2009年9月パタヤ旅行

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 23, 200917:55帰国 (2009年9月パタヤ旅行 その16)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

2009年9月パタヤ旅行記に話は戻りまして、帰国です。一応、これで最終回。
ついでに、2009年8月のバンコク・パタヤ旅行記の帰国についても。
全体的にたいした内容ではなく、まあ旅の記録だと思ってください。

■2009年9月帰国
今回も帰りはオールパタヤさんのタクシーサービスを利用しました。
(オールパタヤさんのタクシーサービスの記事はこちら)
今回は朝5時のお迎えでしたけど、問題なかったです。
かかった時間はやっぱり1時間半弱くらい。
事前チェックインをしてあったので、もう少し遅くても大丈夫だったかな。

IMG_1285
チャイナエアラインで搭乗手続きを済ませ、オーガスト・スイーツで用意してくれたミールボックス
を空港のベンチで食べました。(詳しくは、こちらの記事の終わりの方をどうぞ)

IMG_1287
↑そして、事前に調べていた情報通り、荷物チェックの場所が移動してました。
中に入ろうとするとすぐにチェックがあります。(以前は搭乗口の手前)
成田と同じ感じですね。
中で飲む飲み物を持ち込めないから、前の方がよかったな。

そして、一応チャイナエアラインの機内食。
正直、食べるより寝たい。でも、一応食べる。

IMG_1290IMG_1289
↑まずは、バンコク〜台湾までの便
詳しい内容は忘れたけど、デザートがタイ菓子風なのがよかった。
あと、たまごサラダも。単にゆで卵好き。
全体的に、割と美味しかったかな。

IMG_1291IMG_1292
↑続いて、台湾〜成田。
やっぱり、こっちの方はイマイチかな。不味いとまでは言わないけど。
私はチャイナエアラインの台湾の機内食の業者さんとは合わないようです。
要は台湾でつくった機内食がおいしくなくて、成田とかバンコク発の便は結構おいしい。

■2009年9月旅行のまとめ
シルバーウィーク、やっぱり日本人多かったですねぇ。
でもパタヤは女性は全然いません。唯一、2ロードで、カップルを1組見かけただけ。
天候は、前半は恵まれたけど、サメット&後半の夜は雨多かったです。
9月は雨季の終盤で、最も雨の多い時期みたいですね。

今回の旅行も、サメット島に行った以外は、ダラダラと過ごしました。
全部で10日間もあったので、かなりのんびりしました。
でも、まだ飽きない。もっと長くてもOK。

今回もいくつかホテルの見学はしてきたので、後日、詳しく紹介しますね。
なかなか、進まないのでどうか気長に待っていてください。

■2009年8月旅行の帰国
続いて、2009年8月旅行です。
覚えてないと思うのですが、航空会社はノースウエスト航空で、バンコクのホテルは
レガシースイーツ、パタヤではアレカロッジを利用しました。
(詳しくは2009年8月バンコク・パタヤ旅行記一覧をご覧ください)

DSCN1202

この時も空港までは、オールパタヤのタクシーサービスで夜中の2時頃に迎えに
きてもらいました。
ちなみに、7月と9月は同じ運転手さん、8月は違う人。どちらも、いい感じでした。

タクシー
↑珍しく車の写真を撮ったので一応紹介。割と大きい車です。ボルボかな。

そして、機内食です。
ノースウエストは寝てようが関係なく、起こされます。

DSCN1200DSCN1201
↑もはや、全然覚えてない。
ヨーグルトが嬉しかったような記憶があるだけ。
とにかく、全然寝てないので、眠かったです。
ただ、ノースウエストも全体的に思ったより悪くないとわかったのは、よかったですね。

以上、2つの旅行の帰国です。
9月の旅行記はこれで終了。
あと、8月の旅行記で書き残したことが少しだけあるので、次回はそれを書きます。
ちょっとヘンテコな順番ですが、年内に今年のタイ旅行記くらいは済ましておきたい
ものね。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 18, 200910:16パタヤで両替(2009年9月パタヤ旅行 その15)
PermalinkComments(4)TrackBack(0)
サワッディ カー

書こうかどうか迷ったけど、パタヤでの両替についてです。
パタヤリピーターの方には今さらな記事ですが、意外に、両替で検索してくる方も
多いんですよ。
一応、ブログの想定読者は初心者というか、行ったことのない方にもわかりやすく
モットーにしているので、一度は書いておこうかなと。
実際に読んでくれているのはどんな方なのか、実はよくわかりませんけど。
なお、バンコクでの両替については、こちらの「有名両替店スーパーリッチ」の記事
参照してくださいね。

■銀行の両替窓口
まずは、ごく普通に銀行がやっている両替の窓口です。
1,2万円くらいしか両替しなくて、レンタルバイクしてない時は、銀行の両替窓口を
利用することが多いです。
ソンテウ代を考えるとわざわざレートのいい両替屋さんに行く意味がないですから。

でも、銀行の間でも多少レートは違います。
私調べで、平均的にレートがいいのはUOB
DSCN0374
↑これは、2ロードの陸側、セントラルフェステイバルよりも少し南あたりのUOB。
こことか、TOPSスーパーの中のUOBで換えること多いです。

そして意外にあなどれないのが、カシコン銀行
ほんの少しだけど、UOBよりもレートがいいこともありました。
(ただし、ソイブアカオ店でしか、そういう経験はないです)
銀行で両替する場合は、いつもこのどちらかです。
また、はっきりはしませんが、同じ銀行でも場所がかなり違うとレートが違うことも
あるような気がします。

■コダック
パタヤでレートのいい両替屋の代名詞になっているのがコダック(Kodak)
スーパーリッチと同様、所謂、闇両替だと思う。
もう一つ有名なのがゴールドですが、こっちは行ったことがありません。
サウスパタヤのちょっとわかりにくい所にあるそうですが、私たちのテリトリーから
はずれるもので。

ちょっと多めに両替する時とか、レンタルバイクしている時はコダックまで行くことが
多いです。
やっぱり人間の心理として、少しでもレートがいい方が嬉しいですもん。

DSCN1543
↑カメラ屋さんみたいけど、両替屋。
場所は2ロード沿いの海側で、ソイ1あたりです。

DSCN1544
↑ちょうど向かいあたりにあるのがサブウェイ(SUBWAY)の看板。
こっちを探す方がわかりやすいかも。

DSCN1546
↑入口です。営業時間は8時〜22時まで。

DSCN1291DSCN1293
↑店内の様子。カウンターの机の上に紙が置いてあって(右写真)、ここにレートが
書いてあります。
確か、1万円と千円札ではレートが違ったはず。
9月の同じ日の同じ頃で、1万円につきカシコン銀行より32Bいいレートでした。
バンコクのスーパーリッチほどは差がないですが、大金ならバカにはできない。

■ドルフィン近くの両替屋さん
DSCN1011
↑もう1つ、私たちが時々利用するのが、ドルフィンの近くの両替屋さんです。
場所は、ドルフィンからノースパタヤ通りに入ってすぐ、通りの南側です。
両替屋の名前は「BEST」っていうんですかね。
ここもなかなかレートいいです。
1回だけ10分くらいの時間差でコダックと比べたことがあるんですが、1万円につき
2Bくらいしか違わなかった。
たまたまかもしれませんが、平均的に銀行よりはいいレートです。
ちょうど焼肉屋のコークンに行く時の通り道みたいなものなので、そのついでに
両替することが多いですね。
(コークンの直近記事はこちら)

