2010年12月クラビ・ピピ・プーケット旅行

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 19, 201014:25クラビ空港からのアクセス (2010年12月クラビ旅行 その1)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サワッディ カー

2010年12月のクラビ旅行、エアアジアでクラビ空港到着後、クラビ空港からアオナンビーチまでの行き方
ついて紹介します。
基本的には、タクシーかエアポートバスの利用になりますよ。

■クラビ空港でエアポートバスの申し込み
事前情報で、エアポートバスの存在とその値段だけはわかっていたんですが、例によって詳しいことはわからず。
最も知りたかったのは、バスがホテルの前まで行ってくれるかどうか? ということ。
何といっても大荷物だから。
例えば、サムイ島のエアポートバスはホテルの目の前まで行きますが、台湾とか日本ではバス停まで。
結果は、ホテルのど真ん前まで行きます。なかなか便利ですよ

IMG_1442
↑空港で荷物を受け取った後、出口の案内板。
ここを出る前に、スーツケースを機械に通すように言われました。
スワンナプーム空港では言われたことないですけど、クラビは係員が暇なのかも。
一応、持ち込めるお酒は1人1リットルまでで、結構ギリギリ。でも、特に問題はなし。

IMG_1447
↑出たらすぐ右手にエアポートバス(シャトルバス)タクシーの受付があります。
タクシーもバスも客引きがすごい。
ホテルまで行くかどうか真っ先に確認するとYESだったから、すぐに申し込みました。

IMG_1450IMG_1444
↑値段は行先によって違っています。アオナンビーチまでは1人150B(約400円)。
クラビタウンだと 90B(約250円)

IMG_1449
↑タクシーの申し込みも同じ並びにあります。
こちらも行先別で定額制。交渉が必要ないので安心、楽ちん。
アオナンビーチまでは600B(約1600円)。
アオナンからクラビ空港まで帰る時も同じく600Bです。
2人ならバスの方が約800円お得。
急ぐ方は、タクシーを利用してくださいね。
バスだと色々寄り道するのも、私は楽しかったりするんですが。

IMG_1468
↑チケットはこちら。

IMG_1466IMG_1467
↑チケットにくっついていたのが、帰りのクラビ空港行きバスのタイムテーブル。
なかなか商売熱心ね。
実際に利用してないのではっきりしませんが、帰りはホテルの前からってわけにはいかなさそう。

 IMG_1455
↑その他、空港にはレンタカーの申込所もあります。
予算があるなら、バイクよりもレンタカーの方がいいような気がします。

IMG_1454
↑インフォメーション。ここで、クラビの地図をもらいました。 

■エアポートバスでホテルへ
バスは空港の外に出て右に曲がったところに停まっています。

IMG_1460IMG_1459
↑予想よりも大きなバス。
これ1台しかなく、クラビタウンに行く人もこれに乗ったようです。(←やや不確か)

乗る前に係員にホテルの名前を見せます。
そんなに有名なホテルじゃないけど、すぐにわかってくれてメモ。
たぶん、旅行会社の人よりも、ここのスタッフが最もホテルをよく把握してそう。

IMG_1461IMG_1463
↑荷物はバスの出入口あたりに無計画にドンドン積み上げます。
私達は結構早めに乗ったので、(そして、降りるのは比較的早かったので)荷物の上に他のバッグが
たくさんのってしまって大変なことに。
だから、席がなくならない程度にゆっくり行った方がいいのかも。
一方、エアアジアが空いていた割にバスは8割方埋まっていたので、飛行機が混んでいた場合、
バスのチケットは早めに確保した方がいいのかもしれません。
定員オーバーになった場合、バスチケットを買えないのか、それとも増便があるのかそのあたりはわかりません。

出発したバスは、その後国内線のターミナルにも寄って、お客さんを拾っていきました。
このバスは基本AIRの時刻に合わせているようなので、国内線の便の時は国内線ターミナルで
バスが待っているんじゃないでしょうか。

途中、最も人が降りたのは、クラビタウンで「ピピ島行く人はこちら」みたいなアナウンスがあった所。
でも、どうみても港ではなく、旅行案内所か旅行会社って感じのところでした。

