ゲストハウス

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
October 27, 200916:53タイで荷物を預ける
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

前回までのサメット島小旅行に関連して、タイで荷物を預ける方法を色々と
紹介していきたいと思います。自分用のメモも兼ねてます。
これらをうまく利用すれば、小旅行だけでなく、ロングステイの時にも役立ちそう。

■宿泊ホテルで荷物を預ける
まず、1番オーソドックスなのは、宿泊していたホテルに荷物を預ける方法です。
今回もそうしました。
長い旅行中に、1,2泊で小旅行に行く場合は、この方法がベストだと思います。
今回のように、荷物を預けた後にまたそのホテルに宿泊する場合はもちろん、
そうでない場合でも、一般的なホテルならば預かってくれるんじゃないかな。
ただ、あまり長期間になるとムリな気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これから先の記述は、私自身利用したことはなく、調べたものをまとめたものです。
もしかしたら、実際と違うかもしれないのでご了承くださいね。

■空港で荷物を預ける
スワンナプーム空港に荷物の預かり所があります。
(詳しくは、こちらのサイトを見てください。)
一応、簡単にまとめると、場所は、空港の2階(到着フロア)4階(出発フロア)
2ヶ所。
値段は1日100B。以後、12時間ごとにで50B追加。
3ヶ月まではこの値段で、3ヶ月を超えると1日あたりの値段が上がる。
最長6ヶ月まで。
貴重品、パソコン、カメラ、生ものなどはダメ。(荷物チェックがあるみたい)

トランジットで空き時間がある場合、空港を拠点に小旅行をする場合には
便利そうです。
預けられる期間が長いので、頻繁にタイ旅行をする人、短めのロングステイを
繰り返す場合などにも使えそうです。
ただし、1ヶ月預けると3000Bと値段はやや高め。
あと、最近色々と空港関連の悪いニュースがあるので、空港に長期間預けて
本当に大丈夫? という気持ちはあります。

■ファランポーン駅で荷物を預ける
ファランポーン駅にも荷物の預かり所はあるようです。
値段は、はっきりとしたことはわかりませんでしたが、1日数十Bで、空港よりも安い。
空港と違って、バンコク市街にある点は便利です。
(こちらのページがわかりやすいと思います)

しかし、盗難などの悪い噂はあるようです。預ける場合は、その辺りのことを考えて
ということになりますね。

■日系の旅行会社に預ける
制約はありますが長期間預けるならば、この方法がいいのではないでしょうか。
事前に日本語のメールで確認できますし、安心感もあります。
たぶん、私が利用するとしたらこの方法にすると思います。
とりあえず、私が知っているのは2社ですが、この他にもあるのかもしれません。

◆旅ランド (旅ランドの荷物の預かりサービスのサイトはこちら)  
旅ランドさんは、ホテル予約で利用したことがあります。
その時の対応もしっかりしてました。
値段は1日50B。1ヶ月だと1500Bですね。
期間は書いてありませんから、長期間の場合は相談した方がよさそう。
場所はアソークからタクシーか、地下鉄ペッブリー駅から3分。
業務時間内に持っていく必要がありますし、預ける荷物にも制限はあります。

◆バンコク旅行センター
バンコク旅行センターの荷物預かりサービスのサイトはこちら  
ここは、ブログを始めてから、ブログ内のサイドバーの広告で知った旅行会社です。
グーグルはブログに関連した内容が自動的に広告されていくので、結構役立ちます。
この旅行会社はまだ使ったことはないのですが、バンコクのサービスアパートメントに
ついて詳しいなという印象です。

値段は1日50B1ヶ月だと1000B。最長3ヶ月。
場所は、今現在ホームページを見てもよくわからないのですが、確かシーロムだった
と思います。
やはり、業務時間内に持っていく必要がありますし、預ける荷物にも制限はあります。

■ゲストハウス ティールーム
※(追記)コメントをいただきわかりましたが、2010年4月に閉鎖されたようです。
(ゲストハウス ティールームのサイトはこちら) 
ここは、スクンビットにある日系のゲストハウスですが、宿泊客以外の荷物の預かり
やっています。アソーク駅からも近く、場所はかなり便利です。
値段は1日50B。24時間受け渡しが可能です。
何らかの事情で宿泊ホテルに荷物を預けることができない場合などによさそうです。

ところで、このゲストハウスでびっくりするのはその値段の安さ。
エアコン付のドミトリー(共同部屋)が、なんと1泊150B(約420円)。
ドミトリーしかないので、私が利用することはないですが、とにかく安くあげたい人には
いいんじゃないでしょうか。
値段の割りに、場所もよく便利そう。
同じ安宿なら、カオサンよりいいような気もします。(カオサンのことは全く知りませんが)