■懸念事項
ところで、つい最近、パタヤ在住の方のブログで、K両替所で1万円札のすり替えという
記事を読みました。
文脈的に、上述のコダックのことだと思うんですが。
それによると、カウンターの下の見えない所で偽札とすり替えたり、枚数を
ごまかすんだって。
上の写真を見ると、確かにコダックのカウンターの下の手元は見えなさそう。

こういうの聞くと、利用するのちょっと躊躇しちゃいますよね。
私自身は、そういう目にあったことはないですけど、使うならそのことを念頭に、
なんらかの自衛策を講じるしかないですよね。
カウンターの上で数えろと言うとか、1枚ずつ確認しながら渡すとか。
まあ、ここに限らず気をつけるに越したことはないわけで。

■バリ島の両替屋
で、思い出したのがバリ島の両替屋。
ここは、とにかくゴマカシが多い
最初に行った頃はそうでもなかったけど、最後の頃はクタの両替屋はごまかさない
所がほとんどないくらい。
手口としては、実際よりも少なく渡すというのがほとんどなので、もらったらその場で
数えて指摘すると、「ちぇっ」って感じで渡してくれます。
その他には、いいレートだなと思ったら手数料がかかるとか、電卓に仕掛けが
してあって、実際よりも少ない金額が出るようになっているとか。
ですから、マイ電卓が必須。
こういう店では、両替をキャンセルして他の店に行くことにしてました。
しばらく行ってないけど、今もそうなのかな。
とにかく、現地の人いわく、バリのクタにはインドネシア中の悪い人が集まってくる
だって。

タイでは今まで両替関係で問題はなかったので、すっかり忘れてましたけど、
これを機会に少しは用心しようかな。

(追記:最近はアラレトラベルで両替することが多いです。TOPSの2階も場所が便利
なので利用します)

さて、2009年9月の旅行記も次回が最終回です。
それでは、また

<両替の記事一覧>   

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 15, 200920:1999バーツのマッサージ屋さん(2009年9月パタヤ旅行 その14)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのマッサージ屋さん、Eden Massage(エデン マッサージ)を紹介します。
前に紹介した100Bのマッサージ屋さんより、さらに安い、99Bですよ。
(100バーツのマッサージ屋さんの記事はこちら)  

といいつつ、実は私は利用してません。
私がお友達とお茶している間に夫が行ってきました。

■立地
宿泊したオーガストスイーツの斜め前。
セントラルパタヤ通り沿い、セカンドロードから陸側に少し入ったところにあります。
わかりやすい場所だと思いますよ。
(詳しい場所はこちらのパタヤ地図で確認してくださいね)

DSCN1569

■内部の様子など
安いから、もっと適当なのかなと思ったら、結構しっかりした感じだそうです。
DSCN1575
↑タイマッサージは2階で。

DSCN1579
↑さらに奥には、こういうジャグジー付きのバスタブもあり。

DSCN1574
↑ベッドもあります。ここでは何をするのかな。

DSCN1584
↑1階は足マッサージ用。

肝心のマッサージも結構うまかったそうで、夫は前に行ったソイブアカオのお店よりも
気に入ったみたい。

DSCN1588
↑写真を撮っていたら、宣伝してねということで看板を持ち上げてくれました。
足マッサージとタイマッサージが99B、オイルマッサージが199B、スポーツマッサージが
299B。とにかく破格に安いですね。1時間のお値段です。
これ、この時だけの価格なのか、常時プロモーション価格なのかはわかりません。
入口にいる人に話しかけるとその人を指名したことになるようです。

それにしても、パタヤのマッサージは安いですね。
タイ語の先生(タイ人)も、びっくりしてました。


■しかしながら・・・
すっかり満足して帰ってきた夫ですが、実はある疑惑が。
わき腹を何ヶ所かダニに咬まれてたんですよ。
状況証拠的に、ここで咬まれたとしか思えません。
設備的には、清潔な感じだったそうなんですが。たまたま運が悪かったのか。
私なんてそれ聞くと、少し躊躇しちゃうんですが、夫はまた行くと言ってます。
足マッサージなら心配ないと思いますけど。

■タイのマッサージ
ところで、私はかなりの肩こり
タイに行くと、気候もいいからかなり緩和されますが、肩が硬くてマッサージのおばさんに
笑われたこともある。(同じ人に身体が硬い点も笑われた)

しかし、タイのマッサージって、足中心ですよね。
足は特にやってもらいたいわけではない。
バンコクだと、歩きすぎで疲れていることもあるけど、パタヤではそんなこともなく、
足(特にふくらはぎとか)を揉まれても痛いだけのことの方が多い。
やっと、肩にきたと思ったら、割とすぐ終わってしまうし。
そんなこともあって、最近はマッサージから足が遠のいてます。

できれば、上半身中心でやってもらいたいのだけど、そんなリクエストはできるのかな?
できるとして、それを主張できるだけのタイ語力をつけなければと思うこの頃です。

それでは、また

<マッサージの記事一覧> 

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 09, 200921:47パタヤで買い食い色々(2009年9月パタヤ旅行 その13)
PermalinkComments(3)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤでの買い食い色々です。
主に、屋台やスーパーで買ったものなど、B級グルメって感じです。
9月の旅行で食べたものが中心だけど、それ以前に食べたものも一部含まれてます。

■カオニャオマムアン
すっかりお気に入りのカオニャオマムアン、またまた買いました。もう定番ですね。
カオニャオは餅米、マムアンはマンゴで、もち米にマンゴをのせてココナッツミルクを
かけたデザート。どこか、おはぎのようでもあり、和菓子好きにはおすすめ。

DSCN1777
↑今回は、オーガストの近くの屋台村の向かって右隣の店で買いました。
(屋台村の場所はこちらの地図で確認してください)
屋台村にもカオニャオマムアンの店があって、2軒並んでいます。
以前、屋台村の店で買ったので、今度はこっちを試してみたかったの。
(前回のカオニャオマムアンの記事はこちら)

IMG_0809
↑こんな感じ。値段は同じ50B。
食べてみると、食べやすいマイルドな味。今までの中で一番美味しいかも。
トンローのはココナッツミルクの塩味がややきつめで、屋台村の店はもち米の塩味が
もう少し強かった記憶がある。
ここのは、そういうこともなく自然な味で飽きがこない。
今はマンゴの旬ではないけど、それでもマンゴの質も良くてかなり美味しいです。
今後は、ここで買おうかなと思いました。

■オーガストスイーツ近くの屋台
オーガストスイートの近くには、たくさん屋台があります。
昼間からある屋台もあるし、夜になると出てくる店もある。
夫は、よく夜食用に、屋台で買ってきては食べてました。

DSCN1657
↑たぶん、オーガストの斜め前くらいの屋台。非常に繁盛していたそうです。

DSCN1662DSCN1663
クィティアオ(タイ風ラーメン)の持ち帰り。
こんなものまで器用に持ち帰ることができるなんて、すごいですよね。
お味はなかなかよかったようです。(私は食べてない)