そして、本当にホテルの目の前で停まってくれます。
宿泊するハリーバサンシャインはアオナンではかなりクラビタウン寄りで、ある意味効率が良かったです。
ここまでで1時間弱かかりました。タクシーなら30分くらいかな。

■trueのインターシム
IMG_1440
ところで、クラビ空港の中で、携帯電話のtrueInter SIM無料配布キャンペーンをやってました。
Inter SIMは国際電話が安くなるプロモーションです。
無料なのはSIMだけで通話料は最低50Bをチャージする必要があります。
チャージは後でセブンイレブンとかでできるので、とりあえず配ってたらもらっておくといいかも。

IMG_1472
↑これを無料でもらえました。
たくさんある中から好きな番号のを選べます。


さて、なんとなくクラビ旅行の続きを書いていますが、まだ台湾やパタヤの記事も残ってます
今後は気分の向くまま色々平行して書いていこうと思います。
今回の旅行に関しては、実際に旅行をしていて情報不足だなあと感じたことは、できるだけ早めにアップして、
ホテル情報とか、グルメ情報などは後回しにするつもりです。

それでは、また



オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 16, 201021:51エアアジアのトランジット at クアラルンプール空港 (速報)
PermalinkComments(5)TrackBack(0)

サワッデイー カー

ただ今、タイのクラビです。
昨日に続き、羽田発のエアアジアの到着後、クアラルンプールでのトランジットそれから
クラビ行のエアアジアについてレポートします。(昨日の、羽田発エアアジア体験記の記事はこちら

■クアラルンプールのLCCターミナル
エアアジアはクアラルンプール通常の空港とは別のLCCターミナルに到着します。
ここは、見渡す限りエアアジアの飛行機しかなく、エアアジア空港って感じ。
スーツケースを受けとって、外に出たのが朝7:50。
乗り換えのクラビ行きの出発時刻が13:30、チェックイン開始が2時間前の11:30。
タイムテーブル上の乗継時間は7時間、時間を潰すのは大変だなあと思っていたのですが、
空港内を見学したり、ブログを書いていたら案外すぐに時間が経ってしまいました。
なお、荷物を機内持ち込みにすれば、12月14日発の便で、7時15~30分頃には外に出れたと思います。
どの程度厳密に運用しているかはわかりませんが、持ち込み荷物の重さ制限は7kgです。

クアラルンプール空港で私が結構ストレスだったのが、トイレの洗面所の水が出にくいこと。
ボタンが硬くて、かなり力を入れないといけない上に、押している間しか水が出ない。
何とか歯磨きがしたけど、顔を洗うのは断念して、化粧水で拭いてごまかした。
トイレ掃除の人が掃除している割には、各トイレのごみ箱がどこも一杯なのもマイナスイメージ。
まあ、非常に細かい点ですが。

IMG_1344 IMG_1342
↑空港内はファストフードが中心。
エアアジアを利用する客層には合っているかな。

■リンギットの両替どうする?
エアアジアの機内からクラビに飛び立つまで、私達を悩ませたのがリンギット(RM)です。(←大げさ)
到着後、軽く空港内をブラブラして最初に入ったのが、こちらカフェ。

IMG_1374IMG_1350
「OLD TOWN」というコーヒーショップです。
ここは、マレーシアの会社なんでしょうか? エアアジアの機内のコーヒーもここのでした。
価格もリーズナブルだし、アジアンフードもあるし、なかなか良さそう。
IMG_1349
↑コーヒー類で、5~6RM(150~170円)。注文はこちらの紙をチェック
ところが、いざカウンターに注文に行くと、現金のみカード不可だって。
仕方がないので、1000円だけ両替しようと探しに行くと、今度は銀行が見つからない。
なお、その後さらに色々探したら、両替所は見つかったのですが、ちょっとわかりにくいかも。
荷物を受け取って、外に出る前には銀行はあったので、両替する方はそこでした方が楽です。

IMG_1376
↑というわけで、両替は諦め、カードの使える隣りのスターバックスに移動したのでした。
といっても、これらは全て夫の行動で、この間私は何も注文せずにオールドタウンの席に座っていただけです。
(一応、荷物番ね)

IMG_1403IMG_1404
↑出国エリアにあるこちらのカフェもカードが使えて、椅子もゆったり。いい感じでした。

IMG_1363IMG_1384
↑こちらのフードコートでもカードは使えました。
私がスタバでブログを書いている間に、夫はここで食事。

IMG_1382
↑カレー味のバーミー。麺が多くてボリューム満点。
一見美味しそうですが、美味しくなかったそうです。

IMG_1392
↑その割には完食してますが。

この時点では、私はまだお腹が空いておらず。(昨日の野菜焼きそばのせい?)

