バンコクのアクセス

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
September 22, 200920:50バンコクでバスに乗る (2009年8月タイ旅行 その10)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

今回は、バンコクの路面バスのことについてです。
前回のトンローへの食事の往復はバスを利用しました。

■バスはお勧め?
私の周りのタイリピーターの皆さんも、それからタイ人の先生も、
案外バスには乗っていません。
私も去年まで、バンコクでの交通手段としては、とにかくBTSか地下鉄。
そして歩く。どうしても歩けないならタクシー。
しかし、BTSに乗るときは必ず階段を昇り降りするし、疲れる。
値段もタイの物価を考えると割高だし、ルートも決まっている。
もし、バスを乗りこなせるようになったら、ずっと行動範囲も広がるし、
便利だと思うのです。
そう思えるようになったのも、少しだけどタイ語がわかるようになってきて、
バスの車掌さんが英語ができなくても何とかなる気がしてきたからかな。
というわけで、今年の5月、今回と挑戦してみました。

■スクンビット通りでバスに乗る
とはいえ、今まで乗ったのはスクンビット通りだけです。
日本のようにバス停にちゃんとした路線図があるわけでもなく、
あってもタイ文字でよくわからない。
スクンビットならある程度まっすぐ進むでしょうということで初心者向き。
5月はナナからプロンポンまで。
今回はアソークとプロンポンの間あたりとトンローの往復。
宿泊しているレガシースイーツがアソークとプロンポンの間なので、
実際バスで移動する方が合理的なのです。
いざ利用してみると、値段も安いし、階段もないし、歩く距離も短いし、
いいことずくめ。
あまりにも渋滞している時間帯を避ければ、バスの方がいいんじゃないかと。
DSCN0645
↑実際に乗ったバス。

■バスの乗り方
今のところまだあんまりわかってないので、わかる範囲で。
目的とするバスが来たら乗り込みます。
できれば、後で紹介する路線マップで何番のバスに乗ればいいか予め
確認するといいです。
しかし、わからなければ、勘で乗るという方法もありかも。
乗る場所は、前からでも後ろからでももよさそうです。

DSCN0720
↑中には、車掌さんがいます。写真の立っている白ブラウスの女性。

DSCN0643
↑待っているとやってきて、行き先を聞かれます
答えると料金を言われ、支払うと切符のような紙をくれます。
この紙は別にいりませんが、支払ったという証明書のようなものなので、
バスに乗っている間は持っていましょう。
車掌さんが持っている筒のようなものが特徴的。
ここに、切符類やお金が入ってます。

そして、日本と違いバス停のアナウンスはありません
自分が降りるバス停にきたら、ブザーを押して降ります。
3人の車掌さんのうち、1人だけはわざわざ着いたよと教えてくれました。
たぶん外国人だからだと思います。
つまり、どこで降りるかわかっている所でないと利用しずらいということです。
もしくは、車掌さんに予め教えてくれるよう頼んでおくか。
私自身は、まだ上手に頼めるだけのタイ語力がないのですが。
 
料金はバスの種類と、距離で変わってくるのだと思います。
ちなみに、トンローまでの行きはエアコンバスだったので、1人12B
帰りはエアコンなしのバスで1人7B。ものすごく安いです。
エアコンなしバスは窓が開いてるので、排気ガスがすごいけど。

■バス路線図のガイド本
実は、今回フリーペーパーで有名なDAGOが発刊している
「バンコクバス路線図」を購入して、もっとバンバン乗ろうと思ってたの。
バスに乗ってカオサンにも行っちゃおうかなとか。
タイには10回も行ってるのにカオサンには未だに行ってないから。
しかし、どこの東京堂書店にも売ってない!
いつもは必ずあるのに。
最後に伊勢丹の上にある紀伊国屋に行ってようやく謎が判明。
丁度改訂の次期で、発刊が遅れているので、もう少し待ってくださいとのことでした。