IMG_1223IMG_1226
↑続いて、カオマンガイ
このカオマンガイも味はまずまず美味しいです。以前、食べたセントラルパタヤ通りの
お店よりはこっちの方が美味しいと思った。(その記事はこちら)
でも、まだまだ満足できないので、次回はフードランド前のカオマンガイの店
いきたいな。パタヤではそこが美味しいらしいので。

IMG_0831
焼き鳥と冬瓜スープ
これは、焼き鳥は屋台村で買ったんだと思う。

ちなみに、スープ類の入っている器やレンゲは旅行用に持参しています。
こういうときにとっても便利なのです。

■屋台スイーツ
続いて、屋台などで買ったタイスイーツ。
IMG_0113
↑屋台村近くのお店で買ったタイスイート。
上の白い部分はココナッツミルク+塩味。
正直、かなりしょっぱいです。下の部分は結構おいしいけど、リピートはしないな。

IMG_0329
↑屋台村のカオニャオマムアンの店で買ったカスタードプリンみたいなもの。
これは絶対に私好みと思って買ったものの、激甘。
味は悪くないんだけど、ね。これもリピートしません。

IMG_0862
かぼちゃプリン。タイではかなりポピュラーなデザートです。
ウォーキングストリートの近くで買ってきてくれました。
これはかなり気に入りました。特に、冷蔵庫で冷やして翌日食べたら美味しかった。
たい菓子たい菓子2
↑タイスイートといえば、ドンムアン空港にあった試食もできるお店がすごく好きだった。
今でもあるのかな。
あのお店の支店がどこかにないかなと探しているけど、どこにもないです。

■コンビニ&デパートで

DSCN1307
↑セントラルの地下のアイスクリーム屋さん。
GELATEという店名でイタリアンジェラートの店だと思い込んで近づいたら、普通の
アイスショップだった。味はあまり印象に残ってない。

前にスエッセンズで食べたアイスには、餡子ぽい具が入っていてそっちの方が
美味しかったな。写真はありません。

DSCN0260
↑アイスといえば、パタヤでもこのアイスは何回も食べてます。
オーガストの冷蔵庫は2ドアでないので、買いだめはできないのが残念。

IMG_0707
コーヒー牛乳も結構いけます。甘めのアイスラテって感じ。
最初は無難に明治のを試して、それ以外のも少しずつ挑戦してます。
スーパーに行けば、大きいサイズもあります。
コーヒー豆の絵が描いてあったりする明らかにコーヒー味のものの方が美味しい。
チョコっぽいのはイマイチ。
いちご味とかは怖くて試してません。すごく甘そう。

とりあえずは、こんなところ。
きっともっと美味しいものもあると思うので、今後も色々試してみたいな。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 06, 200922:06オーガストスイーツ (5)その他 (2009年9月パタヤ旅行 その12)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
最終回、書き残したこと色々です。
おまけみたいなものなので、情報は少ないです。

IMG_0855
↑プールから臨んだオーガストスイーツの全景。

■客層
プールや朝食で出会った客層です。
これまでにも書いたように、何故か満室の割りに人が少なかったので、実際の客層
とは違うのかも。
中心はファランで、日本人も何人か見かけたし、それ以外の東洋系も何度か
みかけました。
プールでは、普通のカップルも結構いたし女の子グループも1組だけいたけど、
中心は男性客かな。タイのお姉さん連れもそれなりにいる。
ファミリーは全く見かけませんでしたね。ファミリールームはあるけど、なんとなく
全体的に子供連れ向きのホテルではない気がする。

■サービス・従業員のこと
ここのスタッフは、とにかくフレンドリーで感じがよかったです。
いわゆる高級ホテルのサービスとはかなり方向性は違っていて、あんまり
ビジネスライクっぽさ、洗練された感じではない。
でも、人間味があって、かつ相手方の好意が伝わってきてよかったです。
そのあたりは、多分に好みの問題ですから、私たちとは相性がよかったってことだと
思いますね。

例えば、代表的なのが挨拶
スタッフが皆日本語を勉強しているのか、出かける時も帰ってくるときも一斉に
日本語で声がかかります。
「おはようございます」「いってらっしゃい」「またね」などなど。
毎回、1人が2〜3個くらい、それを接客中以外の数人でいうので、ある意味
挨拶攻撃です。
ただ、挨拶もないよりはあった方が気持ちいいので、悪くはないです。
できればそっとしておいて、という人には向かないかも。

それから、何かを聞いたり、頼んだりすると本当にどのスタッフも親切でした。
ホテルだから当たり前でしょ、と思うかもしれないけど、必ずしもそうではないわけで、
その点も好印象です。
そんな中で、特に記憶に残ったスタッフを2名紹介したいと思います。

■日本好きの女の子
名札を見忘れたので名前は知りません。
朝食のときなど、一生懸命日本語でサービスをしてくれるので、お話をしてみました。
日本語のレベルは私のタイ語より少し上かな、って程度なので会話はほとんど英語。
「日本語勉強しているの?」って聞いたら、日本のアイドルが好きなんだって。
特に好きなのは、カトゥーンの赤西くん
何年か前、たぶんカトゥーンのブレイク前だと思うけどパタヤに来たそうで、その時に
顔がきれいだと思ったそうです。赤西くん、確かに顔はいいよね、、、。
私も、ごくせんやAnegoの頃はかなりお気に入りでした。最近はよくわからない。
他にも、Tommy february6も好きということで、これまた夫は大ファン。
なんか一気に親近感が湧きましたね。

■Pさん
実は、今回オーガストが快適だった大きな要因は、Pさんという男性スタッフの
おかげだと思ってます。
かなり英語が上手で、テキパキと色々と采配をふるっている風なので、最初は
マネージャーさんかと思ったんですよ。
でも、そうではなく、とにかく働き者なんですね。
こういっては悪いけど、タイ人男性で働き者はまだ見たことがない。
(女性の働き者な結構いるような気はします)
親切な人はいっぱいいるし、日本で教えてくれるタイ語の先生達はものすごく優秀で、
人としてもちゃんとしているけど、働き者か?といわれると違う気がする。
しかし、彼は常に何か問題はないかと聞きにきたり(決して押し付けがましい感じで
はないし、営業っぽくもない)、絶えず動きまわっている。
だから、結局周りのスタッフも彼頼みになって、マネージャーみたいに見えたと。
いや〜、こんなタイ人男性もいるんだと驚いていたら、
カンボジア人でした。なんとなく、納得。

カンボジア人全般の国民性は知らないけど、夫の仕事関係のカンボジア人も
とても働き者だそうで、少なくとも海外に出て働くような人はそうなのかなと思ったり。
サンプル数2じゃ少なすぎですが。

で、宿泊している間、毎日、見かけるので「休みはないの?」って聞いたら、
できるだけ休みは少なくして、そのかわりまとめてとってカンボジアに帰るんだって。
ところが、最終日にお礼をしようと思っていたのに、その日に限って休みでした。
だから、簡単なお礼のメッセージを残してきました。
こんなことをするのは初めてで、そのくらいPさんの心遣いは私たちには快適だった
ということです。
ただ、残念なのは、Pさんはイギリスに働きに行くかもしれなくて、次に行くときには
いるかどうかわからないこと。
また、戻ってくればいつでもオーガストに復帰できるってことでしたが、
はたして再会できるかどうか、それはわかりません。

■個人的に、オーガストへの希望
とにかく非常に気に入ったので、またきっと泊まると思います。
そこで、あえてオーガストに対しての希望というか、改善を望むことをあげてみます。
これまでの記事とも重なりますが。

お湯の温度ももう少し上げてほしい。
・ベランダに洗濯物干しを置いてほしい。
プールのパラソルを全ての椅子につけてほしい。
コインランドリーの設置(2Fのスペースに)・・・これは無理かな。
電子レンジ。各部屋になくてもいいから、館内に1つでも使えるのがあるといいな。

こんなところでしょうか。ホテルの根本的な部分ではなく、比較的簡単そうなことでは
ないかなと思うのですが、どうでしょう?

