2010年8月台湾旅行

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
May 26, 201121:45淡水でサイクリング (2010年8月台湾旅行 その9)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)

サワッディ カー

久しぶりに2010年8月台湾旅行記の続きです。(実は2月に書いて保存してあったもの)
北投温泉の帰りに立ち寄った台北近郊の淡水を紹介します。
淡水は、台湾市民のデートスポット・行楽地で淡水河口にある港町。
平日にもかかわらず、多くの台湾人が遊びに来ていました。
(日本人は見かけなかったです。もっとも見た目ではあんまりわからない)

私達は午後に行きましたが、淡水は夕暮れの美しさで有名。
また、河畔の夜景もなかなからしい。
もしまた行くとしたら、晴れた日の夕方に行ってみたいですね。

今回紹介するのは以下の内容です。
◆淡水でレンタル自転車
◆淡水河畔
◆スペイン人が建設した紅毛城
◆淡水グルメ「阿給(アーゲイ)」

IMG_4132

それでは、続きはこちらからどうぞ。↓↓

続きを読む

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
February 16, 201118:28北投温泉はお手軽&本格派 (2010年8月台湾旅行 その8)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

サワッディ カー

ずっと放置状態だった2010年8月台湾旅行記、今回は旅の後半に行った北投温泉を紹介します。
以前から行きたい行きたいと思っていたけど、ついつい後回し。
思った以上に近くて、もっと早くに来れば良かったなあ。
手軽さの割には本格的で、これまで私が入った温泉の中で、ここが1番濃かったです。

IMG_4095

実は、台湾は温泉天国で100くらいの温泉地があるそうです。
その中でも、この北投温泉は台北から行きやすく、しかも公衆浴場もある点が魅力。
私は1泊で行きましたが、半日でで温泉につかってくることも充分可能です。

今回紹介するのは以下の内容。
◆北投温泉への行き方
◆足湯&地熱谷
◆龍泉温泉
◆北投温泉親水公園露天浴地
◆その他の観光施設

それでは、続きはこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓

続きを読む

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
December 13, 201008:23高雄で火鍋 (2010年8月台湾旅行 その7)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年8月台湾旅行、高雄2日目の夜は火鍋を食べに行きました。
たまたま見つけて入ったのだけど、なかなかの繁盛店でサービスも良く、特に夫は大満足でした。

■汕頭泉成
お店の名前は「汕頭泉成」。文字化けしてる方は、下の写真をみてね。
IMG_3821IMG_3814

詳しい立地は説明できませんが、六合夜市よりも少しだけ南。
中山一路から少しだけ西側に入ったところにあります。
確か、中山一路を歩いている時に、看板が見えた記憶があります。
お店は混んでいて、入口で少し待ちました。

IMG_3797
↑しばらく待って案内されたのは、2階の席。かなり広いです。
英語が上手なお兄さんが、とても親切かつ的確に色々アドバイスをしてくれたので、注文もスムーズ。
その後も何かと気にかけてくれて、すごく感じがいい。

IMG_3805IMG_3813
↑鍋は何種類かありますが、やはり定番の麻辣火鍋
(写真をクリックすると拡大します)
2つの味が楽しめる点もお勧め。2つ目のスープは何種類かから選べました。

IMG_3804
↑タレは3種類から選べます。私達はお店1番のお勧めのにしました。
夫はタレも気に入ってましたが、私は癖があって、ちょっと苦手だった。
別のタレにすれば良かったなあ。
薬味もたんまり。

IMG_3810
↑お店の人のアドバイスも聞きながら頼んだ具です。
右端にある竹筒に入ったイカのすり身がすごく美味しかった。
その他の具材の質もいい。
豆腐とキャベツはサービスでどんどん持ってきてくれるんだけど、そんなには食べられないよ~。

IMG_3817
↑最後にはサービスのデザート。ミルクプリンのような味。

IMG_3818
↑これだけ注文して、お勘定は905元(約2500円)

タイスキと火鍋だと私は断然タイスキ派なんだけど、夫は火鍋派。
そんな夫にとっては、高雄の食事のベストはここのお店だったようです。
確かに素材は良かったし、私も別のタレで食べたらもっと美味しかっただろうな。
高雄では、なかなか有名なお店のようですので、是非機会があったら行ってみてくださいね。

■おまけの「火鍋屋」
ところで、火鍋好きの夫の希望で日本でよく行くのがこちらのお店。
亀戸にある「火鍋屋」
ここはホント安くて美味しい。
亀戸は家から全然近くないけれど、かなりの頻度で行ってます。
場所とかは、ぐるなびで確認してね。

IMG_0875IMG_0885
↑お店はかなり小さいです。写真で見えている以外に、あと2つテーブルがあるだけ。
そして、立地柄かアジア系の外国人比率が高いです。

IMG_0900
↑私がこのお店を気に入っているのは、おつまみが美味しくて安いこと。
でも2人で行くといつも定番のこの3つになってしまいます。

IMG_0894IMG_0891
豚の耳(左)。すごく辛い。これを右の千切り豆腐と混ぜて食べるのが好き。両方390円。
他のお店でも同じメニューがあると頼むんだけど、ここのがやっぱり好き。

IMG_0896
四川風冷奴、210円。四川風といいながら全く辛くなく、ほんのり甘い懐かしい味。

Image026
↑この他に、もう少し人数が多い時に頼む「パクチー鶏」もおいしい。
名前の通り、薬味のパクチーがてんこ盛りです。

IMG_0907
麻辣火鍋です。辛さはいつも中辛。それでもかなり辛いです。
私は、ここの白い方のスープが大好き。
タレとして、ゴマ油ニンニクを選んで、それと白いスープを混ぜて食べると本当に美味しいの。
全然、火鍋じゃないけどね。
夫は、卵を頼んで、それに私のゴマ油ニンニクを混ぜて食べてます。

IMG_0913IMG_0921
↑注文する具もほぼいつも同じ。
野菜ミックス、豚肉、豆腐。写真を撮り忘れたので後から撮った「春雨の皮」。
春雨よりもしっかりしていて、火鍋には合っていると思う。
ラム肉が好きな人は、ラムもいいと思います。私は苦手なので・・・

IMG_0925
↑追加で頼んだ季節の野菜。
そして、いつもお腹になって食べられないことが多いけど、ゴマ団子も美味しいです。

私達は頼んだことがないけれど、お一人さま鍋もあって、外国人の方は2人で来ていても、
1人用の鍋をそれぞれ食べていることが多いです。
なんででしょうね?