以上が、私が今のところ得ているタイで荷物を預ける方法です。
これ以外にもっといい方法としては、タイ在住の知人に預けるというのもありますが。
この他にももっと便利そうな荷物の預かり所があれば教えてくださいね。
私も他に見つかればまた紹介していきます。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
July 18, 200919:08ハードリン地区の案内
PermalinkComments(1)TrackBack(0)
サワッディ カー

今回は、パンガン島のリゾートの中心、ハードリン地区の様子などについて
紹介します。
去年予約をするとき、地図を見ているだけでは、どうも街の規模とか具体的に
イメージできなかったので、そういう感じのことを書くつもり。

■ハードリン地区の概要
ハードリンはパンガン島の1番南、サムイ島から最も近いところに位置します。
ここにあるのが、リンビーチで、東側のリンノクビーチと西側のリンナイビーチがあります。
リンノクでは、有名なフルムーンパーティが開催され、リンナイにはハードリン港
あります。と書くと、結構大きな街のような気がしませんか?
リンノクとリンナイというのはかなり離れているのかなと想像していたら、
歩いて10分もかかりませんでした。たぶん、5分くらい。

下の地図をみるとわかるように、ちょうど岬の首根っこの部分がハードリン地区で
両側に海があるんですね。
なお、この地図はまたデジカメで写したのを取り込んだのでちょっとゆがんでます。
ハードリン←クリックすると拡大します

ハードリンはパンガン島で1番の繁華街ですが、サムイ島でいえばラマイビーチ
ぐらいの規模。
コンビニはセブンイレブンが1軒しかないし、歩いて街をぐるりと廻っても15分くらい。
ビーチロード1本のラマイのようにわかりやすくはないけど、逆にギュッと密集して
いるので、慣れると便利です。
フルムーンパーティ時には、この小さな街に1〜2万人の観光客が来るらしいので
驚きですね。

こんなふうに狭い街だから、ハードリン地区なら、どこのホテルを選んでも不便では
ないと思います。
むしろ、最も栄えているリンノクは避けた方がうるさくなくていいような気がします。
私たちは、リンビーチではなくそれよりも岬の先にあるリーラビーチのホテル、
サリカンタンに泊まりましたが、それでもハードリンのお店がある場所まで徒歩5分、
リンノクまで徒歩10分。不便は全く感じませんでした。

■リンノクの様子
私たちがいたのは、フルムーンパーティのない時期だったので、観光客もまばら。
日没直後のフルムーンパーティの会場となるリンノクの様子はこんな感じです。
こういう感じの店がビーチにズラリと並ぶんじゃないでしょうか。

リンノク2リンノク1

DSCF1477DSCF1491
なんとなく雰囲気が伝わりませんか?

DSCF1472DSCF1495
そして、ドリンクはこんな感じで売られてます。
バケツが並んでいると、なんだかかわいい
ビーチ沿いの店では、有料でトイレなんかも貸しているようでした。
リンノクのビーチの内側の道沿いと、ビーチを結ぶ道沿いには、たくさんの
バーやレストランがあります。

■ハードリン地区のお店など
レストラン、衣料品店、雑貨店、マッサージ、薬局など観光客向けの店は
ひと通り揃っており、特に不便はないと思います。
でも、コンビニはセブンイレブンが1軒で、大きめのスーパーなどはありません。
ビールや水、アイスクリームなどを買いに、1日2,3回はこのセブンに行ってました。
ちょっと特殊なものなどを手に入れるのは難しいと思いますね。

ものすごく多く見かけたのが、インターネットショップです。
サムイやバンコクだと、一応意識して探す感じですが、探すつもりがなくても
目に入ってきます。値段はどこも一緒。30分60Bだったかな。
開始と同時にタイマーが動きます。
どの店もたくさんのパソコンが並んでいて、そこそこ新しい。速度もまずまず。
私たちはノートパソコンを持ち込んで、受付の人の指示に従ってつなげてました。

両替をするための銀行窓口も、いくつかあります。
ハードリン港の周辺やリンノク辺り。レートは銀行によって多少違います。
島だから極端にレートが悪いということはなく、サムイ島とそう変わらない
ように思いますね。

■ハードリン地区のホテル
安宿や中級ホテルが多いような気がします。
ハードリンの街中には、たくさんの宿泊施設がありましたので、フルムーンパーティ前後
でなければ、宿泊施設はどこかしら見つかるでしょう。
逆にフルムーン時期は、予約なしで来るのは無謀
今回、宿泊したサリカンタンは、ハードリン地区ではかなりグレードの高いホテルです。
その割にリーズナブルで非常に満足したので、次もここに泊まるつもり。
そのため、ハードリンでは、我が家恒例?のホテル観察はしてません。