■まとめ
私たちにとっては、これまでパタヤで宿泊したホテルの中でベストです。
立地◎、朝食◎、部屋はアップグレードのおかげで◎。もし、アップがなくても、
かなりいい。プールもまずまずですから。
何よりも、相性の良さもあってか居心地がよかった。

ただ、立地とかプールに関しては好みだと思いますね。
ビーチロード沿いではないですし、プールももっと広いところはありますから。

さんざん誉めておいてなんですが、このブログを読んでホテルに予約が殺到して、
私たちの予約がとれなくなったら嫌だなあと思ったり。
まあ、そこまでの影響力はないでしょうから、そんなに心配はしてませんけど。
ホテルリサーチ好きなので、これからも他のホテルに泊まることはあると思いますが、
まずはパタヤの常宿に決定、また絶対に泊まろうと思ってます。

あと、詳しいことはわかりませんが、廉価版のホテルをオーガストの裏あたりに
作るという話も聞きました。それも楽しみです。

以上で、オーガストスイーツの紹介は終了です。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       


オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 02, 200923:55オーガストスイーツ (4)プールなど (2009年9月パタヤ旅行 その11)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
今回はプールやそのほかの施設の紹介です。
これらは全部2階にあります。

■プール
まずは、プールです。
日中は、できればプールでゴロゴロ過ごしたい私たちとしては、プールもある程度
重視しています。
オーガストのプールは、ものすごく大きなわけではないけど、まずまずです。
景色が特に良くないですが、それなりにリゾート気分にもなりました。

IMG_0805IMG_0808
↑ジャグジー部分もあります。(右写真)

IMG_0769
↑茶色のチェアと白のプラスチックのチェア。
利用する人がそんなに多くないので、一応チェアは足りてました。
白いのは後で加えたのだろうか?
パラソルのないチェアもあるのが残念。
ファランはあんまりパラソル使わないけど、私は日陰が好き。

IMG_0878
↑特筆すべきは、一定の間隔で電源があること。
バッテリー切れを気にすることなく、パソコン使えます。無線LANですから。
私、結構プールサイドでブログ更新してました。ちょっと、優雅な気分。

IMG_1199
↑夜になるとこんな感じ。確か夜8時まで使えます。
写真のカップルは、ファランとタイのお姉さん。
このファランもかな〜りカッコよかったけど、やはりお姉さんは微妙。でもラブラブ

IMG_0856IMG_0894
↑ビーチサイドでは、よくシェイクを飲んでました。
ここのシェイクは氷が荒めで少々好みではないのですが、暑い時はシェイクに限る。
ミルクシェイク(左)と、すいかシェイク(右)です。いずれも激甘です。
ストロベリーもできるよって言われました。

IMG_1269
ココナッツシェイク
上2つがあんまりにも甘かったので、「ナムターム ニッノイ カ」(砂糖は少しにして)
と頼んだら、ココナッツシェイクは甘くないよと。
確かに、あっさり、甘さ控えめです。

■スポーツジムなど

jimIMG_0764
↑利用してないので詳細はわかりませんが、それなりに広いジムもあります。

IMG_0774
↑ビリヤードのある部屋。使われている形跡なし。
頼めば使えるのかもしれません。

IMG_0773
↑女子トイレ。かな〜り広いです。
この隣りのスペースには、シャワーもあります。(もちろん男性用にもあります)
深夜便で帰国するときなど、このシャワーは使えますね。

■会議施設
IMG_0765
↑かなり広い会議スペースがあります。数十人、場合により100名くらいまでの
会議とか研修に使えそう。
この規模のホテルとしては、これだけ広い会議スペースがあるのは珍しい?
あんまり使われてないような気もしましたけど。
もし、会社などで研修や会議を兼ねて(名目で)パタヤ旅行をするなら、なかなか
いいかもしれません。
パタヤで会議というと、もっと規模の大きいホテル、例えばロイヤルクリフとかを
イメージしてしまいますけど、ちょっと立派すぎだなあというときにはぴったり。
なんとなくですが、会議室料とか安めのような気がするし、なんといっても立地が
いいですからね。

IMG_0776
↑2階のロビーっぽいスペース。会議使用を意識してか、かなり広いです。
なお、レストラン、BARは1階になります。

さて、長々と紹介していますが、あと1回だけオーガストについてです。
まとめとか、おまけみたいな感じ。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 30, 200916:41オーガストスイーツ (3)朝食アロイ (2009年9月パタヤ旅行 その10)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
今回は朝食の紹介です。
またまた、写真がいっぱいなので、詳しく紹介してきますね。
全体的に、とってもレベル高くて大満足

■基本のアメリカンブレックファースト
まずは、基本的な朝食です。特にリクエストをしないと、これになります。

IMG_0783IMG_0863
↑パンをちぎってから、写真を撮ることに気づきました。
右写真の紙を渡され、トースト、卵料理(目玉焼き、オムレツから選ぶ)、ベーコン、
ソーセージ、ジュース(オレンジかパイナップル)、コーヒーか紅茶、フルーツ
の中から、
欲しいものを選びます。

実は、最初ちょっとガッカリしたんですよ。あまりにもオーソドックスなので。
しかし、食べてみたら、予想外にイイ

IMG_0786IMG_0791
ベーコンは脂身の多いよくあるタイプのものではなく、もっと肉っぽいしっかりとした
もので、非常においしかったです。ソーセージもタイの朝食ビュッフェのものは私は
たいてい口に合わないのだけど、これはおいしいです。
それから、厚めのトーストもおいしい。
正直、ベトナムとかに比べ、タイのパンはそんなにレベル高くないと思うんですよね。
でも、ここのトーストはいけます。
で、コーヒーもインスタントでなく、おいしいです。
ジュースも100%ジュースっぽい感じ。
しかも、ジュースもコーヒーもどんどんお代わりはいかが? と聞いてくれるので、
ついつい飲みすぎてしまいました。

とにかく、全体的に素材を吟味しているような姿勢が感じられるんですよね。

IMG_0790
フルーツです。毎朝大体こんな感じ。
残念ながら、私は好きでないフルーツばかりなのですが、夫は喜んでました。
時々、プールでもサービスで配られます。