それから、ここは赤坂にもお店があります。
昔1度行ったけど、食べ放題なんですよね。
食べ放題は、絶対に食べ負けるのであんまり好きじゃない。
なので、いつも亀戸です。
小さい店なのに、かなり空いていることもあって、お願いだから潰れないでねと思って、紹介してみました。

旅行記だかなんだかわからない感じになってしまいましたが、どっちもお勧めですよ。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 26, 201007:51毎晩、六合夜市 (2010年8月台湾旅行 その6)
PermalinkComments(1)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年8月台湾旅行、高雄では毎晩のように六合観光夜市に出かけました。
ホテルからも近いし、ついつい買い食い。
なかなかポイントの高い夜市ですよ。

■便利な立地
台湾観光の楽しみの1つと言えば、夜市。
でも、案外場所が不便だったりします。
その点、この六合夜市は非常に便利な場所にあります。
MRT美麗駅の11番出口から出るとすぐ目の前。
六合二路沿いに200〜300mくらいの規模のでお店が並んでます。
どんなガイドブックにも載っているし、時間のあんまりない観光客にとっては、本当に重宝な立地。
台湾小吃といわれるB級グルメを中心に色々揃ってます。

DSCF3168←美麗駅の中。

DSCF3164DSCF3836
↑昼間の六合二路(左写真)と、賑わっている様子(右写真)。
夕方から夜中12時過ぎでも開いてました。

■お食事系屋台
では、実際に食べたものを中心に紹介していきます。
どれも、100〜250円くらいのものばかりで、ハズレはなかった。
IMG_3761DSCF2945
↑色々食べた中で、1番美味しかったのはこれ。
「蚵仔包」というお店。タイのオースアンにも良く似ています。
買い食いのお供、ビールは左写真で見えているコンビニで調達しました。

DSCF3842DSCF3844
うすい衣の中に、牡蠣と卵とネギをたっぷり入れて、器用に包みます。

DSCF2951
↑油で揚げて出来上がり。カロリー高そう

IMG_3936
↑中はこんな感じ。牡蠣も卵も大好きだから、とっても美味しかった。
この写真は2回目に食べた時のもの。ちょっと火が通り過ぎで1回目の方が好みだった。

DSCF2956DSCF2957
↑中山一路側の入口近くにあった小籠包の屋台。
8個で50元(約130円)というお手軽さ。

DSCF2960DSCF2961
↑味もなかなかいけてます。スープもジュワーっ。
これが今回最初の小籠包だったので、特に美味しく感じました。
後から比べると、鼎泰豊の小籠包には負けるんだけど、屋台でこのレベルの小籠包が食べられる台湾はすごい。

DSCF2935
↑続いて胡椒餅。確か六合夜市で最初に食べたのがこれ。
DSCF2932DSCF2934
↑それなりには美味しかったけど、まあまあかな。
台北で食べた胡椒餅の方が断然美味しかった。

DSCF2954
一口餃子の屋台。

DSCF2953DSCF2952
↑これも、まあまあだったかな。

この他にも色々ありましたけど、食べず仕舞い。
とりあえず、写真のあるものだけ一部紹介しますね。

DSCF2929
↑台南名物、坦仔麺もあります。本当に度小月なのかな?

DSCF2942DSCF2941
↑生きた海老を焼いています。ちょっと魅力的。

DSCF2939
↑かなり大きなイカの足と、エリンギ。これも興味あり。

DSCF3881DSCF3880
↑こんなお店もあります。精力がつくんですかね。

DSCF2950
↑そして、恐怖の臭豆腐。所々に何軒かあって、その度に臭いの攻撃。
近くを通るときは息を止めてました。
今回、食べてみようかなと思っていたけれど、やっぱりムリです。
食べたことのある友人(中国に住んでいた)によると、揚げた臭豆腐の方がマイルドらしい。
でも、たぶん私は食べないだろうな。

■スイーツ系
六合夜市で最も食べたのは、マンゴシェイク
毎晩、他のところで食事をしても、デザート代わりに買っていました。
色んなお店で試したけど、どこも美味しかった。お勧めです

IMG_3829DSCF3875
↑台湾のマンゴは、タイのマンゴよりも大きい。この写真でわかるかな。
体積でいうと4倍くらいはありそうです。
どの季節でもこんなに大きなマンゴなのかはわかりません。
そして、マンゴシェイクの上にはマンゴの果肉がてんこ盛り。
正直、タイのマンゴシェイクよりもさらに美味しいんじゃないかな。

DSCF3866DSCF2962
IMG_3762DSCF3869
↑マンゴ以外の果物のシェイクもあるけど、イチオシはマンゴみたい。
値段はどこも大体、50元(約130円)。お得でしょ?

DSCF3863DSCF3864
↑たまにはマンゴ以外も食べたくなって、細長いソフトクリームを。
ミルキィな味で、私は好き。夫は断然、マンゴ派ですが。

DSCF3851DSCF3853
↑水饅頭のようなお菓子「涼圓」。5つで20元(約55円)と激安。
色んな味のをミックスしてもらった。
思ったよりも甘くなく素朴な味わいで、和菓子やタイ菓子好きな人は好きだと思う。
私も好きだった。

■その他色々
お土産系や物販のお店もたくさんあります。

DSCF2948
↑買わなかったことを後で後悔したカラスミ
カラスミは、高雄近郊の東港の名産なので、台北で買うよりも高雄で買った方がお得みたい。
その後、北投温泉でカラスミを食べたらすごく美味しかったので。
たぶん、日本と比べたらかなり安く買えそう。

お買い物としては、ノースリーブのワンピースを1000円しないお値段で購入。
毎日暑くて汗だくで、洋服が不足気味だったので、早速着てました。

DSCF3879
↑資源ゴミ専用のゴミ箱もあります。

DSCF3848
↑道の真ん中に何故かオウム。

ところで、高雄市民には、郊外にある瑞豊夜市というのが人気らしいです。
少し前に見た、日本のテレビ番組でも紹介されてました。
台南の花園夜市みたいな感じなのかな?
そこにも行こうかなと思ったけど、結局面倒になってやめちゃった。
短期の滞在なら、この六合夜市でも充分楽しめるかなと思います。
興味のある方は、台北ナビの記事を参考にしてくださいね。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 09, 201008:28ハワードプラザ高雄 プール&朝食 (2010年8月台湾旅行 その5)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年8月台湾旅行、高雄で宿泊したハワードプラザホテル(高雄福華大飯店)プール&朝食について紹介します。
プールはなかなかのお気に入り、朝食はまあ普通って感じかな。

■プール
そもそも、このハワードプラザに決めた最大の理由はプールがあったことです。
リゾート地に滞在するのと違って、バンコクや台湾などの街や観光中心の場合、
ついつい活動しすぎて疲れちゃうんですよ。
それでも3泊くらいなら、そんな強行軍もいいけれど、今回は8泊の長丁場。
適当にダラダラしないと大変。
せっかく夏だし、台湾も暑いしということで、プール付のホテルを探したわけです。
このハワードプラザは、プール付の割りにはリーズナブルで場所も便利そうだったので決定。

といっても、ハワードプラザのプールはいつものリゾート地のプールとは雰囲気が違います。
どっちかというと、スポーツジムのプールに近い?