ところで、パンガン島のゲストハウス情報を求めている人は多いみたいなんだけど、
ほとんど情報は持ってません。すみません。
基本的にゲストハウスには泊まらないので・・・
そもそも、パンガン島は圧倒的にファランが多いから、日本語の情報はホント少ない。
ゲストハウスは旅行会社も通常扱わないから余計に少ないのでしょうね。
パンガン島の安宿、ゲストハウスに関しては、一応サワディー(ホテルの予約サイト)で、
多少は扱っているようです。(サワディーのサイトはこちら)
でもハードリンに関してはあんまり安いホテルは扱ってないみたい。
バンタイビーチの安いホテルはいくつかあるようですが。
それから、パンガン島のゲストハウスの口コミ情報として、こういうのもありました。
(パンガン島の宿の情報)少し情報が古いのかもしれませんね。

それでも、パンガン島のホテルはサムイ島に比べ、かなりリーズナブル。
私たちが泊まったサリカンタンも1番安い部屋は900B(2520円)から泊まれます。
次回から、このサリカンタンについて詳細にレポートしていきます。

それでは、また

*その他のパンガン島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
July 12, 200910:09ラマイビーチのホテル(2) その他のホテル色々
PermalinkComments(1)TrackBack(0)
サワッディ カー

前回から引き続き、サムイ島ラマイビーチのホテルをいくつか紹介します。

■アロハ リゾート (Aloha Resort)  (ホテルの情報はこちら)
ここには2007年7月に3泊しました。
この年の写真はパソコンのデータごと消えてしまって、全くありません。
そのせいかどうか、あんまり思い出せない。
ただ、全体的な印象としては、悪いとまではいわないけど、あんまり良くなかった。
この後にお気に入りのノラビーチに泊まってお部屋のアップグレードまでされた
ものだから、余計にそういう印象なのかも。
というわけで、覚えている範囲で気になる点を紹介していきます。

◆立地
ラマイビーチロードの南の方です。立地的には問題は全くありません。

◆お部屋
2007年に宿泊したのはデラックスツイン(シービュー)で2800Bでした。
予約したのはアットサイアム(ホテルの予約サイト)です。
今は、パタヤの超コストパフォーマンスの良いホテルを知ったので、そう安いとは
思わないけど、当時としてはかなり激安のホテルだなあと。
今年(2009年)の夏の値段を見ると、3080B(約8700円)です。
1番安いスーペリアで2600B強(約7400円)
ここは、アゴダもアットサイアムも値段が変わりませんね。

お部屋は結構広かった気がしますが、よく言えばシンプル、でもおしゃれな感じは
ありません。割と古い気がしました。
あと、シャワーの出があんまり良くなかった。その部屋がたまたまかもしれませんが。

ちなみに、アロハリゾートには2種類のファミリールームがあります。
いわゆる2ベッドルームで定員は大人4人。
安いスーペリアが3960B(約11000円)、高いスイートが4910B(約13800円)。
こういうニーズがあれば、かなりお得だなと思います。

◆プール
プールは割りと良かったです。
この前年にラマイに行った際に、ビーチ沿いからプールを見て、このホテルも
いいかなあと思った記憶があります。
子供用もあるし、ファミリー向けだと思います。

◆朝食
ビュッフェです。
細かいことは忘れましたけど、全体的にイマイチでした。
メニューが少なかったのかな。特に美味しい! と思うものがなかったのかも。

とまあ、あんまりいいことを書いていませんが、ちゃんとしたプールもあるし、
部屋もそこそこ広いので、いわゆる安ホテルよりはかなりいいとは思います。
値段とか、ニーズに合えば利用してみてください。

ラマイビーチ←ラマイのビーチ。写真がないのでのせてみた。

■タイハウスビーチホテル(Thai House Beach Hotel) (ホテルの情報はこちら)
ここは、昨日紹介したジャスミンと小路を挟んで建っているホテルです。
規模といい、ホテルのレベルといい、かなりジャスミンと似ています。
場所は、ラマイビーチの北の方です。ここも立地は問題ありません。

1番安いお部屋で、この夏の値段が3000B弱(約8400円)。
値段的にもジャスミンと同じくらい。
プールは好みが分かれるとは思うけど、こっちの方がリゾートっぽくて、
ファミリー向けかなと思います。なかなかいい感じ。

ジャスミンと並んで、ラマイの中では値段的にもバランスの良いホテルだと思うので、
後は、写真とかを比べてお好みでという感じです。

■パビリオン サムイ ブティック リゾート (Pavilion Samui Boutique Resort)
  (ホテルの情報はこちら)
ここは、私の知る限り、ラマイビーチロード沿いでは最も高級なリゾートホテルだと
思います。
立地は、ラマイビーチロードの北の端、ジャスミンよりも少し北寄りです。
それでも、ラマイとしては十分便利な場所です。