とまあ、こんな風に褒めちぎってはいますが、これから毎朝この朝食だとさすがに
飽きそう。できれば、タイフードも食べたい。
で、ルームサービスのメニュー表をみたら、色々とタイフードものっているんですよ。
そこで、翌朝はタイフードを注文してみようということになりました。

■タイ料理メニュー
翌朝、同じく注文の紙を持ってきたスタッフに、「タイフードできる?」と聞くと、
あっさりと「できるよ」とメニューを持ってきてくれました。
なあんだ、こんなに簡単だとは。言ってみてよかった。

持ってきたメニューはルームサービスのとかなり似ていて、この中で、できるものと
できないものがあるとのこと。確認しながら、頼みました。
これから先は時系列関係なく紹介していきます。

IMG_1232IMG_1240
↑左は豚肉のガパオ(バジル炒め)、カイダーウ(目玉焼き)付き
右は鶏肉です。
ガパオといえば、なんとなく鶏肉だったのですが、鶏肉を注文したらない時があり、
豚になりました。
ところが、これが大正解。豚の質がすごくよくて美味しい。
夫のベスト朝食は、この豚ガパオです。

IMG_0866
海老のガパオ。海老の質もなかなかいいです。
ただ、夫はおかずが足りないと言ってました。

IMG_0835IMG_0837
↑続いて、カオパックン(海老炒飯)です。これも美味しいです。

IMG_1236
↑しかし、私のベストはカオパッムー(豚炒飯)です。
普段、頼んだことにないメニューだけど、豚の質がいいので頼んでみたら大正解。
非常に美味しかった。

IMG_0941IMG_0943
タイ風ラーメン(左)と、おかゆ(右)です。
麺は、頼んだときはセンヤイ(太麺)しかないのが残念でした。
これらのメニューは胃が疲れているときとか、少なめで済ましたいときにいい。
逆に、しっかり食べたいときにはボリューム少なめかも。
味は、結構いいと思います。

この他にも、パッタイとかもできました。
タイメニューの時も、ジュース、カフェ、フルーツは希望すれば付きます。

■洋風メニュー

IMG_0867IMG_0870
ハムチーズのサンドウィッチです。
これ、夫も私も第2位です。あんまり美味しいから、私は2回注文しました。
サンドウィッチは他にも、チキンカツもありました。
でも、朝から揚げ物は・・・と思い注文せず。
クラブハウスサンドは朝食対象外でした。

IMG_1235
↑ホットのカフェオレです。最終日に注文しました。キレイでしょ。
もう、大体食べたいメニューは制覇したぞ、と思った最終日前日の朝、向こうの
席のファランが注文してたのですよ。
聞くと、コーヒー・紅茶の代わりに注文できるんだって。
この他のドリンクもできるのかは未確認。
このカフェオレもおいしかったですよ。

とまあ、こんな風に色々頼んで、どれもがおいしかったからすっかり満足です。
なんとなくビュッフェ朝食の方がお得な気がしますが、作りたてでないから実は
そんなに美味しいものがなかったりする。
だから、こういう朝食もいいなあと思います。
夫の場合、ビュッフェだとついつい食べ過ぎるので、その防止にもいい。

■レストランについて
朝食は1階のレストランです。

IMG_0777IMG_0778
オープンエアの席が3つか4つだけあって、いつもここで食べてました。
すごくゆったりと席が配置されていて、周りの会話とかも全く聞こえません。
それ以前に、とにかく空いてました。
満室のはずなのに。最も多いときでも4組くらい、貸切のこともあった。
朝食の時間はちょっと忘れたんですが、11時とか12時とか割と遅めまでやってたはず。
私たちはいつも9時〜10時半くらいの間に行っていたので、割と標準的な時間だと
思うのだけど。
朝食申し込まない人が多いのでしょうか?
確かに、この立地なら周りのお店でもっと安く食べることはできます。
ただ、朝、とっても優雅な気持ちになれて、これぞホテル生活の醍醐味だわ
と思うので、私たちは次回以降も朝食付にしますね。

ちなみに、朝食付だと宿泊費に1人あたりプラス100Bですが、アメリカンブレック
ファーストは200Bです。
タイフードは100Bくらいが多いけど、飲み物を頼むとやはり200B近い。
食べるなら、予め申し込む方がお得です。

IMG_0781
↑室内の席もたくさんあります。

■おまけ
今回の旅行は、最終日の朝5時に出発で、朝ごはんは食べられません。
でも、予約時には全泊朝食込みで申し込んでおり、ものは試しで夫がその分まけて
くれないかと交渉に行ったのです。
そしたら、割引はできないけど、ミールBOXをつけますよ、ということに。
ちょっとセコイと私は思ってたんだけど、言ってみるもんですねぇ。

ミールBOX一体なんだろうと、結構楽しみ。
当日の朝、頂いた袋は熱々。 その中味は・・・?
IMG_1285
セブンイレブンのホットサンドでした。
なあんだと思ったのですが、食べてみると意外にもかなりおいしい。
ハムチーズと、ミートソースと2種類いれてくれているのもよかった。
これと、オレンジジュースを2本用意してくれていましたが、空港内には飲み物は
持ち込めないので、オールパタヤのタクシーの運転手さんにあげました。
(オールパタヤのタクシーサービスの記事はこちら)
これ、日本で売っていたら買ってしまいそう。
タイだと、屋台ご飯がいっぱいありすぎて、ついついそっちを買ってしまいますが。
食べる時にはやや冷めてましたけど、最初は本当に熱々でチェックアウトのギリギリに
買ってきてくれたんだなと、その心遣いも嬉しかったですね。

以上で、朝食の紹介はおしまいです。
語彙力不足で、美味しいってコメントばかりになってしまいましたが、本当に
アロイ マー カーですよ。
これらのメニューは、プールやルームサービスでも食べられます。

次回は、オーガストスイートのプール、その他の施設などについて紹介します。
それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 29, 200909:51オーガストスイーツ (2)お部屋紹介 (2009年9月パタヤ旅行 その9)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
お部屋紹介です。
まだ新しいし、インテリアの感じもよく、非常に快適でしたよ〜。
泊まった部屋以外にも色々見せてくれたので、詳細に紹介しますね。

■前半は、プールサイドのエグゼクティブ・スイート
では、まず実際に泊まった部屋から紹介していきます。
前回書いたように、アップグレード されました。
最初の4泊は、プールサイドのエグゼクティブ・スイート、部屋番号は511です。
あえて、部屋番号を書いたのは、この部屋のカードキーの接触が悪いから。
何か紙を折りたたんで、咬ませると接触良くなります。

オーガスト部屋
↑お部屋のレイアウト。(クリックすると拡大します)
レイアウトと参照しながら、写真を見てくださいね。広さは80です。

◆リビングルーム
IMG_0734IMG_0732
かなり広々としています。
TVは、確かNHKワールドのみでプレミアムはなかったと思う。
少し驚いたのは、冷蔵庫の中には販売用のドリンクがなく、フリーのお水しか
入ってないこと。ガランとしてます。
部屋の飲み物は高いので、いつも外で買ってくる私たちとしては、この点もGOOD。
実際、この好立地だったら、外で簡単に買えますから、効率的だと思う。
どうしても、飲みたければルームサービスもできますよ。
ルームサービスのお値段も良心的です。食事もおいしいと思う。
これで、冷蔵庫が2ドアならもっと良かったなあ。