DSCF3033DSCF3043
↑プールは10階にあります。
受付で名前と部屋番号と時間を書いて、タオルをもらいます。
なお、使いませんでしたがジムも10階にあります。
右写真の手前が子供用、広い方のプールは約20mあります。
一応、プールチェアもあるけれど、ゆっくりくつろぐ感じではありません。
チェアの数も少ないし、しかもお昼前後の3〜4時間は閉鎖になってしまうのです。
最初は、求めていたのとちょっと違うかなと思っていたのですが・・・

DSCF3049
↑何気にジャグジーに足を入れると、予想外に熱い
なんと温水ジャグジーだったのです。
しかも、たぶん42度くらいはある熱めのお湯。
これって露天風呂じゃない
私、このジャグジーがすごく気に入っちゃいました。

IMG_3877
↑プールは夜10時までやっているので、観光で疲れた後はお風呂気分でこのジャグジーへ。

IMG_3881IMG_3873
↑ところで、このプール、夕方は子供の水泳教室をやってます。
なかなかスパルタなお母さんとかもいるので、もしや名門水泳教室? なんて思いましたが、
泳ぎを見るとおもいっきり初心者でした。
教室の子供と一緒にジャグジーに入ったりして、なんだかとっても不思議な光景でしたね。
なお、本来このプールは水泳キャップが必要です。
何にも言われなかったので、外国人なのをいいことにキャップなしで泳いでいたところ、
最後の夜になって注意されました。
でも、私が日本語でなんかしゃべると、「まあいいや」ということになったんですが、
できれば用意していった方がいいですね。

■朝食
朝食は5階のレストランで、ビュッフェ形式です。種類も多く、それなりにちゃんとしてます。
しかし、種類の多さの割りに、すごく美味しいメニューがほとんどなくて、あんまり印象に残ってない。
特に、不味いわけではなくて、いたって普通。
最初はワクワクしたけど、最終的な満足度はそんなに高くないかな。

DSCF3124DSCF3127
↑席数も多いです。席を立つ時には右のカードを置きます。

DSCF3139DSCF3128
↑和食も色んな種類の惣菜に、ご飯、味噌汁、ひと通り揃ってます。
日本人も結構多いのかな。お年寄りツアーでもこれなら安心。
何故か、味噌汁が美味しかった。

DSCF3144DSCF3142
DSCF3139DSCF3156
↑もちろん中華のおかずやおかゆ、点心類も多数あります。
比較的、中華のおかずが美味しかったかな。

DSCF3146DSCF3134
↑洋食、卵コーナーなども当然あります。

DSCF3153DSCF3138
↑サラダにオードブル。

DSCF3130IMG_3836
↑シリアルにパン。チーズもあった。
おかず類の充実ぶりからすると、パンの種類はとても少なかった。
客層の大部分はアジア人、たぶん台湾人とか中国人、次に日本人だからかな。
そして、数少ないパンもあんまり美味しくなかった。

DSCF3154IMG_3841
↑フルーツとヨーグルト。私はこのヨーグルトが1番気に入ったかも。

DSCF3157IMG_3838
↑コーヒーサーバーが2種類あって、どっちが美味しいかというアンケートをとってました。
このコーヒーもなかなか美味しかった。
振り返ると、ここのビュッフェで私が気に入ったもののは、1位:ヨーグルト、2位コーヒー、3位味噌汁です。
なんか、こういう結果もさみしいでしょ。
2回食べたら充分だなと思ったので、延泊した3日目は朝食なしにしました。
まあ、最近はオーガストの朝食のせいで、朝食に求める味のレベルが厳しくなっている気がするので、
一般的にはそこそこいい朝食だとは思いますよ。

IMG_3831
↑一応、取ったお皿ものせておこうかな。ジュースは美味しくなかった。

IMG_3789
↑このレストランは、ランチ、アフタヌーンティー、ディナーとそれぞれの時間でビュッフェをやってます。
ランチビュッフェでは、プチケーキがいっぱい並んでいて見た目美味しそうだった。

IMG_3790
↑別のレストランのメニュー。ホテルの割りにリーズナブル。
450〜800円くらいのセットです。
試してみたい気もしたけど、チャンスなし。

なお、レストランのあるフロアには喫煙室もあります。

■総合評価
トータル的にはかなり気に入りました。
お部屋、朝食、プール、立地、サービス、全ての面で一定以上の満足度がありますし、
その割には価格もお手頃。
日本からの予約のしやすさも魅力です。
もっと安いビジネスホテルチェーンも興味はあるけれど、こっちの方が無難といえば無難。
広くお勧めできるかなと思います。

もっとも、私達は当分の間、高雄に行くことはないと思うので、再び宿泊することはあるかなあ。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
November 05, 201015:05ハワードプラザ高雄 お部屋 (2010年台湾旅行 その4)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年8月台湾旅行、高雄ではハワードプラザホテル(高雄福華大飯店)に3泊しました。
伝統的なシティホテルといった感じで、今風のおしゃれさはないけれど、一通りの物やサービスも揃い、
なかなか快適。

DSCF3014


■立地
七賢一路沿い、MRT美麗駅から徒歩7分くらいです。
わかりやすい場所ですが、駅からはちょっと歩くので、荷物が多ければ最初は高鉄左営や空港から
タクシーで来た方がいいかもしれません。
荷物さえなければ、駅まで歩くのもそんなに苦でもなかったです。
特に、美麗駅はMRTの交差する駅で便利だし、夜、六合夜市に行くのにも便利。
立地はそれなりにいいんじゃないかと思います。

■チェックイン&ロビー
ほとんど文句のない滞在でしたが、チェックインカウンターの仕組みだけはどうかな? と思いました。
レセプションは確か5階。下層階はショッピングモールです。

DSCF3022DSCF3023
↑こんな感じの机の椅子がいくつかあって、ゆっくり座ってチェックイン。
空いていればいいんだけど、何組もいた場合時間もかかるし、順番も適当。
もっと一般的な方法の方がいいのに。

なお、写真はありませんが、レセプションの奥がロビーです。
そう広くなく、ソファーやテーブルがいくつかあって、ロビーというよりは大きめのリビングか客間って感じ。
このロビー、私達はかなり利用しちゃいました。
というのも、ロビーならネットが無料だったんですね。
いつも人もいなくて、静かで落ち着く雰囲気だったこともあり、ついつい長居をしてしまう、
ネット中毒気味の夫婦です

■お部屋紹介
本来のチェックインタイムは15時ですが、まだ13時過ぎなのにお部屋に案内してくれました。
このホテル、ドアマンとか、全体的にサービスはいいです。
時々、日本語のできるスタッフもいました。