泊まったわけではないので、ビーチから様子を見たのと、ホテルの中を縦断してみた
だけなんですが、かなりいい感じでした。
大人のリゾートという雰囲気。
ホテルの規模自体はそう大きくないですが、それも私好み。
ここに泊まりたかったな、と思いました。

お部屋も写真で見る限りではオシャレです。
でも、やっぱり高いんですね。1番安い部屋で5450B(約15300円)。
ここは、サムイ島の中では珍しく、11月からの値段の方がハイシーズン価格の
ようで、夏に宿泊するのはお得みたいです。
ただ、アゴダで適当に日程を入れて検索したけど、1万B以上のヴィラしか
空いてなかった。
別のサイトとか、直に予約すれば空いているかもしれませんが、たぶん人気の
あるホテルなんだと思う。

予算に余裕があって、ラマイビーチに泊まりたい方には、とてもお勧めです。

■WW Will Wait Full Service Apartment  (情報はこちら) 
これはオマケです。
今回調べていたら、見つけました。
お気に入りのレストランWill Wait のサービスアパートメントです。
2007年にオープンしたみたいだけど、気付かなかったな。
私たちが行った後にできたのかもしれませんが。

プールはなく、わずか6室の小さな施設です。
朝ごはんは、近くにあるWill Wait で食べることになります。
それだけでも、ちょっと魅力的。

部屋は写真でみる限り、いい感じ。値段は夏は1750B(約4900円)。
1週間、1ヶ月と借りるとディスカウントがあります。
プールがないのが難だけど、ちょっと興味がありますね。

■ゲストハウス&安ホテル
ところで、昨日、ラマイビーチのゲストハウスを紹介しているサイトを紹介しましたが、
サワディー(ホテルの予約サイト)も、かなり安いホテル(ゲストハウス?)を
取り扱ってますね。
実際に個別には見てませんけど、1000B未満のホテルが結構ある。
これを見ると、やはりラマイは安いお宿が多いように感じますね。
実際、欧米人のバックパッカーがかなり多いビーチです。
良かったら、参考にしてみてくださいね。
(サワディーのサムイ島のサイトはこちら)

以上でラマイビーチのホテル紹介は終わりです。
次回は、あんまり情報がないので迷ったンですが、一応、ラマイのお食事情報
を書きます。

それでは、また

<ラマイの記事一覧>
*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。


オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
July 11, 200911:22ラマイビーチのホテル(1) ジャスミンリゾート
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

今回はサムイ島ラマイビーチのホテル、サムイ ジャスミン リゾート
(Samui Jasmine Resort)
紹介します。
全体的に記憶があいまいで、あんまり詳しい情報が書けません。
どうかご了承くださいませ。

■ラマイビーチのホテル選び
まずは、ラマイのホテル全体のことを少し。
サムイ島のビーチ紹介の記事でも書いたように(記事はこちら)
ラマイビーチは少し昔のチャウエンビーチを小さくしたような感じです。
どちらかといえば、庶民的。サムイ島の中では夜遊び系も充実している方。

ボプットビーチの時と同じような話になるけど、こういうラマイの街の雰囲気を
味わいたいなら、ラマイビーチ沿いのホテルに泊まるのがいいでしょう。
ラマイビーチロードを端から端まで歩いても15〜20分くらい。
この通り沿いなら、どこを選んでも立地的には大差ありません。
全体的には、規模のあまり大きくない中級クラスのホテルが多い気がします。
ラマイはゲストハウスも多いですね。
何かゲストハウスの情報がないかなと検索をしていたら、こういうのを見つけました。
サムイ島の安宿情報 (←クリックするとページにリンクしてます)
現地の旅行会社さんのサイトですけど、+200Bで予約もしてくれるようです。
初ラマイなら、初日だけでも予約して探してみるといいかもしれません。

ラマイビーチロード沿い以外の北ラマイとか、高台にあるホテルだと、
ラマイの中心地に行くには、バイクか車でないと厳しいです。
チャウエンほどタクシーやソンテウがいつでもいっぱいいるわけではないので、
結局はホテルの中でほとんど過ごすか、バイクを借りることになります。
それでも泊まりたいホテルがあればいいとは思いますけど。

なお、実際に見たわけではないですが、北ラマイのビーチは結構きれいらしい。
北ラマイはホテルよりも貸別荘が多いイメージですが、例えば、こんなホテルがあります。
◆ルネッサンス コサムイ リゾート&スパ  (ホテルの情報はこちら)
ラマイビーチの中では、最も高級なホテルのうちの1つ。
北ラマイの丘の上にあるようです。眺めが良さそう。
写真とかをみると、かなりいい感じです。
1番安いデラックスガーデンビューで約6700B(約18700円)。51屬里部屋。
結構いいお値段ですね。