IMG_1399
その後お腹が空いてから、食べようかなと思うお店がことごとくRMしか使えないので断念。
その後も、搭乗口でも同じ状態。
結局、私が次に何か食べたのは、午後4時(日本時間だと午後6時)でした。
バッグの中にお菓子の1つでも入れておけば良かったなあ。

IMG_1420
↑搭乗エリアでは、こちらのスポーツカフェはカード使用可。
全体的に、外資のお店、やや高めのお店はカード使える率高し。

とまあ、色々ありましたが、単にトランジットで利用するだけなら、わざわざ両替することもないかなと思います。
スターバックスで軽食を食べてもいいしね。
或いは、エアアジア内で飲みものでも買って、お釣りをRMでもらっておくのも1つの手です。

■スターバックスにて
IMG_1354
というわけで、スタバです。結局、私はチェックインまでずっとスタバにいました。
でも、私よりも前からいて、私が出るときにもずっといる人もいっぱい。(主にファラン)
最初は半分くらい席が空いてましたが、10時ころにはほぼ満席になりました。

IMG_1358
↑カフェラテのトールサイズが9.5RM(約260円)、グランデが10.5RM(290円)。

人のことは言えませんが、大きな荷物を持って、パソコンを広げている人ばかりです。
スタバの壁際には電源もたくさん。皆、充電もしまくりです。
私達も充電するぞと意気込んだところ・・・
IMG_1369
↑プラグの形が違う  この形は未知の世界。
タイでは、日本のパソコンの電源をそのまま差し込めるんですよ。

IMG_1370
↑しかし、ファランは、プラグの変換コネクターみたいなのをしっかりと持ってきている。さすが。
次回は、私達も用意してこよう。
結局、搭乗時間が来るより前にバッテリーを消費してしまい、昨日のブログは中途半端な状態でアップすることに。
それでも、早速、エアアジア関連でのアクセスがあったみたいなので、無理やりアップした甲斐はあったかな。

スタバでは、私はスタバのネットワークを使用しましたが、クアラルンプール空港全体がWIFIフリーです。

IMG_1419
↑搭乗エリアには、充電するための電源コーナーも用意されていて素晴らしい
この辺り、スワンナプーム空港もぜひ見習ってもらいたいわ。

■クラビ行きのエアアジア
エアアジアを取った後に、クアラルンプールからタイ行きの便を見て、行く場所を物色。
クラビとかプーケットは比較的マレーシア寄りだし、どっちにしても乗継なので(プーケットは直行便がある時期もあったかな)
エアアジアを利用する価値はあると思います。
でも、クラビ行きのエアアジア便は、1日1便でかなり長時間待つので、時間がもったいないともいえますね。

本当なら、クラビ便もキャンペーンで取れると良かったんですが、そうそう上手い話はなく、普通に購入しました。
一応、1人あたりの料金の内訳は
AIR代金  185RM(約5000円)、税金25RM(約700円)  ここまでで、1人5700円。
コンビニエンスフィー(また出てきた。結局何?)6RM(約160円)、座席指定料が5RM(約130円)
荷物が20kgは30RM(約800円)、25kgは40RM(約1100円)。
合計2人分で512RM(約13800円)、1人6900円ってところです。
羽田からクラビまでの合計片道料金は約18000円。
やっぱり安いですね。

ようやく11時半になって、チェックイン。
IMG_1397
↑エアアジアだらけなので、掲示板でカウンターを確認。

IMG_1401
↑クラビ行きのカウンターはタイ以外にも、ベトナムなどとも一緒でした。

クラビ行きの出発時間は13:30。搭乗が始まったのはかなりギリギリ。
IMG_1422
↑こんな飛行機もありますよ。

IMG_1425IMG_1427
↑乗ったのはこれ。機体まではまた歩きです。
途中、ジャカルタ行きの列とゴチャゴチャになったりして、曲り角で係員に行先を告げて確認しないと
うっかり他の飛行機に行ってしまいそう。
最終的にチェックがあるので、間違って乗ってしまうことはないと思いますが。