BlogPaint
↑宿泊したのは、15階。印の部屋です。

DSCF3033
↑こんな感じのプールヴュー。

DSCF3029DSCF3030
↑お部屋の様子。インテリアなどはやや昔風。広さはまあまあ。

IMG_3773IMG_3774
↑ベッド脇の1人掛けソファと、デスク。

IMG_3786IMG_3787
↑ネット用のケーブルと使用マニュアル(左写真)。
しかし、使用料が1日200元(約550円)。
この値段なら支払ってもいいんじゃないと思ったんだけど、夫はロビーで使えるからいいって。
で、ロビーに入り浸り・・・
なお、1日に使える人数が限定されていると言われましたので、使う方は早めに申し込んだ方がいいかも。
ロビーで使用した感じでは、速度はまずまず速いです。

IMG_3775IMG_3784
↑テレビ下には、浴衣によく似た寝巻き。こういうのがあると便利。

IMG_3780IMG_3779
↑クローゼットとセーフティBOX。

IMG_3776IMG_3778
↑冷蔵庫、湯沸し、お茶などのセット。

IMG_3768IMG_3765
↑バスタブとシャワーブースが両方あります。両方あるのがベストですよね。

IMG_3767IMG_3766
↑洗面台。ドライヤーや拡大鏡もあり。

IMG_3770IMG_3771
↑備品類も色々揃ってます。

IMG_3769
↑私が嬉しかったのは、バスタオル類が3セットずつあったこと。
暑い国だと、シャワーも頻繁になるので予備があると安心。

IMG_3788
↑サービスのフルーツ。
初日だけでなく、2日目ももって来ました。
3日目はなかったので、もしかしたら朝食付プランに付いていたのかな。

このように、ホテルに必要とされるものはひと通り揃っているし、清潔。
初日のイマイチなホテルからやってきたので、ますます好印象。
当初、2泊の予定でしたが、もう1泊追加することにしたのでした。

■お値段など
この高雄ハワードプラザホテルは、台湾の有名なホテルチェーンということもあり、様々な旅行サイトで扱ってます。
時期によっても色々値段などは違うのでしょうが、色んなプランを比較して、今回はスカイゲートに決定。
スカイゲート、ハワードプラザのページ
ちょうど海外ホテルのキャンペーン中で10%オフだったことと、朝食付でもお手頃値段だったから。
確か、1泊8000円だったかな。
朝食は1人420元、2人で約2300円しますから、食べるなら朝食付プランの方がお得です。

そして、延泊分はホテルで直接申し込みました。
朝食なし2800元(約7800円)で、まあいいかとOKしたところ、チェックアウト時の精算では
なぜか2400元(約6700円)。
なんだか得した気分。

というわけで、地味ながらもなかなか快適なハワードプラザですが、最も気に入っているのはプールです。
次回は、そのプールや朝食を紹介します。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
October 22, 201022:40高雄のお勧めビジネスホテルチェーン(2010年8月台湾旅行 その3)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

前回の記事でちらりと書いた、2010年8月の台湾旅行で発見した、
高雄のなかなか良さそうなホテルチェーンを2軒紹介します。
両方とも、予約するには台湾語の解読が必須なのが難点。
でも、お値段の割りに良さそうでお勧めですよ。

■予約に挫折
高雄情報を収集しているときに見つけたのが、高雄のホテルチェーン「御宿」サイトはこちら。
そのきっかけとなったのが、フォートラベルのこちらの記事
立地も良く、値段も確か1300元(約く3600円)でお手頃。
なかなか良さそうじゃない?  ってことで、早速予約してみることにしました。

ところが、サイトは中国語(台湾語)オンリー。
台湾語の漢字は旧字体に近いので大丈夫だろうと思ったら、意外に分からない・・・
家には台湾語関係の本もないし、翻訳ツールも見つからず。
そこで、次にお問い合わせページから、英語でメールを送りました。
しかし、合計2回送ったものの、なしのつぶて。
後日、見学に行ってなるほどなあと思いましたけど、英語のメールは基本受け付けてないのかも。

当日、直接行ってみることも考えましたが、到着は夜中で、高雄は初めて。
この時点では、ホテルの場所もはっきりしないので、諦めることにしたのでした。

■高雄御宿商旅站前店
目的の御宿高雄駅前店は、MRT高雄駅から出てすぐ目の前の建國二路沿いにあります。
駅からは徒歩1〜2分と非常に便利だし、わかりやすい。

DSCF2913DSCF2915
↑入り口の写真。
これではわかりづらいですが、かなり綺麗です。
お部屋の感じなどは、上で紹介した旅行記を見てくださいね。
無料の洗濯機もあるみたいだし、アメニティも充実していて、かなりお得な感じです。
この立地、お値段なら十分ありだと思います。

■御宿チェーン
この御宿ホテルは高雄にたくさんあり、しかもどんどん増えているようです。

DSCF3072DSCF3075
↑高雄の繁華街、新堀江に行った際、別の御宿を発見しました。
場所は、MRT三多商圏駅から徒歩5分もかからない所。
買い物目的ならば、高雄駅周辺よりもこの辺りの方がずっと便利です。
百貨店もたくさんあります。

DSCF3078
↑レセプション。

DSCF3079
↑ロビーにはパソコンコーナーも。

DSCF3081
↑レストラン。とにかく全体的にキレイだし、そこそこ高級感もあり。

DSCF3083
↑自転車もあり。高雄は歩いて廻るとヘトヘトになるので、自転車で移動するのはかなりお勧めです。

実はこの時高雄で延泊しようかと考えており、御宿に泊まるのもいいかなと思いレセプションの
お姉さんに色々聞こうとしたのですが・・・。
全く英語が理解できないようで、筆談もイマイチ通じず断念しました。
お姉さんも申し訳なさそうで、他の人を呼ぼうとしたりしてましたが、適当な人がいないようで。
基本的に台湾人相手の商売みたいですね。
タイだと、少なくともホテルのレセプションでここまで英語が通じないことはまずないですけど。
これじゃあ、英語メールが無視されるのもむべなるかな、って思ったのでした。

この御宿チェーン、ホテルの設備、サービス等はなかなかいいし、色んな立地にあってかなり便利。
泊まってみたい方は是非、台湾語サイトにチャレンジしてみてください。

■康橋商旅チェーン
続いて、御宿とはかなりコンセプトの似ている康橋チェーン
ここは、高雄の2日目に偶然見つけました。

DSCF2988
康橋商旅六合夜市店
MRT美麗駅から徒歩3分くらい。
この美麗駅は高雄のMRTの交差する駅で、観光の拠点とするには便利な立地。
また、六合夜市は観光客が必ず行くと言われている有名な夜市ですから、この立地もなかなか便利。
そして、お値段も総じてお手頃。
ホテルでもらったマップを見ると、ここも便利そうな立地にたくさんあります。
帰国後調べると、台南にもあるみたい。