サムイ ジャスミン リゾート (ホテルの情報はこちら)
では、2006年に3泊したジャスミンの紹介をしていきます。
かなり昔なので細かいことは覚えてないんですね。
写真も少なめなので記憶が喚起されない・・・
ただ、その時の印象はかなり良かったです。
規模はそう大きくないけど、全体的にいい雰囲気で十分リゾート気分になりました。
↓下の写真のように、ホテル内は緑と木材を上手に使ってます。
ジャスミン←この道の先にプールがあります。

◆お部屋
部屋はビルディングとヴィラがあります。私たちが泊まったのはガーデンヴィラ
上から2番目のランクです。上の写真の手前くらいに部屋があります。
部屋はかなりオシャレ。狭くはないけど、そう広くはないです。
情報ページによると、約45屐そんな感じです。

料金は、当時、3000B強だったと記憶してます。
他のサムイ島のホテルと同様、その後値段が上がって、2009年の夏は
4150B(約11700円)。
まだ、やや高いですね。サワディー(ホテル予約サイト)の値段です。
ここは、アゴダは登録がないので。
他の部屋は、デラックスビルディングのガーデンヴューが3100B(約8700円)、
シービューが3800B(約10700円)。両方とも40屬旅さ。
9月になるともう少し安くなるんですけどね。

ジャスミン←唯一あった部屋の中の写真。洗面台。意味ないですね。

ちなみに、このホテルでものすごく印象に残っている出来事があります。
たぶん、サワディーかどこか他の予約サイトから予約したんだけど、
チェックアウトの際に、マネージャーっぽい男性から名刺を渡され、
「次回からは、ネットの料金より安くするから直接予約をしてください」
と言われました。本音を言えば、どのホテルもそうなんじゃないかと思うけど、
こんなふうにはっきり言われたのは、ここだけですね。

ジャスミン

◆プールと朝食など
プールは、上の写真を見ると結構大きそうだけど、そんなに大きくはないです。
泊まった時は小さいプールだなと思いました。
でも、ボプットのプールを見た今では、かなりちゃんとしたプールだなと。
雰囲気はいいのだけど、チェアの場所によっては、車の入ってくる小路が
すぐ後ろにあって、リゾート気分が多少削がれてしまいます。
海に近い方のチェアを選べば問題なし。

朝食は・・・記憶がないです。ビュッフェだった気がしますが。
記憶がないってことは、そう悪くもなかったんだろうなと思います。
パンはWill Wait のでした。すぐ近くにお店があります。
(Will Wait の記事はこちら)

◆立地
ラマイビーチロード沿いの中でも、北(チャウエン寄り)の方にあります。
北でも南でもあんまり変わりませんが、バービアは南の方に多いかな。
北の方が割りといいホテルが多いような気がします。

◆全体的な評価
ラマイビーチのホテルとしては、総合的にはかなりいいとは思います。
ただ、サムイ島全体で考えるともっといいホテルは色々ある。
だから、ラマイビーチに泊まろうという場合には、選択肢の1つにしたらいいのでは
ないかと思います。

次回は、その他のラマイビーチのホテルをいくつか紹介します。
それでは、また

*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
July 05, 200909:40ボプットビーチのホテル選び(1)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サワッディ カー

今回から、サムイ島のボプットビーチのホテルやレストランの紹介をします。
ボプットビーチと言えば、雰囲気のあるオシャレなビーチとして、特に最近注目され
ています。でも、日本ではまだまだ情報が少ないエリア。
以前、サムイ島のビーチエリア紹介(2)(クリックするとリンクしてます)で、
ある程度紹介したけれど、書ききれなかった点など、改めてレポートします。

■ボプットビーチはこんな人にお勧め
ボプットはもともと漁村で、外国人(ファラン)が中心になって開発したそうです。
昔の建物を活かしたりして、街並みがなんとなくオシャレ。
大きなホテルも少なく、全体的にこじんまりとしてます。
例えば、夜の海沿いのレストランやカフェは、雰囲気抜群でとってもお勧めです。
でも、旅行中、ずっとボプットに滞在するとなると、好みが分かれるんじゃないかな。
お店の数は少ないし、夜遊び向きでもない。
特に、ビーチがきれいというわけでもない。
それでも、なんとなく魅力があるのもわかります。