IMG_1428IMG_1433
座席は、やっぱりやや狭めなのかな。座席はあまり倒れません。
1時間半しか乗ってないのであんまり気になりませんでした。
赤いのはホットシートという少しだけ高い席。
何が違うのか、見た感じはよくわかりませんでした。
私達の席は、ホットシートの真後ろのかなり前の席。
日本発便と違い、クラビ行はかなり空いていて、3列席を2人で使用。
たぶん半分も埋まってなさそう。
そして、一気にファラン率が高くなります。

IMG_1434
私はお腹がペコペコだったので、機内販売のリストを見て、クリスピードーナツ4RMでも食べようかな、
でもまたリンギットかな、タイ行だからバーツを使えるかなと思っていたのですが。
気付いたら寝てました。
寝ながら、カップラーメンのいいにおいがするなあと思ってました。
実際食べるとそんなには美味しくない気がするけど。

■クラビで入国
クラビでタイに入国です。

IMG_1436
↑スワンナプームに比べると、イミグレーションもそんなに混んでもなくてし快適。
IMG_1438
↑荷物も割とすんなりと受け取れました。
という感じで無事、タイ・クラビに到着です。
クラビ空港に着いてすぐ、なんだか落ち着くなあと思っていたら、夫も同じことを思っていた。
なんか、私達夫婦はやっぱりタイがしっくりくるみたいです。
単に、バーツならたくさん持っているからかもしれませんが。

次回は、クラビ空港からホテルまでのアクセスについてです。

それでは、また



オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 15, 201012:32羽田発 エアアジア初体験! (速報)
PermalinkComments(8)TrackBack(0)

サワッデイー カー

ただ今、マレーシアのクアラルンプールです。
話題のLCC(格安航空)、エアアジアに乗ってやってきました。タイ行きのAIRを待っている間に書いています。
(今回の行先は、パタヤではなくタイ南部のリゾートです)
エアアジアの羽田発便は、12月9日が第1便で、私が乗ったのはたぶんまだ3便目。
そんなこともあって、実際に乗った情報がまだまだネット上では少なく、よくわからないことも色々。
そこで、いち早く生の情報をお届けしようと思います。
IMG_1317   
 
■予約
エアアジア(正確にはエアアジアX)を予約したのはほとんど勢いです。
9月の終わりか10月の初め頃、マスコミでも話題だったエアアジア日本就航キャンペーンで
5000円でチケットが取れたんですよね。
私が実際に取ったのは、売り出してから2日後で、この時点では取れる日はかなり限られてました。

なお、実際にどれだけのお金がかかったかというと。
AIR代金 5000円、税金手数料 3000円 合計8000円。
ここまでは、絶対に支払わないといけないお金です。
ここからがオプション。
預ける荷物が私が20kgまでにして1500円、夫は25kgまでで2500円。
重さに応じて、細かく設定があります。
機内食が1人700円。これはなくてもいいと思いますが、興味があったので申し込みました。
コンフォートキットが1000円。これは私だけ。次回からはなくてもいいかな。
何だかわからないけど、コンビニエンスフィーが150円。
というわけで、2人で片道22700円かかりました。1人11000円ちょっと。
羽田便は、座席指定料金がかからなかったような気がします。
これから乗るタイ行のエアアジアは座席指定に、約150円かかりました。
ってことは、コンビニエンスフィーが座席指定料金なのかな。ちょっとよくわかりません。

このぐらい安いとお得ですよね。
つい、この前やっていた、次のキャンペーンは8000円で少しだけ高くなってましたね。

そして、エアアジアの特徴の1つは、片道でも予約できチェックもないこと。
通常、タイ行きの航空会社は帰りの券がないと乗せてくれません。
しかし、片道でいいって時もありますよね。
そういう意味で、エアアジアなかなか使えると思います。

■羽田空港国際ターミナルでチェックイン
浜松町からのモノレールを国際線ターミナル駅で降りると、すぐ国際線の出発ロビーです。すごく便利。
IMG_1125IMG_1129