DSCF2990
↑洗濯機、乾燥機があります。しかも洗剤類も無料。
1Fの誰でも入れるところにあるので、一瞬利用しちゃおうかと思ったくらい。

DSCF2992
レセプション。ここは英語通じました。たまたまかもしれませんが。

この他にも無料のパソコンとかもありました。
お部屋の見学はしてませんが、ここも清潔そうで御宿と甲乙つけがたし。

この2つのホテルチェーンを見て、日本語のホテル予約サイトにはなくても、
台湾には隠れたビジネスホテルチェーンが色々あるんじゃないかなと思いました。
台北ではこういうのは発見できなかったけど、実はあるのかな。
台湾語が話せなくても、読めるようになると随分と世界が広がるんでしょうね。
高雄に行くことは当分ないと思いますが、次回行く際にはこのどちらかに宿泊したいです。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
October 17, 201015:20舜商務旅館 (2010年8月台湾旅行 その2)
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サワッディ カー

2010年8月台湾旅行、高雄1泊目は節約して舜商務旅館(SHUN YU HOTEL)に宿泊しました。
期待はしていなかったものの・・・、ってな感じです。
一応、紹介しますね。

■予約の経緯
高雄ではゆっくりしたいと思い、プール付のホテル、ハワードプラザホテルに宿泊することにしました。
ところが、初日の到着は夜の10時頃。
せっかくのプールも利用できないし、もったいない。
そこで、交通の便が良くて、もっと安いホテルがないかと探してみることに。

台湾は台北情報はものすごく沢山あるのですが、地方都市となると結構少ないんですよ。
なんとか見つけ出したのが、「御宿」というホテルチェーンです。
ここは、後日もう少し詳しく紹介しますが、コスパの良さそうなビジネスホテルです。
早速、ネット上やメールで予約を試みるも挫折。
基本的に、中国語(台湾語?)ができないとムリっぽい。

そこで、半分面倒になったこともあって、楽天トラベルで最も安かったこの
舜商務旅館に決定しました。
確か、安い部屋で850元(約2400円)からあったと思います。
2010年6月にリニューアルしたビジネスツインなら1200元(約3300円)。
リニューアルしたばっかりなら綺麗なんじゃないかなと思い、この値段の差ならいいかと
ビジネスツインを予約。
しかし、最初に言ってしまいますが、リニューアル??って感じでした。
これなら、他の部屋を見てないけど、1番安い部屋の方が割り切れていいかも。

■立地とチェックイン
さて、このホテルの1番いい点は立地のわかりやすさだと思います。
高雄駅(高雄車站)を降りて、まっすぐ伸びている中山一路沿いにあります。
MRT高雄駅からは徒歩5分強、次の美麗島駅からも10分弱。

DSCF3008DSCF2901
↑ホテルの概観です。
舜商務旅館の2つ目の漢字が文字化けしたりすることがあるので、写真で確認してください。
道路に面しているので、静かではないです。

DSCF2908
↑ホテルのフロント。英語はそこそこできる人と、ほとんどできない人がいました。
スタッフは総じて感じは良かったです。
楽天トラベルの場合、現地決済ですが、ここは10%の税金を取られることなく、1200元ぴったりでした。

DSCF2905
↑ロビー(狭いです)には、無料で使えるパソコンが一応ありました。

■お部屋紹介
BlogPaint
↑フロア図。マークが泊まった部屋。に意味はないよ。
こうやって見ると、値段高いから広いってことはなさそうです。

IMG_3742IMG_3743
↑お部屋の様子。パッと見はそう悪くないです。
部屋は狭いですけど、値段を考えればこんなものでしょう。
しかし、リニューアルしたのは、おそらくベッド周りと床だけじゃないかと思います。
ベッド、リネン類は新しくて、ぐっすり眠れたのは良かったです。

IMG_3744IMG_3745
↑冷蔵庫と謎の台所のようなもの。
右の写真でわかるように、塗装が剥げてます。
それだけでなく、水垢とかかなり汚い。
ここからお湯が出るみたいだけど、試す気にはなりません。
リニュールの時にとってしまえばよかったのに。
冷蔵庫には小さめのフリーの水がありました。

IMG_3746IMG_3752
↑鏡台とドライヤー。ドライヤーがあるのはいいですね。

IMG_3757
↑ない方がいいと思うクローゼット。
使い古しのマットレスと、針金ハンガーを含むバラバラのハンガーがあります。

続いて、バスルーム。
IMG_3747IMG_3748
↑バスタブもあるし、一見悪くないのですが。
やはり、水回りの清潔感が・・・。
かなり年季の入った水垢とか汚れとかが付着していて、明らかにここはリニューアルされてません。

IMG_3750IMG_3751
↑備品類はそこそこあります。でも、右写真のタオル不織布です。
使い捨てで、その分清潔なので、このホテル的にはアリかも。

IMG_3758
↑バスルームに入る戸。たてつけ悪いです。
この写真ではわかりにくいですが、女の人の裸のレリーフです。
どうも、このホテル昔はラブホテルだった形跡が色々。

DSCF2902
↑入口にある部屋の写真もそれっぽい。
今回宿泊した部屋以外はもっとそんな感じのお部屋です。
楽天トラベルで写真が見れます。全体に写真映りがいいけど)

IMG_3756
↑窓からの景色。見えているのは中山一路です。
疲れていたので、音は気にせずに眠れました。

■その他
実は朝食も付いてましたが、期待できないだろうと食べませんでした。
最初からそのつもりでしたが、起きたら時間が過ぎていた。
終了時刻は割りと早めでした。

楽天トラベルの情報では部屋設備として、インターネット接続(LAN形式) とありましたが、
特に見当たらず、スタッフに聞いてもわからないということでした。
野良電波は多少飛んでましたが、使える程度ではなかったです。

客層は色々。普通のホテルという感じで、今はラブホテルではなさそう。

■総合評価
値段も安いから、本当に期待はしてなかったのですが、快適ではありませんでした。
安いホテルでも清潔だったら気にならないと思うんですよね。
私は全然潔癖な方ではないですけど、色々発見する度に、なんか心が重くなり
たった1泊だったけど、うらぶれた気分に。
まあ、タイに行ってると安いホテルでもいいのがいっぱいあるので、評価が厳しい可能性はあるかな。

といいつつ、楽天トラベルには他に安いホテルもなく、それなりに日本人客は多そうです。
もし宿泊するなら、思いっきって1番安い部屋なら納得できるかも。
それとも、そうするとベッドも不快な感じなのかな。それも辛い。
(丸い形のベッドもあるからね)
口コミを読むと、値段を考えて満足している方もいるので、個人の感覚の差もあると思います。
とりあえず、私は勧めません。
実際、もう少し高いけどもっといいホテルも発見しましたし。