あくまでも、私なりの観点で、ボブットはこんな人に向くのではというのをあげると・・
・リゾート地では、ゆっくりしたい。1日中、何もしなくても平気。
・サムイのリピーターで、チャウエンにはもう飽きた。
・チャウエンは賑やかすぎて好きでない。
・大規模ホテルは好きでない。
・食事はホテル以外で食べたい→ボブット中心部のみOK
・日本人が少ない方がいい。
・代官山とか、フランスとかが好き(あくまでもイメージ)

どうでしょう? 雰囲気が伝わりますか?
私自身3泊4日滞在した感想は、とにかく「のんびりしたなぁ」というもの。
途中ソンテウで5分程度のロータスとビッグCには行ったけれど、
残りはずっと、ボプットでブラブラしてました。

■ボプットの高級ホテルは場所が不便
ボプットには、高級リゾートホテル、こぢんまりとしたオシャレな小規模ホテル
中級ホテルゲストハウスなど、色々揃ってます。
ただ、この中で、高級リゾートホテルだけは、お店やレストランの集まる
ボプットビーチロードの近くにはありません。
ボプットの中心から、1〜2kmくらい西のビーチ沿いに、ポツリポツリと建ってます。
ビーチ沿いをお散歩がてら歩いてもいいとは思うけど、車かレンタルバイクでの
移動が中心になりそうです。

ですから、ボプットの雰囲気を味わうことが目的なら、やはりボプットの中心にある
ホテルやゲストハウスがお勧めですね。
逆に、西側の高級リゾートは、チョーンモンビーチのホテルと同じように、
純粋にそのホテルに泊まりたいかどうかで選ぶべき。

ちなみに、前にも書いたけど、ボプットの西の端にあるZazenはお勧めです。
(ホテルの情報はこちら)
規模は小さいけど、とっても雰囲気がいい。プールも部屋もいい感じ。
でも、高〜い 
夏だと、1番安い部屋でも6500B(約19000円)もする。ガーデンヴィラが8800B
(約25000円)、ビーチフロントバンガローは9200B(約26000円)。
実は、3年くらい前には、アゴダ(ホテル予約サイト)から4000B台で泊まれたんですよ。
ところが、その後アゴダとの契約はやめてしまって、上記の値段はサワディーのです。
サワディー以外では、ホテルトラベルとも契約しています。こっちだと少し安くて、
5900〜8900Bくらい。
それでも、Zazenは人気でなかなか予約がとれないそうで、だったらディスカウントする
必要もないですもんね。安いうちに泊まっておくべきだったと悔やんでます。
もしかしたら、今年くらいから徐々に値段が下がるかもしれないけど。

■ボプット中心部のホテル選び
下は、ボプットの中心部の地図です。(クリックすると拡大されます)
ボプット地図

そして、ボプットの入口にあたるフィッシャーマンズビレッジの看板
フィシャーマンズ

この入口の道を進んで左のエリアには、お店やレストラン、比較的昔からある
中級ホテルやゲストハウスなどがあります。
一方、右のエリアには、こぢんまりとしたオシャレなホテルがいくつかあります。
値段は全体的にあんまり安くないですね。

高級ホテルと異なり、全部を兼ね備えたホテルはないので、何を重視するか
によって、選ぶホテルが変わってくるのではないかと思います。
値段なのか、プールなのか、部屋なのか、海がみえるかどうかなのか。
自分の求めるものとピタリと合えば、ボプット生活がより一層楽しめるはず。

■ボプットのゲストハウス紹介
例えば、値段を重視するなら、ゲストハウスが1番。
以下にボプットの中心にあるゲストハウスをいくつか挙げておきますね。
中は見てないので、どんな感じかはわかりません。リンクを見て選んでくださいね。
値段は、夏休みの時期で統一しました。今日現在だと、バーツに2.9倍すると
日本円になります。

◆PAPA JOE'Sゲストハウス(情報はこちら)
前にも紹介した日本人経営のゲストハウス
フィッシャーマンズビレッジの看板のすぐそば。上の写真で左にある建物。
場所はとてもいいです。ただ、海には面してないし、プールはない。
値段が安さはかなり魅力。
ツインが800B(約2300円)、ドミトリー(共同部屋)120B(約350円)。
何よりも、日本人経営の安心感があると思います。
以前のホームページでは、早朝パンガン島へ行く宿泊客をビッグブッダの港まで
送っていった記事なんかも載ってました。
今でもそういうサービスはやっているのかな。
日本を発ったその日のうちにパンガン島へ行けない場合、前泊するのにぴったり。
1人旅とかでも、ここなら寂しくないのでは。

◆ヴィラジアン(情報はこちら)
ほうぼう屋さんのページで見つけました。
場所は、ほうぼう屋の並びで海沿いではありません。
値段は1200Bとなってますが、確認した方がいいと思います。
エアコンもあるみたい。