IMG_1132
↑出口は1番後ろ寄り。

IMG_1147IMG_1148

出発当日は、いつもよりはかなり早めに家を出ました。
エアアジアの出発時間が23:45で、3時間前からカウンターがオープンするので、できれば
それまでに行きたかったんですね。
でも、色々バタバタしたりで、カウンターに並んだのは、ちょうど21時頃。(2時間45分前)

IMG_1150
↑この時点で、(予想通り)長蛇の列でした。
結局、約50分間待ちました。

IMG_1163
↑ところで、並んでいる途中で気付いたのが、「BAG DROP」というカウンター。
エアアジアでは7日前からウェブチェックインができまして、私達も既にウェブチェックイン済み。
もしかしたら、そのカウンターで良かったんじゃないかと思い順番が来てから聞いてみたところ、やはりそうでした。
たぶん30分くらいはロスしたかな。現地では特にそういう誘導もなく、私達と同じようにチェックイン済みの人の多くは
普通に並んでいたんじゃないでしょうか。
まあ、これも勉強ってことで。そのうち、皆がわかってくると「BAG DROP」も同じくらい並ぶことになるかもね。

カウンター業務はANAが請け負っているらしく、係の方はANAのバッチを付けてました。
私達の担当の方は、他のスタッフがヘルプを求めていたぐらいなので、かなりのベテランさんなのか、
テキパキ、感じもよかったです。
エアアジアとはいえ、日本人がそれもANAのスタッフだとサービスレベルは通常のエアラインと変わりません。
初日はかなり混乱していたとの情報もありましたが、この日はまあまあって感じでした。

さて、ここでいくつかの情報を。
まず、2人同時に予約している場合、バッグの重さは2人合算で制限内に収まればいいそうです。
実は家で、何度も体重計にのせて調整したんですよね。
なお、私達は2人で44kg弱。ほぼ制限いっぱいです。今回はちょっと長めの旅行なので、荷物も多め。

それから、クアラルンプールに到着後、タイ行きの便に乗り継ぐ予定だけど、荷物はクアラルンプール留まりのみ。
通常は、乗継便にそのまま運ばれるんですけどね。
まあ、こういった煩雑なサービスを省略するするからこそ、格安運賃が実現できるんでしょうけど。
というわけで、クアラルンプールでは、一旦マレーシアに入国して、荷物を受け取って、
大きな荷物を持ったまま次の便を待つことになります。(←現在)

また、ウェブチェックインでボーディングパスを印刷してきましたが、新しい搭乗券を渡されました。
IMG_1280
↑この搭乗券の半券部分にシールが貼られ、機内食やコンフォートキットなど引き換え券になります。

それから、これは並んでいる時に聞こえてきたことですが、ゴルフ用品を預けようとしていた方が、スポーツ用品は別料金ということで、2500円追加でとられてました。
見た目、小さめのゴルフバックでしたので、もっと大きかったら値段が違うのかわかりません。

IMG_1167
↑エアアジアのCAの皆さん。赤いコートもあるんですね。日本用に新調?

■江戸小路&搭乗口
荷物を早めに預けて、レストラン街「江戸小路」でちょっと一杯やろうと思っていたんですが、時間的に全然無理。
見学だけしました。
IMG_1173
↑クリスマスツリーがきれい。

IMG_1175
↑便利だなと思ったのが、お店が閉店すると案内図のそのお店の電気が消えるんですね。
今開いている店が一目瞭然。10時過ぎだと開いているお店はかなり限られます。
ものすごくいっぱい写真も撮ってあるけど、気が向いたら後でアップします。

IMG_1195IMG_1198
↑江戸小路の上にある展望デッキ。近くには持ち帰りもできるバーガーショップもあり。
江戸小路も含めて、全体的にお手頃なお店も色々あって、普段空港で食事をしない私達でもちょっと寄ってみようかな
と思いました。でも、時間ないんですけどね。

出国のイミグレーションを抜けて、今度は免税店などをブラブラと見学。
IMG_1207
↑カフェみたいなところで、お水とビールを買いました。
今回、エアアジアなので、お水は必要だろうとかなり探したのですが、免税店エリアではあまり見つからず。
IMG_1218
↑ところが、いざ搭乗口まで行ったら、自動販売機がありました。(アルコールはないよ)
その近くにある売店はすごい並んでいた。トイレも混んでました。
ちなみに、水は機内でも同じくらいの値段で買えたので、無理に買う必要もなかったです。
結局、この時買ったお水は7割くらい残った状態で、クアラルンプール空港で捨てられてしまったのでした。