それでは、また

<楽天トラベルの舜商務旅館のページ>

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
October 04, 201011:12台湾旅行、まずは高雄へ (2010年8月台湾旅行 その1)
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディ カー

パタヤ旅行と並行して、2010年8月の台湾旅行記もスタートさせます。
混乱しないように書けるかどうか? ちょっとした実験かも。
なお、それぞれの旅行記だけを読みたい方は、左サイドバーのタグクラウドにある
「2010年7月パタヤ旅行」「2010年8月台湾旅行」をクリックして下さいね。

■旅行の計画
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、この台湾旅行、10日間のパタヤ旅行から帰ってきて、
わずか5日後に出発してます。
我ながら、すごい贅沢ね。
3月初めに恒例の夏休みを予約して、3月末にこの台湾旅行を予約しました。
というのも、お盆の時期は、夫のお客様が全面的に夏休みに入るので、お休みしても業務に支障はないから。
仕事に影響がなければ、続けてお休みすること自体は、何も問題がないそうで。

そこで、早速、色々物色し始めました。
タイも、もちろん検討したのですが、タイから帰って5日後にタイはさすがにどうかと思い、除外。
後から思うとタイでも良かったかなあ。
それからベトナムも検討、でも確か手頃なAIRが見つからず。
で、結局、台湾になりました。しかも8泊9日という長さ。

予約したのはスカイゲート組み立てパックという旅行パックで、航空券+台北1泊分の宿泊つき。
1泊分の宿泊を、旅行中のどの期間で取ってもいい点が便利。
ホテルは、最終日に台北のホテルを取りました。
これで、税金とか全て込み込みで、1人53230円
お盆の時期だから、こんなものかしらね。
ちゃんとマイルも加算されましたし。キャセイはワンワールド系なので、JALのマイレージに加算しました。

■久々のキャセイ航空
DSCF2828
さて、今回のAIRは16時頃出発のキャセイ航空
午後から自宅を出ればいいので、超ラクチン。
もちろん、成田空港までは新型のスカイライナー利用です。
キャセイ航空を利用したのは、独身時代に母と行ったシンガポール&香港旅行以来のような。
少なくとも、香港返還以降、利用した記憶がありません。
以前は、サービスも良くて、食事も美味しくてかなり好印象でしたが、今回利用しての感想は普通。
まさに可もなく不可もなくという感じで、印象も薄い。

DSCF2832
↑機内の様子。2人席が沢山あるのは良かったです。
お盆なのに、席がチラホラと空いてました。

IMG_3733
↑一応、映画はあるけどゲームはなし。リモコンも固定。
映画も英語や中国語ばっかりで、日本語のは「ダーリンは外国人」しかなかった。
これ、パタヤ旅行の帰りに見たんだよね。途中で寝てしまったけど。

機内食の写真はもういいんじゃないかと夫に言われてますが、まあ一種の記録ってことで。
IMG_3729
↑中華スタイル。魚のあんかけみたいの。たぶん夫がこっちを食べた。

DSCF2831
↑日本スタイル。豚肉の煮物みたいなもの。食べやすい味ってメモに書いてある。
しかし、おかずがこれだけで、サラダとか前菜はないのね。
パンがおかずみたいに器に入っている。
そして、このパンですが、機内食を配っている時に気流の状態が悪くなって、いったん配膳を中断。
その間に温めすぎて、それが冷めて硬くなって焦げくさくて、さんざんな状態でした。
昔乗ったときは、パンが温かくて美味しかった記憶なんだけどね。

IMG_3732
↑デザートのチョコビスケットみたいなお菓子。なんかチープな味で私的にはイマイチだった。
メモによると、ワインはまあまあだったみたい。

■桃園空港から台湾新幹線、桃園駅まで
3時間半くらいで桃園空港第1ターミナルに到着。
やっぱり台湾は近くていいですね。

DSCF2833
↑台湾はタイに比べるといたる所に両替所があるって感じでもないので、空港で多めに両替しておきます。
レートもそう悪くない気がします。

DSCF2834
↑この時のレートは、1万円=3611元
ほぼタイバーツと一緒なので、すごく感覚がつかみやすい。
元の値段に2.7か2.8をかけると日本円です。

さて、今日は一気に高雄まで行ってしまうので、台湾新幹線の桃園駅に向かいます。
DSCF2839
↑バス乗り場の案内に従って進むと。

DSCF2841
↑バスの切符を売っている窓口が並んでます。

DSCF2846DSCF2842
↑利用するのはこのUbusという会社の桃園高鉄站行きのバス。

DSCF2860
↑切符。1人30元(80円)くらい。18時35分の時間指定です。
この1本前のもギリギリ乗れたのですが、どうも定員分の切符しか売らないみたい。
およそ10分おきにバスは来るので問題ありません。

IMG_3738DSCF2855
↑乗り場は705で、この緑色のバスです。

DSCF2862
↑バスの中。荷物置き場もたくさんあります。

DSCF2864
↑どの航空会社がどっちのターミナルかの案内あり。
バスは15分くらいで桃園駅に到着しました。

■台湾新幹線で高雄まで
台湾新幹線も、これで3回目の乗車です。
(前回の記事はこちら)
もうすっかり慣れたと思ったのですが、今日初めて発見したこともあり。
新幹線の指定席は5分前になると販売中止になります。
それ以降に乗りたい場合は自由席のみ。
今回、桃園駅に18時50分くらいに到着して、18時57分の新幹線に乗ろうとしたら、
もう自由席しか購入できませんでした。
でも、この日は自由席の方が安いから(時期によっては安くないこともある)、かえってラッキーかも。
今回の旅行は、小さな幸運とか、結果オーライがいっぱいありましたが、これがその第1号かな。

IMG_3741
↑桃園〜左営(高雄)までの自由席は1人1290元(約3600円)。
結構、リーズナブルって思いません?