そして、帰国直後、販売されたようです。
タイだけでなく、東京の主要な書店で販売中とのこと。
しかし、主要な書店はどこなんでしょう?
でも、日本で買うと600円、タイで買うなら120B(約340円)。
ちなみに、日本の本はタイでは定価の約1.5倍もしますが、
時々タイで買うほうが安いものもあります。
例えば、私が愛用している日タイ辞書は、タイで約60%の値段でした。
ですから、路線図も次にバンコクに行く時に買えばいいと思ってたいたら、
この記事を書いてて閃いた
そういえば、タイ語仲間のTさんが今バンコクにいるじゃない。
早速、連絡をとって買ってきてもらうようお願いしちゃいました。
たぶん、もうすぐ手に入ることでしょう。
次回の訪バンコクまでには、しっかり研究してバスで色んな所にいきたいです。
(追記:無事手に入りました。Tさん、どうもありがとう!)

それにしても、↓のリンクの記事を読んで、どうしてバンコクのバスが
決まった通りのルートを走らないのわかりました。
タイ人の先生も、それが嫌で乗らないんだって。
(DAGOの「バンコクバス路線図」の詳しい情報はこちら)    

そのうち、もっと色々バス体験をしたら、また報告しますね。

それでは、また

*知りたい記事へのアクセスは、左のサイドバーにあるTagCloudの単語をクリックすると便利です。

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
September 12, 200917:06スワンナプーム空港からタクシーでバンコクへ (2009年タイ旅行 その3)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

2009年8月のバンコク・パタヤ旅行、深夜24時近く、バンコクまでタクシーで移動です。
スワンナプーム空港からバンコク市内までのアクセスには、いくつかの方法が
あります。2人以上で行動するなら、結局はタクシーが1番なのかなと思います。
不満が多々あるんですけど。
そこで、今回は、2009年夏時点での、スワンナプーム空港からバンコク市内までの
アクセスについて、紹介していきます。

■スワンナプーム空港からバンコク市内までのアクセスの一覧
(1)旅行会社などの出迎え
一番楽チン。旅行パックを使うメリットの1つかも。しかし、他の人を待ったり、早すぎる
時間に出迎えにきたりというデメリットもあります。
この亜流として、現地の旅行会社の送迎利用もあります。値段は高めだけど、
時間のロスもなく、安心という点ではいいかもしれません。

(2)空港のリムジンタクシー
空港内に窓口があります。値段は高い。私は利用したことありませんし、これからも
使わないと思う。安心度は高そうです。

(3)空港の普通のタクシー
最も、一般的な手段。ホテルの前まで行ってくれる点がいい。
後で詳しく説明します。

(4)エアポート エクスプレス(空港バス)
1人150B。スーツケースでも乗れる点がいい。これも後述します。

(5)市バス
最も安く行く方法。(35B〜)空港からではなく、公共交通センターから出ている。
一応、24時間運行はしてます。ただし、10坩幣紊硫拱(は持ち込めず、
車内も混む可能性が高く、一般の旅行者向きではない。
私も利用したことはありません。詳しく知りたい方は、検索してみてください。

(6)エアポートリンク(空港鉄道)
本来ならもう開通している予定でしたが、12月に延期、さらに2010年3月に延期
するとか。この分だといつになるのでしょう?
(追記:その後、試運転を経て12月5日に開業するとの報道あり。本当かな?)
値段も今のところ急行は150Bとされており、そう安くもないです。
BTSにはパヤタイ駅で乗り換えなので、私たちにはそんなに便利な場所ではない。
ただ、渋滞がない、時間が早い、タクシーのような煩わしさ(女性1人なら危険も)が
ないといういい点もあります。
開通したら、一度は利用すると思うので、その時にまた報告します。