◆ベッドルーム
IMG_0735IMG_0723
↑かなり大きなダブルベッド。ベッドの横にはソファあり。

IMG_0724IMG_0728
↑デスクと鏡台、クローゼット。

IMG_0725
セーフティBOXはパソコンも入る、大きめサイズです。
ベッドルームにはテレビがないので、結果的にいつもよりテレビを見なかった。

◆バスルーム
入口が2ヶ所あるため、動線がよく便利でした。
IMG_0731IMG_0730
バスタブシャワーブースに分かれてます。
ただ、ここのバスタブにはシャワーが付いていないので、体や髪を洗うには結局
シャワーブースに移動しないといけない。
だから、2回くらいしか使いませんでした。
後、使用が集中したときなど、お湯の温度がぬるいことがあったり、正常な場合でも
すごく熱いお湯は出ないので、お湯を溜めてもややぬるめです。
暑い国だから、問題ないんですけどね。
熱〜いお湯が好きな私としては、この点がこのホテルの1番マイナスだったことです。
(逆にいうと、この程度の欠点しかない)

IMG_0729IMG_0738
↑洗面台が2つあって、洗濯するとき非常に便利でした。
ドライヤーはありませんが、フロントに連絡をするとすぐに持ってきてくれます。

◆ベランダ
いい写真がないので、下にある他の部屋の写真を見てくださいね。
白いプラスチック椅子が2つあります。
喫煙はベランダでのみOK。部屋で吸うと確か罰金があった気がします。

少し残念なのは、洗濯物干しがないこと。
だから、ベランダの柵に直接、干しているファランとかもいました。
できれば、何か設置してくれないかな。

◆景色
プールビューですから、なかなかいいです。端の部屋だとそうでもないかな。

DSCN1242IMG_0792
↑夜と昼でそれぞれこんな感じ。
ちょっとの値段の差だから、断然プールビューがお勧めですよ。

◆インターネット事情
無線LANで、無料です。
フロントでパスワードをもらいます。途中で一度、パスワードが変わりました。
速度は、一応、高速といってもよい部類です。
有線のLKルネッサンスほどは速くないですけど、特に大きなストレスはありません。
仕事にも十分対応できました。
ただし、1日に何度か回線が集中していて、かなり遅くなることはあります。
※追記:最初、気付かなかったのですが、部屋には有線LANもあります。
有線だと無線よりもさらに速いのでかなり快適。動画も全く問題なしです。

◆全体の感想
とまあ、色々気になる点も書きましたけど、基本的に超快適、いい気分
80?といえば、以前宿泊したLKロイヤルスイートと同じ大きさですが、オーガストの
方が動線が便利で、部屋全体を活用できました。
LKは、台所があったりと別の良さはありますけどね。
(LKロイヤルスイートの記事はこちら)

■後半はシティビューのエグゼクティブ・スイート
途中、ホテルに荷物を預けサメット島へ1泊旅行に行きました。
(サメット島旅行の記事はこちら)
この時心配だったのが、本来のスーペリアに戻ってしまうんじゃないかということ。
そうであっても、何も文句は言えないわけで一応覚悟をしてました。
すると、「すみません、お部屋が変わります」という言葉。
やっぱりね、と思っていると・・・
「別のスイートルームになります」。
良かった〜 スイートなら、全然構いませんよ。ありがとう

今度の部屋は4階のシティビュー。レイアウトも少しだけ違います。
IMG_1194IMG_1195
↑ダブルベッド以外にも、小さめのベッドがあり、そのためベッドルームにあったソファが
リビングに移動している点が違います。
小さいベッドは使わなかったから、前の方が私たちにはよかったです。
あ、でもバスタオルが最初3枚あって、それはよかった。
3人家族で泊まるときなどピッタリですね。

IMG_0853
↑それから、シティビューはローカルな生活感のある景色です。
食事時には、色んなにおいも漂ってきます。(悪いにおいではない)
リゾート感という点では、圧倒的にプールビューがいい。
1泊につき、100〜200B(約300〜600円)の差だから、個人の価値観次第ですね。

■スーペリア
オーガストのスタッフはとにかく非常に親切で、他の部屋もみたいと言ったら、
色々と見せてくれましたので、それも紹介します。

まずは、本来、宿泊するはずだったスーペリアです。
部屋の大きさは、スイートのちょうど半分の40
インテリア・備品は大きくは変わりません。

◆ダブルの部屋
まずは、シティビューの2階のダブルのお部屋。
これが1番標準的なタイプになります。

IMG_0838IMG_0840
↑ダブルベッドと、奥に2人掛けのソファ

IMG_0841IMG_0843
↑デスク、クローゼット、冷蔵庫など

IMG_0842
↑ベランダ。スイートはこの2.5倍くらいの広さです。

IMG_0844IMG_0845
↑シャワーブースのみで、バスタブはありません。部屋の大きさ以外では、この点が
1番大きな差だと思います。

◆ツインの部屋
スーペリアはツインの部屋もあります。こっちが希望ならリクエストするといいです。
大きめのベッドが2つもあるので、その分部屋は少し狭く感じます。

IMG_0851IMG_0852
↑ソファはダブルの部屋よりもひと回り小さなサイズです。

スイートに比べるとどうしても狭く感じてしまいますが、一般的にはかなりゆったりした
造りだと思います。値段の差を考えると、スーペリアでも十分満足できます。

■ファミリースイート
最後に、プールビューのファミリースイートです。
リビングがなく、2ベッドルームになります。
部屋の大きさ、レイアウトはエグゼクティブスイートとよく似ています。
特に、奥のベッドルームはエグゼクティブにそっくりで、大きなダブルベッドとソファ。

IMG_0847IMG_0848
↑もう1つ、玄関に近い方は大きめのベッドが2つあります。
クローゼット、鏡台のある所(右写真)は少し違います。

IMG_0849
↑この部屋は、もっともプールから近い部屋なので、プールが目の前。
飛び込めそうなぐらいです。

■オーガストのお部屋の価格
全75室、客室は3〜7階までです。
たぶん、各フロア、スーペリアが10、スイートが3、ファミリーが2の構成です。

※その後、オーガストのオーナー一族と仲良くなり、2011年10月より、オーガストスイーツの予約を受け付けるようになりました。
詳しい経緯、価格等は
こちらをご覧ください。

泊まる前はもう少し安いといいなと思ったけど、実際泊まると満足度が高く、
かなりリーズナブルな気がしました。

それから、ジョイナーフィーですけど、よくわかりません。ていうか、聞いてません。
ホテルのサイトには1人500B、ステイタイランドさんは1日1名まで無料、
AKGさんには無料と書いてあるので、どうなのかなと。
よくある、2名で予約すると無料って感じかな。
ここは、出入りするときに、従業員が一斉にいっぱい挨拶をしてくれるので、
出入りする人はしっかりチェックしていると思います。
なお、私もお友達とそのお子様を夜1時間ほど連れ込みました。
部屋が広いから見においでよ、ってことで。
そのときは、何にも問題ありませんでした。
(追記)1部屋につき2名まではジョイナーフィーはかかりません。3人目からは500Bかかります。

■アップグレードを考える
前回書いたように、当初、ここはまだ知られてなくてあんまり流行ってないのかな
と思ってました。
しかし、それは大間違い。
スタッフからブッキング状況の表を見せてもらったところ、私たちがいた間、
スーペリアはほぼ毎日、満室
そのおかげで、アップグレードされたわけです。

じゃあ、どうして私たちがアップグレードだったのかなと考えてみました。
・8泊と比較的長期滞在だった。
・ホテルに直に予約朝食も申し込んだ。(ホテルに利益をもたらしてる?)
普通のカップル客だった。
とまあ、こんな感じかなと。最後の項目は、私たちの後に511号室を利用していた
のもファランの普通のカップルだったからです。正規客かもしれませんが。
満室の割には、プールもそんなには混んでないし、朝食はガラガラでその点は
不思議。男性の個人客が多いんでしょうかね?