DSCF2866IMG_3740
↑切符は自動販売機でも変えますが、窓口の方が簡単です。
漢字の筆談も通じますから。

DSCF2869DSCF2870
↑新幹線に乗り込みます。
桃園駅には、各駅停車(こだまみたいなもの)しか停まりません。

DSCF2871
↑車内は、日本の新幹線そっくり。
この日は意外に混んでいて、最初2人並んでは座れませんでした。
今まででは1番混んでるかな。

■高鉄左営駅から高雄市内へ
DSCF2873
↑20時36分、約1時間40分で終点の左営駅(高雄)に到着です。

ここから、ホテルのある台鉄高雄駅までは、MRTを利用します。
DSCF2875DSCF2878
↑乗り換えは、案内に従って行けば簡単。まず、2番出口から出ます。
ちなみに、左営駅には新光三越がありますよ。

DSCF2881
↑MRTの左営駅はこのエスカレーターを降ります。

DSCF2884DSCF2885
↑切符を買う仕組みは、台北と同じ。
路線は2つしかありません。
左営から高雄駅(高雄車站)までは、5つ目、25元です。

DSCF2890DSCF2889
↑こんなコインみたいのがチケットで、改札口にタッチすると開きます。
降りるときは、このコインを投入します。

DSCF2892
↑MRTの車内。

結局、ホテルに到着したのは、21時半くらいです。日本時間だと22時半。
日本からは高雄までの直行便も飛んでいるけど、便数も少なく値段も高いので、
新幹線で行くのも悪くないなと思います。
初日に、新幹線を利用して地方都市まで一気に行ってしまうのは、割と効率いいんじゃないかな。

それでは、また

オーガストスイーツ・エイプリルスイーツの予約取扱いは停止しました。ご希望の方はAgodaなどでご予約ください。
既にご予約済みの方のご予約は有効ですので、ご安心ください。
※ 当ブログの情報は掲載時点の情報であり、最新ではなく、味覚などの感想は個人差があることをご了承ください。
August 16, 201023:57台湾夏休み旅行 〜ダイジェスト版〜
PermalinkComments(2)TrackBack(0)
サワッディー カー

昨日、台湾8泊9日の旅行から戻ってきました
いや〜、とにかくすごく汗をかいた。
超暑かったし(でも東京の方が暑い)、よく歩いた。
全体的にはゆったりとしたスケジュールですが、これまでの懸案事項をかなり消化して、
なかなか充実した旅行でした。
しかも、色んなことが最終的には上手くいって、非常に幸運に恵まれていた。

詳しい旅行記は相当先になりそうなので、私自身のメモも兼ねて、今回の旅行のダイジェストを
書いてみたいと思います。
写真をまだ取り込んでないので、文章だけですみません。

■1日目(出発→高雄 舜?商務旅館泊)
お昼頃、家を出てスカイライナーで成田へ。昼からの出発は楽でいいですね。
今回のAIRはキャセイ航空
台湾の桃園空港からは、バスを乗り継いで、高鉄(台湾新幹線)で桃園から高雄(左営)まで。
ホテルに着いたのは、22時頃。
今晩のホテルは、舜?商務旅館。夜遅いから安いホテルでいいかと、選んだホテル。
この6月にリニューアルした部屋を選んだので安くても割といいかなと思ったけど、
予想よりもショボかった  リニューアルって部屋の一部だけだし。
まあ、1晩だけだし、仕方ないけどね。
夜は、高雄の有名な六合夜市で買い食い。この六合夜市、ホテルから近かったので、
毎晩のように行きました。

■2日目(高雄 ハワードホテル泊)
全行程の中で、この日が1番何もしなかった日。
ホテルの朝食はパスして外でお粥を食べた後は、次のハワードホテル(福華大飯店)へ。
徒歩5分くらいだから、移動は簡単です。
本来のチェックインタイムより早い時間だったのに、部屋に入ることができてラッキー
初日のホテルがひどかったから、何もかもが良く見える。
早速、プールでダラダラ。高雄でこんなことしている観光客も珍しいと思うわ。
このプール、滞在中毎日のように利用してました。
プールだけでなく、熱いジャグジーもあるから露天風呂みたいなのよ。
夏休み期間のため、夜には子供水泳教室をやっていて、かなり不思議な光景でした。

夕方、ようやく外出。
高雄の若者の繁華街、新堀江へ歩いて向かう。
予想以上に遠くて、かなり疲れた。(駅、2つ分です)
途中、ベトナム名物、バインミー(バケットのサンドウィッチ)を買い食い。
久しぶりで美味しかった。すごい空腹だったし。この後、台北でも食べたよ。
さらに、百貨店とか、色々まわって、夜は夫の希望で火鍋、
夫はかなり気に入ったようだけど、私はあんまり口に合わなかった。
お店自体はとてもいい感じで、地元客で賑わってました。

■3日目(高雄 ハワードホテル泊)
朝はハワードホテルの朝食ビュッフェ。
品揃えはまずまず。日本食も充実してますよ。
そして、その後、ようやく高雄観光へ。
行き先は、高雄の旧市街である鼓山地区
ここは、台湾有数の名門校、中山大学のお膝元でもあります。
さらにフェリーで対岸の 旗津地区へ。
ここで、2人乗りの自転車を見つけ、ノリで借りることにした。これが大正解 
海沿いを走るのは結構気持ちいいし、歩きだと遠かった。
帰りには、鼓山で名物のマンゴーカキ氷
その後、高雄市内を貫く運河、愛河周辺を散策。
あまりに疲れたので、ホテルにはタクシーで戻った。

夕食は、ホテルの近くの水餃子のお店。
何気に入ったら、ファーストフード店だった。
でも、水餃子も小籠包も美味しい。ファーストフードでこのレベルとは驚き。

■4日目(高雄 ハワードホテル泊)
朝食前にコインランドリーへ。できる間に朝食するつもりが土砂降りの雨に。
仕方が無いので、雨宿りを兼ねてお茶。
朝食はギリギリ間に合った。

この日は高雄観光のハイライトともいうべき蓮池 へ。
人工的なんだけど、ザ・観光地という感じで、テンションが上がる
龍の口から入って虎の口から出ると、これまで犯した罪がチャラになるんですよ。
日本人を含め、観光バスで乗り付ける観光客がいっぱい。
しかし、私達は徒歩で広い湖の周りをまわったので、ものすごく疲れた。汗だく。

夕食はガイドブックに載っていた、排骨(パイクー)のお店に。
美味しかったけど、何故、数あるお店の中からここが紹介されているのかよくわからなかった。
その後は、またまた六合夜市へ。

■5日目(高雄→北投温泉 皇家季節酒店泊)
この日は、ホテルの朝食はなし。
当初、ハワードホテルは2泊の予定だったのだけど、快適だったので1泊増やしたのです。
節約のため、朝食なしプランにした。
そこで、朝昼兼用で、ホテルの近くに見つけた海南鶏飯のお店に。
これは、シンガポール版のカオマンガイ。カオマンガイ好きとしては押えておかないとね。
美味しかったけど、タレがカオマンガイとは違ってトマトっぽい。
私はやはりカオマンガイ派だな。

さて、ホテルをチェックアウトした後は、タクシーで高鉄左営駅に向かい、新幹線で台北へ。
たった1時間半で台北に着くんですよ。
そして、台北のMRTに乗り換えて約30分、新北投温泉にある皇家季節酒店
(ロイヤルシーズンズ ホットスプリング・Royal Seasons Hotel Beitou) へ。
このホテル、1泊2食で2人14000円弱のプランで泊まりました。
お手軽な割りにオシャレだし、非常に良かった、お勧めです。
なんといっても、温泉付の部屋が魅力。
朝食の評判がよくないので期待してなかったんだけど、意外にも夕食はなかなか良かった。
日本食と台湾料理で選べて、私達は台湾料理に。
周りの現地の人は皆日本食でした。ま、何も台湾で日本食食べなくてもいいもんね。

