の説明
場所はセントラルパタヤ通りと2ロードの交差点から、陸側に少し入って左手。
セントラルパタヤに面してます。
詳しくはこちらの地図をご覧下さいね。

とにかく立地はすごくいいです。
海に面している方がいいとか、WSに近い方がいいという人には向きませんが、
一般的にいって、かなり便利。
近くにはTOPSスーパーがあるし、食べるところもいっぱいある。
セントラルまでも徒歩5分くらい。
ソイブアカオまでも1,2分で、ここからのソンテウも使えるので、どこへ行くにも交通の
便もいい。
レンタルバイクをしなくても、あんまり不便を感じない立地です。
その割に、夜うるさいということもない。
私たちが、これまでに泊まったホテルの中で、立地面でも1番良かったですね。

■チェックイン
さて、18時20分、オーガストスイーツに到着です。
IMG_0812IMG_0946
↑ロビーは広々としてます。
そして、到着するやいなや、たくさんの日本語で出迎えられました。
チェックインの手続きをするのに、従業員が数人がかりでお世話をしてくれます。
何やら非常にフレンドリー
ウェルカムドリンクのパイナップルジュースも結構おいしい。
喉がかわいていたので、ゴクゴク飲んじゃいました。

余談ですが、私のベスト・ウェルカムドリンクはバリのウブドにあるチェディです。
生姜、蜂蜜、その他色々入ったオリジナルドリンクで、すごく美味しい。
ここは、レストランも美味しかった。
宿泊代もレストランも高いけど、こういうラグジュアリーなリゾートホテルはパタヤには
ないですよね。(いわゆる高級ホテルもちょっと路線が違う)
(チェディの情報はこちらから)

話を戻しまして、チェックイン時に、デポジットの2000Bを支払います。
これは、予約時のメールで知らされていました。
最近は常にある程度のバーツは持っているのですが、ない場合は空港で換えて
おくといいです。
残りのお金はチェックアウト時でも、それ以外の好きな時にでも支払えばいいです。
クレジットカードを使うと3%の手数料がかかるので、現金にしました。
お部屋のカードキーは、お願いして2枚もらいました。
やっぱり、鍵が2つあると何かと便利ですから。

すると、ここで「実は、すみませんが・・・」と言われます。
「ん?」と一瞬嫌な予感が走ります。
「お部屋がスイートにアップグレードになります。」
やったあ〜 ラッキー〜 全然、すみませんじゃありません。
幸先いいなと、すっかり浮かれ気分でお部屋へと向かったのです。

さて、本題のお部屋の紹介ですが、次回になります。
というのも、ほぼ全カテゴリーのお部屋を見せてくれまして、写真もいっぱいあるのです。
だから、次回、お部屋だけに特化して詳しく紹介したいと思います。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」