真実はわかりませんが、非常にラッキーで嬉しかったです。
オーガストの皆さんありがとう

さて、次回は朝食を紹介します。
ここは朝食も非常に気に入ったんですよ。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       


オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 27, 200917:08オーガストスイーツ (1)チェックイン (2009年9月パタヤ旅行 その8)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤのホテル、オーガストスイーツ パタヤ(August Suites Pattaya)
紹介です。オーガストスイートではなくて、スイーツですよ。
でも、オーガストスイートと表記されていることが多い。
2009年初め頃にオープンしたばかりの新しいホテルです。

ここはですね、ものすごく気に入りました
正直、紹介したくないくらい。
でも、冷静に考えたら、1年のうち数回しか行けない自分達が貸し切れるわけでも
ないので、ブログを始めた初心に返り、また、とても親切だったホテルの皆さんのため
にも紹介することにしました。(大袈裟?)
たぶん、かなり長くなります。4回か5回くらいになる予定。
既に、常宿にしている方がいたらゴメンなさい。

DSCN1255DSCN1791

■オーガストを予約するまで
色々とホテルの見学している私たちですが、ここは見学なしに決めました。
見学をする機会はあったんだけど、その時、非常に疲れていたもので、まあいいや
と思ったんです。
ただ、ホテルの様子はステイタイランドさんのサイトでかなりわかりましたし、唯一
心配だった立地も本当に便利。
なんとなくなんですが、ここはイイだろうという勘が働いたので、値段さえ合えば
ここにしようと。(私のこの手の勘は、ほぼ当たります)

早速、ホテル名(日本語、英語共)でネット検索。
しかし、8月時点、ネットのホテル予約サイトがほとんどヒットしない。
ステイタイランドさんくらい。(ステイタイランドさんのサイトはこちら) 
(2009年11月現在は、旅ランドさんや、AKGさんでも取り扱っています)
※追記:2010年7月現在、agodaも取り扱いを始めたようです。キャンペーンなどで安くなる
ときもよくあるんじゃないかと思うので、チェックしてみてくださいね。
(agodaのサイトはこちら)  
こうやって、どんどん登録が増えると、ますます予約が取り難くなるかなあ。
紹介しているだけに、微妙な気持ちです。

ホテルのサイトも予約ページとかがなく、わかりにくいです。
英文メールを送るか、電話をしないといけません。
なお、英語のレディボーイ掲示板というのがあって、そこの情報がなかなか充実
していて面白かったです。

そこで、とりあえず夫から、オーガストにメールを送信。
すると、すぐにホテルから返事がきます。非常にレスがいい。
結局、一晩のうちに何度かメールをやり取りして、その日のうちに予約しました。
ローシーズン、8泊と宿泊数が長かったこともあってか、ネットの料金よりもかなり
安かったです。
具体的には、7泊以上してくれるならプールサイドの部屋で、朝食付で1600B
朝食なしで1400Bというものです。
朝食がないのはさみしいので、朝食付の1600Bを選びました。
ホテルサイトで全く同じカテゴリーで比較するとプールサイドの部屋は朝食付で
2000Bです。(シティビューなら、1800Bです)
だから、一応、400Bは安くなったってことかな。
もちろん、この値段はその時の混み具合とか、時期によって変動すると思います。

ところで、こんなにあっさり値引きしてくれて、しかもどの予約サイトにもないってことは、
営業力不足で全然流行ってないんじゃないの? と2人で話していたんですが、
それは大きな間違いでした。
そのことについては、次回詳しく。

■立地の説明
場所はセントラルパタヤ通りと2ロードの交差点から、陸側に少し入って左手。
セントラルパタヤに面してます。
詳しくはこちらの地図をご覧下さいね。

とにかく立地はすごくいいです。
海に面している方がいいとか、WSに近い方がいいという人には向きませんが、
一般的にいって、かなり便利。
近くにはTOPSスーパーがあるし、食べるところもいっぱいある。
セントラルまでも徒歩5分くらい。
ソイブアカオまでも1,2分で、ここからのソンテウも使えるので、どこへ行くにも交通の
便もいい。
レンタルバイクをしなくても、あんまり不便を感じない立地です。
その割に、夜うるさいということもない。
私たちが、これまでに泊まったホテルの中で、立地面でも1番良かったですね。

■チェックイン
さて、18時20分、オーガストスイーツに到着です。
IMG_0812IMG_0946
↑ロビーは広々としてます。
そして、到着するやいなや、たくさんの日本語で出迎えられました。
チェックインの手続きをするのに、従業員が数人がかりでお世話をしてくれます。
何やら非常にフレンドリー
ウェルカムドリンクのパイナップルジュースも結構おいしい。
喉がかわいていたので、ゴクゴク飲んじゃいました。

余談ですが、私のベスト・ウェルカムドリンクはバリのウブドにあるチェディです。
生姜、蜂蜜、その他色々入ったオリジナルドリンクで、すごく美味しい。
ここは、レストランも美味しかった。
宿泊代もレストランも高いけど、こういうラグジュアリーなリゾートホテルはパタヤには
ないですよね。(いわゆる高級ホテルもちょっと路線が違う)
(チェディの情報はこちらから)

話を戻しまして、チェックイン時に、デポジットの2000Bを支払います。
これは、予約時のメールで知らされていました。
最近は常にある程度のバーツは持っているのですが、ない場合は空港で換えて
おくといいです。
残りのお金はチェックアウト時でも、それ以外の好きな時にでも支払えばいいです。
クレジットカードを使うと3%の手数料がかかるので、現金にしました。
お部屋のカードキーは、お願いして2枚もらいました。
やっぱり、鍵が2つあると何かと便利ですから。

すると、ここで「実は、すみませんが・・・」と言われます。
「ん?」と一瞬嫌な予感が走ります。
「お部屋がスイートにアップグレードになります。」
やったあ〜 ラッキー〜 全然、すみませんじゃありません。
幸先いいなと、すっかり浮かれ気分でお部屋へと向かったのです。

さて、本題のお部屋の紹介ですが、次回になります。
というのも、ほぼ全カテゴリーのお部屋を見せてくれまして、写真もいっぱいあるのです。
だから、次回、お部屋だけに特化して詳しく紹介したいと思います。