■(4)エアポート エクスプレス(空港バス)について
2007年に一度だけ利用しました。なかなかバスが来なく、しかもものすごい渋滞で
1人150Bもするから、もう乗るのはやめようと思いました。
ただ、1人の時や、時間帯、行く場所によっては一応利用する価値はあると思います。
スーツケースを置く場所もあります。

さて、申し込み場所は1階の8番出口の横あたりにあります。
エアポートEX
バス案内バス案内2
↑こういう案内を目印に行ってください。

受付で行きたい場所を言えば、乗る路線を教えてくれます。
でも、あんまり親切ではなかった。ある程度は事前に調べていった方がいいです。
路線は4つ。原則深夜12時頃まで運行。
AE1:セントラルワールド経由、シーロム行
AE2:カオサン行
AE3:スクンビット、セントラルワールド経由、ナナ行き
AE4:ファランポーン行き (最終時間が早い)
詳しくは、こちらを見てください。

一応、30分おきに出ているということですが、利用したときはそれ以上待ちました。
それから、この時はセントラルワールドの辺りに行きたかったのでAE3に乗りましたが、
とにかく大渋滞。後で調べると、AE1の方が良かったようです。
とにかく、スクンビット通りが混むみたい。

しかし、エアポートリンクが開通したら、ほとんどメリットはないですよね。
なくなるんじゃないかなと思ったりしてます。

■(3)空港の普通のタクシー
◆利用方法
2階(到着フロア)のタクシーの案内に沿って出口を出ると、タクシー受付カウンター
あります。そこで、係員に行き先をいいます。
(追記:タクシー乗り場は1階に移動になりました。タイは変更が多い〜)
すると、紙を渡され、さらに進んで係員にその紙を渡すと今度は利用するタクシーの
情報を書かれた紙を渡され、タクシーの運転手を紹介されます。
ここで、一応、メータータクシーか確認。(タイ語だと、メーターよりミッターの方が近い)
この窓口を利用するタクシーはメーターを使わないと違法なはずです。

かかる値段は、メーター料金空港の紹介手数料50B、運転手に渡す)、
使えば高速料金(70B)です。
最後に渡される紙をタクシーの運転手が欲しがりますが、一旦拒否して、それでも
渡すときは後で返してねと確認し、確実に返してもらってください。悪徳タクシーなど、何かあったら連絡する方法が書いてあるようです。(しかし、みてもよくわからなかった。
実際に必要な時は、ホテルの人など、タイ人にお願いするといいと思います)

◆今回の利用
ホテルのあるスクンビットソイ29まで、メーターで305Bでした。
しかも、迷ったのですが高速で行ってもらったので、全部込みで425B
後で、調べると夜のスクンビットなら、高速使わなくても良かったみたいです。
次は、時間帯にもよるけど、下道にしてみます。
それから、メーターの進みが少し速いような気がして、若干ターボメーターだったんじゃ
ないかと疑ってます。どうなんでしょう?
でも、気付いたところで途中で降りるわけにも行かず、しょうがないのですよね。

◆出発フロアからの利用
昨年まで、いつも国内線(サムイ島から)で到着したことのあって、4階の出発階
移動して、お客さんを乗せてきたタクシーを拾ってました。
この方法、本当は違法です。
値段を言ってくる(メーターを使わない)運転手が多いですが、メーターと主張すると
それでいいよという運転手もいます。
悪徳運転手もいるのでしょうが、これまで利用した運転手はむしろいい方が多かった。
運転手を選べない2階よりも利用側もメリットが多かったです。
しかし、今年になってから、取締りが強化されたらしく、しかも今回は深夜だったので、
素直に2階を利用しました。でも、やっぱりイマイチだった気もします。

タイ旅行で私が一番嫌な点が、タクシーの利用。
時々いいタクシーにも出会うけど、この辺り、何とかして欲しいなといつも思います。

次回は、バンコクで泊まったホテル、レガシースイーツの紹介です。
それでは、また

*知りたい記事へのアクセスは、左のサイドバーにあるTagCloudの単語をクリックすると便利です。