◆Free House Bungalow(情報はこちら)
ここは海沿いですね。場所はいいです。
上の地図だと、左側エリアにあるスマイルハウスレストランより少し右側。
エアコンありで1800B、ファンだと900B。プールなし。

◆THE LODGE(情報はこちら)
ここも海沿い。上のゲストハウスと同じ並び。
1800Bから。この値段でもゲストハウスなのかな。プールなし。
外から見た感じは良かったです。

他にもあるとは思います。
下の2つは、海沿いなのでゲストハウスにしたら高めだし。
交渉すれば、もっと安くなるのかもしれませんが、この値段を出すなら
次回紹介するスマイルハウスの方がいいかも。

さて、次回はこの続きで、ボプットのホテルをいくつか紹介します。

それでは、また

*その他のサムイ島情報は左サイドバーのカテゴリーからお入りください。



オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 13, 200909:38suk11(2) 知っておくといい情報など
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

引き続き、バンコクのゲストハウスsuk11(スク11)の紹介です。
今回は、suk11をもっと快適に利用するために、事前に知っておくといい
留意点ななどを色々と書いていきたいと思います。

■予約は事前に
ここは、非常に人気のゲストハウスで、リピーターも多いみたい。
ゲストハウスと言えば、当日予約みたいなイメージがあったりするけど
(実態は知りません)、事前にホームページから予約をした方が
無難でしょう。ホームページはこちら。
ただ、予約の返信が非常にあっさりして、若干不安でした。
「OK」 ほとんどこれだけ。
一応、この返信メールもプリントアウトしていったほうがいいと思います。

■鍵は南京錠で補強
なんとなく不安なので、外出時は、南京錠で部屋の鍵を補強をしました。
ホテルと違い、ドアに南京錠を通すところが、ちゃんとあります。
そのかわり、部屋の清掃はしてもらえなくなりますが。
(必要な時に頼んだり、バスタオルだけ代えてもらうとよい)

なお、南京錠はBTSアソーク駅に行く途中にあるロビンソン百貨店
買いました。路面の土産屋より安かったですよ。
かぎ

■建物構造
まず、階段がかなり急です。エレベーターなんてありません。
スーツケースを持って部屋に行くのはかなりキツイです。
特に、2階は共同部屋が中心で、私たちの部屋は4階だったので大変。

また、横にとても長い建物構造で、4階に着いてからも、スーツケースを持って
長い廊下を歩かないといけません。しかも廊下が暗く、床がガタガタ。
おしゃれと言えばおしゃれなのですが。
そもそも、ゲストハウスに泊まる客は、あんまりスーツケースで来ないのかも。
しかし、この構造だと、万が一火災になった場合、かなりヤバイですね。

■蚊が多い
suk11は、入口など緑が多く、そのせいか非常に蚊が多いです。
特に、朝食時など、ロビーを利用するときは要注意。
虫除けスプレーや、虫さされの薬を持参してください。
ロビーにある扇風機を足元などに強めにあてておくと、ある程度は防げます。

■朝食
入口のロビー部分で食べます。
かなり混んでいるので、少しでもスペースあったらそこで食べる感じ。
内容は、インスタントのコーヒーと、食パンなど2,3種類のパン。
(うち1つは甘いパンだったと思う) バター、ジャム。
これ以外にも運がよければ何かあったような気もします。
もちろん全てセルフサービス。
パンの味は悪くありません。
普段の朝食のことを考えると、これで十分ともいえますが、
他に食べに行ってもいいと思います。

■荷物の預かり
ゲストハウスは預かってくれるのか疑問でしたが、チェックアウト後も
荷物は預かってくれます。
お金が少しかかったような気もしますが。
私たちは、夜便だったので、贅沢にも1泊分払って出発ギリギリまで
部屋を使ってました。
チェックアウト後も、共同のシャワーを使うことはできると思うので
(たぶんそこまでチェックしていない)、さっぱりして空港に向かうことも可能です。

■立地はかなり便利
スクンビット、ソイ11、ナナ駅から徒歩2,3分です。
グランドビジネスインでも書きましたが、交通アクセスの良さは抜群、
かなり便利な立地です。(BTSアソーク、地下鉄スクンビットも徒歩10分強
バス(タクシー)でないとアクセスできないカオサンのゲストハウスよりも、
その点が魅力の1つです。(たぶん、値段はやや高いけど)

さて、下の地図を参照しながら、もう少し詳しく場所を説明します。
ナナ駅からソイ11に入って約50m進むと左側にセブンイレブンがあります。
そのセブンを超えてすぐの小路を左に入った突き当たりがsuk11の入口です。
小路の入口には、ロープか何かで入りにくくしていることもありますが、
気にせずに入ってください。
実はこの小路は、コの字型になっていて、セブンの手前の小路から入ることも
できますが、最初は、セブンを超えてからの方がわかりやすいでしょう。