北投温泉では、源泉近くの家族風呂、龍泉温泉にも入りに行きました。
青温泉と言われるラジウムのお湯で、こんなに強い(濃い)温泉に入ったのはたぶん初めて。
気をつけないと危険なくらいです。

■6日目(台北 新仕界飯店泊)
ホテルの朝食も案外イイかもと期待するも、こっちはやはりイマイチだった。
その後、公営の露天温泉へ。
ここは水着着用で、地元の人などでかなりの人気。
割と最近改装したのか、着替える所やロッカーなどもありました。
台北から日帰りでここに入りに来るのもアリかもしれません。

ホテルをチェックアウト後は、MRTの終点淡水へ。
最大の懸念は淡水に荷物を預ける所があるかどうか。
結果、ロッカー等はないけれど、駅近くのレンタル自転車の店で預かってもらえました。
淡水観光の目玉、紅毛城は歩くとかなり遠く、自転車で廻るのはちょうど良かったので一石二鳥。

淡水観光後は、台北1軒目のホテル、西門町にある新仕界飯店New World Hotelへ。
ここは、日本人の多いホテルで、部屋の案内などもなぜか日本語オンリー。
値段の割りに快適なホテルでした。

夕方、ホテルから徒歩10分強にある龍山寺にお参り。
このお寺、初めてだけど、なかなかいい感じ。場所も便利だし、また行きたい。
その後は、近くの華西街観光夜市や周辺の屋台で買い食いやお買い物。
ちゃんとした食事をしようと思うのに、ついつい買い食いの誘惑に適当な夕食になってしまう。

■7日目(台北 新仕界飯店泊)
ホテルの朝食は、まあこんなものかという感じ。翌日からは外で食べよう。
朝食後は、ホテルの向かいの美容院へ台湾式シャンプー
台湾式シャンプーは席で座ったまま泡泡にして洗ってくれます。
一度やってみたかったんですよね。マッサージ要素もあって気持ちいい。

で、戻ってからは眠くなって、昼間でついついお昼寝。
遅めの昼食を、MRT忠孝教化駅近くの鼎泰豊(ティンダイフォン)支店で。
やっぱり小籠包、美味しい
本店の方が美味しいというご意見もあるけど、ここでも充分だわ。

その後、忠孝復興駅近くから、バスで九処ヘ(九分)へ。
1時間20分くらいかかりました。
九分には前から一度行ってみたかったんだけど、あまりにも観光地化が進んで正直微妙だった。
景色はいいけどね。好きな人は好きだと思うし。
そして、人が多い。日本人も多い。平日でこれだから、土日に行くのは危険かも。
帰りは、バスがいっぱいそうだったので、瑞芳駅でバスを降りて、台鉄の特急で台北まで
戻りました。値段も時間的にもバスと大差なしです。

夕食は時間が遅くなったので、西門街で適当に。
不味くはないけど、たいしたことのないものを食べてしまった。

■8日目(台北 成都大飯店泊)
諸事情により、またまたホテル移動。
同じ西門町にある、成都大飯店(Royal Castle Hotel)へ。
徒歩3分くらいなので、移動は楽。
成都と新仕界、価格といい場所といいかなり似ていますが、私は新仕界の方が良かった。
ホテルに荷物を預け、近くの四川料理横町で朝食兼昼食。
それなりに美味しいけど、メニュー研究が必要。

その後は、変身写真を撮りに、阿法写真館(アルファフォトスタジオ)へ。
なかなか面白い体験でした。高いけど、リピーターが多いのもわかる。
私は、3着着て2万円くらいのコースにした。普段の旅行からしたら大奮発。
衣装選びまでは夫も一緒で、その後は私1人。
普段しないような厚化粧にウイッグ。
でも、あまりに厚化粧すぎて、なんかタイのニューハーフにも見えるわ。
さすが、プロのカメラマンさんは、ポーズとか指示の仕方が上手。
仕上がりは1ヶ月後なので、楽しみでもあり、不安でもある。

変身写真が予想以上に早く終わったので、17時には夫と合流して西門町の映画館に
「詐欺遊戯」(ライアーゲーム)を見に行きました。
約700円と日本で見るよりかなりお得。
台湾の人って、日本人より反応が良くてよく笑いますね。

最後の夜は、夫の希望で再び火鍋。「飛天」というお店。
火鍋の2つのスープのうち1つを泰式スープ、トムヤムクン味にしたのが私的には大ヒット。
食べ放題の店だけど、値段がやや高めということもあって素材も充実。
アイス(ハーゲンダッツ)やケーキなども揃っていて、なかなか良かった。
ここ、又行くと思います。

■9日目(台北 → 帰国)
朝食は付いてないので、外で食事。揚げパンとかを食べた。
荷物をまとめて、9時にはチェックアウト。
台北駅近くのバスターミナルから、桃園空港へ。
ここで、昨年に続き、また失敗をしてしまいました。
第1ターミナルで降りるべきなのに、第2ターミナルまで行ってしまった。
言い訳をすると、台北ナビの記載が間違っていたのよ。
空港行きの國光客運のバスは、まず先に第1ターミナル、その後第2ターミナルです。
空港で、夫が間違い指摘のメールを送っていたけど、修正されるかな。
12:50分発のキャセイに乗って、家に着いたのは19時頃でした。

■振り返って
4回目の台湾は、これまでで最長の8泊9日。さすがに長かった。
こうやって書くと結構忙しそうにもみえるけど、実際はホテルでダラダラしてる時間も多かった。
この内容をこなすなら、4泊5日でも充分だと思う。
でも、せっかくの休暇で疲れるなくてもいいから、マイペースでね。

今回は昔から行きたかった高雄九分淡水北投温泉に行けたのが収穫。
この中で北投温泉はまた行きたいですね。
後は当分はいいかな。
でも、ガイドブックを見ていたら、他にも行きたいところが次々と出てきてる。
特に、台湾には温泉が100ヶ所くらいあって、最近開発ブームです。
もっと色々行って見たい。

そして、今回再確認したのは、やっぱり台湾、特に台北はお買い物天国
値段が安いのに、オシャレなものがいっぱい。日本と変わらない感覚なのに安い。
正直、タイの安めの服や雑貨は微妙なものも多いものね。
タイにロングステイをしても、時々は台北に買い物行こうかなって思いました。

さて、この台湾旅行記は、今書いているGWパタヤ旅行記を書いた後に、夏休みの
パタヤ旅行記と並行して書いていくつもりです。
気長にお待ちくださいね。

それでは、また