■エアアジアの機内にて
IMG_1222IMG_1225
↑搭乗後はバスで移動です。結構な距離を走ったような気がしました。
なかなか、機内に人が集まらず(バス移動のせいだと思う)、実際に機体が動き出したのが12:25、
飛び立ったのが12:37です。
タイムテーブル上の出発時刻は11:45。
まずは、マレーシアの出入国カードが配られます。

IMG_1285
次に、コンフォートキット。何だろうなと思って開けてみると。

IMG_1289IMG_1290
↑毛布とアイマスク。
IMG_1291
↑さらに、エア枕。(ふくらましてみました)
これを1000円で購入したことになるので、持ち帰りOK。機内で買うと35RM(945円)
案外お得? エアアジアマークもいい感じ。
でも、次回からは代替品を持参すればいいかな。

IMG_1304
↑続いて、機内食の販売。事前では700円ですが、機内で買うと900円。
正直うーんという内容です。お水付き。お水単体で買うと、3RM(約80円)。

IMG_1295
↑私のベジタリアンは野菜焼きそば
はっきり言って、美味しくはないです。
夫は1口食べて「マズっ」と言ってましたが、食べているいるうちに慣れてきてお腹が空いていたこともあって
完食してしまった。

IMG_1297
夫の↑ウエスタンは若鶏のトマトソースペンネ。こっちの方がマシだって。
もう1つマレーシアンというのがあって、これはチキンの照り焼きご飯添え。これが一番無難だったかも。

IMG_1301
↑そして夫が12RM(324円)のビールを注文し、小銭を渡そうとすると、お札だけしか使えず
お釣りはリンギットって言われました。
「じゃあ、いいです」と断るといったん行ってしまったんだけど、後から戻ってきて小銭OKになりました。
幸い? ぴったり324円あったのでお釣りもなし。
もっとも、後でクアラルンプールの空港でリンギットが必要な場面があったので、お釣りをもらっておいてもよかったかも。
この他にカップヌードルとかもありました。
興味のある方は、以下のメニューを見てください。(クリックすると拡大します)
IMG_1261IMG_1252

IMG_1263

エアアジア便は深夜発なので、次回からは食事は済ませておいて、機内ではひたすら寝るのが
ベストではないかと思いました。

IMG_1242IMG_1249
さて、気になる座席ですが、まあ私達的にはアリかなと思います。
感覚的なものですが、横幅は一般的な座席よりも狭く感じました。
今回は2人席(かなり少ないです)を予約してあったので、そんなに気になりませんでしたが、真ん中席で隣が知らない人だと嫌かも。
それに対して、縦の方は通常とほとんど変わらないような気がしました。

IMG_1272
↑実際に座ってみるとこんな感じ。(写真はアジア系の方です)

1番気になったのは、座席があまり倒れないこと。
寝ているとあんまり寛げないかなあ。心なしか座席自体も小さいような気もしましたの。
まあ、それでも6~7時間なら、一応私達は大丈夫でした。
座席の頭の部分は高さを調整できます。

IMG_1313IMG_1154
↑一方、プレミアムシートはすごくいい感じですよ。値段は知りませんが。

IMG_1310
↑トイレは普通だったらしい。(私は利用しなかった)

■クアラルンプール空港に到着
さて、タイムテーブル上の到着時刻は6:30。日本との時差が1時間です。
機体が止まったのが、6:50。

IMG_1323IMG_1325
↑その後、歩いて移動です。
中に入るとすぐに入国のイミグレーション。
荷物受取りに移動して、荷物を受け取ったのが7:45でした。
まだ荷物は流れていたので、運が悪いと8時くらいになっちゃうんでしょうかね。

なお、ここはクアラルンプール空港のLCCターミナルで、周り中がエアアジアだらけ。
通常のエアラインは別のターミナルになるみたいです。
この後は、またエアアジアで移動なので、そういう意味では楽ちん。
このクアラルンプールでのトランジット&タイ行のエアアジアについては、長くなりそうなので次回またレポートします。

それでは、また