(クリックすると別ウィンドウで拡大します)
ソイ11周辺地図


ところで、このコの字の小路、飲食店が色々あります。
夜になると、ファランがたくさん集まってくる店もあるし、フリーペーパーに
広告をのせている店もある。
ただ、お勧めの店は全く流行ってない店です。
次回は、その店を中心に、この小路の店を紹介していきます。

それでは、また

<関連記事>スク11(1)おしゃれなゲストハウス

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
June 11, 200923:30suk11(1) おしゃれなゲストハウス
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サワッディ カー

バンコクの有名なゲストハウスsuk11(スク11)を紹介します。
スクンビット、ソイ11にあるから、スク11。

ここには、昨年2008年8月に泊まりました。
今、久しぶりにホームページを見ると、2008年の10月に料金改定してますね。
少し高くなってるみたい。
もしかしたら、お部屋の改装もしているかもしれません。
(写真の映りが、泊まったときより良く見えるから)
それを考慮した上で、レポしていきます。
suku11のホームページはこちら。

■ゲストハウス初体験
ゲストハウスとは、バックパッカーなどが好んで利用する安い宿泊施設。
タイでは、カオサンなどのエリアにたくさんあります。
一般的には、ベッドがあるだけのシンプルな部屋で、シャワー等は共同、
部屋の居心地がよくないからか、入口などに宿泊者がたむろして情報交換、
といったイメージです。

そういう意味では、ここsuk11は、ゲストハウスの中では変り種。
とにかく、こだわりの感じられるお宿です。

suk11
これがsuk11の入口。
どうですか? おしゃれでしょ。
ファラン好みなので、ファラン率も高く、よりおしゃれさを増してます。
ゲストハウスに興味はあるけど、抵抗もあるというなら(私です)、
まずは、ここに泊まってみるのがいいかなと思います。

■suk11のお部屋紹介
去年泊まった時とは変わってしまったので、ホームページを見ながら説明します。
部屋の写真はこちら
部屋の料金はこちら

トイレ・シャワー共同のお部屋
 →シングル500B(約1400円)、ダブル700B(約2000円)
トイレ・シャワー付のお部屋
 →:シングル650B(約1800円)、ダブル900B(約2500円)
私たちはトイレ・シャワー付のダブルに泊まりました。
その時は、800Bだったので少し値上がりしてます。

以前は、この他にドミトリーという共同部屋(1人250B、700円)がありました。
ファランの若者でいっぱいだったけど、今はないみたいですね。
鍵付の棚もあったけど、トラブルが起こりやすかったんでしょうか?
その代わり、今は、5名定員の1600Bの部屋がある。(1人320B、900円)
果たして、この部屋の需要はあるのかしらね。

このぐらいの料金の差なら、トイレ・シャワー付の方がいいと思うけど、
少しでも安く泊まりたいという人も多いようです。
確かに、タイなら差額の400円で、1日の食費を賄なうことも可能ですもんね。

さて、部屋ですが、内装はなかなかオシャレです。
ananとかのお金をかけずにセンスよく生活している人のインテリア特集に
出てくるような感じの部屋。
部屋の大きさも、思ったよりも広め。バスタオルも付いているし、エアコン付。
イマイチな安ホテルよりは、かなり快適に過ごせそうです。

でも、ホテルとはやはり違います。
冷蔵庫もテレビもない。もちろんセーフティBOXもない。
パソコンも使えません。(2階に共同のパソコンは置いてあります)
とても狭いスペースにトイレとシャワーブースがあって、上手使わないと
トイレも水浸しになる。(ちゃんとお湯はでます)

実はsuk11には、色々と決まり事があって、
部屋の中では飲食禁止アルコール厳禁
(水はいい。チェックインの時に水をもらえるくらいだから)
たぶん、お酒が入って大騒ぎをすること警戒しているのだと思う。
部屋の中に宿泊者以外が入ることも禁止。
飲食や面会は全て、1階のロビースペースでしなければならない。
これ、ゲストハウスに共通のルールなのか、suk11特有なのか?
ある意味、とっても健全な生活が送れます。
色々と注意すれば、女性の1人旅や卒業旅行にもかなり適していると思う。
もしかしたら、中途半端なホテルに泊まるよりもいいのではないかな

さて、この他にも、suk11に宿泊する場合の留意点などが色々あります。
次回は、もう少しsuk11について、紹介したいと思います。

それでは、また

<関連記事>suk11(2)知っておくといい情報など
<関連記事>suk11周辺の食事情報(1)シシカバブ屋さん