それでは、また

<関連リンクはこちらです>
「オーガストスイーツの記事一覧」 
「パタヤホテル調査の一覧」    →この他のパタヤのホテルの記事へのリンクあり。
「ホテル予約サイトへのリンク」     
「オーガストスイーツのホームページ」       


オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 26, 200914:19チャイナ航空と白タク?でパタヤに行く (2009年9月パタヤ旅行 その7 )
PermalinkComments(3)TrackBack(0)
サワッディ カー

先にグルメ情報などを書いていた2009年9月パタヤ旅行ですが、ここで、出発に
話を戻したいと思います。

■AIRの予約
今回の旅行は、9月18日(金)から27日(日)までと、ほぼシルバーウィーク(SW)
結構、取るのが大変でした。
予約したのは、ゴールデンウィークのタイ旅行から帰ってすぐ、新型インフルエンザで
大騒ぎだった頃。
本当は、19日(土)発がよかったけど、全然取れず、20日(日)発でキャンセル待ち。
そのうち取れるだろうとタカをくくっていたけど、ダメでした。
結局、休めるかなと思いつつ保険で取っておいた18日発で行くことに。

で、今回はチャイナエアラインです。
理由は、その時点で1番安かったから。税金など込みで1人約45000円。
この時は安いと思ったけど、結局、7月や8月の旅行の中で最も高かったんですよね。
SW恐るべしです。でも、次は5年後くらいらしい。
このチャイナエアラインは、台北乗り継ぎ便です。
ただ、乗り継ぎの時間がわずか70分で、スワンナプームには午後4時には着く。
これなら、直行便ともあんまり変わらないねと、決めました。
予約は楽天トラベルです。

■チャイナ航空で出発
チャイナは前に台湾に行ったときにも利用しましたが、私は割りと好きです。
とりあえず、機内食の写真をアップ。

IMG_0712IMG_0713
↑成田〜台湾の機内食。ビーフ(左)と中華丼。
これは、全体的においしかったです。
特に、デザートのガトーショコラが私の好みの味で、コーヒーにぴったり。
チャイナは、温めたパンをくれるところも好きです。

IMG_0716IMG_0717
↑乗り継ぎだと、機内食も2回出るんですね。
しかし、台北〜バンコクの機内食は、全体的にイマイチだった。
特に、抹茶味のケーキみたいのは全然好きじゃない。
お腹が空いてなかったせいだけではないと思う。

以前にも書いたけど、チャイナのプラスチックのナイフとかフォークがお気に入り。
金属じゃないから、たぶん破棄されると思うので、持ってかえって(エコ?)旅行中に買い食い
する時などに重宝してます。

こんな風に、食事面ではチャイナは割と好きなんですけど、座席にTVがついて
なかったり、ついていても内容が好みでない点はマイナス。
あくまでも、個人的な趣味の問題です。

■台北での乗り換え
乗り継ぎ時間は70分ですが、予想以上に待ち時間なしでした。
もっとも、台湾便の半分以上がバンコクへの乗り換え客という感じだったので、
乗り継ぎの荷物検査のところでちょっと待ちました。

DSCN1215
↑その後、タイで飲むためのお酒を購入。
成田で買うと、乗り継ぎのところで没収されます。ご注意を。)
台湾元は、タイバーツとほぼ同じような換算なので、わかりやすい。

DSCN1222
↑そして、搭乗口に行くともう搭乗が始まってました。
これなら、直行便と変わらないです。
途中で外にでられるのは気分転換にもなるので、かえって楽だったかも。

■スワンナプーム到着、思わぬ誤算
今回は、16時半くらいに到着だったので、エアポートパタヤバスサービス(新バス)
17時便を利用するつもりでした。(新バスの以前の記事はこちら)
とにかく人が多いので、荷物のピックアップは夫に任せ、私だけ先にバスの
受付カウンターへ向かうことにしました。
16時20分くらいだったと思います。
しかし、既に、受付終了。次の便は21時
念のため、係りのお姉さんに確認するも、やはり満席。(非常に愛想が悪い)

仕方ないので、もう一つのパタヤ行きのバス、ベルトラベルのお兄さんに18時便の
空席を確認すると、大丈夫とのこと。(ベルトラベルの以前の記事はこちら)  
どうすればいいか夫に連絡したいのに、携帯は向こうの荷物の中。
せっかくタイ用の携帯を持ってきているのに意味ない〜。
しかも、なかなか出てこない。
(後で、夫のデジカメを見ると、色々写真を撮ってあった。こんなことをしているから、
遅かったんだ。)
出てきたのは16時50分過ぎ。
タクシーで行くか迷ったけど、1時間待つかということで、18時のに申し込みました。
混んでいる時期は、こんなこともあるんだなあ。

■ところが・・・一転
さてどうやって時間を潰そうかと相談していると、突然、東洋系の大柄な男性から
英語で話しかけられました。
一瞬、日本人? とも思ったけど、韓国人でした。
海外で、時々日本人から英語で話しかけられることあるもので。
話の内容は、自分も今ベルを予約したんだけど、一緒にタクシーで行かないか
というもの。値段は、トータル1200B、2人分で800B
ちょっと迷ったけど、時間の節約にもなるしOKしました。

しかし、ここからがイマイチわからないのですが、その韓国人(以下Aさん)は
ベルのお兄さんに話をして、何故か、その後、ベルのお兄さんの誘導でタクシーの
運転手さんのいるところまで行くわけです。
商売敵のはずなのに、どうみても斡旋してる
その辺の交渉は全部Aさんがやったので、詳細はわかりません。
これから先も頼めばやってくれるのか??
しかも、その後さらにディスカウントに成功し、我が家の分は700Bでした。

kuruma
↑これが、実際に乗った車。無理やり荷物をトランクに入れてます。
どう考えても白タクです。
正規のタクシーだからいいってわけでもないので、そのこと自体は構いません。

そして、かなり飛ばしたので、17時10分に空港を出発し、18時20分には
ホテルへと到着。
ベルでも2人400Bだから、300B(約840円)の差で2時間近くは早く着いた
と思うので、結果的には大満足です。

■Aさんのこと
Aさんはたぶん30代後半くらいの、なかなかフレンドリーな人でした。
(会話をしていたのは、ほとんど夫です)
今回は、勤続10年だったかの特別休暇で、現地に友達がいるので、パタヤと
プーケットをまわるとのこと。
最初、その友達は男かと思って「him」と言ったら、やっぱり「her」でした。
で、可愛い子供の写真を見せてくれて、奥さんと子供来たがったのを、
「来年は絶対に連れて行くから」と振り切ってきたそうで、奥さんは激怒中なんだって。
そして、パタヤに入ったら、早速電話がかかってきて、ずっと話してました。
まあ、パタヤ的には一般的な話なんだと思うけど、お国が違ってもそうなんだなと
再認識した次第です。
数日後、夫は、WSを闊歩しているAさんを見かけたそうです。

とまあ、こんな感じでパタヤでの滞在ホテル、オーガストスイーツに到着です。
次回からは、このホテルを紹介していきます。

それでは、また